フリーランス向け仕事マッチングサービス22選!職種特化サイトも紹介

こんにちは、ITプロマガジンです。

案件獲得のために、仕事マッチングサービスの利用を検討しているフリーランスも多いでしょう。自分で営業をする手間が省け、多くの案件の条件を見比べられるのが魅力ですが、「種類が多くてどれを選べばいいか分からない」という人もいるのでは?

この記事ではフリーランス向けのマッチングサービスおすすめ22選を紹介します。自分に合ったサイトの選び方や、安定して仕事を獲得していくためのポイントもあわせて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

まず登録しておきたいおすすめフリーランスマッチングサイト3選
  1. ITプロパートナーズ
    • エンド直案件が9割・リモート案件が7割!週3日〜の高単価案件も豊富な総合フリーランスエージェント
  2. レバテックフリーランス
    • 取引社数は4,000社以上!業界最大手のITエンジニア専門フリーランスエージェント
  3. Workship
    • 幅広い職種・働き方が魅力!エージェント機能もあるプラットフォーム型マッチングサイト
フリーランスの単価の伸ばし方

「必要以上に安売りをしてしまう」「市場感より高い単価で参画してしまいトラブルになる..」

フリーランス市場は売り手市場であるものの、いまだに正しいノウハウが確立されておらず、多くの方が案件探しに苦労されています。

ですが、現在の市場感や企業側に刺さる経験・スキルを理解し正しく案件探しをすれば、誰でも自身のバリューを活かし単価を伸ばすことができる、というのも事実です。

ITプロパートナーズでは、

・9割がエンド直案件のため、高単価
・約6割が週3-4案件のため、柔軟に働ける
・約7割がリモートのため、働く場所を選べる

などの魅力的な案件を数多く保有し、マッチング能力の高い即戦力エージェントが完全サポートします。

初めてのフリーランス、情報収集段階でも大丈夫です。あなたの働き方にマッチし、単価も高く、最もバリューを発揮できる案件を探しませんか?

⇨ ITプロパートナーズの詳細を見る

Contents

フリーランス向けの仕事マッチングサービスとは

フリーランス向けの仕事マッチングサービスとは、仕事を探しているフリーランスとクライアントを結びつけるサービスです。マッチングサービス上には、フリーランスを募集するさまざまな企業の案件が掲載されています。

興味のある案件があればサービス上でコミュニケーション・交渉を進め、マッチングが成立すると契約となり、業務スタートとなるのが基本的流れです。利用するサービスによっては、各種交渉や契約を代行してもらえる場合もあります。

詳しくは後述しますが、コールセンターや営業職、美容師など特定の業界・業種に特化したサービスもあります。希望要件を明確にし、自分に合ったサービスを選ぶのが重要です。

フリーランス向け仕事マッチングサービスの種類

フリーランス向け仕事マッチングサービスは、以下の3種類に分けられます。

  • エージェント型
  • ダイレクト型
  • クラウドソーシング型

それぞれの特徴を見ていきましょう。

エージェント型

エージェント型は、フリーランスが登録したスキル・実績・希望条件に合わせた案件を紹介してくれるサービスで、フリーランスエージェントと呼ばれます。Webサイト上に公開案件が検索されており、職種や単価などの条件を設定して検索できます。実際に契約に進む際には、エージェントの担当者が間に入って交渉を進めていくのが一般的です。

エージェント型ならではのメリットは、非公開案件を扱っている場合も多いことです。インターネット上に掲載されている公開案件では見つからないような希少案件・大型案件に出会える可能性もあります。

ダイレクト型

ダイレクト型は、クライアント候補となる企業と直接交渉しながら契約するマッチングサービスです。サイト上にはさまざまな企業の案件が掲載されており、興味のある案件を選んで担当者と交渉できます。条件のすり合わせができればいよいよ契約です。

フリーランス側から交渉を始めるのが一般的ですが、プロフィールを掲載して企業からの連絡を待つ「スカウト」機能もあります。企業側からアプローチをするため、自分に関心を持っている可能性が高く、交渉を有利に進めやすくなります。

エージェント型とは異なり、間に担当者を挟まず企業と直接コミュニケーションを交わせるのが、ダイレクト型の特徴です。

クラウドソーシング型

クラウドソーシング型は、案件探しや契約、報酬のやり取りをサイト上で完結でき、気軽に利用しやすいマッチングサービスです。サイト上に掲載されている案件から、興味のあるものを選んで応募します。応募形式は、通常の応募や出品、コンペなど多種多様です。

クラウドソーシング型の特徴は、未経験者でも応募できる案件が多くあることです。フリーランスとして独立したばかりの人や、スキマ時間を活かした副業をしたい人に向いています。

自分の頑張りに応じてランクアップするなど、評価制度が整備されているところも多くあります。

フリーランス向け仕事マッチングサービスおすすめ22選

マッチングサービスの種類を3つ紹介しましたが、ここからは「エージェント型」「ダイレクト型」「クラウドソーシング型」、そして「その他・職種特化型マッチングサービス」の4つに分けておすすめのサービスを紹介します。

