【在宅希望必見】実は週2~3日勤務の方が、在宅ワークよりも柔軟な働き方ができる!?

freelance

在宅ワークよりも自由な働き方、知ってますか?

shutterstock_279711647

在宅勤務、リモートワーカー、テレワーク、ノマドワーカー等・・・。

最近自由な働き方・勤務体系を許容する会社が増えています。

特に東京近郊にお住まいの方は、通勤時間に片道1時間をかけていたり、満員電車にもみくちゃにされて、それだけでストレスが溜まったり、疲れてしまう・・といった方も多いのではないでしょうか。

会社経営者やマネージャーにとっても、交通費負担や、社員の生産性を削ぐという意味で、非効率ではないかという議論は昔からありましたが、ここ最近、大手企業を含め、急速にこういった新しく自由な働き方を導入する会社が増えてきています。

特に開発・プログラミング業務に集中したいエンジニア職種の方々にとっては、オフィスに出社する事は意味がなく、自宅で在宅業務をしたい!という希望を持った方は多いかと思います。

ただ、この憧れの在宅業務・リモート業務ですが、逆に、多くの課題や罠もあるんです・・!

今回はその理由や詳細についてお話していきたいと思います。

在宅ワークのメリット

shutterstock_458395321

もちろん弊社として、在宅ワークやリモートワークを否定しているわけではありません。

実際に弊社でも最近クライアントさんからのご依頼案件で、フルリモートワーク案件や一部リモートワーク案件が増えてきています。

在宅ワークのメリットも明確にあると思っています。例えばですが、具体的には以下のようなメリットがあるのではないでしょうか。

  • 時間を効率化できる(通勤時間、服装や身だしなみにかける時間の削減)
  • 無駄な打ち合わせや会議の時間が減る(ダラダラとして社内打ち合わせ時間の削減)
  • 家族との時間が増える
  • 好きなペースで休憩を取れる(昼寝も可能)

確かに、上記のような点は、やはり魅力的かもしれませんね。

週2~3日案件に少しでもご興味がある方はこちらからお気軽にご登録ください!

在宅ワークのデメリット

shutterstock_530048185

一方で、どんな物事にもメリットの裏にデメリットもあるように、在宅ワークにもデメリットはあります。

具体的には、以下のような点です。

  • 結果的に業務時間が長くなりがち
  • 仕事が本当に好きじゃないとモチベーション維持が難しくパフォーマンスが下がるリスクも
  • 社内コミュニケーションが減り、業務パフォーマンスが下がる可能性もある
  • なんだかんだ孤独・寂しい
  • 周りからの刺激や成長機会の欠如

わかりにくい項目もあると思いますので、補足で説明していきますね。

結果的に業務時間が長くなりがち

結果的に、業務時間が長くなるというのは、常に自分のペースで仕事をする事になるため、メリハリを作れなくなり、結果として業務時間が長くなってしまうというのが意外と多いようです。

仕事が本当に好きじゃないとモチベーション維持が難しくパフォーマンスが下がるリスクも

また、常に管理しプレッシャーをかけてくれる上司やマネージャーも目の前にいないため、モチベーション維持が難しい常態にあり、ダラダラと仕事をしてしまう事でパフォーマンスが落ちてしまうという事も多いと思います。

社内コミュニケーションが減り、業務パフォーマンスが下がる可能性もある

社内コミュニケーションが減り。業務のニュアンスの調整ができずに、結果アウトプットの効率が下がってしまうケースもあります。

なんだかんだ孤独・寂しい

また、意外と多いのは、なんだかんだ一人は孤独・寂しいというのがあります。

周りからの刺激や成長機会の欠如

人はなんだかんだ周りの環境や人からの影響を強く受けます。無意識のうちに周りの同僚から刺激を受け、成長に繋がっている事も多いものです。そうした成長機会の欠如という観点も大事な点ではないでしょうか。

そもそもなぜあなたは在宅・リモートを希望するのか?【自分の時間の捻出】

shutterstock_333164462

いかがでしょうか?これまで在宅ワーク・リモートワークのメリット・デメリットの両面を見てきました。

メリットももちろんありますが、実際にやってみてわかるようなデメリットもあり、意外と良い事ばかりじゃないようです。

在宅・常駐等の働き方という手段の選択として考えるよりも、そうした手段を通して、何を得たいか、実現したいのかの目的が大事と思います。

恐らく、多くの方が求めているのは「自分の時間の捻出・獲得」ではないでしょうか。

特にエンジニアの方々においては、それによって、前からやってみたかった自分の趣味や開発してみたいプロダクト、新しい技術・言語の学習にチャレンジできるという事が本来の目的なんだと思います。

Googleの「20%ルール」のようなイメージでしょうか。

自分の自由な時間を手に入れる事で、本当に自分がやりたかった事にチャレンジできる。

新提案「第三の働き方」。週2~3日勤務が一番バランスが良い?

shutterstock_513893398

上記の自分の時間の捻出をして、本当にやりたい事にチャレンジする目的を達成するための手段として、在宅やリモートワークも1つの手段と思っていますが、弊社ITプロパートナーズでは、週2~3日の勤務という働き方をご提案しています。

多くのエンジニアの自由度の高い働き方や自己実現を支援してきた中で、結果的に在宅ワークやリモートワークよりも、週2~3日勤務の方がより上記目的の実現をご支援できると確信しています。

なぜならば、週2~3日勤務であれば、前述した在宅ワークの持つデメリットを良いバランスで軽減させながら、自分の時間の捻出という目的を達成できるためです。

多くの在宅ワーク希望者の方々は、あくまで自分の時間の捻出が目的であって、在宅ワークを目的として希望しているわけではないと思います。

自己成長や魅力的なプロジェクトに関わりながら、安定的に報酬を得て、自分の時間も得る事で初めて、長期的に自分のやりたい事に安心してチャレンジし続けられるのではないでしょうか。

週2~3日案件に少しでもご興味がある方はこちらからお気軽にご登録ください!

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance