フリーランスエンジニアの案件紹介!経験年数別の年収・実態を調査

freelance

働き方改革や新型コロナウイルス感染症によってリモートワークが増え、なかにはフリーランスとして独立することを考えている人もいるのではないでしょうか。

今回は、ITフリーランスエンジニアを中心に、デザイナー、マーケター、プロデューサーなどIT・Webに関連する職にも触れながら、案件の特徴や単価相場を解説します。フリーランスとして活躍するために、高単価案件を獲得する方法についてもみていきましょう。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。

まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

Contents

ITフリーランスエンジニアとして働く前に知っておくべき基礎知識

まずは、フリーランスのITエンジニアとして働くために、独立する前に知っておきたい情報を把握しておきましょう。

ITフリーランスエンジニアの実態は過酷?

「ITフリーランスエンジニアの実態は過酷だからあんまりおすすめしない」といった噂が巷で飛び交っていますが、事実とはいえません。

ITフリーランスエンジニアの実体験に基づいて正社員エンジニアと比較してみました。

スクリーンショット 2020-11-25 18.18.46

フリーランスエンジニアの場合、正社員エンジニアのように残業がある環境は珍しく基本的に残業はありません。時給にすると4,000円から5,000円程度貰う事が可能なので、週3日働くだけで生活する事ができます。

また働く時間や場所を自ら決める事ができるので、案件さえしっかりと選ぶ事ができれば、まったく過酷ではありません。(※どのような案件を選ぶべきかについては後に記載します。)

フリーランスエンジニアの実態とは?年収やなり方、案件獲得法も解説

現役フリーランスの方にインタビュー

ITプロパートナーズで現役のフリーランスとして活躍されている吉田さんにインタビューいたしました。

その記事の一部を抜粋いたします。

ーアトオシ編集部

それでは次に、吉田さんが実際に対応されている案件についてお聞かせください。

ー吉田さん

さすがに社名をお伝えすることはできないですが、今関わっている案件は健康管理アプリの企業様と小説アプリの企業様になります。

ーアトオシ編集部

なるほど、ちなみにどんな働き方としてはどのような感じでしょうか?

ー吉田さん

基本的にフルリモートで働いてます。

勤務時間的には1つが週5のフルタイムで働きながら、もう1つは週2の副業的な形で取り組んでいます。

ーアトオシ編集部

仕事を掛け持ちされていると結構働いてる時間も長そうですね…!

ー吉田さん

働いている時間でいえば自分が経営している会社の業務もあるので、案件単位で厳密に出すことは難しいのですが月で大体200時間ぐらいでしょうか。

ーアトオシ編集部

なるほどなるほど、また今回のインタビュー記事を読んでくださっている方が一番気になるのが年収だと思うのですが、聞いてしまっても良いでしょうか…?

ー吉田さん

はい(笑)

会社経営をしていることもあってフリーランスとしての年収は難しいので、案件の単価感でお伝えすると、アプリエンジニアはざっくり80万円/月というイメージですね。

アプリエンジニアとしてはかなり上限に近いかなと思います。もしさらに伸ばすとすると

プロジェクトマネージャーのような管理職的立ち回りも求められるかなと。

ですので、20代〜30代前半でマネジメント経験を積めるかは大切だと思います。

もちろんスキルや経験によっても左右されますが、インタビューの内容からもフリーランスエンジニアの給与が高いということは伺えます。

もしインタビューの内容に興味がある方は是非全文の方もご覧ください。

ミッションは「若い世代が活躍できる環境を作ること」20代フリーランス吉田氏にインタビュー

会社員と比較したフリーランスエンジニアのメリットデメリットは?

メリット

フリーランスエンジニアという働き方には、会社員と比較して主に以下のようなメリットがあります。

  • 時間や場所にとらわれずに働ける
  • 収入アップの可能性もある
  • 人間関係のストレスが減る

やはり「全体的な自由度が高まる」というのがフリーランスエンジニアになる大きなメリットでしょう。会社員と比べてフルリモートで働ける可能性も高まるので、時間や場所、そして人間関係のストレスなどから解放される可能性が高いです。

フリーランスエンジニアの労働時間ってぶっちゃけどれくらい?