エージェント型マッチングサービス

エージェント型のマッチングサービスの一覧は以下の通りです。

サービス名案件数特徴
1.ITプロパートナーズ4,247件・エンド直で高単価
・週3日〜案件が豊富
2.レバテックフリーランス29,006件・サポートが手厚い
・レバテックのIT特化版
3.Midworks(ミッドワークス)10,516件・フリーランスへの保障が手厚い
・副業向け案件が少なめ
4.Crowdtech(クラウドテック)585件・週3〜4日案件も豊富
・地方の案件が豊富
5.FLEXY(フレキシー)471件・自社プロダクト案件のみ
・副業向け案件が豊富
6.geechs job(ギークスジョブ)5,520件・大規模なITフリーランス向けエージェント
・独立支援が手厚い
7.PE-BANK(ピーイーバンク)非公開・老舗エージェント
・地方の案件が豊富
8.furien(フリエン)16,800件・報酬の先払い可能
・地方の案件が豊富
9.HiPro Tech(ハイプロテック)3,698件・週1日〜や数時間稼働の案件有
・事業案件が豊富で高単価
※案件数は2024年4月調査時点のデータです。

それぞれのサービスを詳しく解説します。

1.ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ
特徴・エンド直案件が多いので単価も高く質が良い
・IT系の分野に特化
・リモートワーク可能な案件が多め
・週3日〜稼働の案件が豊富
分野・エンジニア
・デザイナー
・マーケター
・ディレクター
単価相場感・高単価が多め
こんな人におすすめ・高単価の案件を紹介してもらいたい
・独立後すぐに仕事をスタートさせたい
・自由度の高い働き方がしたい

弊社「ITプロパートナーズ」は、ITのフリーランス・起業家の方向けに案件を紹介しているエージェントサービスです。ITエンジニアを中心として、UI/UXデザイナーやWebデザイナー、マーケターなどIT系案件を幅広く取り扱っています。

間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約しているため、高単価の案件が多くそろっています。「週2日から」「週3日から」など、働きやすい案件も取り扱っているため、柔軟な働き方が可能です。

2.レバテックフリーランス

レバテックフリーランス
特徴・IT系の分野に特化
・取引社数5,000社以上
・継続的に案件を紹介してもらえる
分野・エンジニア
・ITコンサルタント
・プロジェクトマネージャー
・プロジェクトリーダー
単価相場感・高単価が多め
こんな人におすすめ・ある程度の実務経験がある
・手厚いサポートを受けたい
・高報酬の案件を獲得したい

レバテックフリーランス」は、ITに特化しているエージェントサービスです。業界のトレンドや現場情報に精通したコーディネーターによって、希望にマッチする案件を紹介してもらえます。

2023年10月1日からインボイス制度が始まりましたが、レバテックフリーランスでは適格請求書発行事業者の登録予定がなくても案件に参画可能です。案件はエンジニア向けのものが中心で、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーなど上流工程の仕事もあります。

レバテックフリーランスの評判は?口コミや体験談、案件の特徴を調査

3.Midworks(ミッドワークス)

引用元:Midworks
Midworks(ミッドワークス)
特徴・IT系の分野に特化
・保障や福利厚生が手厚い
・副業向け案件は少なめ
分野・エンジニア
・Webディレクター
・UI/UXデザイナー
単価相場感・高単価が多め
こんな人におすすめ・フリーランスとして独立してから日が浅い
・保障や福利厚生を重視したい
・1つの案件に腰をすえて取り組みたい

Midworks」(ミッドワークス)はIT系のフリーランスエンジニア、Webデザイナー専門のエージェントです。エンド直・Sler直案件が全体の約70%で、高単価の案件を探しやすくなっています。

リモート案件が全体の約80%以上であり、柔軟な働き方がしやすいのもMidworksの魅力です。無料会員登録から参画先決定までは最短1日で、スピード感のあるマッチングができます。

Midworks(ミッドワークス)の評判・口コミは?利用者の声を公開

4.Crowdtech(クラウドテック)

引用元:Crowdtech
Crowdtech(クラウドテック)
特徴・リモートワーク案件が中心
・週3〜4日案件も豊富
・副業向け案件は少なめ
分野・エンジニア
・デザイナー
・Webディレクター
単価相場感・高単価が多め
こんな人におすすめ・2年程度の実務経験がある
・リモートワークで働きたい
・関東以外での案件を探している

Crowdtech」(クラウドテック)はリモート案件を多くそろえているのが特徴です。2023年6月末時点で、97%の人がリモートワーク案件で稼働しています。案件提案から契約締結、勤怠管理もオンライン完結です。

「週3日から」「週4日から」の案件もあり、複数のプロジェクトに参画しやすい環境が整っています。ITエンジニアやWebデザイナー、UI/UXデザイナー、マーケターなど案件の種類も豊富です。

クラウドテックの評判・口コミは?特徴や最悪と言われる理由も調査

5.FLEXY(フレキシー)

引用元:FLEXY
FLEXY(フレキシー)
特徴・自社プロダクトの案件のみ
・週2〜3日稼働の副業向け案件が多め
・リモートワーク中心
分野・エンジニア
・デザイナー
・技術顧問
単価相場感・高単価が多め
こんな人におすすめ・3年以上の実務経験がある
・稼働日数が少なめの案件を探したい
・場所を選ばずリモートで働きたい

FLEXY」(フレキシー)は、ITエンジニアや、デザイナー、CTO、技術顧問などを中心にさまざまな案件をそろえているサービスです。ハイクラス人材向けの高単価案件が多く、キャリアアップを目指している人に向いています。

最大の特徴が、週1日〜週5日まで、フレキシブルな働き方ができることです。「平日夜のみ」「土日のみ」といった働き方もできるため、ワークライフバランスを重視したい人におすすめです。定期的に行われている、IT・Webトレンドが学べる勉強会や、交流会にも参加できます。

6.geechs job(ギークスジョブ)

引用元:geechs job
geechs job
特徴・リモートワーク案件が豊富
・独自の福利厚生サービスがある
分野・エンジニア
・プログラマー
・UI/UXデザイナー
単価相場感・平均より高い傾向
こんな人におすすめ・なるべくたくさんの案件から仕事を選択したい
・フリーランスとして独立を考えている

geechs job」(ギークスジョブ)は、フリーランスエンジニア向けのエージェントサービスです。リモート案件がそろっているのが特徴で、全体の案件数のうち80%以上を占めています。関東・関西・福岡・名古屋エリアなどを中心に、多くの案件を扱っています。

紹介する案件を精査しており、エンド直の案件も多いため、高収入を目指すのも可能です。平均年収は830万円以上と、業界トップクラスの数値となっています。

ギークスジョブ(geechs job)の評判は?口コミや実際の案件例も紹介

7.PE-BANK(ピーイーバンク)

引用元:PE-BANK
PE-BANK
特徴・30年以上の歴史がある老舗
・大手企業の案件が多い
・日本各地に拠点があり地方の案件が豊富
分野・Webアプリ開発
・業務アプリ開発
・運用・保守
単価相場感・高単価が多め
こんな人におすすめ・実績のあるエージェントを利用したい
・地方で働きたい
・汎用機系や組込系の仕事がしたい

PE-BANK」(ピーイーバンク)は、35年以上の実績があるフリーランスのITエンジニア向けエージェントです。Web系の案件のみならず、汎用機系や組込系・制御系などの案件も取り扱っています。

PE-BANKの特徴は、報酬内容や手数料がオープンになっている点です。健康診断やIT資格支援、各種保証が備わった共済会など、案件以外にもさまざまなサポートを受けられます。

PE-BANK(pebank)の評判は?口コミや実際の案件情報も紹介

8.furien(フリエン)

引用元:フリエン
フリエン
特徴・案件数が豊富
・企業と直接取引できる案件が多い
・独自のシステムにより報酬を先払いしてもらえる
分野・エンジニア
・コンサルタント
・デザイナー
単価相場感・高単価が多め
こんな人におすすめ・フル稼働する仕事に取り組みたい
・関西や九州、東海地方の案件を探したい
・なるべくたくさんの案件から仕事を選択したい

フリエン」(フリエン)は、フリーランスITエンジニア専門のエージェントです。最高単価180万円、平均単価72万円と、高単価の案件が多くそろっています。全体の45%が高額案件で、高年収を目指す人におすすめです。

「週2日から」「週3日から」働ける案件や、トレンドの技術に関わる案件など、ニーズに合わせて仕事を紹介してもらえるのもfurienの魅力です。業界最短の支払いサイト「フリエンペイ」により、報酬の先払いも受けられます。

フリエンの評判・口コミは?利用者の声や実際の案件例を公開

9.HiPro Tech(ハイプロテック)

引用元:HiPro Tech
ハイプロテック
特徴・案件のうち約70%が事業会社案件
・契約更新率は75%以上
・週1日〜、数時間稼働できる案件がある
分野・エンジニア
・Webデザイナー
・Webディレクター
単価相場感・平均単価は64,8万円
こんな人におすすめ・契約更新で営業の手間を省きたい
・週1日から働ける案件を探したい
・地域を問わず幅広く案件を受注したい

HiPro Tech」(ハイプロテック)は、フリーランスエンジニア向けの案件を紹介しているエージェントサービスです。案件のうち約70%が事業案件で、高単価な案件が豊富にあります。

週5日からフルコミットできる案件だけでなく、「週2日から」「週3日から」働ける案件もあるため、ライフスタイルに合わせた柔軟な働き方が可能です。80%以上がリモート案件なので、ワークライフバランスも実現できます。

