プログラマーで年収1000万は可能!フリーランスが収入アップの近道?

こんにちは、ITプロマガジンです。

プログラマーは高収入を目指せる仕事ですが、「年収1000万」を稼ぐことはできるのでしょうか?

結論、プログラマーでも働き方や企業でのポジション、スキル次第では年収1000万円を目指すことは可能です。この記事では、プログラマーが年収1000万を実現できる理由や稼ぐためのコツ、稼いでいる人の特徴などを詳しく解説していきます。

なお、収入アップのキャリア選択の1つであるフリーランスプログラマーになる方法については、「フリーランスプログラマーになるには?仕事の実態から案件例まで解説」でご紹介しているので、参考にしてみてください。

フリーランスエンジニアの
ドンピシャ案件の探し方

「案件はたくさんあるはずなのに、なかなか自分の望む案件が見つからない…」

エンジニア市場は売り手市場であるものの、いまだに正しいマッチングノウハウが確立されておらず、多くの方が案件探しに苦労されています。

ですが、現在の市場感や企業側に刺さる経験・スキルを理解し正しく案件探しをすれば、誰でも自身のバリューを活かし単価を伸ばすことができる、というのも事実です。

ITプロパートナーズでは、

・9割がエンド直案件のため、高単価
・約6割が週3-4案件のため、柔軟に働ける
・事業会社の自社開発案件が多い

などの魅力的な案件を数多く保有し、マッチング能力の高い即戦力エージェントが完全サポートします。

初めてのフリーランス、情報収集段階でも大丈夫です。あなたの働き方にマッチし、単価も高く、最もバリューを発揮できる案件を探しませんか?

⇨ ITプロパートナーズに無料登録してみる

Contents

そもそもプログラマーの平均年収はいくら?

求人ボックス 給料ナビ」によると、正社員のプログラマーとして働いている人の平均年収は430万円です。また、「令和2年分 民間給与実態統計調査」において、日本の平均給与は433万円でした。プログラマーの平均年収は、日本全体の平均と比較すると若干低いといえます。

ただし、国によってプログラマーの年収は異なります。「IT人材に関する各国比較調査 結果報告書」によると、アメリカのIT関連職の平均年収は1000万円を超えています。さらに、インドのIT関連職の平均年収は日本より少し低い水準ですが、インド国内のほかの職種と比較すると9倍程度の高収入となっています。

プログラマーの平均年収はいくら?言語・企業・働き方別の収入実態

プログラマーは年収1000万円を実現できる3つの理由

プログラマーは年収1000万円を超えられる可能性がある仕事です。ここでは、その理由について解説します。

1.スキル次第で稼げる

プログラマーは専門性が高い仕事であり、コンピューターに関する深い知識があればまとまった収入を稼げます。実際、プログラマーとして1000万円を稼いでいる人がいたり、求人があるという口コミがあります。

高度なスキルがあってさまざまな業務をこなせる人材なら、たくさんのクライアントから依頼される可能性が高いです。ただし、新しい技術がどんどん生まれているため、プログラマーとして稼ぎ続けるには常にスキルを磨く必要があります。すでに触れたとおり、日本のプログラマーの平均年収は400万円程度です。1000万円を稼げるプログラマーになるには、日々の努力が必要不可欠だといえます。

2.プロジェクトのヒットで高収入につながる

プログラマーとして自分が携わったプロジェクトがヒットすれば、得られる報酬も高くなります。プロジェクトがヒットすれば莫大な利益が発生し、プログラマーに対しても多くの資金を割けるようになるためです。

もちろん、どのプロジェクトが成功するのか事前に見極めるのは簡単ではありません。しかし、世のなかの流れを常にチェックしていると、ある程度ジャンルを絞り込むことは可能です。たとえば、大手金融系や保険業界のプロジェクトは、高水準の報酬を得られる可能性が高いです。なお、そのようなプロジェクトに参画するためには、斬新なアイデアを積極的に提供することも重要だといえます。

