スキルなしからフリーランスは難しい?稼ぎ方や未経験者におすすめの仕事

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

フリーランスとして仕事をしていきたいと考えている方のなかには、スキルなしでもフリーランスになれるのか?という疑問を持つ人も多いでしょう。

結論から言うと、フリーランスとして仕事を得ていくのは簡単ではなく、スキルなしで始めるのはあまりおすすめできません。安易に独立してしまうと、生活できず後悔する可能性もあるでしょう。しかし、中にはスキルがない状態ですでにフリーランスとして独立してしまっている人もいるかもしれません。

そこでこの記事ではスキルなしでフリーランスになるのが難しい理由だけでなく、フリーランスになるまでの流れやスキルなしでも始めやすい仕事から稼ぎ方までを解説します。フリーランスとして独立する際の参考にしてください。

また、その前にそもそもフリーランスにはどのような仕事や職種があるのか知りたい方は、「フリーランスの仕事一覧と職種ごとの特徴や想定年収」でご紹介しているので、そちらも併せてご確認ください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

Contents

スキルなしでもフリーランスになれるが難しいとされる4つの理由

スキルなしでもフリーランスになることは可能なものの、簡単ではありません。

それにはいくつもの理由があります。まずはその理由を4つに分けて紹介します。

1.即戦力の働きが期待されるから

1つ目は、多くのフリーランス案件は即戦力人材が求められるためです。

フリーランスとして仕事をする場合、即戦力として活躍できなければ、今後の仕事につながりません。フリーランスの場合は、納品したものがクライアントが求める質に到達していない場合、契約はすぐに切られてしまいます。

後述するように新規で案件を獲得するのも難しいため、即戦力になる武器を持っていない場合、仕事が獲得できないという状況になりやすいでしょう。

2.スキル不要の仕事は単価が低いから

2つ目は、クライアントから発注される仕事のなかにはスキル不要の仕事もあるものの、単価が低いことが多いためです。

単価が低くても仕事のクオリティは求められるため、生産性が下がってしまいがちです。また、スキル不要で誰でもできるような作業は、スキルアップにつながりにくく今後の単価アップも期待しにくいでしょう。

3.アピール材料が少ないから

3つ目は、スキルなしのフリーランスはアピール材料が少ないためです。

アピール材料がなければ競合する人に仕事を取られやすいでしょう。高単価の案件の場合、それなりのスキルや実務経験を求められます。しかしスキルなしでフリーランスになる場合、訴求できる要素がなく、他のフリーランスに仕事を取られてしまうことも珍しくありません。

4.サポートがないから

4つ目はサポートの不足です。

会社員の場合、上司や同僚からのサポートが受けられます。しかし、フリーランスの場合、困った場合に助けてくれる存在がいない場合が多いでしょう。そのような関係は自分で作らなければなりません。

独立する場合、困った時に相談できる相手がいると、精神的に楽になることも多いでしょう。

スキルなしからフリーランスになるおすすめの流れ

スキルなしからフリーランスになってスムーズに生計を立てたい場合、事前準備が欠かせません。ここでは、どのような流れであればスムーズに仕事が取れるのかを紹介します。

どんな仕事をしたいか決定する

「フリーランスという生き方がしたいから」
「会社員を辞めてとりあえず独立したいから」

多くの人は上記のような理由からフリーランスを目指されますが、現実的にはそのような理由からフリーランスとして成功する人は少ないというジレンマがあります。

現在フリーランスとして活躍されている人のほとんどは、WEBエンジニアやデザイナー、マーケターとして実績を残した後に独立する人が多いからです。

ですのでまずは、「自分はどうやったらフリーランスになれるのか?」といった思考から脱却しましょう。必要なのは、「自分は将来的にどんな職業でプロフェッショナルとなりたいか?」です。

プログラマーでしょうか?動画クリエイターやWEBマーケターでしょうか?イラストデザイナーやライターとしての独立を考えている人もいるでしょう。

どんな職業を選ぶにしろ、プロフェッショナルとしてのスキルと経験を積む覚悟が持てないのであれば、フリーランスになることは諦めることをオススメします。

計画を立てる

「フリーランスとしてどのようなスキルを身に着けるのか」「どのくらいの収入を得られるのか」「どのくらいの貯金が必要なのか」「うまく行かなかった場合に、どうするのか」まで計画を立てましょう。