フリーランスエージェントおすすめ18選!職種別に比較して一覧紹介

ダイレクト型マッチングサービス

ダイレクト型のマッチングサービスの一覧は以下の通りです。

サービス名案件数特徴
10.Wantedly(ウォンテッドリー)非公開・理念や業務内容から仕事を探しやすい
・カジュアル面談で気軽に応募できる
11.Workship(ワークシップ)約2,900件・最短で即日稼働
・リモート案件が豊富
12.Tech Direct(テックダイレクト)2,112件・IT系の仕事がメイン
・スカウトを受けられる
13.SOKUDAN(ソクダン)約5,000件・利用手数料が無料
・リモート案件が豊富

※案件数は2024年4月調査時点のデータです。

それぞれのサービスを詳しく解説します。

10.Wantedly(ウォンテッドリー)

引用元:Wantedly
Wantedly(ウォンテッドリー)
特徴・企業のビジョンや業務環境から仕事を探しやすい
・幅広い職種に対応
・応募前に話を聞ける機会がある
分野・デザイナー
・エンジニア
・マーケティング
単価相場感・非公開
こんな人におすすめ・やりがいを重視したい
・事前にクライアント側の雰囲気を知りたい
・オファーを受けて仕事を探したい

Wantedly」(ウォンテッドリー)は日本最大規模を誇るビジネスSNSです。規約によれば、給与や福利厚生など条件面の記載が禁止されており、その代わりに企業のミッション・価値観が前面に押し出されています。

WantedlyはあくまでもSNSであり、採用担当者と気軽にコミュニケーションを交わせるのが大きな特徴です。業務内容や企業の雰囲気などを話しつつ、納得したうえで応募ができます。

11.Workship(ワークシップ)

引用元:Workship
Workship(ワークシップ)
特徴・副業向け案件が豊富
・最短で即日稼働できる
・独自のスコアによって企業にアピールしてもらえる
分野・デザイナー
・エンジニア
・ディレクター
単価相場感・平均より高い傾向
こんな人におすすめ・自分から案件にアプローチしたい
・土日やあいている時間でできる案件を探している
・リモートワークをしたい

Workship」(ワークシップ)は、フリーランス・副業人材向けのダイレクト型マッチングサービスです。ITエンジニアやデザイナー、編集・ライター、ディレクター、マーケターなどの案件がそろっています。

受注すると1万円のお祝い金が贈呈される「お祝い金制度」が、Workshipの大きな特徴です。トラブル相談窓口の用意や、賠償責任保険の無料付帯など、サポート体制も充実しています。なお、エージェントサービスの機能も備わっているため、エージェント型を探している方にもおすすめです。

12.Tech Direct(テックダイレクト)

引用元:Tech Direct
Tech Direct(テックダイレクト)
特徴・IT系に特化したクラウドソーシングサービス
・案件はすべてリモートワーク
・スカウトを受けられる
分野・エンジニア
・デザイナー
・マーケター
単価相場感・平均より高い傾向
こんな人におすすめ・一部リモートやフルリモートの仕事だけを探したい
・週1や週2の案件を探したい
・自分で案件を探すよりスカウトを受けて働きたい

Tech Direct」(テックダイレクト)は、フリーランスエンジニアや副業人材向けの案件をメインにしたダイレクト型マッチングサービスです。約70%の案件がフルリモートで、その他の案件でも交渉次第でリモートワークができます。

企業と直接契約できるのが特徴で、運営への手数料は必要ありません。文字が読み取れる形式の職務経歴書を添付するだけで簡単に仕事が探せるため、ひとまず登録だけ済ませるのもおすすめです。

13.SOKUDAN(ソクダン)

引用元:SOKUDAN
SOKUDAN(ソクダン)
特徴・9割以上がリモートワーク
・週1~3日稼働の案件が豊富
・利用手数料が無料
分野・エンジニア
・デザイナー
・マーケター
・事業開発
単価相場感・平均より高い傾向
こんな人におすすめ・リモートワークで働きたい
・今すぐに仕事を獲得したい
・稼働時間が少なめの案件やスポット案件(単発案件)を探したい

SOKUDAN」(ソクダン)は、エンジニアやデザイナー、マーケター、営業、事業企画などの案件を中心に扱っているダイレクト型マッチングサービスです。リモート案件は全体の92%で、週1日から稼働できるため、副業として取り組む際も活用できます。

自分から応募をするだけでなく、プロフィールを登録しておけばスカウトを受けられる可能性もあります。平均時給は4,500円と、高時給の案件を探しやすいのも魅力的です。

クラウドソーシング型マッチングサービス

クラウドソーシング型のマッチングサービスの一覧は以下の通りです。

サービス名案件数特徴
14.CrowdWorks(クラウドワークス)437,074件・ユーザー数が業界No.1
・単発案件が多め
15.Lancers(ランサーズ)17,521件・低単価から高単価までさまざま
・単発案件が多め
16.Craudia(クラウディア)6,507件・取引の種類が多い
・低単価から高単価までさまざま
17.coconala(ココナラ)・単発:220,113件
・継続(業務委託):11件
・スキルシェアサービスの大手
・自身のスキルを出品可能