3.得意な分野なら高収入を稼げる

プログラマーとして高収入を得るには、得意な分野に特化して仕事を探すことも大切です。報酬が高くても自分にとって苦手な作業であれば、時間がかかって割に合わなくなる恐れがあります。得意な分野なら効率的に作業をこなせるうえに、モチベーションも高く保ちやすいです。

得意な分野に重点をおけば、自分の専門性も高められます。最初から自分が得意な分野の仕事だけを選べるわけではありませんが、少しずつスキルと実績を積んでいくと専門性の高いプログラマーとして重宝されるでしょう。

プログラマーとして年収1000万円稼ぐ人と稼げない人の差

プログラマーは年収1000万円を稼げる可能性がある仕事ですが、実際にはそれほど稼げていない人も少なくありません。プログラマーとして年収1000万円稼ぐ人と稼げない人の差をあげると、以下のとおりです。

  • スキルや実績
  • 働き方
  • ポジション

同じプログラマーでも、高いスキルや実績がある人は好条件の案件を受注しやすいです。プログラマーとして高収入を得るためには、地道に案件をこなしてスキルや実績を増やし、付加価値をつけていく必要があります。

プログラマーの年収には、働き方も大きく影響するでしょう。企業に勤めて働く場合、企業の規模が大きいほどプログラマーの年収も高くなる傾向があります。さらに、ポジションによっても得られる報酬に差があります。

プログラマーとして年収1000万円稼いでいる人の主な特徴

プログラマーとして年収1000万円を稼いでいる人は、どのような人なのでしょうか。ここでは、主な特徴を詳しく説明します。

大手IT企業の上級プログラマーとして勤務している

大手IT企業の上級プログラマーには、年収1000万円を超える人が少なくありません。以下で詳しく解説しますが、大手IT企業は「元請け」となるケースが多く、高収入が見込めます。元請け企業であることを含め、給与が高い大手企業には以下の4つの特徴があります。

  • 元請け企業
  • 大企業と取引している企業
  • 自社開発の企業
  • 自社ソフトがシェアを確保している企業

それぞれの企業の特徴について解説します。

元請け企業

元請け企業で働くと、高収入を得やすい傾向です。元請けとはクライアントから直に発注を受ける企業で、「エンド直」「直受け」などと呼ばれる場合もあります。

IT業界は、ピラミッド型構造のような構成でたとえられ、最上部に位置する企業が元請けです。下の階層の企業ほどマージンを抜かれるため、企業に入る売上自体が減ってしまいます。いくら仕事を頑張っても、企業に給与を払う力がなければ、年収が上がりません。元請け企業のように売上の規模が大きいところで働いて、年収1000万円を目指しましょう。

大企業と取引している企業

大企業、あるいは官公庁・自治体と取引している企業で働く人も、年収1000万円に手が届く可能性があります。大規模な組織から受注する案件は規模が大きく、大きなお金が動くためです。しかも、プロジェクトが長期化すれば企業には継続的に売上が入ってきます。

また、大規模な組織との案件は、プログラマーを成長させるでしょう。規模が大きい案件には多くの人がかかわるため、やり取りを通じて知識の幅が広がります。目から鱗が落ちるようなスキル・コツを習得できるかもしれません。スキルアップするほど、プログラマーの年収は上がりやすくなります。

自社開発の企業

自社開発の企業で高年収を得られる理由は、プログラマーをはじめとする優秀なエンジニアを優遇する風土があるためです。自社開発の企業とは、自社商品としてWebアプリやECサイト、SNSなどを運営する企業を指します。

自社開発の企業がエンジニアを大事にする理由は、エンジニアのパフォーマンスが売上に直結するためです。

自社開発とは?受託開発・客先常駐と比較したメリット・デメリット

自社ソフトがシェアを確保している企業

自社ソフトの開発が軌道に乗っている企業で働く人も、高年収が見込めます。ソフトは、会計ソフト・顧客情報を管理するソフト・スケジュールを管理するソフトなどさまざまです。

特に企業向けのソフトは、一度導入されると長く使用される傾向が見られます。使用期間が長いほど売上が安定し、プログラマーの年収に反映されるでしょう。

会社でリーダークラスのポジションについている

単にプロジェクトのメンバーとして働くだけでなく、リーダークラスのポジションについているプログラマーは、年収が高い傾向があります。たとえば、CTO(最高技術責任者)のなかには、年収1000万円を超えている人もいます。また、課長やマネージャーなどのポジションについた場合も高収入を期待できるでしょう。