また、実力によっては会社員と比べて大きな収入アップも見込めます。実際、一般社団法人フリーランス協会が発行したフリーランス白書2019によると、IT・エンジニア系のフリーランスの40.9%が年収600万円以上を得ています。一方、厚生労働省が行った賃金構造基本統計調査(2019年)によると、会社員エンジニアの年収は企業規模にもよりますがおよそ500~600万円です。

デメリット

一方、フリーランスエンジニアには以下のようなデメリットもあります。

  • 収入が不安定
  • 社会的な信用度が低くなる可能性
  • 各種保険や税金面を自己負担する必要性
  • 労働時間が長くなる可能性

デメリットとして一番大きいのは年収アップの可能性がある一方、不安定になる可能性が高いことです。会社員は毎月決まった収入を得られますが、フリーランスは案件ごとに報酬を受け取るので、月毎の収入のばらつきが大きくなりやすいのです。案件が少ない時の収入は減ってしまう可能性もあるでしょう。

フリーランスエンジニアの現実を経験10年プレイヤーが丸裸にしちゃいます

また、会社員と比べてフリーランスはローンなどが組みづらい可能性もあります。各種保険(健康保険、年金保険、介護保険)についても全額自分で負担する必要性があり、年収に対しての手取り額が思ったよりも低くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

年収別のフリーランスエンジニア手取り額を計算方法と合わせてプロが紹介!

リモート・在宅のITフリーランスエンジニア案件は増加傾向

現在、クラウドストレージやコミュニケーションツールを使えば、場所を問わず作業することができます。

そのようななか、新型コロナや、その対策としてのリモートワークが一気に普及。リモートワークを導入する企業が増えたことで、労働者にとっても企業にとっても、リモートワークの敷居は下がりました。リモートワークでは、企業がわざわざ労働者を雇用するメリットが薄くなるため、フリーランスに仕事が委託されるケースが増えてきています。

ITフリーランスエンジニアは将来性のある働き方?

ITフリーランスエンジニアの将来性は間違いなく高いと断言できます。

理由としては以下のような点が挙げられるでしょう。

  • 2030年までに40万〜80万人のITエンジニアが不足する
  • ITフリーランスエンジニアという働き方自体がポピュラーになる

今後ITエンジニアは益々需要が増加しとても貴重な人材となります。そのため、どの企業もスキル要件を満たしたエンジニアがフルタイムで働いてくれる状態は稀になる事が予想されます。

引用元:平成30年経産省IT人材需給に関する調査

そんな時、週2日〜3日でもいいから手が欲しいとなるケースが多発すると考えられます。(※ 実際に弊社がサポートしている企業様もそのような状況にあります。)

その他ITフリーランスの働き方や将来性は?

IT関係の職であれば、デザイナー、マーケター、プロデューサーなどについても、「将来性がある」といえます。

WebサービスやWebサイトが、ビジネスの中核の時代となりました。「ユーザーフレンドリーなUI/UX・Webデザイン」や、「ユーザーのニーズを掴むマーケティング思考」、「プロジェクトや企画をまとめるプロデュース力」は、いずれも現代の企業活動には欠かせません。フリーランスとして、長期的に活躍できることが予想されます。

フリーランスエンジニアの実体験を成功例・失敗例に分けて紹介

実際にフリーランスエンジニアになった方の体験談を知るのも、フリーランスとして独立するかどうかの判断材料になるかと思います。そこで、成功例と失敗例をいくつか紹介致します。

フリーランスエンジニアの成功例

弊社ITプロパートナーズを通じて案件を獲得したフリーランスエンジニア、柳井さんの例を紹介します。

柳井さんはプログラミング未経験から正社員エンジニアとして社会人になり、そこから一度転職を挟んだ後、フリーランスとして独立したそうです。フリーランスになったことで、週4日程度の稼働を実現できたり、フルタイムで働いていたら繋がれなかったような人たちと出会えたりと、公私共に充実した生活を送れているそうです。

「収入も」「働き方も」納得したい。難しい注文もエージェントが叶えてくれたーエンジニア柳井さんのインタビュー

フリーランスエンジニアの失敗例

一方、フリーランスエンジニアになったものの、思ったように案件を受注できてないような体験談もあります。

フリーランスエンジニアとして失敗してしまう人は以下のような傾向があります。

  • 実力不足のまま独立してしまった
  • 在職中すべき準備を怠っていた(人脈形成やある程度の資金など)

