フリーランスプログラマーの実態とは?なり方や注意点、年収まで解説

freelance

こんにちは!ITプロパートナーズ編集部です。

「フリーランスプログラマー」と言うと、自由な働き方をイメージする方も多く、実際に転身を希望される方も増えてきています。

しかし、もしあなたがフリーランスプログラマーへの転身を考えているのであれば、フリーランスプログラマーの実態や注意点、想定年収などを把握した上で、具体的な計画を立てられているでしょうか?成り行き任せでフリーランスプログラマーになったものの結果的に失敗だったというケースも少なくありません。

フリーランスプログラマーとして活躍するためには、メリット・デメリットを含めた具体的な実態を把握した上で、自分に適した働き方であるか判断することが大切です。

そこで本記事では、フリーランスプログラマーのなり方から注意点・年収にいたるまで、事前知識として身につけておきたい業界の実態について詳しく紹介していきます。

これからフリーランスプログラマーを目指そうと検討されている方はもちろん、既にフリーランスプログラマーとしてのキャリアを歩み始めた方も、今回紹介する内容を基本として働き方の参考にご活用ください。

Contents

そもそもフリーランスプログラマーとは?

A,Female,Programmer,Typing,Source,Codes,In,A,Coffee,Shop

フリーランスプログラマーとは、「フリーランス」という働き方と「プログラマー」という職種を組み合わせた言葉で、企業に属さずプログラマーとしての業務を生業とする人を「フリーランスプログラマー」と呼びます。

まずはフリーランスプログマーの働き方や仕事内容を見ていきましょう。

フリーランスの種類と働き方

フリーランスと一言で表しても、業界や職種によって様々な働き方が存在します。

そこで「プログラマー」という職種に対象を絞った上で、代表される2つの働き方を紹介していきます。

独立系フリーランス

独立系フリーランスは、「企業や組織に属さず雇用関係を持たない働き方」のことを指します。

法人として事業運営されている方や個人事業主、すきまワーカー(開業届未提出の個人)などが該当し、業務委託契約や準委任契約で仕事を請け負って報酬を得られる方が大半です。

独立系のフリーランスプログラマーには、客先常駐として企業に常駐される方から、フルリモートで働く場所を選ばない働き方まで様々です。

副業系フリーランス

副業系フリーランスは、「企業や組織に雇用されている方で、すきま時間を使って個人の名前で仕事している人」のことを指します。

本業は別にあり、あくまで空いた時間を活用して働くため、リモート案件を中心に仕事をこなす方が多い傾向です。

リモート案件が中心となることに加えて稼働時間も限られるため、独立系フリーランスと比較すると報酬単価は低くなる傾向にあります。

プログラマーの仕事内容

日本国内では、プログラマーの仕事はシステムエンジニアが設計したシステムを実装する作業者のことを主に指します。

ただしフリーランスプログラマーの場合には、設計業務を含めたプログラミング全般の工程を仕事としている方が多いようです。

設計から開発・テストに至るまで、各種工程を基本的に一人称で完結出来るレベルが求められます。

ぶっちゃけどう?フリーランスプログラマーの実態

フリーランスプログラマーという働き方は徐々に増えてきているとはいえ、まだまだ正社員としての働き方に比べると情報量は多くありません。

現状をなるべく正確に把握するためにも、年収・働き方・実際の体験談などから、フリーランスプログラマーの実態について確認していきたいと思います。

年収はどれくらい?