ただし、リーダークラスのポジションにつくということは、その分だけ責任も大きくなるということです。また、プログラマーとして高いスキルや知識も求められます。リーダークラスを目指すには、プログラマーとしてしっかり経験を積んでおく必要があります。

副業やフリーランスとして高単価案件を受注している

プログラマーとして企業に勤めるのではなく、フリーランスとして働く方法もあります。フリーランスの場合、月単価として100万円が提示されている案件もあります。そのような案件を受注し続けられれば、プログラマーとして年収1000万円を超えることが可能です。

たとえば、弊社「ITプロパートナーズ」では、以下のような高単価案件を扱っています。

また、ほかの仕事をしながら副業としてプログラミングをする人も、高年収に結びつくでしょう。本業と副業の収入を合算することで、年収1000万円を手に入れるという考え方です。プログラミングの案件は、限られた時間でできるものが多く副業向けといえます。

副業でも取り組める案件としては以下のようなものがあります。

週に2日勤務で想定月収は30万円。年収に換算すると360万円です。本業の年収と合算すると、年収1000万円も夢ではないでしょう。

ほかにもさまざまな案件を紹介しているため、興味のある方は無料登録をしてチェックしてみてください。

プログラマーが年収1000万円稼ぐためのコツ

プログラマーが年収1000万円稼ぐには、さまざまなコツを意識する必要があります。ここでは、コツを詳しく紹介します。

需要が高い言語・スキルを磨く

プログラマーとして高収入を得るには、ニーズを考慮することが大切です。需要が高い言語を習得すれば、豊富な案件のなかから自分に合う案件をスムーズに獲得できます。需要が高い言語は単価も高い傾向があるため、効率的に稼げるようになります。

需要が高い言語とは、C、Python、Go、Rなどです。自分の適性も考慮し、これらの言語のなかで得意なものを見つけるとよいでしょう。スキルを磨き、専門性の高いプログラマーを目指してください。

需要の高い言語について以下の記事でも紹介しているので参考にしてください。

フリーランスエンジニアが稼げるプログラミング言語おすすめ10選

上流工程に携われるようにする

効率的に収入を得るためには、上流工程の経験も積みましょう。上流工程とは、システムの要求分析や設計などのことです。顧客とやり取りして必要とされているシステムの全体像を把握し、実際にどのようなシステムを開発するか検討します。

なお、コードでプログラムを組むプログラマーの作業は下流工程にあたります。一般的に、下流工程よりも上流工程の報酬が高いため、高年収を目指すなら上流工程に対応できるようにすべきです。

ポートフォリオを充実させて給与が高い企業に転職する

上述したように、プログラマーは働く場所によって年収が変わります。実力があるなら、給与が高い企業に転職を検討しましょう。転職を検討する際は、企業に実力が分かるようなポートフォリオを提出します。プログラマーがポートフォリオを作成するポイントは、ソースコードを整えることです。

ソースコードは一見、Webサイトを見ただけでは分かりません。しかし、ソースコードがきれいに書かれていると、トラブル時に問題の箇所を発見しやすくなります。修正作業も効率化するでしょう。実践的なスキルをアピールするために、スマートなソースコードにこだわりましょう。

マネージャーを経験する

プログラマーとして年収1000万円を稼ぐためには、責任のあるポジションにつくことも重要です。プログラマーとして一通りの経験を積んだ後は、マネージャーを目指すとよいでしょう。マネージャーは、プログラムマネージャーとプロジェクトマネージャーに大別できます。

プログラムマネージャーとは、プログラムの全体をまとめて管理する役職です。プログラムの戦略も練る必要があり、プログラマーとしての一定以上のスキルや経験が求められます。一方、プロジェクトマネージャーとは、プログラムを構成する各プロジェクトを管理する役職です。進捗状況をプログラムマネージャーに相談しながら、スムーズにプロジェクトを進めていく必要があります。