特にスキル習得にはある程度の時間が必要なため、スキルなしであれば、3ヶ月程度の準備期間を設けておくのがおすすめです。

活動資金や備品を確保する

フリーランスで仕事をするためには、活動資金、備品も揃える必要があります。仕事でかかる経費も全て自分持ちです。そのため、必要な経費や生活費を支払える準備はしておきましょう。特に生活費は半年分以上確保しておくとある程度は安心できます。

就職してプロフェッショナルとしてのスキルを高める

先ほどもお伝えした通り、いきなりフリーランスとして独立するのは、リスクが高いのでおすすめできません。

というよりも、そもそもいきなりフリーランスになれる人はいないでしょう。

開業届を出して名義上、個人事業主を語ることは誰にでもできますが、実際にフリーランスとして仕事を獲得し十分に稼げる人はいないはずです。

そもそも実務経験がない人に対し大きな案件を任せてくれるようなクライアントはいないからです。

よって、初めは将来的に働きたい仕事に関わる会社で働き始めることをオススメします。

会社内で頼りにされない、卓越性を発揮できない人が、社外で誰かに頼られ仕事を獲得できることはないでしょう。

働きつつ副業をしてみる

会社内でプロフェッショナルとしてのスキルを発揮できるようになり次第、独立後のことも考えて、会社勤めをしている最中に副業を開始してみましょう。

本業で十分に会社に貢献できていない人が副業をするのはオススメできませんが、プロフェッショナルとしてのスキルを発揮できていれば、十分に貢献できているはずです。

副業をするのは時間的にも厳しいと感じる人もいるかもしれませんが、実際に独立した際には、自身で営業をし仕事を獲得しながら、クライアントに満足いただける仕事をこなさなければなりません。

会社の本業+副業をこなすことができないのであれば、フリーランスとして独立するのは難しいでしょう。

また、会社が副業を推奨していないからと諦める方もいますが、副業における年間所得(収入-経費)が20万円以下であれば、確定申告書による報告義務はありません。

つまり月に16,000円程度までの所得であれば副業をしても全く問題ないのです。まずは月に1件から2件程度の仕事を副業として請け負ってみるのがおすすめですよ。

仕事の目処をつける

フリーランスとして独立する前にある程度仕事を獲得できる目処をつけておくと、フリーランスとして独立した後の生活が安定しやすくなります。

ある程度稼いだ実績があれば、自分の自信にもなりますし、ポートフォリオとして掲載できるため、クライアントからの信頼も獲得しやすくなるでしょう。

フリーランスとして独立する

プロフェッショナルとしてのスキルを身に着け副業でもある程度の顧客が獲得できたら、いよいよフリーランスとして独立しましょう。

生活のこともあるので、月に20万円から30万円は稼げるような状態になってから独立するのが望ましいです。

まずはフリーランスエージェントを活用して、営業代行をしてもらうことをオススメします。

会社員としての経験年数と同じく、フリーランスもフリーランスとしての経験年数が長ければ長いほど信頼が増し、より大きな案件を紹介してもらえるようにもなります。

初めはエージェントで仕事を獲得しながら、徐々に自身でも仕事を獲得できるようにしていきましょう。

フリーランスになるには?必要手続きや準備、成功する為のポイントを紹介

スキルなしでもフリーランスとして活躍しやすい仕事5選

就職して経験とスキルを高めてからフリーランスになることが理想ですが、

「どうしてもすぐにフリーランスとして働きたい」「就職して働いている時間がもったいない」

と、なかには「すぐに独立をしたい」と考えている人もいますよね。そこで次では、経験を積まずにすぐにフリーランスとして働きたい人に向けたおすすめの仕事を紹介します。

  • イラストレイター
  • アフィリエイター
  • 転売(せどり)
  • ライター
  • コピーライター

ある意味ショートカットをしようとしているわけですので、修羅の道を進むことになることは覚悟しておきましょう。

イラストレーター

イラストを描く仕事ですが、趣味としてイラスト系のソフトを操り、実際に描いている人であればフリーランスとして仕事を開始できる可能性はあります。

イラストレーターに関しては、才能が大きく関わる仕事だからです。

センスによって仕上がりも異なってきますし、あなたのデザインが大きなクライアントに気に入られたら1つの契約だけでも生活できる可能性はあります。最近ではTwitterを活用して、個人で仕事を獲得している人も増えてきましたよね。

要は、個人の営業力を持っている人であれば、イラストレーターとして仕事を獲得することは可能だということです。

反対に、セールスやマーケティングの視点を持つことができない人は、イラストに自信があっても独立することは難しいでしょう。

フリーランスのイラストレーターになるには?案件獲得方法や年収も紹介

アフィリエイター

自身のブログやホームページで商品やサービスの紹介をして稼ぐ仕事がアフィリエイターです。

アフィリエイトサイトに登録し、商品やサービスと提携して自分のサイトに広告を載せます。その広告から売上があると、一定の報酬が支払われる仕組みです。人気ブログや人気ホームページを運営しているのであれば、月に数百万円の売上を叩き出すことも。

アフィリエイターに関しては、何かしらの資格は必要ではありません。

ただし、SEOのスキルやマーケティングスキル、膨大な記事を更新する労力がなければ、生活できるだけのお金を稼ぐのは難しいでしょう。また、Googleのアップデートによって収益が大きく左右されるなど不安定な仕組みであることも覚悟しなければなりません。

とはいえ自分の能力だけで勝負できる世界ですので、すぐにフリーランスとして働きたい人に向いている仕事と言えます。

転売(せどり)

仕入れた商品に金額を上乗せして販売をして利益を上げる仕事です。

ただ転売(せどり)の稼ぎ方は以前と少し変化してきているので注意が必要です。以前は定価より高く流通している、いわゆるプレミア的な商品を転売して利益を上げることが多かったです。

しかし近年では物価の安い中国から商品を輸入して販売するケースが増えています。アリババなどの姉妹サイトから輸入した商品が国内では数倍の値段で売れることもあり、大きな稼ぎにつなげられるようになってきました。

Amazonを利用すると在庫無しで販売できる点にも注目です。

ただし、アフィリエイトと同じく外部要因で収入を左右される危険性があります。

果たしてこのような誰にでもできる仕事で何十年も食べ続けていけるのか、将来性まで考え、目指すのかどうかは考えることをオススメします。

ライター

ライターは文章を書く仕事です。

例えば商品やサービスを紹介するような記事であったり、解説するような記事を書いたりします。文章を書くだけなので、文章を打てればできる仕事、といっても過言ではありません。つまり誰でもできる可能性のある仕事なのです。

パソコン1台でできる仕事でもあるので、経費がかかりにくい、といったメリットもあります。

ただし誰でもできる仕事である分、単価も安く、ライターの仕事だけで食べていけるようになるのは至難の業と言えます。

ライター+デザイナーであるとか、ライター+WEBデザインなどのスキルを持っていると稼ぎやすくなるでしょう。

コピーライター

指定された商品やサービスの広告の言葉を考える仕事です。商品のキャッチフレーズを考える仕事、といっても良いでしょう。

ライターの仕事と似ているわけですが、コピーライティングはセンスの問われる仕事でもあります。

つまりスキルというよりは才能が大きく関わるわけです。見た人にインパクトを与えられる言葉を導き出す発想力が必要な仕事です。たった数字のコピーライティングでも数万円の報酬になることもあり、極めて効率的な稼ぎになることも。

ただ指名で仕事をしない場合には、応募となります。1件あたりの応募者が数十名になることもあるので、安定した収入は難しいとされています。

スキルがあれば高収入を期待できるフリーランスの仕事

次にスキルが必要ですが、スキルさえあれば高収入も目指せる仕事もあります。一定の学習期間は必要なものの、将来的に無理なく仕事がしやすくなるでしょう。ここでは具体的な仕事内容や単価例、年収相場を紹介します。

