女性フリーランスにおすすめの仕事7選!悩みや働き方、収入事情も紹介

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

最近はプライベートと両立しながら自分のペースで仕事ができるフリーランスという働き方が、女性からも注目されています。とはいえ「女性フリーランスに最適な仕事は何か」「きちんと収入が得られるのか」「どうやって仕事を探せばいいのか」などの疑問もあり、ハードルが高く感じている人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、女性フリーランスに人気の仕事7選を紹介します。併せて、女性フリーランスの悩みや収入事情、仕事獲得方法なども、さまざまな統計や求人サイトのデータをもとに解説します。ぜひ参考にして下さい。

また、フリーランスの仕事について詳しくは「フリーランスの仕事一覧と職種ごとの特徴・仕事獲得できるサイト」も併せてご覧ください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

女性フリーランスの仕事事情とは?

フリーランスについて気にはなっているものの、まずはほかの人の状況を知りたいという人に向けて、女性フリーランスの割合や収入の目安、労働時間、フリーランスになりたいと思う理由などについて解説します。

女性のフリーランスの比率

リクルートワークス研究所の全国就業パネル調査2019「データで見る日本のフリーランス」が全国のフリーランス6万2,415人にインターネットモニター調査をしたところ、男女比は男性が78.6%に対して女性はわずか21.4%となっていました。

ソフトウエア・インターネット関連技術者になると男女比はさらに広がり男性91.9%に対して女性は8.1%にとどまっています。また、デザイナーなどが含まれるクリエイティブ職は男性72.0%に対して女性は28.0%でした。

女性のフリーランスの年収

気になるのは収入ですが、女性フリーランスの年収はどのくらいでしょうか。フリーランス協会の「フリーランス白書2020」によると、200万円未満が30.8%と最も多く、200万~400万円が28.9%、400万~600万円未満が17.4%、600万~800万円未満が8.9%、800万~1,000万円未満が6.2%、1,000万~1,200万円未満は3.3%などとなっています。

200万円未満と回答した女性フリーランスが多かった背景の1つには、夫の扶養控除の範囲を超えない働き方をしている人が一定数いることも考えられます。

フリーランスの平均年収を職種別で紹介!年収1000万を超える方法も解説

女性フリーランスの労働時間

次に女性フリーランスが月に何時間程度、就業しているか見ていきましょう。男性フリーランスは140時間以上200時間未満と回答した人が最も多く(41.6%)、女性も140時間以上200時間未満が最も多かったものの(26.2%)、男性に比べると小さい割合でした。

なお女性の場合、20時間未満が9.2%、20時間以上60時間未満が20.7%、60時間以上100時間未満が14.1%などと、就業している時間が短い人の割合が大きくなっています。

女性がフリーランスになる理由

男性に比べると女性のほうが短時間就労の人が多いという点から、女性がフリーランスになる理由の1つが、子育てや家事などと両立することが目的ではないかと考えられます。

もちろん、女性でも月に200時間以上働く人たちもいます。その場合には男性とフリーランスになった理由は同じだと考えられます。

ちなみに、フリーランス協会の「フリーランス白書2020」では、フリーランスになった理由として最も多かったのが「自分の裁量で仕事をするため」(56%)、「働く時間/場所を自由にするため」(50.2%)などとなっていました(男女/複数回答)。

女性がフリーランスで仕事をするメリット

会社に頼ることなくフリーランスで働くことは大変な面もありますが、大きなメリットもあります。ワークライフバランスやキャリアパス、働き方の面から見ていきましょう。

家庭との両立ができる

フリーランスであれば時間が自由になりやすいため、家庭との両立が可能です。クライアントの都合で予定外の時間に働かなくてはいけないことも多いですが、会社に勤めるのと異なり事務処理や通勤時間が少ない分、自分の時間を確保しやすくなります。

もちろん、男女で家事も子育ても協力して行うのが理想ですが、万一、子どもが熱を出したりケガをしたりした場合や、親に介護が必要になった時に、夫婦のどちらかの時間が自由になると安心です。

キャリアが途切れない

女性は結婚や出産、子育てなど、ライフステージごとに退職、休職を考えることがあります。また、配偶者の転勤により、退職を余儀なくされることもあります。

その点、フリーランスであればキャリアを途切れさせずに働くことができます。出産の際にもギリギリまで働き、在宅ワークであれば出産後も体調を考えつつ早い段階で復職ができます。