プロジェクトマネージャー(PM)の年収は?収入アップに有利な資格も紹介

海外で働くプログラマーになる

実力しだいですが、プログラマーは海外で働く方が高年収を得やすい傾向です。海外は実力主義が浸透しており、エンジニアを重んじる企業が多く見られます。加えて、最先端の開発環境を求め、優れたエンジニアが集まる点も見逃せません。優れたエンジニア達と切磋琢磨することで、スキルが磨かれるでしょう。

なお、海外で働くには英語力が大事です。また、国によって就労条件が変わるため、ビザの申請などを事前に確認しておきましょう。

年収1000万円を目指すならフリーランスとして働くのが近道

年収1000万円を目指すなら、フリーランスのプログラマーを目指してキャリアを積むとよいでしょう。正社員プログラマーは、安定した給与収入が魅力です。しかし、職場や給与体制などのルールに縛られると、収入が伸び悩む場合があります。フリーランスなら実務経験やスキルに応じて高単価案件を受けられるため、会社員に比べて年収1000万円を目指しやすい働き方です。

実際、フリーランスエージェントである弊社「ITプロパートナーズ」の利用者に年収調査をしたところ、下記のような結果となりました。

年収8000万以上1000万未満がボリュームゾーンで、次いで1000万以上1500未満が多いという結果です。この調査からも分かる通り、プログラマーやエンジニアは、スキルが伴っていることが前提ですが、フリーランスになれば年収1000万以上を実現することは十分可能です。

フリーランスプログラマーになるには?必要スキルや案件獲得方法

フリーランスプログラマーとして年収1000万円を目指すポイント

フリーランスプログラマーとして年収1000万円を目指すポイントを解説します。

  • フリーランスエージェントを利用する
  • 単価交渉を積極的に行う
  • 長期案件を受注する
  • 実務経験で5年以上の経験を積む
  • プログラマーからキャリアアップする

フリーランスエージェントを利用する

フリーランスエージェントに登録すると、専門的な知識を持ったスタッフに、高単価かつ自分に合う案件を紹介してもらえます。

フリーランスエージェントに案件を紹介してもらえると、営業活動に割く時間を減らし、プログラマーの仕事やスキルアップに費やす時間を増やすことが可能です。しかも、フリーランスエージェントは継続して案件を紹介してくれるため、収入が安定化します。収入が安定しにくいフリーランスにとって、フリーランスエージェントは強い味方といえるでしょう。

フリーランスエージェントおすすめ18選!職種別に比較して一覧紹介

単価交渉を積極的に行う

フリーランスになると、自分の仕事の価値を自分で決められます。クライアントに対して積極的に単価交渉を行いましょう。同じような仕事でも、高単価で仕事を請け負うほど収入は増えます。

単価交渉を成功させるポイントは、交渉するタイミングです。クライアントから信頼されてきたと感じた時、新たな技術を習得した時、資格を取得した時などは、交渉に適しています。なお、クライアントの事情もあるため、単価の希望は常識的な範囲であるか意識しましょう。

フリーランスエンジニアの単価交渉のやり方と4つのコツ【例文付き】

長期案件を受注する

高単価の案件を得たとしても、安心してはいけません。プログラマーは、手を動かさないと稼げない仕事です。仕事を継続しなければ、年収1000万円は難しいでしょう。長期案件を獲得すると、途中で契約を打ち切られない限り安定して収入を得られます。収入が途絶える不安を抑えられると、精神的なメリットもあるでしょう。

長期案件の受注という観点でも、上述したフリーランスエージェントの利用がおすすめです。

フリーランスが長期案件に参画するメリットや注意点、獲得方法

実務経験で5年以上の経験を積む

フリーランスプログラマーとして年収1000万円を稼ぐためには、企業で最低でも5年以上の実務経験を積む必要があります。

未経験でも、プログラマーを名乗ること自体は可能です。しかし、実務経験がなければ案件獲得は難しいでしょう。クライアントはスキルのあるプログラマーを求めています。回り道に見えても、基本的には企業のプログラマーとして実務経験を積んでから独立しましょう。

