今後Webマーケターが求められるWebマーケティングスキルはこれだ!

こんにちは!

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズの木村です。
弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

さて、今回はWebマーケターのスキルについて見ていこうと思います。

webマーケターと言っても様々な業務や種類があります。
しかし、大枠で見ればwebマーケターの仕事には共通しているものがあります。

そして、マーケターそれぞれの作業は違えど本質は同じです。

そこで、webマーケターに求められるスキルについて詳しく見ていきましょう!

freelance

Webマーケティングとは?

shutterstock_372274318

おさらいも兼ねて、そもそもWebマーケティングって何かについて見ていきます。

おそらく、ほとんどの方は聞いたことがあるとは思います。

しかし、具体的にどのような仕事なのかを説明するとなると「Webを使ってマーケティングをする人」程度の理解しかない方がほとんど。

最近はWebマーケティングができる人材の求人も多くなっており、あらためてWebマーケティングとは何かという視点から最近のトレンドまでできるだけわかりやすくご説明したいと思います。

そのためにはまず、マーケティングについて知る必要があるので、見ていきましょう!

そもそもマーケティングとは?

まず、マーケティングの前にマーケティングとは何かについて考えてみます。

一般的に言うとマーケティングとは「商品を売るための活動」と言えます。

例えば新聞に広告を打つ、ダイレクトメールを送るなどの広告宣伝活動、更にユーザの嗜好を調査して商品にフィードバックする商品開発活動、店のレイアウトを考えたりWebサイトの見栄えをよくする活動など、一口にマーケティングと言っても幅広い分野に渡るんですね。

その中でも、主にWebを中心に行われるマーケティングのことをWebマーケティングと言います。

私のの見解となりますが現在のWebマーケティングの活動についてはおおよそですが以下のように分類できると思います。

①集客

基本的にはWeb媒体の広告を用いてWebサイトへの流入を増やす手法が一般的です。

一番よく使われるのはリスティング広告となりますが、最近ではアフィリエイトやアドネットワーク、DSPなどのようなより複雑な広告方法が生まれています。

ここで補足となりますがアドネットワークは複数のサイトをまたいで特定のユーザに対して特定の広告を出す技術です。

例えばショッピングサイトで商品を買ったことがある方なら、別の関係ないサイトでもその関連商品のお勧め広告を見せられた経験があ理ますよね?

実はユーザのブラウザの中にショッピングサイトのアクセス情報が埋め込まれており、その情報を元に様々な広告が表示される仕組みとなっています。
(DSPは複数のアドネットワークを一元管理する仕組みを指します。)

SEO対策を行って検索エンジンでの検索順位を上げることでサイトへの流入数を向上させる施策などがあります。

更に、以前はブログやメルマガが多かったのですが、今ではFacebookやTwitterなどを用いた、ユーザとの関係性を高めるようなWebマーケティングが主流ですね。

すぐに商品を売りつけるのではなくWebサイトへの理解や信頼性を深める目的で使われることが多いですね。

②コンバージョンアップ

コンバージョンとは訪問してくれたユーザにやってほしい行動のこと。

ショッピングサイトであれば商品を買ってもらうことがコンバージョンですし、不動産のサイトであれば資料請求がコンバージョンとなります。商業用のWebサイトの目的は最終的にはお金儲けです。

とは言ったものの、CVの定義はそれぞれ違います。

コストをかけて集客しユーザをWebサイトに集めても、そこからお金につながる行動をユーザがしてくれなければ何の意味もありません。

その意味でコンバージョンの数はWebマーケティングにとってとても重要な指標となります。

コンバージョン数を上げるために重要なことはサイトがユーザにとってわかりやすく、コンバージョンにつながりやすい構造になっていることです。

そのためにはアクセスログを解析してユーザのWebページ内での動向を把握して問題点を洗い出す必要があります。

またメールアドレス獲得がコンバージョンであれば、メールアドレスを登録してくれた人には無料でデジタルコンテンツを提供するなどのマーケティング戦略が必要でしょう。

③フォローアップ

フォローアップとは一度訪問やコンバージョンを起こしてくれたユーザに再度のアクションを促すことです。たとえばメルマガ登録をしてもらうことで定期的に商品情報を発信していくことができます。

また一度訪問したユーザ向けのリターゲティング広告などを打つこともあります。

このような施策をとることでコンバージョン数を増やし、最終的には会社の利益につなげることがWebマーケターの仕事で、基本的に上記3つを達成するために様々な施策を施すイメージです。

さて、簡単にWebマーケティングの基礎を走り書きしましたが、Webマーケティングの中にもトレンドというものがあります。

今現在、Webマーケティングの流行りはどんなものがあるのでしょうか?

早速見ていきましょう!

