スキル不足じゃない?フリーランスエンジニアに必要なスキルセットを紹介

Code syntax on a computer screen
freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

それではここからはプロの目線としてフリーランスに役立つ情報をお伝えしていきます。

「収入がなかなかあがらない」「仕事中心の生活が嫌だ」などの理由を中心に、高収入かつ自由な働き方を求めて、フリーランスエンジニアへの転身を検討されている方も多いようです。

一方で、誰しもがフリーランスエンジニアに転身すれば、希望通りの働き方を得ることが出来るのかというとそんなことはなく、実際にフリーランスエンジニアとしての働き方を諦める方も大勢いらっしゃいます。

フリーランスエンジニアとして理想の働き方を実現するためには、必要なスキルを正確に把握した上で、自分自身が必要とされる人材になることが必須です。

そこで本記事では、フリーランスエンジニアに必要不可欠なスキルセットについてご紹介していきます。

ご紹介する内容とご自身の現時点のスキルを比較した上で、スキル不足の場合にはどうすればスキルを補うことが出来るのかを具体的に検討してみてください。

なお、フリーランスエンジニアの案件の特徴や仕事の取り方など総合的な情報は「フリーランスエンジニアの案件紹介!経験年数別の年収・実態を調査」でご紹介しているので、併せてご確認ください!

Contents

フリーランスエンジニアに必要不可欠な3つのスキルと経験

フリーランスエンジニアとしての活動を始める前に、必要不可欠と言える3つのスキルと経験について把握しておきましょう。

エンジニアということで、プログラミングスキルはもちろん必要ですが、フリーランスエンジニアに必要なスキルはそれだけではありません。

  • エンジニアとしての実務経験3年以上
  • コミュニケーション能力
  • 案件を獲得するための営業力

エンジニアとしての実務経験3年以上

まず最低限の実務経験として3年以上のエンジニア経験が必要と考えておくべきです。

もちろん全ての案件で実務経験3年以上が必須とされているわけではありませんが、多くの企業案件が実務経験3年以上を目安として募集が行われています。

正社員としてエンジニアを雇う場合には、将来的な可能性を加味して多少のスキル不足でも雇うケースは少なくありませんが、フリーランスエンジニアの場合には、即戦力が顕著に求められています。

最低でも一人称で開発が行えるレベルを目安としており、実務経験でいうと3年以上と設定されている募集案件が大半です。

コミュニケーション能力

フリーランスエンジニアになったからといって、自分一人での開発に注力出来る案件というのは稀です。

依頼主とのコミュニケーションはもちろん、フリーランスエンジニアの多くはチーム開発の案件に携わっているため、チームメンバーとのコミュニケーションも必要となります。

特にフリーランスエンジニアの場合、案件に途中参画するケースが多いことや週2,3日の勤務形態、リモートワークなど働き方が様々であるため、企業で正社員として働いていたとき以上に業務に影響を及ぼさないようなコミュニケーション能力が必須です。

案件を獲得するための営業力

フリーランスエンジニアの場合、企業のように専門の営業担当者が居るわけではないため、自分自身で案件を獲得する必要が出てきます。

決まった仕事をこなせば良いだけでなく、案件を獲得するための営業力、さらに利益を上げるため条件の良い案件を獲得する交渉力も必要となってきます。

後述しますが、営業力に関してはフリーランスエージェントを利用することで外注してしまうことも可能です。

ただし、フリーランスエージェントを利用する場合でもエージェントとの単価や希望案件の交渉は必要ですので、ある程度の営業力は備えておくべきと考えた方が良いでしょう。

実務未経験でフリーランスエンジニアとして活躍するのは難しい

実務未経験でプログラミングの学習を進めている方の中にも、自由な働き方に憧れてフリーランスエンジニアを希望する方は多くいらっしゃいます。

結論として、実務未経験でのフリーランスエンジニアはかなり難しいと考えておくべきです。

上述しているように、案件のほとんどが実務経験3年以上を目安として募集が行われています。

案件によっては、実務経験が指定されていないものも存在しますが、案件獲得の競争相手が実務経験3年以上のエンジニアであるケースも少なくないため、実際には実務未経験での案件獲得は非常に稀なケースだと認識しておく必要があります。

営業スキルに自信の無いフリーランスエンジニアはどうすれば良い?

営業スキルに自信の無いフリーランスエンジニアの方は、エージェントを活用する方法が最も手軽で、確実な方法だと言えます。

フリーランスエンジニア専門のエージェントに登録しよう!