フリーランスプログラマーの平均年収は600万円前後となっています。

弊社ITプロパートナーズでの掲載案件でも、50万円前後/月の案件が多くなっていますし、その他IT系人材会社の案件例を見てみても、40万円~60万円/月の案件が多数掲載されています。

ただもちろん、フリーランスはスキルによって年収の幅が大きいので、一概には言えません。100万円前後から1,000万円を超えるような方まで様々です。

ちなみにフリーランス白書の調査によると、IT系全般のフリーランスの場合、平均年収は300万〜500万が最も多いという結果にもなっています。

IT・クリエイティブ系のフリーランスは300万〜500万という年収レンジが最も多い。
IT・クリエイティブ系のフリーランスは300万〜500万という年収レンジが最も多い。

500万円〜800万円レンジの割合も、他のフリーランスと比べると多いですね。

そう考えると、フリーランスプログラマーは比較的高い年収と言えるでしょう。また、IT業界自体が慢性的な人手不足となっており、需要も高く比較的案件を見つけやすいことから、フリーランスの年収は正社員よりも高くなる傾向にあります。

プログラマーの年収はいくら?収入の実態や年収1000万稼ぐ方法も解説

働き方は様々

フリーランスプログラマーの働き方は、「在宅勤務」「客先常駐」といった働く場所の違いから、「週5日勤務」「週2~3勤務」「フレックスタイム制」などの働く時間帯においても様々です。

働き方が多様であることは事実ですが、実際には「週5日勤務で客先常駐」という正社員のような働き方で収入を得ている方を多いことも認識しておく必要があります。

案件が取りやすい年齢

案件が取りやすい年齢に関しては、30代前半から半ばにかけてと言えます。

案件募集側の企業担当者が40代前後となることが多く、自分より年齢が上の方に発注しづらいと感じてしまうことに加えて、20代ではスキル不足となるケースも少なくないことが要因です。

30代であれば、経験やスキルが十分身についた方が多く、若さという面でも仕事がしやすいため案件を獲得しやすい傾向にあります。

実際の失敗談・成功談

Twitterに投稿された実際にフリーランスプログラマーとして働いている方の失敗談・成功談についても確認してみましょう。

失敗談

フリーランスとしての働き方は正社員とは異なる部分も多いため、具体的な計画を建てることは重要ですね。

フリーランスとして働く上で、見積もりの正確さも重要なスキルの1つです。

案件を完遂出来ないことは信頼を落とすことにも繋がりますので、事前の見積もりは念入りに実施しましょう。

成功談

フリーランスという働き方にはまだまだ否定的な意見が多いのも事実です。

リスクもありますが、成功した際の達成感が大きいのも魅力ですね。

こちらの方のようにフルリモートで働けるというのはフリーランスの大きなメリットです。

プログラマーという職種はリモートワークとの相性も良く、エージェントを経由すれば案件の獲得も難しくないため、フリーランスという働き方に興味のある方はエージェントに相談してみることも検討してみましょう。

1日の生活スタイルイメージ

skitch

上記の一例は一般的な会社員の方に近い勤務体系ではありますが、休憩を長めに取ったり昼寝を挟んで生産性を上げるなど、自分に合った働き方を選択出来るのもフリーランスならではの魅力です。

ちなみにフリーランスプログラマーの方の中には、夜の22時頃から朝5時頃の間をメインの作業時間にしている人もいます。

フリーランスプログラマーの単価相場や案件例

フリーランスプログラマーの単価相場と案件の具体例についても確認していきましょう。

ITプロパートナーズの公開案件よりいくつかピックアップして紹介していきます。

具体的な案件例

skitchphp
skitch sw
skitchsc
skitchp
skitchjava

上記の通り、週3前後の勤務でも、50万円前後の案件が複数見られます。フリーランスプログラマーは非常に需要がありますので、高単価な案件が多い傾向にあります。

もちろんこの他にも、週2日前後の案件やフルタイムでの案件も多々ありますので、もし興味のある方は以下から案件をご覧ください。

案件が多い・単価が高い言語は?