未経験者を採用して丁寧な研修を実施している企業もあるため、そのような企業に就職すると働きながらスキルを身につけられます。

プログラマーからキャリアアップする

常にキャリアアップの意識を持って仕事に取り組みましょう。会社員は、責任ある立場になるほど年収が増えます。フリーランスでも会社員と同様に、ディレクターやコンサル、マネージャー案件などが高単価な傾向です。

多くのプログラマーは、仕様書に従ってプログラミングしています。しかし、作業するのみでは、収入が上がりません。要件定義など上流工程にかかわるように、積極的に案件を選びましょう。

年収1000万円を目指すフリーランスプログラマーにおすすめのエージェント

プログラマーにおすすめのフリーランスエージェントを紹介します。高単価で自分に合う案件を獲得し、年収1000万円を目指しましょう。

1.ITプロパートナーズ

弊社「ITプロパートナーズ」は、IT起業家・フリーランスの自立を支えるエージェントです。エンド直の高単価な案件が多く、専属のスタッフがプログラマーの希望に合う案件を紹介します。

週に2~3日から働ける案件が多いITプロパートナーズなら、複数の案件を掛け持ちしやすいでしょう。さまざまなジャンルの案件が掲載されているので、案件によっては効率よく経験値を高められます。

2023年3月時点で「プログラミング」で案件検索したところ、「約280件」が掲載されていました。

2.PE-BANK

引用元:PE-BANK

PE-BANK」は、案件検索機能が充実したフリーランスエージェントです。ジャンル・エリア・スキルワード・希望単価・特徴で案件を絞れるので、しっくりくる案件をスムーズに見つけられます。「元請け直」や「長期案件」など、高収入に結びつくキーワードも登録されているのでチェックしてみましょう。

なお、地方の案件が多い点もPE-BANKの強みです。2023年3月時点で「プログラミング」で案件検索したところ、「約65件」が掲載されていました。

3.ギークスジョブ

ギークスジョブ」は、登録者の多くが高年収を得ています。2023年3月時点で公式サイトに掲載されている情報によると、登録者の平均の月報酬額を基に算出された年収は、約867万円。ギークスジョブはエンド直であり、他社では公開されていない高単価な案件も見つかります。2023年3月時点で、「プログラミング」で案件検索したところ、「約170件」が掲載されていました。

プログラマーとしてスキルアップするための方法

年収1000万円を目指すには、スキルアップが欠かせません。どのようにすれば、スキルアップを図れるのでしょうか。ここでは、プログラマーがスキルアップする方法を解説します。

積極的に勉強会に参加する

プログラマーとして高いスキルを身につけるためには、勉強会へ参加するのがおすすめです。勉強会には意欲がある人が多く集まっており、最新の技術やトレンドなども知ることができます。プログラマーを取り巻く環境は常に変化しているため、定期的に勉強会へ参加して情報をアップデートすることが大切です。

また、勉強会に参加すると、第一線で活躍しているプログラマーと交流する機会にもなります。自分にはない強みや経験をもつプログラマーの話を聞けば、よい刺激になるはずです。仕事に対するモチベーションも高まり、勉強に対する意欲もさらに高まります。

個人サービスを開発する

プログラマーとしてのスキルを活かせば、サービスの開発も可能です。サービスを開発するには単にコードを組むだけでなく、プログラムの戦略や設計なども自ら考えなければなりません。プログラマーとして働いているだけでは得られない経験ができます。上流工程にチャレンジする練習にもなるため、自分のアイデアを活用してぜひ個人サービスを開発してみましょう。

なお、個人サービスが話題になってヒットした場合、プログラマーとしての仕事以外にも収入源をもつことができます。

副業に取り組む

企業でプログラマーとして働いている人は、自分が担当している案件しか経験できません。しかし、副業でプログラマーの仕事を始めれば、より幅広いさまざまな案件に対応できます。本業で扱っていない言語の仕事にも挑戦でき、スキルや経験を増やせます。報酬を得ながらスキルアップできるため、副業はおすすめです。