※案件数は2024年4月調査時点のデータです。

それぞれのサービスを詳しく解説します。

14.CrowdWorks(クラウドワークス)

引用元:CrowdWorks
CrowdWorks(クラウドワークス)
特徴・ユーザー数が業界No.1
・常時大量の案件が掲載されている
・単発案件が多め
分野・エンジニア
・デザイナー
・ライター
単価相場感・低単価が多い
こんな人におすすめ・フリーランスとしての実績を積みたい
・スキマ時間を活用したい
・副業を探したい

CrowdWorks」(クラウドワークス)は480万人以上のユーザーが登録している、大手のクラウドソーシング型マッチングサービスです。時間給や固定報酬、1文字単位の料金設定など、さまざまな案件があります。

CrowdWorksは、案件数もジャンルも豊富です。システム開発やアプリ開発から、記事作成、データ入力など全部で250種類以上のジャンルがあります。案件探しから報酬の支払いまで、全てオンラインで完結するのも魅力です。

簡単に取り組める代わりに報酬の低い案件や、初心者でも取り組める案件もあるため、実績作りやスキルアップにも活用できます。

クラウドワークスの評判は?口コミや利用すべき人・向かない人を解説

15.Lancers(ランサーズ)

引用元:Lancers
Lancers(ランサーズ)
特徴・導入企業は35万社以上
・単発案件が多め
・独自のランク制度がある
分野・エンジニア
・デザイナー
・ライター
単価相場感・低単価から高単価までさまざま
こんな人におすすめ・フリーランスとしての実績を積みたい
・副業向けの案件を探したい
・サポート体制を重視したい

Lancers」(ランサーズ)は、110万人以上のユーザーが登録しているクラウドソーシング型マッチングサービスです。コンサルティングやシステム開発・運用、Web制作・Webデザインなど、350種類以上の仕事から探せます。

仕事獲得の方法は、以下の4つです。

  • プロジェクト:応募して見積もりを提案する
  • コンペ:作成した成果物がクライアントに選ばれることで報酬が発生する
  • タスク:データ入力などの簡単な作業をこなす
  • 求人:クライアントと契約して長期的に仕事をする

活動実績によってランク(レギュラー・ブロンズ・シルバー・認定ランサー)が付与されるなど、頑張りが評価される制度も整っています。

ランサーズの評判は?やめとけ・ひどいという口コミは本当?

16.Craudia(クラウディア)

引用元:Craudia
Craudia(クラウディア)
特徴・システム利用料が低め
・仮払い制度やサイトパトロール制度により安全に利用できる
分野・エンジニア
・デザイナー
・ライター
・Web制作
単価相場感・低単価から高単価までさまざま
こんな人におすすめ・幅広い案件から自分に合う仕事を探したい
・スキマ時間を活用したい
・スキルアップや実績につなげたい

Craudia」(クラウディア)は、システム開発や運用、Webサイト制作、運用管理などさまざまな案件を扱っているクラウドソーシング型マッチングサービスです。スキルを出品して購入してもらうスキルシェアや、スキルを登録してオファーを待つ機能もあります。

Craudiaの特徴は、数あるクラウドソーシングサービスのなかでも、システム利用料が低めに設定されている点です。一般的なサービスの手数料が20%程度であるのに対して、Craudiaは3〜15%となっています。

17.coconala(ココナラ)

引用元:coconala
coconala(ココナラ)
特徴・スキルシェアサービスの大手
・自身のスキルを商品として売り出せる
・何をいくらで売るかを自分で決められる
分野・デザイナー
・イラストレーター
・ライター
・エンジニア
単価相場感・自分次第
こんな人におすすめ・自己PRが得意
・好きなことや得意なことを仕事にしたい
・本業とは違うことにチャレンジしたい

coconala」(ココナラ)は、知識やスキル・経験を売買できるスキルシェアサービスです。クラウドソーシング型マッチングサービスとしての機能もあり、Webサイト制作やデザインなどさまざまな案件があります。

スキルシェアサービスの性質上、取り扱いジャンルは幅広く、悩み相談や占いなど他のサービスではあまり見られないようなスキルも活かせます。

ココナラはひどいという評判は本当?口コミや実態を調査してみた

その他・職種特化型マッチングサービス

その他・職種特化型のマッチングサービスの一覧は以下の通りです。

サービス名案件数特徴
18.レバテッククリエイター947件・クリエイター職に特化
・経験者向け
19.ビザスク非公開・スポットコンサルに特化
・高単価
・分野によっては案件が少なめ
20.kakutoku(カクトク)非公開・週1日〜案件あり
・フルコミット案件もあり
21.コールシェア非公開・在宅でコールセンター業務
・シフト制
22.HAIRLIE(ヘアリー)非公開・スタイリストに特化
・予約・支払いがオンライン完結
※案件数は2024年4月調査時点のデータです。