案件が多いプログラミング言語としては、「PHP」と「Java」が挙げられます。

PHPはWeb開発で需要の高い言語であり、客先常駐・リモート案件問わず常時豊富に案件が募集されています。Javaに関しては、客先常駐案件でのシェア率が高く、独立系フリーランスの方向けの案件が豊富です。

単価が高い言語に関しては、「Python」などが挙げられます。機械学習やAIといった専門性の高い領域で利用されている言語は、単価が高い傾向にあるようです。

フリーランスプログラマーのメリットとデメリット

List,For,Comparison,Of,Merit,And,Demerit

フリーランスプログラマーとして働く上ではメリットだけでなく、もちろんデメリットも存在します。

メリット・デメリットを十分に認識した上で、自分に取ってフリーランスプログラマーの働き方が適しているのか検討してみましょう。

フリーランスプログラマーのメリット・魅力

フリーランスプログラマーとして働く場合、正社員として働いていた頃にはなかったメリットを得られるのも事実です。

今回は特に多くの方が該当する4つのメリットを紹介していきます。

働く時間や場所が自由

働く時間・場所を自分で得られることはフリーランスプログラマーの大きなメリットです。

案件によって業務時間や場所を指定されるケースもありますが、その案件を引き受けるかどうかは自分で決められます。

正社員の場合は週5日企業に通勤するという働き方が一般的ですが、フリーランスプログラマーであればフルリモート勤務はもちろん、週2,3日だけの出勤や時短勤務などの働き方を実現しやすい点も魅力の1つです。

仕事を選べる

フリーランスプログラマーの場合、時間や場所だけでなく、仕事内容についても自分で選択することが可能です。

正社員の場合、企業から支持された仕事は基本的に断れないため、自分の希望に沿った仕事が出来るとは限りません。

一方でフリーランスプログラマーの場合、案件の内容・使用するプログラミング言語・担当する工程など、自分が望む働き方に近い案件を探し受注出来ます。

人間関係の悩みが減る

企業で働く場合、人間関係に悩みを抱えている方は多く、仕事の内容や待遇よりも転職の原因となるケースも少なくありません。

フリーランスプログラマーになったからといって、人間関係の悩みが完全になくなるわけではありませんが、自分の決断で状況を変えやすいメリットがあります。

プロジェクトが自分に合わなければ短期間で変更することも可能ですし、苦手な企業や担当者と無理に付き合う必要もないため、結果として会社員として働いている頃よりも人間関係の悩みが減る傾向にあります。

収入アップの可能性

フリーランスに転身するプログラマーの多くが、収入アップを期待出来ます。

フリーランスでは会社員のように毎月の収入が担保されない分、本来企業が受け取っていた報酬をそのまま自分で受け取ることが可能です。

営業や契約作業はもちろん各種事務作業など、企業が負担してくれていた作業を自分で補う必要が出てくる分、報酬も全て自分で受け取れるメリットがあります。

フリーランスプログラマーのデメリット・リスク

フリーランスプログラマーとして働く上では、メリット以上にデメリットを認識しておくことが重要です。

フリーランスとしての活動を始める前に、ここで紹介する4つのデメリットは最低限把握しておきましょう。

福利厚生や保証がない

フリーランスプログラマーとして働く場合、福利厚生や保証を会社員のように受けられるわけではありません。

仕事が途切れてしまった場合、収入が0になってしまう可能性も否定出来ません。

また企業から支給されていた住宅手当や交通費などの各種手当も全て自己負担となるため、得られる報酬だけでなく実質の負担額などを考慮した上で収入を見積もることが大切です。

税金や保険を自分で支払う必要がある

フリーランスプログラマーとして働く場合、税金や保険といった企業が代行して手続きしてくれていた事務作業に関しても自分で行うことになります。

社会保険や厚生年金といった企業が一部負担してくれていた費用に関しても、国民保険・国民年金に切り替えた上で全額負担する必要があります。

確定申告に関しても自分で行う必要があるため、受け取った報酬から必要経費を計算し管理することが大切です。

自ら営業して仕事獲得する必要がある

会社員として働いていた頃は、営業担当者が仕事を受注してくるため、決まった案件に参画すれば良かっただけの方が多いかと思います。

フリーランスプログラマーの場合、営業担当者も自分であるため、案件を受注する事自体も業務の一部です。

フリーランス向けのエージェントに依頼するという方法もありますが、エージェントとの契約は自分で行う必要があるため、少なからず営業活動は必須になることを理解しておいてください。

