2018年版!副業におすすめなクラウドソーシングサービス!

young-791849_1280
The following two tabs change content below.
ITプロパートナーズ 代表エージェント 木村 直人

ITプロパートナーズ 代表エージェント 木村 直人

「すべらない起業論」編集長であり、エンジニアの起業・独立・フリーランス支援のプロエージェント。大手損害保険会社を経て、I&G Partners(現アトラエ)入社。成功報酬型求人サイト「Green」の立ち上げから関わる。その後、「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を立ち上げる。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
ITプロパートナーズ 代表エージェント 木村 直人

最新記事 by ITプロパートナーズ 代表エージェント 木村 直人 (全て見る)

こんにちは!

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。 こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

クラウドソーシングサービスで副業しているサラリーマンや、育児や家事の傍らで在宅ワークをしている主婦が増えていますよね。

ですが、クラウドソーシングサービスに興味があるけれど、まだ登録していないという方や、名前は知っているけれど、実際にどうなっているのかわからない、という方もまだまだ多いのではないでしょうか。

そこで今回は、クラウドソーシングサービスを利用したことがない方、利用して間もない方向けに、クラウドソーシングについてご紹介したいと思います。

クラウドソーシングとは?

personal-3285992_1280

辞書的に解説すると、クラウドソーシングとは「不特定多数の人に業務を委託するという新しい雇用形態」のことであり、クラウドソーシングサービスは「クラウドソーシングを行うためのサービス」のことです。

これだけでは、イメージが湧きにくい方も多いと思うので、もっと簡単にクラウドソーシングサービスについて説明すると「仕事を探している 労働者(求職者)と、ある仕事をしてくれる人を探している雇用者(求人者)のマッチングサービス」です。

つまるところ、企業から見たクラウドソーシングサービスとは、ある業務ごとにメンバーを集めるための仕組みです。

ではなぜ、サラリーマンの副業や主婦の在宅ワークにクラウドソーシングサービスが人気かというと、その『気軽さ』にあります。

クラウドソーシングサービスの求人はあくまで、ある業務を行ってくれる人の募集であり、正社員の募集ではありません。

書類選考や面接があって、合否判定に何日も待たされるようなこともありません。

業務内容についても、中には高度なスキルを持つ専門職向けのものもありますが、多くはアルバイト的なもので、特別高度なスキルを求められません。

また、大々的に求人しにくい、ニッチな求人も多く、本業では経験しにくい貴重な業務を経験することも可能です。

そして、なによりも重要なのは、業務の大半がインターネット上で完結するものなので、作業場所も作業時間も問われないことです。

隙間時間などに自分のペースで実施可能であるため、サラリーマンの副業や主婦の在宅ワークとして人気なのです。

また、クラウドソーシングサービスでの労働者の契約は、正社員といった従業員ではなく、あくまで業務委託されたフリーランスとしての契約となります。

クラウドソーシングサービスで活躍して、脱サラする方も中にはいらっしゃいます。

副業におすすめなクラウドソーシングまとめ

personal-3285993_1280

クラウドソーシングサービスについて分かってきたところで、代表的なクラウドソーシングサービスを6つ紹介いたします。

①ランサーズ

日本初のクラウドソーシングサービスとして登場したのがランサーズです。

歴史がある分、とにかく利用者が多く、ひいては案件も多いというメリットがあります。

大企業や官公庁の利用が目に付く点は、他のクラウドソーシングサービスにない特徴と言えます。

フリーランスとして活躍する『プロユーザー』も多いですが、アンケート系の案件などもあるため、クラウドソーシングサービスを体験したい初心者にとっても、おすすめのサイトです。

②クラウドワークス

ランサーズと双璧を成すクラウドソーシングサービスがクラウドワークスです。

ランサーズとの比較で、「ランサーズは会員数が多いため闇鍋状態で、とんでもない会員も多いので、クラウドワークスの方が良い」と言われることが多いです。

クラウドワークスの方がランサーズより後発の分、サイトの使い勝手や運営のサポート体制も優れていると感じており、どちらの方が、より初心者向けクラウドソーシングサービスと言えるか悩むところです。

③サグーワークス

ランサーズとクラウドワークスは、さまざまな案件の集まる『総合型クラウドソーシングサービス』ですが、中には特定の業務の求人情報だけを集めた『特化型クラウドソーシングサービス』もあります。

サグーワークスも『特化型クラウドソーシングサービス』で、Webサイト向けの文章を書く業務(対ティング案件)に特化しており、ライターとして副業をしたいと考えている方に間違いなく、いま一番おすすめのクラウドソーシングサービスです。

その理由は、ライターやフリーランスとして仕事をしていくためのテクニックなどを学べる、「こぶたの鉛筆」とうコンテンツサイトが運営されており、投稿した文章に対して、誤字の存在などフィードバックも受けられるため、スキルアップしやすい点が挙げられます。

さらに、サグーワークスで三カ月連続して一定以上の報酬を発生させた会員には、全国の約100万施設でトラベル、レジャー、グルメといったさまざまな優待サービスを受けられる、福利厚生サポートを実施しています!

④シュフティ

比較的歴史のある総合型のクラウドソーシングサービスです。

他のクラウドソーシングサービスに対するメリットとしては、サイトの使い勝手が良いことと、報酬の振込日が月3回(他のクラウドソーシングサービスでは月1回または2回)といったところが挙げられます。

運営が主婦などを主なターゲットとして意識しているようで、アンケートなどスキルがなくても取り組める仕事が全体的に多いように感じます。

⑤CROWD

CROWDは総合型のクラウドソーシングサービスですが、ポイントサイトである「リアルワールド」、「げん玉」と会員IDが共通しているという点で、他のクラウドソーシングサービスとは一味違います。

最低交換ポイント500P以上といった表記がポイントサイトでよく見かけますが、CROWD+「リアルワールド」「げん玉」の体制を作っておけば、最低交換ポイントに届かせることは非常に簡単になります。

CROWD単体で見れば他のクラウドソーシングサービスに大きく勝る点はないですが、「リアルワールド」「げん玉」をすでに使っている方、興味のある方にとっては、登録する価値の高いクラウドソーシングサービスと言えます。

⑥Bizeek

かつては全てのワーカー会員が実名登録になっており「信頼できるクラウドソージングサイト」というキャッチフレーズと相まって、注目を集めました。

しかし、現在は実名登録が廃止になり、求人数が大手に比べて圧倒的に少なくなってしまいました。

ですが、報酬からクラウドソーシングサービスに天引きされるワーカーのシステム利用料が業界最安値級ということで、根強い人気があります。

スキル不要の案件も多いため、初心者にはおすすめできるかと思います。

初心者がクラウドソーシングで稼ぐには?

keyboard-338505_1280

初心者がクラウドソーシングサービスで仕事を行えるようになるために必要なことは、たった4ステップです。

①クラウドソーシングサービスに登録

宝くじに当たるためには、宝くじを買わなくてはいけないように、クラウドソーシングサービスで仕事をするためには、クラウドソーシングサービスに登録しなくてはなりません。

こういうことをしたい、というのは明確であれば、サグーワークスのような特化型クラウドソーシングサービスを、明確でなければ、総合型クラウドソーシングサービスの二強である、ランサーズまたはクラウドワークスに登録すれば良いでしょう。

②プロフィールの充実

求人する側に「この人であれば任せられそう」と思ってもらえるように、プロフィール欄は極力、埋めておきましょう。

クラウドソーシングに生かせそうな経歴(例えば、簿記やIT資格の保持など)は、特にマストです。

③とりあえずタスク形式で実績を積む

スカウトという形で仕事を紹介されることも稀にありますが、基本的には待っているだけでは、まともな仕事はやってきません。

ところで、一般的にクラウドソーシングサービスでのお仕事は『タスク形式』と『プロジェクト形式』に分かれています。

タスク形式とはアンケートが代表的なもので、実施後事後承認されるタイプのお仕事です。

プロジェクト形式とは、早い話、仕事の前に、納期や報酬などの条件を求人者・求職者で合意してから業務を始めるタイプのお仕事です。

当然ながら、タスク形式よりもプロジェクト形式の方が報酬も良く、極力、プロジェクト形式の仕事を行った方が良いです。

とはいえ、いきなりプロジェクト形式に採用される可能性は低いので、初心者はまず「自分でもこれはできそう」というタスク案件をこなしていって、クラウドソーシングサービス内での実績を積んでいきましょう。

④プロジェクト形式への応募

3~5件ほどタスク形式の押し頃をこなして、実績を積んだところで、いよいよプロジェクト形式のお仕事に応募してみましょう。

プロジェクト形式への応募の際は、提案という形で改めて自己紹介文章が必要となったり、ライティング案件の場合などでは採用テストがあることもあります。

そして、無事にプロジェクトに採用されれば、あなたも一人前のクラウドソーシングワーカーです!

初心者や主婦におすすめのクラウドソーシング案件

office-1209640_1280

最後に参考までに、どういった業務がクラウドソーシングとして募集されているか、簡単にご紹介いたします。

大きく分けて、四種類に分けられます。

  • ライティング系
  • 事務作業系
  • IT系
  • その他

①ライティング

ライティング系は、その名の通り、書く仕事です。

『Webサイト向けの文章を書いてください』だとか、「すでにある文章を修正してください(リライト・校正)』、『講演会の内容を文字に起こして下さい』などがあります。

②事務作業系

事務作業系は、例えば『営業用に名刺データを送るので、住所や氏名などをExcel表にしてください』だとか、『発表用の資料を作ってください』、『問い合わせのメールに対応してください』、『ネットショップの出品代行をしてください』などがあります。

変わったところでは、『検索サイトでの検索結果を教えてください』というのもあります。

③IT系

IT系は、ITエンジニアやマーケター、デザイナーをターゲットにした案件です。

例えばエンジニアは、アプリやWebサイトの開発、システム保守など、さまざまな案件があり、保守の観点から、週に二度、オフィス常駐して欲しい、というものも中にはあります。

④その他

その他は、上の三つに入らない仕事です。

『キャッチコピーを考えてください』だとか、『ロゴマークを考えてください』といったクリエイティブ系のものから、『覆面調査員として飲食店に行って、評価をフィードバックしてください』、『SNSの運用代理をお願いします』、『お一人様一個の商品を代理購入して、こちらに送ってください』など、思いもよらない仕事もあります。

まとめ

laptop-2557571_1280

今回はクラウドソーシングサービスについて見ていきました。

「話題のクラウドソーシングサービスに興味はあるけど、なにをどうすれば良いか分からず、二の足を踏んでいる」という方も多いかと思います。

今回の記事が、クラウドソーシングサービスデビューのきっかけになればと思います。

ITプロパートナーズに登録すると3つのメリットがあります!

①他には無い!弊社だけの週2日〜のフリーランス案件!

ITプロパートナーズでは、フリーランスエンジニアが週2日から働ける案件を数多く取り揃えております。 そのため、他案件やご自身が開発するサービスと並行可能です。 独立資金を貯めたい方や趣味に時間を費やしたい方には非常に重宝して頂いております。 契約期間も3ヶ月~で安定収入を実現しており、稼働文の請求となるのでリスクもないです。

②成長企業の直案件で高単価を実現!! 週3日で月額50万円も!!

弊社の95%以上が高単価の直案件になります。 常時、50件以上の週2~の案件を保有しています 社長の木村を始め、ITプロパートナーズの社員は圧倒的にITベンチャー出身者が多いです。 故に多くのベンチャー企業に精通しています。 スタートアップのベンチャー企業で最大限のバリューを発揮したい方にはオススメです。

③専属エージェントがしっかりサポート!!

希望に合致した案件をご紹介可能です。 また、契約交渉や債権管理を代行します。 契約が切れても、未稼働期間なしで次の継続的な案件を随時ご紹介します!