それぞれのサービスを詳しく解説します。

18.レバテッククリエイター

レバテッククリエイター」はWeb業界やゲーム業界のクリエイター職に特化したマッチングサービスです。Web系ではWebデザイナーやWebディレクター、ゲーム系ではグラフィックデザイナー(CGデザイナー)やゲームプランナーなど案件を取り扱っています。

専任の担当者によるフォローが受けられ、参画中の案件が終わる前に別の案件を紹介してもらえるため、収入が途切れるリスクを抑えられるのがメリットです。税務サポートや、ヘルスケア関連のサポートも受けられます。

レバテッククリエイターの評判は?リアルな口コミや案件例を調査

19.ビザスク

引用元:ビザスク

ビザスク」は、60万人以上のユーザーが登録している、コンサルティングに特化したマッチングサービスです。1時間のスポットコンサル(インタビュー)から、数ヶ月にわたって支援をする業務委託まで、幅広い働き方が可能です。

特別な資格やコンサルティングの実務経験も不要なので、コンサルタント以外の専門知識を持った人材も登録ができます。各分野の専門知識が必要な代わりに、時給の目安は数万円と高めです。

ビザスクの評判は?口コミや体験談、メリット・デメリットを公開

20.kakutoku(カクトク)

引用元:カクトク

kakutoku」(カクトク)は、1万5,000人以上の営業職が登録している、営業支援や営業代行に特化したマッチングサービスです。営業の戦略策定や資料作成、マニュアル作成などからテレアポ、商談、メール営業やルート営業など、営業に関するさまざまな案件を取り扱っています。

全ての案件で固定報酬制(または固定報酬+成果報酬)が導入されており、安定した収入を得られるのが特徴です。「週5日から」のフルコミット案件だけでなく、「週1日から」「週2日から」の案件もあるため、ワークライフバランスを重視している人にも向いています。

21.コールシェア

引用元:コールシェア

コールシェア」は、3万人以上のユーザーが登録している、コールセンター業務に特化したマッチングサービスです。完全在宅で働けるのに加え、PCがなくてもスマートフォンさえあれば仕事を受けられます。

具体的な業務内容は、アポイントの獲得やアンケート調査、カスタマーサポートなどです。勤務時間が決まっているため、好きな時間に働くのは難しいですが、代わりを探すことなく休めます。

22.HAIRLIE(ヘアリー)

引用元:ヘアリー

HAIRLIE」(ヘアリー)は、美容師とスタイリングを希望するユーザーをつなぐマッチングサービスです。ユーザーがヘアカタログやスタイリストを検索し、希望の美容師を指名することでマッチングが行われます。

美容業界に特化したサービスは貴重なので、美容師として集客を考えている場合は利用を検討しましょう。

自分に合うフリーランス向け仕事マッチングサービスの選び方

上述のようにマッチングサービスもさまざまです。これからフリーランスとして仕事をしていこうと思っている人にとっては、どこに登録すればよいか迷うのではないでしょうか。そこで選び方のポイントを紹介します。

案件数・種類を比較する

フリーランス向けのマッチングサービスの選び方は、案件数・種類を比較することです。案件数や種類が少ないサービスに登録してしまうと、理想的な条件の案件を見つけるのが難しくなります。

「案件数が多いかどうか」だけでなく、自分に合った種類の案件が多いかどうかをチェックするのが重要です。例えば「自宅で子どもを見ながら仕事がしたい」というニーズがあれば、フルリモートの案件が多いサービスを選びます。

副業案件や週5日でフルコミットできる案件、常駐案件などさまざまな種類があるため、まずは自分の希望要件を明確にしましょう。

案件の質をチェックする

フリーランス向け仕事マッチングサービスを選ぶ際は、案件の質をチェックするのも重要です。エンド直で高単価な案件を豊富に扱っているところもあれば、サービスによってはSES案件(商流を多く挟んでいる案件)が中心になっているところもあります。

2次請け案件、3次請け案件などを扱っているエージェントが多いなか、弊社「ITプロパートナーズ」では全案件のうち約9割がエンド直案件です。マッチングサービス選びに迷った場合は、エンド直案件の割合が高いサービスを選ぶとよいでしょう。

サポート体制で選ぶ

フリーランス向けサポートの内容でマッチングサービスを選ぶのも1つの手です。具体的には以下のようなものがあります。

  • 専属スタッフによる案件紹介
  • 営業代行・価格交渉代行
  • 税務サポート
  • ヘルスケアサポート
  • 祝い金制度(案件獲得時や結婚・出産などのライフイベント関連)
  • 勉強会・交流会
  • 各種優待

特にフリーランスとしての経験が浅い場合は、全体的なサポート体制が整ったところを選ぶのがおすすめです。

手数料・利用料をチェックする

フリーランス向けのマッチングサービスを選ぶ際は、手数料・利用料をチェックするのも重要です。エージェント型やダイレクト型であれば、クライアント側が手数料・利用料金を支払い、フリーランス側は無料で利用できるケースがほとんどです。

