簡単?難しい?スキルなしでもフリーランスで稼ぐ方法を徹底解説!

「スキルはないけど独立して、フリーランスとして稼ぎたい」

と思っていませんか?

何かしらの資格を持っていたり、業務経験が豊富であると自信を持ってフリーランスになれるかも知れません。

しかし何もスキルがない状態でいきなりフリーランスになるのは不安ですよね。

仕事をやめようか躊躇している人も多いのではありませんか?

そこで当記事では、スキルなしでフリーランスで稼ぐために必要なことをお伝えします。

ぜひじっくり読んでみてください。

freelance

スキルなしからフリーランスになるおすすめの流れ

大前提として、スキルなしではフリーランスとして大きく稼ぐことはできません。

成功しているフリーランスの方は、皆さんプロフェッショナルとしてのスキルを持っています。

ですので、もしあなたがフリーランスとして本当に成功をしたいのであれば、フリーランスになる前に何かしらのプロフェッショナルにならなければなりません。

この前提を踏まえて、スキルなしからフリーランスになるまでの流れを詳しくお伝えします。

  • どんな仕事をしたいか決定する
  • 就職して経験を積む(スキルを高める)
  • 働きつつ副業をはじめてみる
  • 独立する

どんな仕事をしたいか決定する

「フリーランスという生き方がしたいから」

「会社員を辞めてとりあえず独立したいから」

多くの人は上記のような理由からフリーランスを目指されますが、現実的にはそのような理由からフリーランスとして成功する人は少ないというジレンマがあります。

現在フリーランスとして活躍されている人のほとんどは、WEBエンジニアやデザイナー、マーケターとして実績を残した後に独立する人が多いからです。

ですのでまずは、「自分はどうやったらフリーランスになれるのか?」といった思考から脱却しましょう。

必要なのは、「自分は将来的にどんな職業でプロフェッショナルとなりたいか?」です。

プログラマーでしょうか?

動画クリエイターやWEBマーケターでしょうか?

イラストデザイナーやライターとしての独立を考えている人もいるでしょう。

どんな職業を選ぶにしろ、プロフェッショナルとしてのスキルと経験を積む覚悟が持てないのであれば、フリーランスになることは諦めることをオススメします。

就職してプロフェッショナルとしてのスキルを高める

先ほどもお伝えした通り、いきなりフリーランスとして独立するのは、リスクが高いのでおすすめできません。

というよりも、そもそもいきなりフリーランスになれる人はいないでしょう。

開業届を出して名義上、個人事業主を語ることは誰にでもできますが、実際にフリーランスとして仕事を獲得し十分に稼げる人はいないはずです。

そもそも実務経験がない人に対し大きな案件を任せてくれるようなクライアントはいないからです。

よって、初めは将来的に働きたい仕事に関わる会社で働き始めることをオススメします。

会社内で頼りにされない、卓越性を発揮できない人が、社外で誰かに頼られ仕事を獲得できることはないでしょう。

働きつつ副業をしてみる

会社内でプロフェッショナルとしてのスキルを発揮できるようになり次第、独立後のことも考えて、会社勤めをしている最中に副業を開始してみましょう。

本業で十分に会社に貢献できていない人が副業をするのはオススメできませんが、プロフェッショナルとしてのスキルを発揮できていれば、十分に貢献できているはずです。

副業をするのは時間的にも厳しいと感じる人もいるかもしれませんが、実際に独立した際には、自身で営業をし仕事を獲得しながら、クライアントに満足いただける仕事をこなさなければなりません。