フリーランスエンジニアとしての働き方が一般的になってきた昨今、いくつもの専門エージェントが設立されるようになりました。

フリーランスエージェントでは、主に案件の紹介や契約代行など、営業全般に関わる作業をエンジニアに代わって実施してもらえます。

基本的には、エンジニアは無料でフリーランスエージェントを利用することが可能です。

エージェントの収益の仕組みは、契約確定時や月単価の数%といった形で、企業から直接手数料を得ているため、利用するエンジニアにとっては費用の支払いは発生しません。

営業スキルに自信が無いフリーランスエンジニアにとっては、リスクなく利用可能な便利なサービスですので、検討してみることをおすすめします。

手前味噌ですが、弊社サービス「ITプロパートナーズ」では数多くのフリーランスエンジニア案件・求人を取り扱っています。もし興味のある方はご相談ください!

■ ITプロパートナーズの特徴
週2やリモートOKの案件多数
取引企業数2,000社以上!有名ベンチャーや有名大手の高額案件多数
高等技術、最新技術案件あり
専属エージェントによるサポートあり
ITプロトータルサポートで所得補償(休業保険/フリーランス協会)・確定申告代行あり

おすすめのフリーランスエージェント一覧

ITプロパートナーズ

スクリーンショット 2020-07-30 15.22.51

週5でフルタイム勤務はしたくない、そんなエンジニアに嬉しい週2、週3案件が豊富なITプロパートナーズ。

フリーランスエンジニアを支援する会社では先駆け的な存在です。

取引者数も3,500社以上、魅力的な案件も豊富で直請けなのもポイント。

起業家・フリーランスの支援をするために始まったサービスのため、求められるスキルが高い分、週2〜3日、リモートワーク可などフレキシブルな働き方ができる案件が多いのが特徴です。

週2〜3日で稼ぎながら、独立・起業に挑戦したい!

という心構えの人におすすめのリモートワークエージェントになります。

■ ITプロパートナーズの特徴・強み

  • 週2やリモートOKの案件多数
  • 取引企業数2,000社以上!有名ベンチャーや有名大手の高額案件多数
  • 高等技術、最新技術案件あり
  • 専属エージェントによるサポートあり
  • ITプロトータルサポートで所得補償(休業保険/フリーランス協会)・確定申告代行あり

レバテックフリーランス

スクリーンショット 2020-07-30 15.32.52

運営会社は、ヒカリエを拠点に構えるレバレジーズ株式会社。

レバテックフリーランスは、抱えている案件数が業界内でもNo.1と呼べるほど多く、希望に沿った案件を紹介してもらえます。

さらに専任コーディネーターはクライアントとの顔合わせに同席し参画中から参画後もしっかりサポート。

最も有名なフリーランスエージェントといっても過言でなく、まずはレバテックフリーランスに登録してみるという駆け出しのフリーランスエンジニアも大変多いです。

案件の単価も高額なものが多く、紹介してもらえる分野も幅広いためどこのエージェントが良いか悩んだ場合、真っ先に検討するべきエージェントの1つです。

■ レバテックフリーランスの特徴

  • 利用者満足度92.6%!
  • 専任コーディネーターによる手厚いサポート
  • 最短一週間で案件参画可能
  • 大企業からベンチャーまで直請けで高単価案件豊富
  • 2018年7月時点で週5案件稼働エンジニアの平均年収862万円
  • 常時1,100件以上の豊富な案件数

Midworks(ミッドワークス)

スクリーンショット 2020-07-30 15.43.43

フリーランスエージェントとしてもかなり手厚い保証が受けられるのがMidworksの最大の特徴です。

あなたのスキルに見合った額を補償してくれる給与保証制度は、正社員のような待遇でフリーランスとして働きたいエンジニアを虜にします。

さらに、必要経費支援として書籍・勉強会費月1万円/交通費:月3万円・保険の半額負担/会計支援サービスを提供してもらえます。

Midworks(ミッドワークス)であれば、家族がいても十分フリーランスとして働くことができるでしょう。

■Midworks(ミッドワークス)の特徴

  • クライアント側の発注単価公開&低マージンで契約に納得できる
  • リモート・週3~の案件もあるので働き方が選べる
  • 正社員並みの保障でフリーランスなのに安定&安心
  • 賠償責任保証&健康診断優待「フリーランス協会」に加盟できる

Bizlink

スクリーンショット 2020-07-30 16.08.20

ハイクラス層に強いエンジニア案件の取り扱いがあるBizlinkは、副業支援を行うフリーランスプラットフォームでもあります。

週1案件からフルタイム常駐・リモート案件などもあるのでワークライフバランスを見直したいエンジニアにも嬉しいエージェント。

契約は直請けなので高単価案件が多いのもポイントです。

他エージェント比べて、IT業界以外の案件が豊富、口コミでも「他ではみかけない面白そうな案件が多い」という声もあります。

しかしながら、週末での稼働になることが多いため、休日はゆっくり休みたい・趣味を楽しみたい。という方にとっては不向きかもしれませんね。

■Bizlinkの特徴

  • リモート案件・打ち合わせメインのコンサル案件・週1~案件と働き方に合わせて選べる
  • Bizリンカーとして認定されると登録エンジニアにオファーもできる
  • 上流工程でプロジェクトに参画中のBizリンカーから直接オファーもある

