フリーランスエンジニアになるには?独立の手順やタイミングを解説

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

フリーランスエンジニアは比較的給料が高く、在宅ワーク可能な案件もあるため人気となっています。しかしながらフリーランスのエンジニアとして働く場合には、エンジニアとしての実務経験が必要になるのが一般的です。

企業側はプロフェッショナルに仕事を任せたくフリーランスを活用するため、それに見合った経験とスキルは必須事項です。ただし、今エンジニアとして働かれている方の中には、「どのタイミングで独立すべきなのか?」「独立した後の案件獲得はどうすればいいのか?」と悩んでいる方も多いかと思います。

そこで今回はこれからフリーランスエンジニアになろうと考えている人のために、フリーランスエンジニアになる為の手順や独立のタイミング、案件獲得方法まで包括的に解説します。

なお、フリーランスエンジニアの案件の特徴や仕事の取り方など総合的な情報は「フリーランスエンジニアの案件紹介!経験年数別の年収・実態を調査」でご紹介しているので、併せてご覧ください。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

Contents

フリーランスエンジニアとは

フリーランスエンジニアとは企業に雇用されず、個人事業主として案件を獲得して活動するエンジニアのことです。

企業に雇用されるエンジニアよりも給料が高い傾向にあり、働く場所も制限されないことが多いです。

その一方で、自身で案件を獲得しないといけないため、どれだけ安定して案件を継続させられるかが大切になってきます。

作業工程としては要件定義から保守運用まで一貫して行うケースもありますし、開発のみのケースもあり案件によって様々です。

フリーランスエンジニアになるための手順

それでは、フリーランスエンジニアになるためにどのような手順を踏めば良いのでしょうか。具体的な流れは以下です。

  • 1.フリーランスエンジニアとしての独立手続きをする
  • 2.スキルシートを作成する
  • 3.フリーランスエンジニア専門のエージェントを経由して仕事を探す
  • 4.フリーランスエンジニアとして仕事をスタートさせる

実際の流れに沿って説明していきます。

1.フリーランスエンジニアとしての独立手続きをする

初めにフリーランスエンジニアとして独立手続きをします。

先述したように、フリーランスエンジニアは個人事業主となるため独立のために様々な手続きが必要になります。

国民年金保険

企業に勤める会社員であれば厚生年金を納めていますが、フリーランスエンジニアは国民年金に切り替える必要があります。

お住まいの市町村区役所にて手続き可能ですので、忘れずに行いましょう。

国民健康保険

健康保険も年金と同様に社会保険から国民保険に切り替える必要があります。お住まいの市町村区役所にて手続き可能ですので、忘れずに行いましょう。

開業届

フリーランスエンジニアは個人事業主となるため、開業届を出す必要があります。

開業届を出すことによって所得税の控除額を大きくすることができますので、税務署にて開業届を提出しましょう。

確定申告

個人事業主の場合は、確定申告を行い所得税を納めるために必要な手続きをすべて自分で行う必要があります。

確定申告する際には源泉徴収票や年度の所得、収益が分かるものを用意する必要があるのでしっかり準備しておきましょう。

2.スキルシートを作成する

案件を獲得するためにはエンジニアとしてのスキルや経験年数がわかるシートが必要な場合が多いです。(場合によってはGitHubでも可)