独立前にはきちんとした準備が必要になります。

フリーランスエンジニアとして成功する人に共通する3つのこと

ITフリーランスエンジニア案件の特徴や単価相場・動向

次に、実際の案件をみながら、ITフリーランスエンジニア案件の特徴・単価相場・動向について確認していきます。

ITフリーランスエンジニア案件の特徴

フリーランスとして働く場合、雇用契約ではなく業務委託契約が基本です。収入も、給与ではなく、報酬として受け取ります。

また、ITフリーランスエンジニアの案件では、成果物の納品ではなく、週1日から5日の稼働によって報酬が発生するのが一般的です。リモートワークができる案件もありますが、実際に出勤して業務にあたる常駐型の案件も見受けられます。

現在は、新型コロナの影響からリモートワーク案件が多い傾向がありますが、一部リモート・月1回出社など、案件によって働き方はさまざまです。

ITフリーランスエンジニアの主な職種

ITフリーランスエンジニアの案件は、IT・テック系の職種ごとに募集されています。実際に募集があるおもな職種の一部をみてみましょう。

  • システムエンジニア:どのようなシステムを構築するのかを考え、設計する職種
  • プロジェクトマネージャー:システムエンジニアの上位職といわれており、プロジェクトの管理・マネジメントを行う職種
  • プログラマー:開発エンジニアの一種で、システムエンジニアの設計書からシステムを構築する職種
  • フロントエンドエンジニア:開発エンジニアの一種で、ユーザーが直接触れる範囲を開発する職種
  • インフラエンジニア:基盤システムの運用保守・構築・設計を行うエンジニアの総称で、システムの土台を作る職種
  • データサイエンティスト:ビッグデータの統計・収集・分析などを行い、情報を活用するための職種

そのほか、IT・テック系の職種は業務ごとに細分化されており、数多くの職種が存在します。

ITフリーランスエンジニア案件の単価相場

フリーランスのITエンジニア案件の単価相場は、職種や契約期間、求められるレベルやスキル、実績、プロジェクトの規模によって大きく異なります。一般的に1ヶ月で、プログラマーなら50万円程度、インフラエンジニアなら70万円程度が相場です。

案件によっては、月100万円を超えるものもあります。実際の求人をみても、エンジニア、マーケター、プロジェクトマネージャーでそれぞれ100万円の案件が掲載されています。

フリーランスエンジニアが単価100万円を目指すためのキャリアパスをプロが教えちゃいます!

ITフリーランスエンジニア案件の動向

先述のとおり、ITフリーランスエンジニアの案件は増加傾向です。新型コロナが大きな引き金となったことはもちろんですが、近年政府がフリーランスの保護や副業の推進を進めていることも大きいでしょう。

一方で、10代から20代前半のデジタルネイティブ世代が、すでにITフリーランスエンジニアとして働き始めています。案件の増加とともに、応募するITエンジニアも増えている点には留意が必要です。

ITフリーランスエンジニア案件例

ITフリーランスエンジニア案件が実際にどのように募集されているのか、チェックしておきましょう。案件を探す時は、報酬月額だけでなく、「週に何日稼働が必要なのか」、「リモートワークができるか」、「出社はまったく必要ないのか」なども、併せて確認しておくのがおすすめです。