フリーランスエンジニアの実際の案件を紹介

実際に弊社「ITプロパートナーズ」で公開しているフリーランスのエンジニア案件・求人をもとにどのような種類があるのかを確認していきましょう。

【週3日から可】大手企業での新規PJ開発を行うエンジニア案件・求人

スクリーンショット 2020-12-31 15.56.42
  • 週稼働日数:3日
  • 想定稼働時間:96時間
  • 想定月収:〜¥500,000

【リモート・在宅可】ブロックチェーン技術で日本初を生み出すエンジニア案件・求人

スクリーンショット 2020-12-31 15.58.01
  • 週稼働日数:4日
  • 想定稼働時間:128時間
  • 想定月収:〜¥700,000

【高額案件】飲食系サービスのエンジニア案件・求人

スクリーンショット 2020-12-31 15.58.38
  • 週稼働日数:5日
  • 想定稼働時間:160時間
  • 想定月収:〜¥1,000,000

弊社「ITプロパートナーズ」では、その他多くのエンジニア案件・求人を取り揃えております。ぜひご相談ください!

高単価案件を獲得するためにフリーランスエンジニアが身につけるべきスキルセット

ここまで、フリーランスエンジニアになるために最低限身につけておきたい知識や経験についてご紹介してきましたが、ここからは高単価案件を獲得するためのスキルセットについてもご紹介していきます。

  • 上流工程やPMとしての経験
  • 大企業やスタートアップなどあらゆる規模での開発経験
  • Webサービスだけではないシステム系やアプリ開発の経験

上流工程やPMとしての経験

フリーランスエンジニアに関しても、正社員エンジニアと同様、上流工程を担当するほど単価が上がる傾向にあります。

特にフリーランスエンジニアの場合には、即戦力が求められるため、これまで経験したことのないポジションで働くことは難しいのも事実です。

正社員として働いている間に、上流工程やPMとしての経験を少しでも積んでおくことは高単価案件を狙う上で重要なポイントです。

大企業やスタートアップなどあらゆる規模での開発経験

エンジニアの働き方というのは、大企業やスタートアップなど各企業により異なります。

一般的に大企業の方が、作業が細分化されており、1人のエンジニアが担当する範囲というのも少ないのが実状です。

一方で、スタートアップ企業の場合には、開発工程全般を担当するケースも少なくありません。

どちらが良いとは一概に言えませんが、フリーランスとして案件を獲得するためには、大企業・スタートアップなどあらゆる規模での開発を経験しておくことが、高単価案件への参画の可能性を広げるきっかけに繋がります。

Webサービスだけではないシステム系やアプリ開発の経験

Webサービスだけでなく、システム系やアプリ開発といった経験を積んでおくこともフリーランスエンジニアとして高単価案件を獲得するために有効な方法です。

企業では様々な案件を同時並行で進めていたり、1つのプロジェクトでもWebサービスとアプリの連携など、複数の開発に携われるエンジニアを求めているケースは少なくありません。

自分が対応出来る範囲を増やしておくことで、高単価案件に参画出来る可能性も広がると言えます。

まとめ:フリーランスエンジニアには開発スキル以外の能力も大切!

本記事では、フリーランスエンジニアに必要なスキルについての情報をご紹介してきました。

フリーランスエンジニアは、個人事業主という形で事業を行っている特性上、正社員エンジニアに比べ、開発以外のスキルについても必要なことが多くなります。

自分自身に足りないスキルは、フリーランスエンジニアに転身する前に積極的に補っていくことが重要です。

ただ、全てを自分自身で補おうとする必要はなく、今回ご紹介したような最低限のスキルセットを確保した上で、営業力など自信がない部分に関しては、積極的に外注するという方法もぜひ検討してみましょう。

手前味噌ですが、弊社サービス「ITプロパートナーズ」では数多くのフリーランスエンジニア案件・求人を取り扱っています。また、健康診断をはじめとする福利厚生周りのサポートも行なっておりますので、もしご興味のある方はご相談ください!

スクリーンショット 2020-07-30 15.22.51

■ ITプロパートナーズの特徴

  • 週2やリモートOKの案件多数
  • 取引企業数2,000社以上!有名ベンチャーや有名大手の高額案件多数
  • 高等技術、最新技術案件あり
  • 専属エージェントによるサポートあり
  • ITプロトータルサポートで所得補償(休業保険/フリーランス協会)・確定申告代行あり

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です