基本的にどのような形で案件を獲得するにしても相手がどのようなスキルを持ち、どのくらいの実績があるかわからない人は雇用しないでしょう。

スキルシートと併せて、実際に言語を使用したポートフォリオを用意するとより採用率はアップします。

3.フリーランスエンジニア専門のエージェントを経由して仕事を探す

スキルシートやポートフォリオを作成して準備が整ったら実際に案件を探しましょう。

もちろん友人経由で案件を貰う手もありますが、初めての案件探しでは一番手軽な方法であるエージェント経由での案件獲得がおすすめです。

フリーランスエンジニア専門のエージェントとして下記のような企業が挙げられます。

  • ITプロパートナーズ
  • レバテックフリーランス
  • ギークスジョブ
  • クラウドテック
  • PE-BANK

エージェント経由だと自身の能力にあった案件を探してくれるため、初めて案件を探す方も安心して見つけることができます。

全50社比較!フリーランスエンジニア専門おすすめエージェント【目的別】

4.フリーランスエンジニアとして仕事をスタートさせる

エージェント経由で案件が見つかり次第、仕事をスタートさせていきましょう。

仕事を進めていく中で顧客との間で意見要望がある場合は、まずエージェントに相談し対応していくようにしましょう。

また、契約期間満了後も継続して案件を頂けることも多くあるので、顧客の満足のいく結果を出せるように務めましょう。

フリーランスエンジニアになるために必要不可欠なスキル

フリーランスエンジニアになるために必要不可欠なスキルを紹介します。

単にプログラミングスキルがあればなれるというわけではないので注意してください。

  • 自己管理能力
  • コミュニケーション能力

それぞれ解説します。

自己管理能力

フリーランスエンジニアは案件を獲得するかどうか、作業をするかどうか全て自己責任です。

会社員時代とは違い上司や同僚との相互監視関係がないため、自らを律して仕事をする事が難しくなってしまう場合もあります。

フリーランスエンジニアとしての実績はその後の名刺代わりにもなるため、自己管理能力がなく企業からの評価が落ちてしまうと、その後のキャリアに直結します。

コミュニケーション能力

常駐先や顧客との間ではもちろんですが、案件獲得の段階からコミュニケーション能力は必要となります。

エージェントとしっかりコミュニケーションを取れていなければ、希望していた案件とは全く違う案件を紹介されてしまうこともありますし、現場ではチームで作業するためコミュニケーション能力がないと連携が上手く取れないこともあります。

優れたエンジニアはITスキルはもちろん、それ以上にコミュニケーション能力が高い人が多いです。

スキル不足じゃない?フリーランスエンジニアに必要なスキルセットを紹介

フリーランスエンジニアとして独立すべきタイミングは?

フリーランスとしての独立を視野に入れていても、実際にはいつ独立するのがベストなのか悩んでいる人もいるでしょう。独立するタイミングはその人の状況によっても異なります。ここでは、独立しやすいタイミングについて解説するので、ぜひ参考にしてください。

20代で独立する

フリーランスエンジニアとしての成功を目指すためには、20代のうちに独立するのがおすすめです。もちろん、独立したばかりのうちはなかなか案件を獲得できない可能性もあります。しかし、早めに独立してフリーランスとしての経験を重ねていれば、若いうちに高単価案件を安定的に獲得できるようになるでしょう。

早いうちにフリーランスになると、将来的なキャリアパスをイメージしてそれに向けた取り組みもできます。長期的な目線で時間をかけてさまざまな準備ができるでしょう。たとえば、20~30代のうちはフリーランスエンジニアとして高単価な案件を獲得し、高収入を目指せます。ただし、単に案件をこなすだけでなく、積極的に人脈を築くことも大切です。仕事や仲間同士のつながりを活かし、さまざまな人とコミュニケーションをとりましょう。また、20~30代の頃から自社サービスの開発について考えておくと、将来的に収入源にできる可能性があります。

40~50代になったら、20~30代で取り組んできたことを活かしてより幅広い仕事ができるようになります。経験や人脈を活かせばフリーランスエンジニア向けの案件を獲得するだけでなく、講師、マネージャー、コンサルタントなどとしての活躍も可能です。本格的に自社サービスの開発に取り組んでもいいでしょう。

実務経験1〜3年で独立する

フリーランスエンジニアとして独立するなら、最低でも企業で1~3年程度の実務経験を積んでおきましょう。企業で1~3年程度の経験を積んだタイミングなら、フリーランスエンジニアとして独立してもスムーズに案件を獲得しやすくなります。

まったくの未経験からフリーランスエンジニアを目指すのは不可能ではないものの、実際に募集されている案件を見てみると、実務経験が求められている場合がほとんどです。企業で1~3年程度の実務経験を積んだ実績を示せば、即戦力として採用される可能性が高まります。

フリーランスエンジニアとしての独立を目指している場合、自分がどのような分野で活躍したいか具体的にイメージしたうえで、それに必要な経験を企業の業務で学んでおくことが大切です。企業で働いているうちからフリーランスエンジニアとしてのキャリアについて考えておき、自分の理想を叶えるためにはどのような経験が必要なのか意識しておきましょう。

副業で実績を積んで独立する

副業で実績を積んでから独立するのも良いでしょう。フリーランスエンジニア向けの案件のなかには、働く時間や場所が指定されておらず空いた時間で取り組みやすいものもあります。本業以外の時間でそのような案件に取り組めば、実績になるでしょう。また、副業で案件を受注していると、本業では出会えない相手とのつながりもできます。そのようなつながりを大切にすれば人脈を広げられるため、フリーランスエンジニアとして独立する際にも役立つ可能性が高いです。

さらに、企業でエンジニアとして働いていても、業務の割り振りによっては自分が希望する経験をなかなか積めないケースもあります。しかし、副業としてフリーランスエンジニア向けの案件に取り組めば、本業では経験できない業務にも挑戦可能です。フリーランスエンジニアとしての独立を目指すなら、副業として少しずつ案件を獲得して経験や人脈を増やしていきましょう。

エンジニアの副業を紹介!週1・土日でできる案件の探し方とおすすめサイト

フリーランスエンジニアになる前に知っておくべき3つのこと

フリーランスエンジニアになる前に

  • どうやって案件を獲得するのか
  • 年収は大体いくらになるのか
  • 福利厚生の心配はないのか

以上3点を知っておくと安心してフリーランスエンジニアとして活動する事ができるでしょう。

  • フリーランスエンジニアの案件獲得方法
  • フリーランスエンジニアの言語別案件相場
  • フリーランスエンジニアに特化した福利厚生サービス

以下で詳しく解説します。

フリーランスエンジニアの案件獲得方法

フリーランスエンジニアの案件獲得方法は主に次の5つの方法があります。

  • エージェントを利用する
  • クラウドソーシングを利用する
  • SNSを利用する
  • 知人から紹介してもらう
  • 直接企業に問い合わせる

それぞれ一長一短ではありますが、コミュニケーション能力が高く自分を売り出すことが得意だという方は、知人の紹介や直接営業すると仲介手数料がかからないので収入アップが見込めます。

逆に営業や契約などの事務手続きが面倒だという方はエージェントやクラウドソーシングサイトの利用をおすすめします。

自身のタイプにあった案件獲得方法で進めていくと失敗が少なく、フリーランスエンジニアとして活動できるので、予め自己分析を行っておきましょう。

フリーランスエンジニアの言語別案件相場

フリーランスエンジニアの言語別案件相場はおおよそ次の通りです。

  • Ruby → 65〜75万円 / 月
  • PHP → 55〜65万円 / 月
  • Java → 55〜70万円 / 月
  • Go  → 65〜75万円 / 月
  • Python  → 65〜75万円 / 月
  • JavaScript → 55〜65万円 / 月
  • Swift → 55〜65万円 / 月
  • Kotlin → 55〜65万円 / 月
  • C# → 55〜65万円 / 月

言語によって大きな相場の違いはあまりありませんが、「Go」や「Python」といった比較的新しく導入率が高くなってきている言語は高単価となっています。

フリーランスエンジニアが稼げるプログラミング言語おすすめ8選!

上記はあくまで相場となっており、それぞれの言語で経験年数や対応可能な作業範囲によって相場は変動し、実務経験や技術のある方はより高単価を期待できます。

フリーランスエンジニアが単価100万円を目指すためのキャリアパスをプロが教えちゃいます!