案件例1

職種インフラエンジニア
勤務場所フルリモート
稼働週3日
報酬40万円/月

案件例2

職種Webアプリエンジニア
勤務場所リモート可
稼働週4日
報酬70万円/月

案件例3

職種バックエンドエンジニア
勤務場所フルリモート
稼働週5日
報酬100万円/月

ITプロパートナーズ」ではほかにも豊富な案件を扱っています。優良案件を効率的に探している方はぜひご覧してください。

【経験年数別】ITフリーランスエンジニアの年収や給料

ITフリーランスエンジニアの給料や年収は「エンジニア実務経験年数」に依存するところが大きいです。

そこで、ITフリーランスエンジニアとして活動を始める人が増えてくる「3年」、「4年」、「5年以上」に分類して、相場単価を確認してみましょう。

※経験年数は「エンジニアとしての経験年数」を指します。ITフリーランスエンジニアとしての経験年数では無い事をご留意ください。

1000万も可能?フリーランスエンジニアの年収と収入を上げる8つの方法

エンジニア経験年数3年の場合

経験年数3年の場合、言語や案件により前後はしますが、平均すると「65万円/月」程度と考えるとよさそうです。

時給換算した場合、「4,062.5円」で仕事を受けていることになります。

※時給は8時間×20日労働目安で換算しています。

エンジニア経験年数4年の場合

経験年数4年の場合、平均すると「70万円/月」程度と考えてよいでしょう。

時給換算した場合、「4,075円」で仕事を受けていることになります。

企業によっては1年・3年・5年のような形で基準を設けている企業も多いようなので、3年目とほとんど同じ評価となる企業もあることは考慮に入れておきましょう。

エンジニア経験年数5年の場合

経験年数5年以上の場合、平均すると「80万円/月」程度の収入を期待出来るようです。

時給換算した場合、「5,000円」で仕事を受けていることになります。

経験年数5年となると、プロフェッショナルの人材と認識される企業も増えるようで、3,4年目と比べて単価の上昇幅も大きくなリます。

その他IT系フリーランスの案件例・相場

続いて、ITエンジニア以外のIT職について、フリーランス案件の事例や単価相場を確認しておきましょう。

デザイナー系フリーランス案件

デザイナー系の案件は、WebデザイナーやUX/UIデザイナーの募集が特に多いようです。なかでも、コーディングまでできるデザイナーを求める企業が非常に多く、コーダーとしてのスキルがあると案件を得やすいといえます。

基本的には、エンジニアと同様に、求められるスキルやプロジェクトの規模、実績などによって報酬が決められています。ただし、UX/UIデザイナーや複数スキルが必要な案件の方が、報酬が高い傾向があります。

案件例

Webデザイナー・UX/UIデザイナーのほかには、UI/UXデザイナー兼フロントエンドエンジニア、3DCGディレクター、バナーデザイナー、グラフィックデザイナーなどの案件も募集されています。


職種Webデザイナー
勤務場所リモート
稼働週3日
報酬40万円/月


職種Webデザイナー兼コーダー
勤務場所リモート可
稼働週3日
報酬50万円/月


職種UI/UXデザイナー
勤務場所フルリモート
稼働週1日
報酬100万円/月

単発のデザイナー系の案件相場は、チラシ作成で3万円程度、ロゴ作成で2万円程度、サイトのトップページ作成で3万円程度です。ページ制作や調整の場合、1ページあたり1万円程度で、ページ数を乗じた金額が報酬となります。

一方で、ひと月ごとに企業と契約して、週に1日から5日稼働する案件であれば、10万~80万円/月程度。エンジニア同様非常に幅広いといえます。UI/UXデザイナーやディレクターの案件では、100万円/月を目指せるものもあります。

このように、ITプロパートナーズではデザイナー系のフリーランス案件が充実しているため、興味がある方は案件情報を検索してみてください。

マーケター・プロデューサー系フリーランス案件

マーケターの募集では、マーケター以外にも、データアナリストやデータサイエンティストといったデータ分析、企業の戦略設計、SNS運用などさまざまな業務が募集されています。

また、プロデューサー系の案件では、プロデューサー職よりも、ディレクターやプロジェクトマネージャー、プレイングマネージャーという案件が多いようです。いずれも、マネジメントやディレクションの責任者という立場となるため、技術的なスキルや業務経験はもちろん、コミュニケーションスキルや柔軟な対応を求める案件が多く見受けられます。

案件例

マーケターやプロデューサー系のフリーランス案件についても、実際の案件例をみてみましょう。


職種マーケター
勤務場所リモート
稼働週4日
報酬90万円/月


職種データサイエンティスト
勤務場所リモート
稼働週3日
報酬70万円/月


職種プレイングマネージャー
勤務場所フルリモート
稼働週4日
報酬80万円/月

ほかの職種と同様に、10万~100万円/月程度と幅広い金額の案件が募集されています。基本的に、企業と一定の期間契約して業務に当たります。

マーケター・プロデューサー系は、高いスキルや実績が求められるうえ、プロジェクトの責任者としての立場から、案件単価も高くなる傾向があるようです。実際に募集されている3~4割程度が50万円以上/月で、高単価案件が多いといえるでしょう。

このように、「ITプロパートナーズ」はマーケターやプロデューサー向けの案件も豊富です。フリーランスでこれらのジャンルに興味がある方は希望に合う案件を探してみてください。

初心者・未経験者OKのITフリーランスエンジニア案件はある?

生計が立てられるだけでなく、高収入を目指せるITフリーランス。これからフリーランスを目指したい人も多いでしょう。

そこで気になるのが「初心者や未経験でもフリーランスとして働けるのか」という点ではないでしょうか。IT職を始めたばかりの人や、これからIT業界に入りたいという人は要チェックです。

Javaの副業で稼ぐ方法!土日でできる副業案件はある?