会社の本業+副業をこなすことができないのであれば、フリーランスとして独立するのは難しいでしょう。

また、会社が副業を推奨していないからと諦める方もいますが、副業における年間所得(収入-経費)が20万円以下であれば、確定申告書による報告義務はありません。

つまり月に16,000円程度までの所得であれば副業をしても全く問題ないのです。

まずは月に1件から2件程度の仕事を副業として請け負ってみるのがおすすめですよ。

フリーランスとして独立する

プロフェッショナルとしてのスキルを身につけ副業でもある程度の顧客が獲得できたら、いよいよフリーランスとして独立しましょう。

生活のこともあるので、月に20万円から30万円は稼げるような状態になってから独立するのが望ましいです。

まずはフリーランスエージェントを活用して、営業代行をしてもらうことをオススメします。

会社員としての経験年数と同じく、フリーランスもフリーランスとしての経験年数が長ければ長いほど信頼が増し、より大きな案件を紹介してもらえるようにもなります。

初めはエージェントで仕事を獲得しながら、徐々に自身でも仕事を獲得できるようにしていきましょう。

スキルなしでもフリーランスとして活躍しやすい仕事5選

就職して経験とスキルを高めてからフリーランスになることが理想ですが、

「どうしてもすぐにフリーランスとして働きたい」

「就職して働いている時間がもったいない」

と、中には「すぐに独立をしたい」と考えている人もいますよね。

そこで次では、経験を積まずにすぐにフリーランスとして働きたい人に向けたおすすめの仕事を紹介します。

ある意味ショートカットをしようとしているわけですので、修羅の道を進むことになることは覚悟しておきましょう。

  • イラストレイター
  • アフィリエイター
  • 転売(せどり)
  • ライター
  • コピーライター

イラストレーター

イラストを描く仕事ですが、趣味としてイラスト系のソフトを操り、実際に描いている人であればフリーランスとして仕事を開始できる可能性はあります。

イラストレーターに関しては、才能が大きく関わる仕事だからです。

センスによって仕上がりも異なってきますし、あなたのデザインが大きなクライアントに気に入られたら1つの契約だけでも生活できる可能性はあります。

最近ではTwitterを活用して、個人で仕事を獲得している人も増えてきましたよね。

要は、個人の営業力を持っている人であれば、イラストレーターとして仕事を獲得することは可能だということです。

反対に、セールスやマーケティングの視点を持つことができない人は、イラストに自信があっても独立することは難しいでしょう。

アフィリエイター

自身のブログやホームページで商品やサービスの紹介をして稼ぐ仕事がアフィリエイターです。

アフィリエイトサイトに登録し、商品やサービスと提携して自分のサイトに広告を載せます。

その広告から売上があると、一定の報酬が支払われる仕組みです。

人気ブログや人気ホームページを運営しているのであれば、月に数百万円の売上を叩き出すことも。

アフィリエイターに関しては、何かしらの資格は必要ではありません。

ただし、SEOのスキルやマーケティングスキル、膨大な記事を更新する労力がなければ、生活できるだけのお金を稼ぐのは難しいでしょう。

また、Googleのアップデートによって収益が大きく左右されるなど不安定な仕組みであることも覚悟しなければなりません。

とはいえ自分の能力だけで勝負できる世界ですので、すぐにフリーランスとして働きたい人に向いている仕事と言えます。

転売(せどり)