フリーランスエンジニアに特化した福利厚生サービス

フリーランスエンジニアは個人事業主のため、IT企業に勤めている正社員エンジニアのような福利厚生はもちろんありません。

しかし、最近では個人型の福利厚生サービスが普及しており、フリーランスエンジニア向けの福利厚生サービスも存在しています。

代表的なフリーランスエンジニア向けの福利厚生サービスは下記のようなものがあります。

  • クラウドソーシング
  • フリーランス協会
  • フリーナンス
  • ベネフィット ステーション
  • クラブオフ

福利厚生サービスの内容はサービスによって異なりますが、大まかなサービス内容としては「施設利用割引」、「賠償責任保険」、「食事券・商品券」など受けることが可能です。

未経験からフリーランスエンジニアになる事はできる?

ここまでこの記事では実務経験のエンジニアの方にフリーランスとして独立する為のノウハウを解説してきました。ただ、エンジニアとしての経験がまったくない場合も、ゼロから知識をつけて実務経験を積めば、将来的にフリーランスエンジニアを目指すことは可能です。

まずは、エンジニアとして必要な基本的な知識やスキルをしっかり学びましょう。エンジニアとして必要な基本的な知識やスキルは独学でも学習できます。書籍やインターネット上の情報などを参考にし、実際に言語を扱いながら知識やスキルを身につけてください。独学で学ぶのが難しいと感じる人は、プログラミングスクールに通うのもひとつの方法です。

ある程度の知識やスキルを身につけたら、企業へ就職して実務経験を積みましょう。1~3年程度の実務経験を積むと、努力次第でフリーランスエンジニアとして活躍できる可能性が出てきます。

未経験からフリーランスエンジニアになって案件を獲得する方法と注意点

フリーランスエンジニアの案件情報

このトピックでは、弊社サービス「ITプロパートナーズ」のフリーランスエンジニア案件をいくつかご紹介します。

他にも多くの案件を弊社ITプロパートナーズでは取り揃えております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

フリーランスエンジニアになるメリット

フリーランスエンジニアになるメリットを紹介します。

  • 場所や時間に縛られない
  • 給料が高い
  • 興味のある技術に携われる
  • 人間関係のストレスが少ない

場所や時間に縛られない

フリーランスエンジニアの多くは常駐型が多いのですが、Web開発系の案件の場合、フルリモート案件もあり、場所や時間に縛られずに働くことができます。

自分の働きたい時に働いて、休みたい時に休めるのはとても魅力的です。

また、新型コロナウィルスの影響でリモートワークが推奨されつつあるので、今後よりフルリモートの案件が増えていくことが予想されます。

給料が高い

先ほど言語別案件相場を紹介しましたが、一般的なIT企業に勤めるよりも給料が高いです。

企業に勤める場合、どれだけ技術があろうとも年功序列な部分がある企業がまだ多いので、フリーランスエンジニアだと若いうちから労働に見合った対価を頂くことができ、働くモチベーションにも繋がります。

興味のある技術に携われる

IT企業勤めの場合、会社や部署の都合で全く興味のない言語や分野に対応しないといけない場合が多々あります。

フリーランスエンジニアの場合、自身で案件を選ぶことができるので、興味のある分野に常に触れることができ、エンジニアとしてのやりがいが見出せます。

人間関係のストレスが少ない

フリーランスエンジニアは、案件の受注により仕事を獲得します。各企業ではプロジェクトごとに募集をかけているため、同じメンバーと一緒に働くのは基本的にそのプロジェクトの期間中だけです。たとえ苦手なメンバーがいても、プロジェクトが終了すれば関わりをもたなくて済みます。そのため、人間関係についてのストレスを小さく抑えられるでしょう。

また、フリーランスエンジニア向けの案件のなかには、リモートで取り組めるものも存在します。そのような案件を選べば仕事相手と直接やり取りする機会が少ないため、さらに人間関係のストレスが少なくなります。