教育環境がなくなる

会社員の場合、企業が研修や周りからのサポートにより、知らずしらずのうちに必要なスキルを身に付けられていることも少なくありません。

ただフリーランスプログラマーとして働く場合、依頼先の企業が求めるのは現時点でのスキルのみであり、将来的な育成をサポートしてくれるわけではありません。

自分で学習する意欲がないと、スキルが伸びず年齢だけを重ねてしまうことになりかねないため注意が必要です。

フリーランスプログラマーになる主な3パターン

shutterstock_753613000

ここからはフリーランスプログラマーになる主なパターンとして、具体例を3つ紹介していきます。

いずれの方法でも、最低限のプログラミングスキルが必要であることは認識した上で、ご自身に合った手段を検討してみてください。

1.正社員プログラマーを経て独立

フリーランスプログラマーになる一般的な方法は、正社員プログラマーとして数年経験した後に独立する方法です。

フリーランスは即戦力が求められることから、求人案件にも実務経験3年以上などの記載されていることが少なくありません。

数年のキャリア形成が必要な分、実務経験のあるプログラマーの方であれば、フリーランスとして案件の選択肢は大きく広がります。

フリーランスとして案件を獲得する際、実務経験が大きなアドバンテージとなることは多いため、正社員プログラマーを経てから独立する方法は最もおすすめできるパターンです。

2.プログラミングスクールを経て独立

プログラミングスクールを経ることのメリットは、ポートフォリオなどの案件探しに必要なスキル証明の素材を、スクールのサポートを借りながら完成させられることです。

プログラミングスクールに通ったからといって、企業がプログラミング技術を評価してくれることはほとんどありません。

あくまでスクールの卒業は最低限のスキル証明と認識し、ポートフォリオなどの成果物を見せることで企業に自分の実力を証明することが大切です。

3.独学から独立

独学でプログラミング技術を身に付け、フリーランスプロラマーを目指すことも不可能ではありません。

近年では、インターネット上に優秀な学習素材も多く、独学でも時間と労力され掛ければ実務でも通用するスキルは十分に得られます。

ただしフリーランスとして働く際には、勉強していたというだけでは企業からの信頼を得ることは難しく、ポートフォリオやWebサイト・アプリを作成するなどして客観的に実力を証明することが必要です。

完全未経験からでもフリーランスプログラマーになれる?