一方でクラウドソーシング型は、フリーランス側が手数料・利用料を負担するのが一般的で、報酬の10〜20%程度が差し引かれます。もちろん手数料・利用料が低いからといって、必ず良いサービスであるとは限りませんが、あらかじめ把握しておけばサービス選定の決め手の1つになります。

サービスの使いやすさで選ぶ

サービスの使いやすさを選ぶポイントとして、例えば以下のような内容が挙げられます。

  • 案件の検索しやすさ
  • ヘルプやお問い合わせのしやすさ
  • 参画までの期間
  • 報酬支払いのタイミング

フリーランスは、毎日のようにマッチングサービスを使うと考えられます。ストレスなく案件を得るには、使いやすさが重要です。

実績・評判を確認する

実績・評判も、フリーランス向けのマッチングサービスを選ぶ際のポイントです。案件数が多く、運用実績が長いサービスであれば、サービスの質も期待できるでしょう。

信用面・安全面をチェックするには、取引社数を見ておくことをおすすめします。取引者数が少ないと、安定して案件を受けられないかもしれません。取引者数が少ないサービスを使いたい時は、リスクヘッジとして他のサービスも併用しましょう。

利用するサービスを決める前に、それぞれの評判・口コミを確認するのもおすすめです。各サービスの公式Webサイトでは、基本的に運営している企業にとって有利な事実やデータが強調されています。口コミサイトで、第三者視点での評価をチェックするのも重要です。

フリーランス向け仕事マッチングサービスを活用するコツ

フリーランス向け仕事マッチングサービスを使いこなすと、効率よく仕事を探せます。サービスを活用するコツを見ていきましょう。

スキルシート・ポートフォリオで差別化を図る

フリーランス向け仕事マッチングサービスを活用する際は、スキルシート・ポートフォリオで差別化を図りましょう。掲載する作品や、実績として示すプロジェクトを充実させることで、自分のスキルを分かりやすくアピールできます。

重要なのは、専門的なスキルを複数アピールできる内容にすることです。情報量も確かに必要ですが、同じような実績を羅列しても意味がありません。重要な実績に絞って、コンパクトかつ自分の魅力が伝わりやすい内容を心がけましょう。

内容面だけでなく、体裁面も工夫するなどして差別化を図るようにすると、より案件獲得につながりやすくなります。フリーランスエンジニアのポートフォリオの作り方はこちらで、スキルシートの作り方はこちらの記事で解説しているので合わせてチェックしてみてください。

自分から積極的に働きかける

マッチングサービスは登録しただけでは、なかなかよい案件には巡り合えません。自分から積極的に働きかけることが大切です。

頻繁に案件の一覧をチェックし、気になった場合には応募などのアクションを起こすようにします。マッチングサービスによってはクライアントに質問をしたり提案をしたりすることが可能なので、そのような機能を利用して自分を売り込むのもよいでしょう。

複数の案件に同時並行でエントリーする

エントリーしたからといって、必ず契約できるわけではありません。クライアントの都合でキャンセルになる恐れもあるため、複数の案件に同時エントリーしておくと効率よく稼げます。

複数の案件を並行する際は、無理なく働けるか考えることがポイントです。例えば、短納期の案件、仕事の難易度が高い案件ばかり契約すると、余裕がなくなる恐れがあります。納期に余裕がある案件、慣れていてスムーズに進められる案件などを取り入れましょう。

また、複数のマッチングサービスを同時に利用することで、探せる案件の幅も広がります。

エージェント型は担当者と密に連絡をとる

担当者に希望を細かく伝えておくほど、マッチした案件を紹介してもらいやすくなります。特に、すぐにでも案件がほしい時は、「検討中」ではなく「すぐに参画したい」とはっきり伝えましょう。週に何件対応できるかなど、請け負えるボリュームをはっきりさせると、エージェントとしても積極的に案件を紹介しやすくなります。

複数のマッチングサービスを併用する

複数のマッチングサービスを併用するのもおすすめです。例えばエージェント型に登録しておいて、ダイレクト型やクラウドソーシング型で自分でも探すといった方法があります。

エージェント型を複数登録するのもよいでしょう。登録するだけなら無料なので、単純に好条件の案件獲得のチャンスが広がります。ただし面談のダブルブッキングなど、両立できない状態が続くと信頼を失ってしまう点には注意が必要です。

エージェント型を複数登録する場合は、2社もしくは3社に絞るとよいでしょう。

フリーランスエージェントは複数登録すべき6つの理由と登録時の注意点

フリーランス向け仕事マッチングサービスを使ううえでの注意点

便利なマッチングサービスですが、利用する際に確認しておきたいポイントがあります。案件を引き受けてから「こんなはずじゃなかった」とならないように、細かく確認してから利用するようにしましょう。