フリーランスエンジニアになるデメリット・注意点

フリーランスエンジニアは会社に縛られず自由な働き方ができ大変魅力的ですが、逆にデメリットや注意点もあります。

  • 案件継続が難しい場合も
  • 賞与・福利厚生がない
  • 納税等の事務手続き

それぞれ注意点について解説していきます。

案件継続が難しい場合も

フリーランスエンジニアは常に案件を獲得して継続させていかないと、翌月から無職になる可能性があります。

企業勤めの場合、案件がなくても会社から給料が貰えますが、フリーランスエンジニアはそうはいかないので、常に案件については目を配らせる必要があります。

賞与・福利厚生がない

フリーランスエンジニアには賞与や有給休暇など企業に勤めていればある福利厚生はもちろんありません。

病気になったり、働けなくなっても労災の保険はありませんし、常に体調管理に気を付けて万全の状態である必要があります。

納税等の事務手続き

所得税や住民税などの納税はもちろん、年金、保険などの事務手続きも自身で行わないといけないため、面倒な作業が増えます。

また、納税関連の手続きは複雑で不備があると未納税となってしまい、いつの間にか滞納しているなどのリスクもあるので注意が必要です。

フリーランスエンジニアに向いている人・向いていない人の特徴とは?

フリーランスエンジニアに向いているのは、以下の特徴に該当する人です。

フリーランスエンジニアに向いている人
  • 成長意欲がある
  • 自己管理ができる
  • 忍耐力がある

フリーランスエンジニアとして活躍し続けるには、常に勉強を続けて知識やスキルを高めなければなりません。また、フリーランスエンジニアは自分で仕事を獲得し、スケジュール調整も行います。そのため、自己管理を徹底できる人が向いているでしょう。フリーランスエンジニア向けの案件のプロジェクトは長期間にわたるケースもあるため、忍耐力も必要です。

反対に、フリーランスエンジニアに向いていない人の特徴をあげると、以下のとおりです。

フリーランスエンジニアに向いていない人
  • 主体性がない
  • コミュニケーション能力がない人
  • 交渉が苦手な人

フリーランスエンジニアは自ら案件を獲得する必要があるため、主体的に行動できなければなりません。また、案件ごとに違う相手と関わりながら仕事を進めるので、コミュニケーション能力も必要です。好条件な案件を獲得するには、交渉も得意でなければなりません。

フリーランスエンジニアの平均年収

案件相場が比較的高いフリーランスエンジニアですが、平均年収はどれくらいなのでしょうか。

  • フリーランスエンジニアの平均年収
  • 平均年収を上げるコツ
  • フリーランスエンジニアで年収1,000万円を目指すことは可能?

以下で詳しく解説していきます。

フリーランスエンジニアの平均年収

フリーランスエンジニアの平均年収は約700万~1000万円になります。

開発言語や案件規模、担当範囲によっても給料は変動しますが、平均的にみても高年収だと言えます。

1000万も可能?フリーランスエンジニアの年収と収入を上げる8つの方法

平均年収を上げるコツ

単にプログラマーとしてのエンジニアだと平均年収は500万~600万円となるので、設計やテスト、保守運用など幅広い工程に携わると年収は上がっていきます。

平均年収をあげるコツとしては、プロジェクトをまとめる「プロジェクトマネージャー」や海外企業との架け橋になる「ブリッジSE」などの役割を担えると一気に年収があがります。

フリーランスエンジニアで年収1,000万円を目指すことは可能?

フリーランスエンジニアで年収1,000万円を目指すことは可能です。

年収1,000万円を目指すのであればトレンドである分野や言語は高単価の傾向にあるため、それらを抑えることが大切です。

最近で言えば、AIや人工知能、ブロックチェーンなどの分野やPython、Golangなどの言語は高単価で年収1000万円を目指せます。

まとめ:フリーランスエンジニアになって理想の働き方を手に入れよう

フリーランスエンジニアになる方法、メリット・デメリット、案件の獲得方法について紹介してきました。

IoT化が進む現代ではフリーランスエンジニアの需要は高まりつつあり、現役のエンジニアの方はもちろん、未経験の方でもフリーランスエンジニアになって活躍することができます。

自分には難しそう、できるほど技術がないと思われている方もまずは、案件獲得やプログラミング学習といった行動に移してみると案外上手くいくかもしれません。

案件獲得や個人事業主になって発生する手続きなども慣れない内は大変かもしれませんが、慣れてくると大した作業ではなくなってくるはずです。フリーランスエンジニアになって場所や時間に縛られず自由な働き方を手に入れましょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!