フリーランスエンジニアになるには?最低限知っておくべき知識から案件獲得方法までを紹介

初心者・未経験でも応募は可能

結論からお伝えすると、ライターをはじめ、場合によってデザイナーやIT系でも未経験OKの案件自体は存在します。「初心者OK」、「未経験者歓迎」などの表示もよく見られます。

しかし、初心者・未経験者向けの案件で生計を立てるのは、非常に難しい点には注意しなければなりません。IT・テック系の業務は、プログラミング言語やデザインの知識、ソフトウェアを操作するスキルやWebマーケティングの知識など、各業務の専門的な知識とスキルが必要です。

また、初心者・未経験者OKだからと、極端に単価が低い案件もあります。最低限の知識・スキルがない場合は、フリーランスとして活躍することは難しいでしょう。

未経験からフリーランスエンジニアになって案件を獲得する方法と注意点

高単価案件にはスキル・経験が必須

フリーランスとして安定して案件を獲得し、生計を立てるためには、各職種に必要な専門的知識・スキルは必須です。さらに、専門的知識やスキルを持っていることが証明できる、経験の有無や内容もかなり重視されます。

たとえば、学校を卒業したてのWebデザイナーよりも、デザイン事務所で5年経験を積んだWebデザイナーの方が、市場価値は上がります。もちろん、勤務期間中に参加したプロジェクトやポジションなどによっても、市場価値は変わります。仕事を依頼する側が信頼できるように、フリーランスになるまでに実務経験と実績を積んでおくことが重要といえるでしょう。

スキル不足じゃない?フリーランスエンジニアに必要なスキルセットを紹介

高単価のITフリーランスエンジニア案件を獲得するためのポイント

実務経験と実績があっても、高単価案件は簡単に獲得できるものではありません。ここでは、高単価のITフリーランスエンジニア案件を獲得するために押さえておきたいポイントを解説します。

専門スキルを身に着ける

先述のとおり、その分野における専門的な知識・スキルは必須といえます。知識やスキルを持っていることは、言葉だけでは証明しにくいため、アピールになるような実績や経験を積んでおくことがポイント。

実際に参加したプロジェクトについて、成果物や具体的な数字など客観的に実績が分かるものを用意しておくことが重要です。より大きなプロジェクトや大きな成果を出すほど、高単価案件につながりやすいといえるでしょう。

関連スキルを身に着ける

デザイナー系やマーケター・プロデューサー系の案件例をみても分かるように、複数職種や分野を持っておくことで、受けられる案件の幅が広がります。

たとえばデザイナーなら、Webサイト制作を念頭にマーケティングやJavaScript、HTML/CSSの知識を身に着けておくとよいでしょう。インフラ系のエンジニアなら、アプリケーションの稼働を念頭にしたWeb系の知識が役立ちます。

同じような実績やレベルの人を比較した時に、できることが1つでも多い方が採用につながりやすくなるものです。ぜひ自分の業務と関連するスキルも身に着けておきましょう。

上流工程に参加する

上流工程ほど、クライアントなど関係者との調整が増えるため難易度が高くなり、責任も重くなります。一方で、難易度が高い・責任が重いポジションの方が、単価が高くなる傾向があります。よって、高単価案件を獲得するためには、できるだけプロジェクトの上流工程に参加しましょう。

実績もないのにフリーランスになってから、いきなり上流工程に参加するのは簡単ではありません。企業に勤めている間など、フリーランスになる前の実績作りの段階で、上流工程での経験を得ておくことがおすすめです。

顧客視点を持つ

クライアントが提供したいサービス・ソリューションや、実現のために求めている人材をしっかり理解できれば、「自分がどこで、どう役に立つ必要があるのか」が見えてきます。そのため、常に顧客視点を持って業務に取り組むことで、クライアントの信頼感や満足度アップ、将来的な高単価案件の獲得につながるでしょう。

また、どのような職であっても、広い視野や多面的な視点が持てる人は重宝されます。より的確な提案や仕事ができるよう、エンドクライアントであるユーザーや一般消費者のニーズも掴むことを意識しましょう。

ITフリーランスエンジニアが案件を探す方法

それでは、実際にフリーランスとして働く時に案件を探す手段を紹介します。それぞれの特徴とメリット・デメリットを確認して、自分のスキルや働き方に合った方法を試してみましょう。