ITエンジニア

ITエンジニアとは、情報技術(IT)の技術を持った人の総称です。

フリーランスエンジニアとして優良案件を獲得・継続できる人の6つの特徴

PCスキルだけではなく、コミュニケーションや文章力などのスキルも求められるため、文系出身であってもチャンスがある仕事の1つです。具体的には、以下のような仕事に分けられます。

  • システムエンジニア(SE)
  • プログラマー
  • サーバーエンジニア
  • ネットワークエンジニア

弊社「ITプロパートナーズ」には以下のような求人があります。

月収は20万円程度からで、上流工程に関わるスキルがある場合には、1,000万円を超える年収も可能です。ITプロパートナーズではスキルがある方に向けて、高単価で自由な働き方ができる案件を豊富に取り揃えています。ぜひご利用ください。

動画編集者

動画編集者はYouTube以外にも多くの人や企業が関わるようになってきており、非常に需要が多い仕事です。また動画編集の仕事はAI(人工知能)の影響を受けにくく、今後AIに淘汰されるリスクもあまり考えられません。動画編集の案件例としては以下のようなものがあります。

特に動画編集に加え、動画の構成まで考えられるディレクション能力まであると、高額の案件も目指せるでしょう。

フリーランス動画編集者の仕事を始めるには?案件の取り方や相場も解説

Webデザイナー

Webデザイナーは、年々需要が高まっている仕事の1つです。Webサイトの重要性が高まっておりWebサイトは年々増えていますが、デザイン性を高め使いやすさやユーザーの目を引けるかどうかが重要視されるようになってきました。Web業界は今後も市場が拡大すると考えられるため、将来性もあります。

フリーランスのデザイナーになる方法|年収やリスクについても徹底調査

フリーランスデザイナーになるには?年収や注意点、案件獲得方法も解説

スキルなしのフリーランスが仕事を探す方法

スキルがないのにとりあえず独立してしまったらどうしたら良いのでしょうか?

こちらではスキルなしフリーランスが効率的に仕事を探す方法をお教えします。

  • クラウドソーシングに登録する
  • 知人から仕事を受けたり紹介してもらう
  • SNSやブログで情報発信する

クラウドソーシングに登録する

有名どころでいうと、ランサーズやクラウドワークスがあります。

仕事を依頼したいクライアントと仕事をしたいワーカーがネットを通じて取引するものです。多くのフリーランスが登録しており、実際にクラウドソーシング一本で生計を立てている人も少なくありません。

クラウドソーシングに登録したら、参加できそうな仕事を探しましょう。見つかったら仕事の提案(報酬額や納期の提案)をして、選ばれたら仕事を開始します。仕事が終わったら納品してチェックを受け、問題がなければ入金となります。

クラウドソーシングおすすめ9選!初心者が副業で稼ぐ具体的な方法を紹介!

知人から仕事を受けたり紹介してもらう

人脈を生かして仕事を得る方法です。

友人や知人などをたどり仕事を提供してもらいます。

過去に仕事をしたクライアントに新たなクライアントを紹介してもらう、といった方法もあります。

信用に大きく関わる仕事の探し方であり、質の悪い仕事を行ってしまうと、今後の仕事が難しくなってしまうかも知れません。

期待を裏切らないように仕事に取り組まなければならないのです。

SNSやブログで情報発信する

FacebookやTwitter、Instagramなどを活用して、どのような仕事ができるのかをアピールします。

ブログなどでアピールするのも有効な手段の1つです。

SNSやブログでアピールすることで、あなたのスキルに興味を持ったクライアントから仕事が依頼されるかも知れません。

ポートフォリオなどを作成しておくと、より仕事の依頼が受けやすくなるはずです。

スキルなしで独立するにしても、どの程度の質の案件をこなせるのかはアピールできなければフリーランスとして仕事をしていくのは難しいですよ。

スキルなしからフリーランスになる人が知っておくべき注意点

スキルなしからフリーランスになって、稼ぐためには注意するべき点がたくさんあります。これらの点に注意をしておかなければ、重大なトラブルや失敗の原因にもなりかねません。ここではフリーランスでスキルなし・未経験から仕事を始める場合に知っておきたい注意点を解説します。