Young,Startup,Programmers,Sitting,At,Desks,Working,On,Computers,Screen

IT業界の発展とフリーランスが自由な働き方というイメージから、プログラム未経験の方がいきなりフリーランスプログラマーを目指すというケースも増えてきています。

完全未経験の状態からフリーランスプログラマーになれるのかという疑問には、結論として可能です。

ただし、いきなりなれるものではなく、少しずつ必要なスキルを身につけることで実現出来るという意味です。

では完全未経験の方がフリーランスプログラマーになって仕事を獲得するには、どのようなスキルや準備が必要か確認していきましょう。

フリーランスプログラマーになって仕事獲得するまでの5ステップ

Multiracial,Young,Creative,People,In,Modern,Office.,Group,Of,Young

ここからはフリーランスプログラマーになって仕事を獲得するまでの過程を、5つのステップに切り分けて紹介していきたいと思います。

自分の現在の立ち位置を確認しながら、どのステップのスキルや準備が必要か確認してみてください。

1.言語を勉強する

まずプログラマーとして働く以上、プログラミング言語の知識は最低限必要です。

言語を勉強する方法としては、「独学」と「プログラミングスクール」の2つに大きく分けられます。

プログラミングは専門性も高いため、費用問題さえ解決出来るのであればスクールに通った方が独学よりも効率的に学習することが可能です。

独学で勉強する場合には、ドットインストールProgateといったオンラインで学習可能なサービスの利用がおすすめです。

最終的にはどちらの学習方法を選んだとしてもポートフォリオによるスキルの証明が必要となります。

正社員として経験がある人は、いきなりポートフォリオの作成へ取り掛かりましょう。

2.ポートフォリオを作成する

フリーランス案件を獲得する際、依頼企業がスキルを判断する方法として「経歴」と「ポートフォリオ」の2つが挙げられます。

実務経験がない人の場合、ポートフォリオの作成は必須と考えた方が良いでしょう。

実務経験がある方の場合でも、ポートフォリオは用意しておくに越したことはありません。

作成するポートフォリオ自体に決まりはないのですが、模写サイトなどよりもオリジナルのサイトやアプリを作成する方が企業から関心を示してもらいやすくなります。

3.小さな仕事から始め実績を作る

会社員としての実務経験の有無を問わず、フリーランスとして働いたことの無い方は、個人としての実績を公開することは難しいのが実情です。

ただ、依頼元の企業としても実績を確かめられないと大きな仕事を依頼するのはリスクが高く感じてしまいます。

まずは小さな仕事から実績を作り、企業からの信頼を集めて徐々に大きな案件獲得を目指す方法が一般的です。

4.エージェントなども活用する

フリーランス向けのエージェントもぜひ積極的に活用したいサービスです。

エージェントが本人の代わりに営業活動するだけでなく、企業としか契約しないような大手の案件に参画出来る可能性も広がります。

基本的には実務経験がある前提の求人案件が多いのですが、実務経験の無い方でも、フリーランスエージェントへの相談自体は無料なので1度利用してみることをおすすめします。

弊社ITプロパートナーズでも、随一のエージェントがあなたのフリーランス活動を支援しております。無料でご相談に乗りますので、まずはお気軽にご相談ください。

5.資格取得も考慮する

IT系の資格は取得する意味が無いという声もありますが、実績のない状態では有効なスキルを証明する方法の1つです。

必ずしも資格が必要な業界ではなく、実績や経歴が重要視される傾向にあることも事実ですが、何もないよりは資格でスキル証明出来た方が当然案件獲得の確率も上がります。

特に自分のスキルを証明する方法が他にない場合など、必要に応じて資格取得を検討してみるのも良いでしょう。

プログラマーに資格って必要なの?

年収1000万以上も可能?稼げるフリーランスになる3つのコツ

Tattooed,Lucky,Freelancer,In,Front,Of,His,Working,Space,,Surrounded

収入アップを目指してフリーランスプログラマーになる方も多いように、年収1000万以上も狙うことももちろん可能です。

ここからは稼げるフリーランスになるために、押さえておきたい3つのコツを紹介していきます。

1.スキルの幅を広げる

専門のスキルを磨くことも大切ですが、幅広い仕事内容に対応出来るようなスキルを身に付けることも年収アップには欠かせません。

特に上流工程の仕事に対応出来ることは、稼げるフリーランスプログラマーとして必須と考えておくべきです。

再度になりますが、フリーランスは即戦力を求められる傾向にあるため、全くの未経験では仕事を獲得することは難しいと言えます。

少しでも仕事を経験出来るチャンスがあれば、積極的に挑戦し、スキルの幅を広げておくことが高単価案件の獲得に繋がります。

2.交渉術を覚える

フリーランスとして仕事をする上で稼げる案件を獲得するためには、案件獲得後の働きではなく、案件獲得前の交渉が特に重要です。

もちろん案件を継続するためには、案件獲得後の仕事ぶりも重要ですが、そもそも仕事を獲得出来ないとスキルがどれだけ高くても意味がありません。

技術をしっかりとアピールした上で、最大限に報酬を引き上げられるように交渉出来るスキルはフリーランスとして大事な能力の1つです。

フリーランスになったばかりで、「自分のスキルをうまくアピールして案件を取れるか不安…」「交渉が苦手..」という方は、弊社のサービスを利用してみてはいかがでしょうか?専門のエージェントがあなたの希望やスキルをヒアリングし、最適な案件を無料でご紹介致します。