仕入れた商品に金額を上乗せして販売をして利益を上げる仕事です。

ただ転売(せどり)の稼ぎ方は以前と少し変化してきているので注意が必要です。

以前は定価より高く流通している、いわゆるプレミア的な商品を転売して利益を上げることが多かったです。

しかし近年では物価の安い中国から商品を輸入して販売するケースが増えています。

アリババなどの姉妹サイトから輸入した商品が国内では数倍の値段で売れることもあり、大きな稼ぎに繋げられるようになってきました。

Amazonを利用すると在庫無しで販売できる点にも注目です。
ただし、アフィリエイトと同じく外部要因で収入を左右される危険性があります。

果たしてこのような誰にでもできる仕事で何十年も食べ続けていけるのか、将来性まで考え、目指すのかどうかは考えることをオススメします。

ライター

ライターは文章を書く仕事です。

例えば商品やサービスを紹介するような記事であったり、解説するような記事を書いたりします。

文章を書くだけなので、文章を打てればできる仕事、といっても過言ではありません。

つまり誰でもできる可能性のある仕事なのです。

パソコン1台でできる仕事でもあるので、経費がかかりにくい、といったメリットがあります。

ただし誰でもできる仕事である分、単価も安く、ライターの仕事だけで食べていけるようになるのは至難の業と言えます。

ライター+デザイナーであるとか、ライター+WEBデザインなどのスキルを持っていると稼ぎやすくなるでしょう。

コピーライター

指定された商品やサービスの広告の言葉を考える仕事です。

商品のキャッチフレーズを考える仕事、といっても良いでしょう。

ライターの仕事と似ているわけですが、コピーライティングはセンスの問われる仕事でもあります。

つまりスキルというよりは才能が大きく関わるわけです。

見た人にインパクトを与えられる言葉を導き出す発想力が必要な仕事です。

たった数字のコピーライティングでも数万円の報酬になることもあり、極めて効率的な稼ぎになることも。

ただ指名で仕事をしない場合には、応募となります。

1件あたりの応募者が数十名になることもあるので、安定した収入は難しいとされています。

スキルなしのフリーランスが仕事を探す方法

スキルがないのにとりあえず独立してしまったらどうしたら良いのでしょうか?

こちらではスキルなしフリーランスが効率的に仕事を探す方法をお教えします。

  • クラウドソーシングに登録する
  • 知人から仕事を受けたり紹介してもらう
  • SNSやブログで情報発信する

クラウドソーシングに登録する

有名どころでいうと、ランサーズやクラウドワークスがあります。

仕事を依頼したいクライアントと仕事をしたいワーカーがネットを通じて取引するものです。

多くのフリーランスが登録しており、実際にクラウドソーシング一本で生計を立てている人も少なくありません。

クラウドソーシングに登録したら、参加できそうな仕事を探しましょう。

見つかったら仕事の提案(報酬額や納期の提案)をして、選ばれたら仕事を開始します。

仕事が終わったら納品してチェックを受け、問題がなければ入金となります。

知人から仕事を受けたり紹介してもらう

人脈を生かして仕事を得る方法です。

友人や知人などをたどり仕事を提供してもらいます。

過去に仕事をしたクライアントに新たなクライアントを紹介してもらう、といった方法もあります。

信用に大きく関わる仕事の探し方であり、質の悪い仕事を行ってしまうと、今後の仕事が難しくなってしまうかも知れません。

期待を裏切らないように仕事に取り組まなければならないのです。

SNSやブログで情報発信する

FacebookやTwitter、Instagramなどを活用して、どのような仕事ができるのかをアピールします。

ブログなどでアピールするのも有効な手段の一つです。

SNSやブログでアピールすることで、あなたのスキルに興味を持ったクライアントから仕事が依頼されるかも知れません。

ポートフォリオなどを作成しておくと、より仕事の依頼が受けやすくなるはずです。

スキルなしで独立するにしても、どの程度の質の案件をこなせるのかはアピールできなければフリーランスとして仕事をしていくのは難しいですよ。

スキルなしでもフリーランスで稼ぐ方法 まとめ

以上、スキルなしでもフリーランスで稼ぐ方法を明らかにしました。

やはり、まずは会社で働き、実務経験を積んでスキルを高めることから始めるべきです。

スキルがまったくない状態で独立するのは自殺行為であり、稼ぎが少なくなって困難な場面に直面する可能性もあります。

初めは知人の紹介で仕事を獲得できていたが徐々に仕事がなくなり会社員に戻る、という流れも珍しくありません。

当記事ではスキルをそれほど必要としない仕事も紹介しましたが、将来安定して稼ぐことのできる仕事であるのかは考えなければなりません。

本当にスキルなしでもフリーランスを目指すべきなのか、今一度考えてみてください。
状態で独立するのは自殺行為であり、稼ぎが少なくなって困難な場面に直面する可能性もあります。

初めは知人の紹介で仕事を獲得できていたが徐々に仕事がなくなり会社員に戻る、という流れも珍しくありません。

当記事ではスキルをそれほど必要としない仕事も紹介しましたが、将来安定して稼ぐことのできる仕事であるのかは考えなければなりません。

本当にスキルなしでもフリーランスを目指すべきなのか、今一度考えてみてください。

▼フリーランスノウハウについては下記にまとめています。
フリーランスの手引書【フリーランス支援のプロがまとめました】

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance