フリーランスエージェントとは?仕組みや利用するメリット・デメリット

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

フリーランスエージェントは、これからフリーランスを目指している人や、案件を獲得できず悩んでいるフリーランスにおすすめのサービスです。実際にフリーランスエージェントの利用を検討している人も多いのではないでしょうか。

この記事では、フリーランスエージェントの仕組みやメリット・デメリット、登録すべき人の特徴などを解説します。フリーランスエージェントの選び方や利用方法、利用する際のポイントも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

フリーランスエージェントとは?

フリーランスエージェントとは、案件を受けたいフリーランスと、案件を依頼したいクライアントを仲介するサービスです。

ここでは、具体的にどのようなサービスなのか、その仕組みやクラウドソーシングとの違いを解説します。

フリーランスエージェントの仕組み

フリーランスエージェントの利用においては、登録から案件紹介まで無料であることが一般的です。無料と聞くと、「怪しい?」と感じる人も多いでしょう。

無料で利用できるのは、フリーランスが報酬の一部をマージンとしてエージェント会社へ自動的に納めているためです。また、クライアントから人材を紹介した成功報酬を受け取るケースもあります。このように、フリーランスエージェントは収益を得る仕組みがあるので、「無料は怪しい」とはなりません。

マージンと聞くと、損をした気持ちになる人も多いでしょう。ただ、フリーランスエージェントには、マージンを払ってでも登録すべき多くのメリットがあります。具体的なメリットについては後述します。

クラウドソーシングサイトとの違い

クラウドソーシングサイトは、クライアントが不特定多数に向けて案件を応募します。その内容を見て、対応できそうと考えたユーザー自らが募集するサービスです。そのため、案件獲得のためには積極的に応募しなければなりません。

一方、フリーランスエージェントは、クライアントの案件に合ったスキルや経験があるフリーランスを、プロの目で判断したうえで紹介してくれるサービスです。フリーランスにとって、ミスマッチのない案件を受けられるのです。

フリーランスエージェントを利用するメリット

フリーランスエージェントには、利用することでさまざまなメリットがあります。

  • 営業活動を省略できる
  • 高単価な案件を獲得できる
  • 収入が安定しやすい
  • 事務作業のサポートがある
  • 福利厚生を受けられる
  • フリーランスのキャリアプランを相談できる

上記のメリットについて、解説していきます。

営業活動を省略できる

フリーランスエージェントの利用で、もっともメリットといえるのが営業活動を省略できることです。

フリーランスは、案件を安定して受けられる環境が必要です。ただ、「営業方法が分からず、案件を受けられない」「そもそも営業に時間を割けない」というフリーランスも多いです。

フリーランスエージェントなら、自分で営業しなくてもスキルや知識に合った案件の紹介を受けられます。時間がかかる営業活動を省略し、仕事だけに集中できるのです。

高単価な案件を獲得できる

フリーランスエージェントは、高単価案件を獲得しやすいです。フリーランスとして活動するからには、少しでも単価が高い案件を受けて稼働時給を上げる必要があります。ただ、フリーランスになりたての時期では、自らの営業活動で高単価案件を見つけるのは簡単ではありません。

フリーランスエージェントは、各社で非公開の高単価案件を保有しています。そのため活動したての時期でも、案件にマッチしたスキルと実績があれば、高単価案件を受けられる可能性もあるのです。

収入が安定しやすい

フリーランスとして、収入が安定しやすいのも大きなメリットになります。

フリーランスとして安定した生活を実現するには、継続案件の獲得が必要です。フリーランスエージェントでは、長期で募集している案件もあるため、安定収入を得られやすいです。

また、参画中の案件が終了する頃には次の案件を紹介してくれるため、空白期間をつくらず、安定した活動ができます。

事務作業のサポートがある

事務作業のサポートもあるので、フリーランスになりたてでも安心です。

案件を受ければ、契約の取り交わしや請求書の作成などの書類手続きもしなければなりません。フリーランスエージェントでは、書類のテンプレートを準備しているので、スムーズに進められます。

また、個人のやり取りでは、入金トラブルも少なくありません。フリーランスエージェントでは、報酬のやり取りも管理しているので、安心して任せられます。

福利厚生を受けられる

フリーランスエージェントでは、福利厚生も受けられます。

一般的に福利厚生は、企業が従業員のために用意するものなので、フリーランスでは受けられません。ただ、フリーランスエージェントでは、利用者向けにさまざまな福利厚生を用意しています。

例えば、宿泊施設やレジャー施設の優待、スポーツクラブや健康診断の割引き、就業不能時の保障など利用するサービスによってさまざまです。

フリーランスのキャリアプランを相談できる

キャリアプランについて相談できるのもメリットです。

フリーランスは変化が激しい時代のなかで、常に何が求められているのかしっかりキャッチし、スキルアップに励む必要があります。しかし、フリーランスとして一人で活動していると、自分の市場価値や立ち位置などが見えづらくなるときがあります。自分で数年後に必要とされるフリーランス像を、想像するのは難しいことです。

そこで、エージェントに相談すれば、その業界が将来的にどうなりそうなのか、どのスキルに需要がありそうなのかなどのアドバイスを受けられます。

また、自分と同職種のフリーランスと比較して、自分はどのレベルなのか客観的な意見も聞けるので、将来的にどう行動すべきかも見えてくるでしょう。

フリーランスエージェントを利用するデメリット

フリーランスエージェントには、デメリットと考えられることもあります。

  • 中間マージンが発生する
  • 常駐勤務が多い
  • 参画まで時間と手間がかかる
  • 案件獲得は年齢や実績に左右される場合がある

上記のデメリットについて、それぞれ解説します。

中間マージンが発生する

フリーランスエージェントでは、一般的に中間マージンが発生します。

マージンの発生についての考えは人それぞれですが、自分では探せない案件の獲得や、継続的な安定収入を得られる、さまざまなサポートを受けられることを考えれば、それほど大きいデメリットではないといえるでしょう。

常駐勤務が多い

フリーランスは、自由な働き方で場所も時間も自分で決められる、というイメージはないでしょうか。

もちろんリモートで対応できる案件もありますが、高単価・継続案件には常駐勤務が求められることが多いです。

しかし、常駐案件はチームで進める案件が多いので、フリーランスとしてのやりがいを感じながら仕事ができる魅力もあります。

また、エージェントによってはリモート案件を多数取り扱っているところもあります。たとえば、弊社ITプロパートナーズで、エンジニアのリモート案件を検索してみると、「2152件」見つかりました(一部リモートも含む)。

リモート案件を狙っている方は、ぜひ、ITプロパートナーズを検討してみてください。

参画まで時間と手間がかかる

フリーランスエージェントは、参画までに時間と手間がかかります。すぐにでも案件が欲しい人にとっては、デメリットになるかもしれません。

フリーランスエージェントに登録するには、スキルシートや職務経歴書などの作成が必要です。これらはテンプレートなどが準備されていますが、詳しく記入する必要があります。

また、登録後はエージェントと面談を行いますが、日程調整後に実施されるのですぐにとはいきません。また、面談を行ったからといって、契約が成立するわけではありません。面談を通過できない場合、他案件にエントリーする必要があります。

参画まで時間と手間がかかるため、余裕をもって行動しましょう。

案件獲得は年齢や実績に左右される場合がある

フリーランスエージェントに登録したからといって、必ず案件を獲得できるわけではありません。

特に、実務経験の有無を重要視する傾向があるため、経験がない場合は厳しい可能性があります。また、クライアントが若い人材を求めている場合は、年齢で足切りされることも少なくありません。

勤務地についてもリモート案件ならいいですが、常駐案件の多くは東京や関東圏、大阪などに集中しています。

以下の記事で、フリーランスエンジニアとして案件を獲得できる人の特徴を紹介しているので、併せて参考にしてください。

フリーランスエンジニアとして案件を獲得・継続できる人の6つの特徴

フリーランスエージェントの利用がおすすめな人

先に説明したメリット・デメリットから考えると、フリーランスエージェントの利用がおすすめな人は以下です。

  • 営業が苦手な人
  • 駆け出しで一人が不安な人

上記について、それぞれ詳しく解説します。

営業が苦手な人

自分で営業するのが苦手な人は、フリーランスエージェントの利用がおすすめです。

優れたスキルや経験があっても、クライアントにアピールできなければ、案件獲得につながりません。

自分からアピールすることが苦手、ポートフォリオをまとめられない、そもそも営業はどうやってやるのか分からないなど悩んでいるなら、フリーランスエージェントで自分に合った案件を紹介してもらいましょう。

駆け出しで一人が不安な人

フリーランスエージェントは相談やアドバイスも受けられるので、駆け出しで一人が不安な人にもおすすめします。

駆け出しのころは、「無事に案件を獲得できるのか」「将来はどうするか?」など不安に感じることが多いでしょう。フリーランスエージェントでは、担当者にキャリアプランや希望する案件などを気軽に相談できます。

エージェントに在籍しているアドバイザーは、プロとして様々な情報を持っており、多くのフリーランスの成功や失敗をみてきています。将来のことや仕事のことで悩んだときも、頼れるパートナーとしてアドバイスを受けられるでしょう。

フリーランスエージェントの選び方

フリーランスエージェントはそれぞれに特徴があるため、以下のポイントを意識しながら選びましょう。

  • 案件数と種類
  • 単価相場
  • 支払いサイト
  • サポート体制

それぞれのポイントについて、詳しく解説します。

案件数と種類

案件数や案件の種類が豊富なフリーランスエージェントを選びましょう。

自分の条件にマッチした案件を獲得するには、多くの案件を取り扱っているエージェントである必要があります。また、「リモート案件はあるのか?」「自分の職種に該当する案件が募集されているか?」など案件の種類もチェックしておきましょう。