プログラマーにおすすめの副業7選!稼ぐコツと案件獲得サイトも紹介

情報発信する

スキルアップに取り組むなら、自ら情報発信を行うのも1つの方法です。情報発信するには、自分が学んだ内容を改めてまとめる必要があります。それは、自分自身が本当にその内容を理解していなければできません。そのため、勉強しながら情報発信を継続的に行っていくと、スキルや知識が自然に身につくようになります。

情報発信の方法はSNSやブログなどさまざまあるため、自分にとって扱いやすいものを選びましょう。

年収1000万円のプログラマーを目指す際の注意点

プログラマーとして年収1000万円を選ぶ場合、気をつけたいこともあります。ここでは、具体的な注意点を説明します。

いきなりフリーランスにはならない

プログラマーはフリーランスのほうが高年収の傾向がありますが、実績が少ないうちにフリーランスになると失敗する可能性があります。いきなりフリーランスとして独立するのではなく、まずは実績を積むところから始めましょう。

企業のプログラマーとして活躍すれば、仕事を通してさまざまな経験ができます。会社員だからこそできる経験もあるため、将来の独立に向けて幅広い経験を積んでおくことが大切です。

フリーランスエンジニアに必要な実務経験年数と経験別の単価相場

実績作りがしたいならアルバイトや派遣は選ばない

スキルアップするなら、正社員で経験を積んだほうが効率よくキャリアを積み上げられます。アルバイトや派遣に任せられる仕事は単調になりがちで、プロジェクトの全体像を掴みにくいためです。

また、未経験優遇としてアルバイトや派遣を雇う企業もありますが、プログラマーとして雇用されるとは限らないので注意しましょう。雑用や一般事務を任されても、プログラマーのスキル・経験に変化はありません。

高単価な仕事を得るには、上流工程にかかわった経験が重要です。プログラマーとして多様な経験を積める企業で、正社員として経験を積みましょう。

転職先は年収や業務内容だけで決めない

プログラマーとして転職する際は、年収や業務内容を重視する人が多いです。しかし、それらの条件だけでは、自分に合う企業かどうかは分かりません。企業理念を理解し、自分のキャリアプランを実現できるポジションかどうかについてもよく確認する必要があります。

高年収を稼げるとしても、自分がすぐに辞めてしまっては意味がありません。さまざまな条件を考慮したうえで、最適な転職先を選びましょう。

未経験から年収1000万円稼ぐのは時間がかかる

未経験なら、プログラミングのスキル習得からスタートします。キャリアプランをしっかり描き、長期的な視点で1000万円を目指さなくてはいけません。

上述したように、フリーランスは会社員よりも高年収です。しかし、未経験であればスキル不足により案件獲得すらままならないでしょう。フリーランスエージェントに相談しても、未経験であれば案件を紹介してもらえない可能性が高いと考えられます。

未経験者は、まずはプログラミングスクールなどで基礎知識を身につけてください。そのうえで正社員として入社しプログラミングの経験を積み、独立します。一朝一夕にスキルは身につかないため、地道に経験を積みましょう。

プログラマーの将来性

さまざまなものがデジタル化されている現代では、どの企業もさまざまなプログラムを求めています。そのため、プログラマーの将来性は高いです。スキルや実績を積めば、今後もプログラマーとして活躍し続けられます。

特に年収1000万円を稼ぐほどの優秀なプログラマーなら、さまざまな場面で重宝されるでしょう。常に勉強を重ねてさまざまな経験をし、プログラマーとしての活躍を目指してください。

プログラマーに将来性や需要はある?今後必要なスキルと併せて解説

まとめ

プログラマーとして高いスキルを身につけている人は、年収1000万円を稼いでいます。これからプログラマーとして年収1000万円を目指そうとしているなら、常に情報収集や勉強に力を入れることが大切です。

特に、フリーランスのプログラマーは年収が高い傾向があります。弊社「ITプロパートナーズ」をはじめとするエージェントを活用すれば、スムーズに高単価案件を獲得できます。しっかりと実績を積んだうえでフリーランスとして独立し、年収1000万円以上を稼げるようになりましょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
アバター画像
ITプロマガジン
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「ITプロマガジン」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。