引っ越しが必要になった場合にも、完全にリモートワークができるスタイルにしておけば、そのまま作業を続行させることが可能です。

フリーランス女性に送る、業務委託契約中に産休を取る方法

スキマ時間を活用できる

フリーランスはスキマ時間を有効活用できるという利点もあります。

子育て以外にも資格取得の勉強中や、別の本業を持っている人もいるでしょう。そういった場合でも、自分で時間のやりくりをしながら、手が空いた時間に働くことができます。

午前中に家事を終え、子どもを保育園に迎えに行くまでの間や、本業の仕事を終えて帰ってきた後などの時間も有効活用できます。収入は家族旅行のための資金づくりや、試験勉強のための資金などに活用できます。

女性に人気なフリーランスの仕事の種類7選

一口にフリーランスといってもさまざまな業種があります。多くの業界でフリーランスが活躍しているので、もしかすると今の自分のスキルを活用して、フリーランスとして独立することが可能かもしれません。

1.事務職

特別なスキルがなくても始めやすい人気の職種が事務職です。事務職には、一般事務のほか経理事務、人事事務、総務事務、医療事務、法務事務などの種類があります。

以前はハンコや情報漏洩などの問題もあり在宅ワークに適さない面がありました。しかし、電子ハンコや電子書類の推進、セキュリティの強化などが図られ、フリーランスとして働きやすくなりました。

収入については会社によって大きくばらつきがありますが、時間給で1,000~2,000円程度の案件や、データ入力1本につき500~1,000円といった仕事が多く見つかります。

2.サービス職

人に接する仕事でフリーランスが多いものには、スポーツやダンス、ヨガなどのインストラクター、スポーツトレーナー、塾講師、ネイリストなどが挙げられます。

それぞれ必要なスキルは異なりますが、専門知識とスキルを持ち、スタジオやジム、事務所、塾、個人などに認められると仕事ができます。

収入はスタジオやジムでインストラクターをする場合、60分で3,000~5,000円程度が相場のようです。塾講師などは担当する授業のコマ数により収入が変わりますが、時給の場合は1,500~2,500円程度が多いようです。ただし、大手の塾であれば時給5,000円という場合もあります。

3.Webデザイナー

Webデザイナーはインターネットに接続できるパソコンがあれば作業ができるため、フリーランスに適した職業の1つです。

デザイナーの仕事は文字や画像、動画などを組み合わせ、クライアントが伝えたいことをビジュアルで表現する仕事です。特に資格を必要とはしませんが、IllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトを使いこなすスキルや、言語などの知識を必要とします。

制作会社やデザイン会社などで数年働いた後に、フリーランスとして独立する人も多いようです。

報酬の単価としては週3日程度の稼働で月30万~60万円程度のものが多いようです。以下、弊社ITプロパートナーズで掲載している案件例です。

  • 稼働日数:5日
  • 想定稼働時間:160時間
  • 想定月収:~¥500,000
  • 稼働日数:3日
  • 想定稼働時間:96時間
  • 想定月収:~¥300,000

4.イラストレーター

イラストレーターは会社に勤めるよりも、フリーランスとして働く人が圧倒的に多い仕事です。自分で作品を作成して制作会社などに直接売り込むか、オンライン上で紹介するなどして仕事獲得につなげている人が多いようです。必要なスキルとしては当然、イラストが描けることとなります。

報酬はイラストのサイズや点数、クライアントによってさまざまですが、クラウドソーシングでは1点500円以上の案件が見つかります。また、ゲーム関連のイラストレーターは単価が高く、弊社ITプロパートナーズでは週3日稼働で月40万円、週5日稼働で月60万円などの案件がありました。

  • 稼働日数:3日
  • 想定稼働時間:96時間
  • 想定月収:~¥400,000

5.ライター・編集者

雑誌や新聞などの紙媒体での仕事もありますが、現在、案件数が多いのがWebのライター・編集者です。

ライターは原稿を書き、編集者はクライアントと企画についてすり合わせをするほか、上がってきた原稿のチェックや校正・校閲の作業をします。Webで活躍するには、SEOに関する知識は必須となります。

単価はスキルやクライアントによりまちまちですが1文字1円前後からあり、スキルが上がるほど文字単価は上がっていきます。5,000文字程度で5,000~2万円程度と見ておくとよいでしょう。また、文字単価ではなくプロジェクトごとに報酬が設定されている場合もあります。