IT系フリーランス専門エージェント

クライアントとフリーランスとの間にエージェントが入って、案件紹介やフリーランサー紹介を行ってくれるサービスです。代表的なサービスは以下の通りです。

案件探しやクライアントとの交渉をエージェントのスタッフが行ってくれるため、営業活動が苦手でも案件を受けやすいというメリットがあります。また、IT系に特化したエージェントなら、業界に精通しているため、自分のスキルや経験に合った案件を紹介してくれる可能性が高くなります。ただし、仲介手数料が抜かれるサービスもある点に留意が必要です。

特にITプロパートナーズは、経験があるエンジニア、デザイナー、マーケターにおすすめ。専属スタッフがつくため、自分に合う案件紹介はもちろん、定期的なフォローがある点も魅力的です。

全50社比較!フリーランスエンジニア専門おすすめエージェント【目的別】

求人サイト

一般的な求人サイトにも、フリーランスの案件が掲載されています。フリーランス向けの案件は、一般的に「業務委託」として募集があるものです。

また、業務委託だけでなく、一時的に会社と雇用契約を結ぶフリーランスや、会社員の本業の傍ら副業を行う「副業系フリーランス」の案件もあります。幅広い案件を探したい場合は、求人サイトの利用がおすすめです。

ただし、低単価案件や未経験者でもできる案件と、高単価でスキルや経験を求められる案件が混在している点には注意してください。また、応募してみないと自分に合った案件かどうかを確認できないことも多いようです。

在宅でガッツリ稼げる!?フリーランスのおすすめ求人サイト6選!

フリーランスが登録すべき求人サイトおすすめ10選【選び方も解説】

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、発注者と受注者を結ぶプラットフォームを提供しているサービスです。基本的に誰でも発注・受注ができるため、案件数が多く、初心者や未経験者でも受けられる案件が見つけやすいメリットがあります。代表的なサービスは、クラウドワークスランサーズです。

一方で、「納品したが報酬が支払われない」、「作業量に見合わない低単価の案件だった」「契約前の報酬と実際の報酬額が異なる」「個人情報が悪用される」など、トラブルも発生しています。支払いトラブルの際にサイト側が対応してくれるサービスや、案件ごとに契約が結べるサービスを選ぶ必要があります。

SNS・ブログ

SNSや個人が運営するブログでも、案件が募集されていることがあります。普段から同業者や案件を掲載しているアカウントをチェックしておくとよいでしょう。

エージェントやクラウドソーシングにはない案件を獲得できる可能性がある反面、個人間の取り引きとなるため、支払いトラブルや業務内容について認識の齟齬が発生することも。相手の素性を十分に確認し、契約は書面またはメールなど記録が残るものを使って行いましょう。

知人・既存顧客

元同僚や元職場の取引先、既存顧客の紹介で案件が決まることもあります。いずれもお互いの素性を知っていることから、安心して業務に入れるところが魅力です。発注側が自分のスキルや実力を理解していることから、自分に合った案件も得られやすいメリットも。

しかし、知人ということで、人によっては単価交渉がしにくい場合もあるようです。さらに、人脈がないと仕事を紹介してもらえないため、ツテや実績が少ない人には向きません。安定した受注も難しいこともあり、ほかの方法と併用するのがおすすめです。

ITフリーランスエンジニアが案件を獲得するためのおすすめエージェント

ITフリーランスエンジニアが案件を獲得する方法はいくつかありますが、エージェントへの相談が第一だといえます。

そこでこのトピックでは、実際にITフリーランスエンジニアの案件を獲得する際、どのエージェントへ相談すべきなのかについてご紹介します。

  1. 1 週2日から働きたい方へおすすめのITフリーランスエンジニア専門エージェント
  2. 在宅・リモートで働きたい方へおすすめのITフリーランスエンジニア専門エージェント
  3. 案件数を重視したい方へおすすめのITフリーランスエンジニア専門エージェント

週2日から働きたい方へおすすめのITフリーランスエンジニア専門エージェント

ITフリーランスエンジニアとしてフルタイムでは働けないという人におすすめなのが、週2日からの働き方が選べるITフリーランスエンジニア専門エージェントです。

  • ITプロパートナーズ
  • Bizlink
  • workship

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは、起業家を中心に週2日からの案件を紹介するITフリーランスエンジニア専門のエージェントです。

