30代のサーバーエンジニアが身につけるべきスキルとは?

freelance

こんにちは。ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

エンジニアの中でも専門性が高いイメージのあるインフラエンジニア。
その中のサーバーエンジニアとしてのキャリアを考える方に、今回長くキャリアを維持していただくためのポイントをお伝えします。

エンジニア35歳限界説、といった話もありますが、しっかりとご自身のキャリアを形成していただくためには何が必要なのでしょうか?

負荷に強い安定したサービス開発のスキル

サーバーエンジニアとして仕事をする中で、負荷に強いシステムを提供できることはとても重要です。

どんなに良いサービスであっても、負荷に弱いサービスとなると、すぐにシステムの稼働に影響が出てしまいます。

インターネットは24時間繋がることが当たり前の時代です。それだけに、頻繁にダウンしてしまうようなインフラ設計だと、サービスを利用しているユーザーに不快感を与えてしまったり、クライアント企業の信頼を失ってしまったりしてしまいます 。

ですから、その様なことがない様、負荷をしっかりと考えたシステムの開発ができることが重要となるのです。

わかりやすい設計書作成スキル

キャリアを積んで頂くと、設計やマネジメントに従事することが増えてきます。

開発プロジェクトではいつも一緒に働いているメンバーだけではなく、初対面のメンバーやジュニアなメンバーも中にはいます。誰が見てもわかり正しく開発ができる様な設計書の作成力がとても大切になるのです。

シェルをはじめとした言語のスキル

サーバーエンジニアというと、サーバーの設計構築ができれば良いと思われがちですが、実は開発言語の知識も持っていることで業務の幅が広がります。

シェルプログラミングの知識を持っていることはとても大切です。

また、それ以外にも、ちょっとした開発の度にプログラマに依頼するとなると業務がスムーズで且つスピーディーに進まない可能性があります。

LL言語やC言語の基本的な知識を持っていることで、スムーズなサーバー設計・構築が実現できるのです。

仮想化技術に関するスキル

クラウドが浸透し、仮想化が進んでいる現在では、サーバーエンジニアにとって仮想化技術は必須と言えるスキルとなります。

特にサーバーエンジニアの方の中には「仮想化で自分たちの業務がなくなるのではないか」という不安を感じている方もいらっしゃると思います。

技術は日々進歩していますので、新しい技術の習得は不可欠です。

サーバー仮想化・ストレージ仮想化・ネットワーク仮想化、など一言で「仮想化」といっても様々ですが、ご自分の興味関心がある分野から勉強を開始するとキャッチアップがスムーズであると言えます。

いかがでしょうか。

決してサーバーエンジニアは「35歳限界」の仕事ではありません。
ですが、長く力を発揮いただくためにはスキルを磨き学び続けていただくことが重要です。

サーバーエンジニアとしてのキャリアを考えていただく参考としていただければと存じます。

➡︎フリーランスのサーバーエンジニアを考えている方はこちらから週2〜3日で40万〜の案件をご覧ください!

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です