単価は適正か確認しておく

マッチングサービスでは、フリーランス側が単価を提示する場合もあります。希望する単価が相場からずれていると、クライアントから避けられる恐れがあるため気をつけましょう。また、安すぎる単価で契約してしまうと、数をこなさないと稼げないため疲弊するかもしれません。

多くのマッチングサービスには、単価の相場が掲載されています。適正な単価を知り、損をしないように働きましょう。

条件・業務内容を確認する

フリーランス向けマッチングサービスを使う際は、条件・業務内容を確認するのも重要です。例えば「契約形態が労働時間ベースか納品物ベースか」によって、作業時間や納期が異なります。報酬の支払い方法や手数料の負担者も、細かい点ですが事前にすり合わせましょう。

業務内容や自分が担当するべき範囲を確認するのも重要です。報酬や稼働日数が理想的であっても、業務内容に見合っているとは限りません。さらに業務範囲が不明確だと、本来想定していなかった業務を負担しなければならなくなる可能性もあります。

具体的にチェックしたいポイントは、以下の通りです。

  • 報酬
  • 経費
  • 稼働時間、稼働日
  • リモートワークが可能か
  • 業務内容
  • 求められるスキル
  • スケジュール

上記は主な例ですが、その都度、すり合わせておきたい内容は欠かさずチェックしましょう。

クライアントの質を見極める

契約するクライアントをよく選ぶことも大切です。相性が悪い、または悪質なクライアントと契約してしまうとトラブルの原因になりますし、精神的にも消耗します。

担当者を通さないダイレクト型やクラウドソーシング型では、当事者同士のトラブルに関与しないケースもありますので特に重要なポイントです。

クライアントを見極めるために、クラウドソーシングでは過去の実績・評価を確認できることが多いので低評価やネガティブなコメントがないか確認しましょう。会社名が分かるなら、どのような会社か事前にチェックしておくのもおすすめです。

また、メッセージのやりとりやコミュニケーションがスムーズかどうかも確かめておきたいポイントになります。

フリーランスが安定して仕事を獲得していくためのポイント

フリーランスは不安定ともいわれますが、仕事の探し方にこだわると収入が安定しやすくなります。具体的には以下のポイントを意識しましょう。

  • 長期案件に参画する
  • 案件獲得経路を増やす
  • スキルアップして対応領域を広げる
  • 交流会やコミュニティに参加する

長期案件に参画する

単発案件よりも、長期案件を狙う方が収入を安定させられます。長期案件に取り組むと、営業・仕事探しの時間を減らせるためです。単発案件ばかり受けていると、日々案件が途絶える不安や、仕事探しの苦労に向き合わねばなりません。そのうえ、仕事にかける時間も減ってしまうでしょう。

フリーランスが長期案件に参画するメリットや注意点、獲得方法

案件獲得経路を増やす

マッチングサービスを複数利用する以外にも、営業や人脈、SNSなどを使って案件を探しましょう。マッチングサービスを使わないクライアントも少なくありません。案件獲得経路を増やした方が、魅力的な案件に出会える可能性が高まります。

フリーランスの仕事の探し方・取り方11選!案件を継続するコツも紹介

スキルアップして対応領域を広げる

スキルアップすると、難易度の高い案件に挑戦でき、単価アップを狙えます。例えばエンジニアなら、専門的なスキルに加えヒューマンスキルを磨くと、高単価が見込める上流工程に参画しやすくなるでしょう。

専門性を深めるだけではなく、スキルの幅を広げる努力も大切です。クライアントにスキルの幅を評価してもらえることで、案件獲得につながる場合があります。

フリーランスエンジニアのスキルアップ方法6選とその重要性

交流会やコミュニティに参加する

交流会やコミュニティに参加すると、人脈を広げられます。人脈を通じて仕事を獲得すると、マッチングサービスなどのように手数料が発生しません。また、お互いの人となりを理解したうえで仕事を任せてもらえるため、ミスマッチを防げるでしょう。

他にも、交流会やコミュニティに参加すると、情報収集できる、困った時に相談に乗ってくれる相手を見つけられる、といったメリットがあります。

フリーランスにおすすめのコミュニティ12選!選び方も紹介

まとめ

フリーランスのマッチングサービスには、「エージェント型」や「ダイレクト型」「クラウドソーシング型」「職種特化型」などさまざまな種類があります。自分がどのカテゴリーにマッチしているのか、事前に想定するのがおすすめです。

マッチングサービスは、扱っている案件の傾向やサービスに違いがあります。「ITプロパートナーズ」が取り扱っている案件は、約9割がエンド直です。「週2日から」「週3日から」など、働きやすい案件も取り扱っています。

専属のスタッフが案件探しや契約交渉、債権管理などを代行するため、業務に集中できる環境が整っています。エージェント型マッチングサービスの利用を検討している方は、お気軽にお問い合わせください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
アバター画像
ITプロマガジン
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「ITプロマガジン」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。