ITプロパートナーズ詳細
  • 企業情報:ITプロパートナーズ(株式会社Hajimari)
  • 案件数:約2,698件
  • 登録者数:3,0000名
  • サポート:専属エージェントが希望に合う案件を紹介・業務開始後も定期的にフォロー
  • 支払期日:月末締め翌々月5日払い
  • 対象地域:首都圏

特に週2~3日の案件数が豊富なのが特徴です。エンドクライアントとの直接契約となっており、間に仲介会社を挟んでいない為、高単価な案件が多くなっています。週3日の稼働でも、生活に十分な報酬が得られるので、ぜひお気軽にご利用ください。

Bizlink

Bizlinkは週1日からフルタイム常駐、リモート案件までを豊富に取り揃えているITフリーランスエンジニア専門のエージェントです。週1~3日、半日常駐案件なども揃えています。フルタイム常駐やリモート案件、コンサルティング案件なども豊富になっています。

株式会社ビズリンク詳細
  • 企業情報:株式会社ビズリンク
  • 案件数:約2,231件
  • 平均単価:200,000円~約1,200,000円
  • 登録者数:不明
  • サポート:専門知識豊富なBizlinker(ビズリンカー)による最適なマッチング
  • 対象地域:首都圏

Workship

Warkshipは週1~3日などの柔軟な働き方はもちろん、リモート案件も豊富に所有するITフリーランスエンジニア専門のエージェントです。また、案件成約時には1万円のお祝い金が贈呈されるという、ほかにはない特典もあります。

Warkship詳細
  • 企業情報:Warkship(運営会社:株式会社GIG)
  • 案件数:不明
  • 平均単価:300,000円
  • 登録者数:不明
  • サポート:応募後のフォローもサポート・トラブル相談窓口あり
  • 支払期日:月末締め翌月末払い
  • 対象地域:首都圏

在宅・リモートで働きたい方へおすすめのITフリーランスエンジニア専門エージェント

ここでは、リモートワークや在宅ワークで働ける案件が豊富なITフリーランスエンジニア専門のエージェントを紹介します。

  • 在宅派遣
  • テクフリ
  • APP ATARSフリーランス

在宅派遣

在宅派遣はクラウドソーシングのような働き方とは異なりますが、スキルを持ったITフリーランスエンジニアも「労働派遣契約」として案件を受注できます。

在宅での案件が豊富ですので、在宅ワークやリモートワークで働きたいエンジニアに最も適したエージェントです。

在宅派遣詳細
  • 企業情報:在宅派遣(運営会社:株式会社キャスター)
  • 案件数:不明
  • 平均単価:時給2,500円
  • 登録者数:不明
  • サポート:オンラインカウンセリング・社会保険加入
  • 支払期日:不明
  • 対象地域:全国

テクフリ

テクフリはリモート案件も豊富ですが、ITフリーランス賠償責任補償やコワーキングスペース割引などといった福利厚生も充実しているITフリーランスに特化したエージェントです。中間マージン10%の案件やリモート案件あります。

テクフリ詳細
  • 企業情報:テクフリ(運営会社:株式会社アイデンティティー)
  • 案件数:約3,916件
  • 平均単価:440,000円~約1,210,000円
  • 登録者数:不明
  • サポート:カウンセリング・事前面談・常駐先での悩みなどを担当エージェントに相談できる
  • 支払期日:月末締め翌月末日支払い
  • 対象地域:首都圏

APP ATARSフリーランス

APP ATARSフリーランスは、エンドクライアント企業からの直接案件を扱っているため高報酬で、リモートワークや在宅ワークの案件紹介もあります。

スマホアプリやWebサービス、ゲームなどの開発実績を持つ株式会社モンスター・ラボが運営するITフリーランスエンジニア専門エージェントです。

APP ATARSフリーランス詳細
  • 企業情報:APP ATARSフリーランス(運営会社:株式会社 モンスター・ラボ)
  • 案件数:不明
  • 平均単価:400,000円~約900,000円
  • 登録者数:不明
  • サポート:電話やリモート面接や案件先にエージェントが営業同行し条件交渉や契約もサポート
  • 支払期日:不明
  • 対象地域:首都圏