  • 稼働日数:3日
  • 想定稼働時間:96時間
  • 想定月収:~¥400,000

6.フォトグラファー・写真家

フォトグラファー・写真家として活躍するには、ある程度の機材が必要となります。一眼レフカメラとライト、データを編集し編集者に送信するために十分なスペックのあるパソコンなどが必要です。

スキルは自分で磨くこともできますが、写真の専門学校を出たり、スタジオなどに勤め先輩から仕事を教わったりする人が多いようです。もちろん、センスがよければ最初からフリーランスで働くことも可能です。

案件の報酬はまちまちで安い場合には1件数千~1万円台ということもありますが、ある程度名が売れてくると1案件数10万円などということもあります。

7.エンジニア

フリーランスで働くのに最も適しているのがエンジニアだといわれることも多々あります。言語やネットなどの知識とスキルがあれば、自宅で作業することができます。

弊社ITプロパートナーズでエンジニア案件を検索すると3,000件以上がヒットします。週1日からフルタイムまでの案件を見つけることができます。言語としては「Python」「Java」「C++」あたりが人気となっています。

案件の報酬は週2日稼働の場合1月あたり19万~60万円、週5日稼働の場合には60万円程度以上で、100万円以上の案件もあります。

  • 稼働日数:3日
  • 想定稼働時間:96時間
  • 想定月収:~¥600,000
  • 稼働日数:3日
  • 想定稼働時間:96時間
  • 想定月収:~¥700,000

フリーランスで働く女性が抱えがちな悩み

仕事をするうえでさまざまな悩みが出てくるものですが、特に女性フリーランスならではの悩みについて考えてみましょう。先に悩むポイントについて知っていれば、いざという場合に戸惑わずにすみます。

仕事・勉強時間を確保できない

男女かかわらずスキマ時間で働こうという場合、十分に仕事や、業務のスキルを上げるための勉強の時間を確保できないことがあります。

また、クライアントから急ぎで仕上げてほしいというオーダーが入ったり、納品したものに対して修正依頼が入ったりした際に、すぐに作業に取り掛かれそうもなく、困ることがあります。どうやって時間のやりくりをするかは、フリーランスにとっては大きな課題となります。

相談相手がいない

男性と比べて女性フリーランスの数は少なく、自分と同じ仕事をしている人が近くにいないため、相談ができないということがあります。仕事のスケジュールや、仕事内容についてはある程度はクライアントに相談はできますが、小さなことはなかなか相談できるものではありません。そのため、孤独に陥りやすい面があります。

そのような時は、同業者が集まるようなセミナーや交流会などに顔を出すなどして、同業者に知り合いを作るというのも手です。

キャリアパスを描けない

フリーランスの場合、なかなか同業の先輩の姿を見る機会がありません。身近にモデルになる先輩がいないため、将来に向けてのキャリアパスがイメージしにくいというデメリットがあります。

また、フリーランスは生活保障がないうえ会社員のように必ず昇給していくというわけでもない点も、将来像を描きにくくする要因です。

ですから、誰かを目指すというよりは「自身で何歳までにどのようになっている」などの目標を立ててそこに向かうようにすることが大切です。

女性がフリーランスの仕事で成功するためのポイント

上述のようにフリーランスにはさまざまな悩みがありますが、それらを解決しながら成功するためのポイントにはどのようなものがあるのでしょうか。仕事探しなどで頼れるサービスもあるので、積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

条件が合う仕事を探す

「家庭と両立させたい」「本業にプラスした収入を得て貯金をしたい」「扶養控除内で働きたい」など、それぞれフリーランスとして働く理由はまちまちです。そこで、まずは自分が働く目的を考え、それに合った条件を書き出してみることをおすすめします。

  • 収入はいくらほしいのか、扶養控除内で収めたいのか
  • 週に働ける時間は何時間くらいか
  • 自宅で働きたいのか
  • 外で働く場合には週何日まで稼働が可能なのか
  • 自分の作業スピードはどのくらいか。どの程度の量の仕事を引き受けられるか

上記のポイントについて考えてみるとよいでしょう。

必要なサポートを受ける

フリーランスは自由という魅力がある反面、案件の獲得方法や税のこと、仕事の進め方などの相談がしにくく、不安を募らせることもあります。

そこで、仕事探しやキャリアなどについて相談ができるエージェントや求人サイトに登録するのも手です。もちろん、仕事の紹介を受けることもでき、効率よく働くことができます。また、フリーランスも集まるような交流会を開催することもありそこに参加して人脈を広げたり、福利厚生を利用できたりする場合もあります。