3.常に情報のキャッチアップを意識する

IT業界はトレンドの移り変わりが激しく、数年前の技術が時代遅れとなってしまうことも珍しくありません。

新規案件では特に新しく便利な技術を利用する傾向にあるため、常に情報のキャッチアップを意識しておかないと、案件獲得のチャンスを逃してしまいます。

また最新技術を身につけることで、ライバルの少ない分野で希少性を獲得出来るため、報酬アップに繋げられる可能性も高くなります。

ぶっちゃけプログラマーで年収1,000万円は実現できるんですか?

フリーランスプログラマーに向いてる人・向いてない人

フリーランスプログラマーに向いている人と向いていない人がいるというのも事実です。

自分がどちらのタイプかを客観的に確認してみてください。

向いてる人

  • スケジュール管理が得意な人
  • 新しいことに挑戦することが好きな人
  • メリハリが付けられる人

フリーランスで失敗する要因として、自由過ぎて仕事に身が入らないという理由が多く挙げられます。

スケジュール管理が得意な人であれば、予め決めたスケジュール通りに作業することも出来ますが、あまり得意でない人の場合は強く意識しないと仕事に支障を出してしまいかねません。

新しいことに挑戦することが好きな人も短期間で様々な案件に関わることの多いフリーランスの働き方は適しています。

またメリハリを自分で付けられる人の方が、フリーランスには適しています。自由に時間を決めて働ける分、働くときは働く、休むときは休むを区別出来る人の方が向いていると言えるでしょう。

向いてない人

  • 自己管理が苦手な人
  • コミュニケーションが苦手な人
  • 責任感が薄い人

自己管理が苦手な人の場合、自由な時間や場所が弊害となり作業に身が入らない傾向にあります。

また、一見コミュニケーションを取る機会が少なくなりそうなフリーランスという働き方ですが、実はコミュニケーション能力が高い人の方が有利です。

営業などで交渉が必要な機会が多いことはもちろん、一緒の場所で働く期間が短い分、的確に要領良く情報を伝達する必要のある機会が増えるためです。

さらに責任感が薄い人もフリーランスプログラマーには向いていません。会社のように監視する上司がいないことから、サボりやすい状況となるため、自分で仕事を完了させるという責任感を持てないと仕事に影響を与えます。

フリーランスプログラマーの将来性

フリーランスプログラマーの将来性は、高いと考えてもらって間違いないでしょう。

スクリーンショット 2021-01-29 16.06.43

経済産業省の試算によると、2025年時点で36万人、2030年には45万人のIT人材が不足するとされています。
引用元:IT人材需給に関する調査 経済産業省

日本国内でもフリーランスとしての働き方が増えつつある昨今、フリーランスプログラマーをプロジェクトの一員として採用する企業や案件が今後も増えていくことが予測出来ます。

リモートワークが一気に普及したことも追い風となり、フリーランス・プログラマーともに時代のトレンドに乗っていることからも将来性は高いと考えられるでしょう。

まとめ

本記事ではフリーランスプログラマーの実態について、メリット・デメリットから年収、実際になる方法まで紹介してきました。

必ずしもフリーランスプログラマーとしての働き方が優れているというわけではなく、ご自身に適した働き方かどうかを見極めた上で選択肢の1つとして検討してもらいたいと思います。

フリーランスプログラマーをこれから目指す方はもちろん、キャリアを歩み始めた方も再度客観的に自分の状況と照らし合わせて、効率的なキャリアプランを計画してみてください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です