単価相場

単価相場も必ずチェックしましょう。自分が希望する報酬にマッチした案件が募集されていなければ、十分な稼ぎは得られません。

フリーランスエージェントのサイトで案件を検索するときは、単価を指定して探すこともできます。自分が希望する単価で、どのくらい案件が募集されているか確認しましょう。

また、エージェント各社のサイトで掲載されている案件だけではなく、実際に登録して非公開案件の単価も確認することが大切です。

支払いサイト

支払いサイトも、重要な選択基準です。
支払いサイトとは、取引の締め日から何日後に支払いが行われるかを示したサイクルです。例えば、月末締めで、翌月末払いもあれば25日払い・20日払い・15日払いなどがあり、エージェントによって異なります。

フリーランスとして安定して活動するためには、資金繰りも大切です。資金繰りを考慮しながら、自分にとってベストな支払いサイトを用意しているサービスを選びましょう。

サポート体制

サポート体制が充実しているかもチェックしましょう。フリーランスエージェントでは、以下のようにさまざまなサポートを受けられます。

  • 福利厚生
  • 営業や事務手続きのサポート
  • 非公開案件の紹介
  • スキルアップサポート
  • 確定申告サポート
  • キャリアプランの相談やアドバイス

各サービスでサポート内容が異なるケースもあるので、事前に確かめてから選びましょう。

おすすめのフリーランスエージェント

ITフリーランスとして活動するなら、弊社ITプロパートナーズをおすすめします。

ITプロパートナーズでは、週5日のフル稼働案件はもちろん、週2日稼働からの案件も多数取り扱っているので、自分に合った柔軟な働き方ができます。また、フルリモート可能な案件やトレンド技術を扱った案件も多いので、スキルアップにも繋がります。、更に、仲介会社を挟まずエンド直であることから、高単価案件が多いことも大きなメリットです。

サポート体制も充実しているので、フリーランスとして初めてエージェントを利用するという方でも安心してご利用頂けます。まずはお気軽にご相談ください。弊社エージェントがあなたの経験やご要望をヒアリングし、最適な案件を紹介させて頂きます。

その他のフリーランスエージェントも見てみたいという方は、以下の記事でおすすめエージェントを厳選比較しているので、あわせてチェックしてください。

フリーランスエージェントおすすめ18選!職種別に比較して一覧紹介

フリーランスエージェントの利用方法

フリーランスエージェントの利用方法は、以下の通りです。

  • 1.登録
  • 2.面談
  • 3.案件紹介
  • 4.参画

まずは各エージェントの公式サイト上から会員登録します。会員登録は基本的に無料です。

次に面談日時を予約して、エージェントと面談します。ここでは、スキルや経験、希望条件なども伝えます。

面談は対面やリモートで行い、スキルや経験、希望条件に合った案件を紹介してもらえます。紹介された案件を受ける場合、クライアント(企業)との面談に進みます。

企業面談を通過したあとは、案件の内容や条件に問題がなければ契約を取り交わし、業務を始めます。

エージェントによってフローに多少違いはありますが、ほとんどの場合は上記の通りです。

フリーランスエージェントを利用する際のポイント

フリーランスエージェントを利用する際には、意識したいポイントがあります。

  • エージェントは複数社に登録する
  • 希望条件を明確にしておく

それぞれのポイントについて以下で解説します。

エージェントは複数社に登録する

先ほど解説しましたが、フリーランスエージェントを利用しても案件参画まで手間と時間がかかります。一つのエージェントのみの利用だと、紹介してくれる案件に数が限られるため、効率的ではありません。

複数社に登録し、並行して案件探しをすることで、案件の選択肢が広がり、様々な情報を得られます。A社で希望する案件がなかった場合でも、B社では自分にマッチした案件が見つかるというケースも多いです。

そのため、フリーランスエージェントを利用する際は、3社ほどピックアップして登録することをおすすめします。なお、以下の記事ではフリーランスエージェント以外の案件の取り方、探し方を紹介しているので、併せてチェックしておきましょう。

フリーランスの仕事(案件)の探し方から取り方までをプロが徹底解説!

希望条件を明確にしておく

週の稼働日数や時間、単価、勤務場所など、希望条件は明確にしておきましょう。

すべての条件が一致する案件は、なかなか見つからないものです。条件が合わないことばかり気にすると、いつまでも案件を受けられず収入を得られません。

どうしても譲れない条件などを明確にし、優先順位をつけておけば、スムーズに契約できます。

まとめ

フリーランスエージェントについて、メリット・デメリットや登録すべき人、選び方などを中心に解説しました。

フリーランスエージェントは、自分に合った案件を紹介してくれるなど、多くのメリットがあるサービスです。

ただ、各サービスで中間マージンやサポート内容、支払いサイトなどが異なるので、一つに絞らず複数社に登録することをおすすめします。

ITプロパートナーズは、中間マージンのないエンド直のサービスです。高単価案件を多数扱っているので、ぜひチェックしてみてください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。