自分に合う仕事探しの方法を選ぶ

フリーランスとして働くための仕事の獲得方法はさまざまで、自分に適した方法を見つけることも大切です。

たとえば社交性があり営業なども厭わない場合には、会社に直接売り込みをかけたり、SNSやブログなどで自分の実績を発信したりするのも手でしょう。

一方、営業に自信がない場合でも、クラウドソーシングやエージェントなどを利用するという方法もあります。営業にかける時間を節約できるのも魅力です。

フリーランスの女性が仕事を獲得する5つの方法

ここからは具体的に、フリーランスが仕事を獲得する方法を紹介します。フリーランスはどこで仕事につながるか分からないので常にアンテナを張り巡らせておくことが大切です。

1.フリーランスエージェント

上述のようにエージェントなら、自分で営業活動をしなくても、条件に合う仕事を紹介してもらえます。

エージェントには弊社「ITプロパートナーズ」などがあり、フリーランスや個人事業主に対して、条件に合った仕事を紹介しています。エージェントによっては休業補償やキャリア相談など、福利厚生やサポートが充実しているのも魅力です。

一度登録しておけば紹介が受けられ、その時々の自分の時間を考えながら受託することができます。

全50社比較!フリーランスエンジニア専門おすすめエージェント【目的別】

2.人脈

フリーランス白書2020」によると、フリーランス女性の「最も収入が得られる受注経路」としては「人脈」(48.5%)や「過去・現在の取引先」(28.2%)が多く、人脈をもとに仕事を広げている人が多いようです。

たとえば、同じプロジェクトに所属した人と親しくなったり、フリーランスが集まるセミナーや会合などに出席して顔を広めたりすることで人脈は作られていきます。そのようなつながりを大切にすることで、安定して仕事の受注ができるようになるのです。

また、引き受けた仕事を熱心に行うと、クライアントや編集者と親しくなり、以降もさまざまな案件を紹介してもらえることもあります。

3.営業活動

フリーランス白書2020」で人脈以外で女性フリーランスの「最も収入が得られる受注経路」として多かったのが「自分自身の広告宣伝活動」(9.2%)です。男性は3.4%と低めのため、女性のほうが営業活動は適しているのかもしれません。

営業活動では自身の職務経歴書やポートフォリオ(作品集)をあらかじめ用意し、こまめにアップデートしながら提出するようにしましょう。

フリーランスの営業方法8選!成功させる為のポイントや注意点も解説

4.クラウドソーシング

クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングを利用して案件を獲得する方法もあります。

クラウドソーシングとはWeb上で、仕事を探しているフリーランスと、仕事を発注したい企業をマッチングさせるサービスです。

探せる職種としてはデザインやライター、写真、動画などのクリエイティブ系や、システム開発・運用、Web制作などのIT系、事務・コンサルタントなどがあります。

登録は多くの場合無料で、スキルに合った案件についてお知らせメールもくれます。

クラウドソーシングおすすめ9選!初心者が副業で稼ぐ具体的な方法を紹介!

5.求人サイト・求人情報サイト

Indeed」のような求人情報サイトでもフリーランス向けの案件が見つかります。特に最近はテレワークや働き方の多様化が進んでいることから、フリーランスでも受けやすい案件が増えています。

フリーランス向け案件の多くは、業務委託として紹介されています。「シフト自由」「在宅可」「週1からOK」などの条件が書いてある場合にも、フリーランス向け案件の可能性があります。

求人サイトのフリーランス向け案件の場合は、時間給の場合と出来高制の場合があるので、応募の時点で確認するとよいでしょう。

フリーランスが登録すべき求人サイトおすすめ10選【選び方も解説】

まとめ

現在、男性に比べて女性のフリーランスは少なめです。また稼働時間も短めとなっていますが、その背景には女性の場合には家庭と両立させたり、スキマ時間を有効活用したりするためにフリーランスを選ぶことが多いからかもしれません。

フリーランスで働くには仕事の獲得方法などで悩むこともありますが、エージェントやクラウドソーシングなどを活用することで安心して働くことができます。弊社ITプロパートナーズにはフリーランスのエンジニアやクリエイター向けの案件が豊富です。クライアントとの直案件が中心なため、案件の単価が高めという魅力もあります。まずはお気軽にご登録ください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!