案件数を重視したい方へおすすめのITフリーランスエンジニア専門エージェント

  • フォスターフリーランス
  • バテックフリーランス
  • クラウドテック

フォスターフリーランス

フォスターフリーランスは、5,000件以上の案件を持つITフリーランスエンジニア専門エージェントです。

案件はITに特化しており、IoTやAIといった新しい技術の案件も取り揃えています。

フォスターフリーランス詳細
  • 企業情報:フォスターフリーランス(運営会社:フォスターネット)
  • 案件数:5,000件以上(非公開案件含む)
  • 平均単価:約500,000円~約2,300,000円
  • 登録者数:約17,000人以上
  • サポート:就業中のサポートまで充実。個人に合わせたサービスを提供
  • 支払期日:月末締め翌月10日払い
  • 対象地域:首都圏

バテックフリーランス

レバテックフリーランスは、レバテック株式会社が運営するITフリーランスエンジニア専門エージェントです。

なかでも、Web・ゲーム業界のクリエイターに特化して案件を紹介しています。

レバテックフリーランス詳細
  • 企業情報:レバテックフリーランス(レバテック株式会社)
  • 案件数:11,147件以上
  • 平均単価:約300,000円~約1,050,000円
  • 登録者数:約180,000人
  • サポート:市場や現場を熟知したカウンセラーによる充実したフォローアップ
  • 支払期日:月末締め翌月15日支払い
  • 対象地域:首都圏

クラウドテック

クラウドテックは、クラウドソーシングの運営会社である株式会社クラウドワークスが提供するITフリーランスエンジニア専門エージェントです。

「プロフェッショナル報酬制度」など、独自のサポートも充実しています。

クラウドテック詳細
  • 企業情報:クラウドテック(運営会社:株式会社クラウドワークス)
  • 案件数:約6,987件
  • 平均単価:約300,000円~約1,200,000円
  • 登録者数:不明
  • サポート:専任のITフリーランスキャリアアドバイザーによるフォロー・プロフェッショナル報酬制度で契約金額に1%上乗せ
  • 支払期日:月末締め翌月15日支払い
  • 対象地域:首都圏

フリーランスエンジニアに関するよくあるQ&A

Q1.フリーランスエンジニアになるのに年齢制限はありますか?

まず結論からお伝えすると、フリーランスになるのに年齢制限はありません。しかし、最も多い年齢層は30代となっています。

フリーランスのエンジニアに年齢の限界ってあるの?

実際にフリーランス協会が発表したフリーランス白書2019によると、フリーランスの年齢層のボリュームゾーンは30代(40.3%)40代(33.0%)です。その上の年齢層を見ると、50代のフリーランスが14.3%、60代が2.3%います。

何歳であってもフリーランスになる事自体は可能ですが、年齢によって求められるスキルは変わってきます。40代、50代以上になると業務知識や経験、マネジメント力、人脈などが強みになってきます。未経験の場合は30代からフリーランスを目指すのが一つの目安となるでしょう。

コピーライターに資格は必要ない?役立つ試験の種類を調査!

【プロが伝授】フリーランスエンジニアに30代未経験からなる方法とポイントを紹介

Q2.フリーランスエンジニアにおすすめのプログラミング言語はなんですか?

フリーランスエンジニアとして稼ぎやすいプログラミング言語は、

  • 言語としての現在需要があり希少性が高いか
  • 言語自体に将来性があるか(案件数が増えるか)

で決まってきます。以上の観点から考えると、「Python」「Ruby」「JavaScript」「Go」あたりはオススメの言語といえます。より詳しい情報は以下の記事からご覧ください。

フリーランスエンジニアが稼げるプログラミング言語をプロが教えちゃいます!

Q3.フリーランスエンジニアにおすすめな資格はありますか?

実力さえあれば資格がなくてもフリーランスエンジニアとして仕事を獲得することはできますが、未経験者であったり経験の浅いフリーランスの場合、資格を取得して定量的にスキルをアピールするのも一つの手です。

資格取得を考えているフリーランスエンジニの方にオススメなのは、

あたりになります。フリーランスとして仕事獲得が軌道に軌道に乗っていない方は上記のような資格取得を検討するのもいいでしょう。

まとめ

IT系のフリーランスは、高収入を目指せるだけでなく将来性もあるため、現在企業で働いている人はもちろん、これから勉強するという人にもおすすめの働き方です。一方で、十分な知識や経験がなければ、生活できるだけの収入が確保できないリスクもあります。

各分野に精通するだけでなく、関連するスキルを身に着けたり、上流工程に参加して経験を積んだりしてからフリーランスとして独立するのがよいでしょう。独立後は、まずはIT系フリーランス専門エージェントに登録して、フリーランスとしての実績を増やしていくのがおすすめです。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!