スキル・知識を磨く努力を続ける

フリーランスの場合、常にスキルや知識を磨く努力は欠かせません。今仕事が貰えていても、将来別の誰かに仕事を取られたり案件がなくなってしまったりする可能性があります。特にIT関連の業界は変化が早く、時代の変化に対応するためにも勉強は必要です。

常にスキルや知識をアップグレードし、クライアントから必要とされ続けるフリーランスを目指しましょう。

仕事の幅を狭めない

仕事の幅を狭めないことも重要です。

フリーランスとして、受ける仕事の相談のなかには、自分が普段やっていないようなことを相談されるケースは珍しくありません。変に自分のスキルに固執することなく、新しい仕事をやってみることも時には必要です。新しい仕事を受けることで、自分のスキルアップができ、高単価案件の獲得にもつながります。

なんでも手を出せばよいというわけではないものの、やったことがない業務でもやれる方法はないか、きちんと検証してみましょう。

自己管理を徹底する

セルフマネジメントの徹底も意識しましょう。

フリーランスはメインとなる仕事の他にも、複数の業務を同時に行わなければいけません。具体的には、営業や事務作業、役所などへの手続きなどです。これらの業務もきちんとやらなければ、仕事がうまく回りません。スケジュール管理をする時には、これらの業務も頭に入れておく必要があるでしょう。

安易に低単価案件に手を出さない

単価が低い案件には慎重になりましょう。

安易に低単価の案件に手を出すと、今後のキャリアにも影響します。スキルなしでフリーランスとして独立すると、仕事が思うように獲得できず、「安くても仕事が欲しい」と安易に考えてしまいやすいです。

低単価の案件はモチベーションも維持しにくく、低単価の案件を受け続けると、低単価であることが当たり前になってしまう可能性もあります。

必要な手続きを忘れない

そして、手続きも忘れないようにしましょう。

フリーランスとして独立すると、開業届、青色申告承認申請書、年金・健康保険、確定申告などさまざまな手続きが必要です。

必要な手続きはそれほど難しくなく、時間もそれほどかかりません。これらの必要な手続きは期限があるものも少なくないため、期日までに忘れずに行いましょう。

今すぐフリーランスとして独立するのが不安なら

スキルなしでフリーランスになるのは簡単ではありません。しかし、独立に不安があっても、独立したいという気持ちを諦められない人もいるのではないでしょうか。そのような場合は、フリーランスを見据えて転職する選択肢もおすすめです。次でどのような方法があるか解説します。

まずは転職するのも選択肢

フリーランスとして働く前に転職してスキルを磨き、実務経験を積むのもおすすめです。分からないことがある場合にも誰かに聞きやすく、仕事が取れないと悩む心配もそれほどないでしょう。

通常業務で残業が少なく、余力がある場合には副業と並行することも可能です。このような経験をしておくことで、フリーランスになってからも余裕をもって取り組めるでしょう。

同時にフリーランスへの独立準備も

フリーランスへの独立を視野に入れているのであれば、「ITプロキャリア」のご利用もご検討ください。フリーランスの案件に加え、将来フリーランスを目指して転職したい人にもおすすめできる案件を豊富に取り扱っています。

フリーランスとしての独立に不安を抱えている人は、フリーランスと転職を同時に視野に入れることで、より安心して取り組みやすくなるでしょう。

スキルなしでもフリーランスで稼ぐ方法 まとめ

スキルなしでフリーランスになるのは簡単ではなく、おすすめできる選択肢ではありません。それでもフリーランスになりたい場合には、事前に計画を立てて準備する必要があります。

「スキルなしでフリーランスになるのは不安でも挑戦したい」という方は、「ITプロキャリア」をぜひご利用ください。フリーランス人生を長期的に見据えたサービスや、確定申告や社会保障などの不安を解消するサポートも提供しています。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!