起業に成功するWebデザイナーの特徴とは?!

こんにちは。ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズの木村です。

クリエイターになると、独立して起業したいと思いますよね。ですが、起業には勇気が必要です。今回は起業に成功するには、どのようにすればよいのか考えてみました。

空いた時間を有効活用

デザイナーの場合は、何も無いところから、自分の感性で新しいものを創り出す仕事になります。ですから、空いた時間を勉強にあてたり、映画鑑賞や音楽鑑賞、美術館巡りなどを積極的に行い、感性を磨くことも大切です。

Webデザイナーとしてフリーランスや起業をお考えの方、あるいは、起業資金を効率良く調達したい方。ぜひ一度弊社(ITプロパートナーズ)のエージェントにご相談ください。

freelance

ニーズを汲み取る

感性での仕事になりますので、依頼を受けたら取引先が、どのようなものを求めているのかを正確に知るために、綿密な打合せや、ヒアリングが必要になります。
それでもやはり、創り出す側の意見もあると思いますので、その際は、依頼通りのものと、自分の提案のものと、二種類用意するといいでしょう。
あまり初めから自分の提案ばかりを打ち出してしまうと、それがどんなに素晴らしい提案であっても、二度、三度と依頼をしてくれるようにはなりません。
むしろ、きちんとしたスッテプを踏み、取引先との信頼関係を築ければ、自分の提案を受け入れてもらいやすくなります。

ツールは積極的に使用してみる

基本のソフトやフリーの画像、動画、編集、制作ツールなど、役に立ちそうなツールは、とにかく使用してみましょう。
先方からの指示もあるとは思いますが、どのようなものを指示されても対応できるようにしておきましょう

Webデザイナーとしてフリーランスや起業をお考えの方、あるいは、起業資金を効率良く調達したい方。ぜひ一度弊社(ITプロパートナーズ)のエージェントにご相談ください。

仕事量の調整

独立をすると、仕事の日程の管理は自分自身で行います。ですから、仕事に慣れるまでは、あまり仕事を詰め込みすぎないほうがいいでしょう。
まずは、営業から納品まで、自分がどのくらい時間がかかるのかを冷静に見極めることです。その上で、仕事量のバランスを調整していくことが大切です。
他先方とのやり取りは、電話だけでなく、メールも利用することが大切です。そして、メールの履歴は残しておきます。
このような対応をすることで、ニーズを汲み取る際に役に立てることができます。さらに、履歴を残しておくことで、言った言わないなどのトラブルを防いだり、仕事の痕跡が残るので、万が一、報酬が支払われないなどのトラブルにも対応することができます。

Webデザイナーの起業に関するまとめ

起業することは、どんな業種であっても、とても勇気が必要です。
そして成功する保証はありません。
ですが、それでも起業をしたいと考えるのであれば、起業をする前から、できる限り準備をすることが大切だと思います。
例えば、コミュニケーションが苦手だったり、時間の管理が苦手だったり、事務仕事が分からなかったり、こういった不安要素を、すべて解決して起業に踏み切ることが、大切だと思います。それでも、初めからすべて順調に軌道に乗ることは、とても難しいと思います。ですから、それより先は、信念と根性が必要なのだと思いました。

Webデザイナーとしてフリーランスや起業をお考えの方、あるいは、起業資金を効率良く調達したい方。ぜひ一度弊社(ITプロパートナーズ)のエージェントにご相談ください。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

「すべらない起業論」編集長であり、エンジニアの起業・独立・フリーランス支援のプロエージェント。大手損害保険会社を経て、I&G Partners(現アトラエ)入社。成功報酬型求人サイト「Green」の立ち上げから関わる。その後、「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を立ち上げる。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

最新記事 by ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人 (全て見る)

freelance

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です