現在のWebマーケティングのトレンドとは?

shutterstock_324665789

トレンドをご紹介する前に、Webマーケティングの簡単な歴史的なところを見てみましょう。

Webマーケディングの発足

インターネットが普及を始めたころは、Webサイトを持って検索サイトに登録するだけでWebマーケティングができる時代でした。

何故ならばインターネット上のWebサイト自体が少なく、存在するだけでも十分にお客さんが来る状態だったからです。

言ってみれば町に1つだけのお店のようなもので、宣伝しなくても商品が多少悪くてもモノが売れる状態だったわけです。

しかし、そのような時代も長く続くことはありませんでした。
実際に2000年代くらいから、ネットを利用するユーザ数が爆発的に増えることによりWebサイトの数も爆発的に増えていきます。

市場全体が大きくなっていくことでWebサイトも乱立し、お客さんの奪い合いが始まるんですね。
このような背景からWebマーケティングと言う分野が注目されるようなり、さまざまなマーケティング方法が生まれてきたのです。

リスティング広告やSEOなどの発展

とはいえ、インターネット黎明期は大手のサイトや検索ポータルにバナーを出す程度でもWebマーケティングと言えました。

しかし、その後に検索の結果ページの一番上に広告を出すリスティング広告やSEO対策などのような検索エンジンの上位を狙う手法などが出てきました。

更にその後もDSPやアドネットワークのような広告手法も出てきています。これらの手法はWebマーケティングに関してそれなりの予算をかけ、計画的に行うマーケティング手法ですのでそれなりの規模の企業が行うものでした。

このような正攻法のマーケティングが主流となる一方で、それとは別にブログやメルマガなどのような、発信者と読み手が近い距離で信頼関係を築くことができるメディアが成長していきます。

この手法により予算が潤沢でない中小企業や個人事業主でもWebを用いて集客をすることが十分可能となりました。

しかし、そんな最中ある事件が起きましたね。。

Web広告やキュレーションメディアの衰退

みなさんご存知のキュレーションメディアの事件がありましたね。

安価に記事を量産することで、PVを稼ぎ広告収入を得ていましたが、あの事件からGoogleもアルゴリズムの変更を行いました。

結果、今までだったらSEOで上位になる記事も下がるようになったんですね。

そして広告も、Youtubeで執拗に表示されたりと鬱陶しいイメージを持たれてしまい、クリック率は下がってきました。

では、今現在どんなWebマーケティング手法がトレンドとなっているのでしょうか?

今流行りのWebマーケティング手法って?

キュレーションメディアの事件等を考慮に入れると、オウンドメディアが今のトレンドと言えます。

オウンドメディアは、簡単に言えば自社でメディアを持ち、自社のサービスに顧客を流入させることをゴールにしているものです。

毎回費用がかかる広告とは違い、メディアは資産として残るので、毎月一定数のユーザー獲得をすることが可能です。(多少の波はあります)

ただし、そんな簡単なものではありません。
オウンドメディアを構築するには、SEO、CRO(LPOやEFO)の知識が必要ですし、常にPDCAを回していく必要があります。

そして、作業が地味です!
根気強く続けられるか否かが重要となるでしょう。

今後Webマーケターが求められるスキルとは?

shutterstock_215934253

今後、Webマーケターとして生きていくには、上記で紹介したスキルはもちろん持っておいた方が自分の可能性は広がりますし、
数値から様々なことを仮説検証できるスキルも必要です。

実はあとは場数で、様々なサービスのマーケティング、そして上流から下流までできるとなお良いでしょう。

そんなスキルを身につけるために

場数を積むにも、場数を積む場所、仕事が必要ですよね。

ITプロパートナーズでは、週2~3日のWebマーケティングに関する求人を取り揃えています。
特にスタートアップ系企業とのパイプが強く、企画的にもチャレンジングな案件の求人紹介が可能です。

また、某国家機関や、誰もが知る大手からの案件もあり、幅が広いです。

この記事を一つのきっかけとして、みなさんもWebマーケターとしてチャレンジして見ませんか?

案件だけでも少し覗いて見たいという方は、ぜひご覧ください!

ITプロパートナーズへのご登録はこちら

まとめ

shutterstock_231868555

いかがでしたでしょうか?

確かにWebマーケティングを行うためには幅広い知識が欠かせないのですが、現実には外注さんや広告代理店などに依頼したりすることも多く実作業は自分で行わなくてもよいケースも多々あります。

もちろん知識と多少の実務経験が無ければ外注に依頼を行うこともできませんが。。。

またマーケティングの最終目的である「商品を売ること」に対して適切な手法がとれるかどうかと言うことも重要です。
ビジネスにおいてWebサイトはあくまで手段であり最終目的は「利益」なのです。

そのためにはWebとは一見関係のない消費者心理や古典的なマーケティング理論、コピーライティングの手法なども貪欲に勉強していく向上心が必要と言えるでしょう。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
freelance