【絶対見つかる!週2日からのノマド高額求人案件!】 ノマドの求人案件のトレンドと対策ノウハウ《オススメノマド開発案件付き》

freelance

こんにちは。ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズの木村です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

また、そもそもノマド(フリーランス)にはどのような仕事や職種があるのか知りたい方は、「フリーランスの仕事の種類一覧と職種ごとの特徴・仕事できるサイト」も併せて参考にしてください。

ノマドとは?!

英語で「遊牧民」を指すノマド。日本では近年、新しいワークスタイルを指す言葉として急速に広がり、浸透しました。
 
コトバンクより引用:
ノマド(nomado)は、IT機器を駆使してオフィスだけでなく様々な場所で仕事をする新しいワークスタイルを指す言葉として定着した。このような働き方をノマドワーキング、こうした働き方をする人をノマドワーカーなどと呼ぶ。ノマド誕生の背景には、情報化社会とそれを支える技術の進歩がある。(中略)産業構造の変化により、仕事の質ややり方も変化し、様々なスキルを持つ人たちが会社の枠を超えて参加するプロジェクトが増えてきていることも、要因の一つである。
 
筆者もよくカフェなどで仕事をしますが、以前は試験勉強に精を出す学生さんと並ぶことが多かったのに、ここ数年は同じようなスタイルで仕事をしている(らしい)仲間がぐっと増えた印象です。
 
特に印象的なのは、会社員でありながら社外で仕事をしている(と思われる)人が多いこと。
 
社内に限らず、それぞれが集中できる場所、生活しやすい場所で仕事をして構わないよ、というスタンスの会社が増えたのでしょうね。
 

まずは弊社オススメのノマド求人案件情報からご紹介したいと思います!

実際どんなノマド求人案件があるの?と気になる方もいらっしゃると思うので、大変不躾ではありますが、まずは弊社オススメのノマド求人案件情報からご覧下さい。

・弊社オススメノマド開発求人案件①

案件タイトル  ※地方在住エンジニア歓迎案件※ 週3&リモート可 PHPができる方大募集!!
諸条件 日数:週に3日勤務〜 / 報酬:41〜50万円
勤務地
応募資格 必須スキル:
PHP 3年
詳細はエージェントにお問い合わせください
※地方在住の方は、リモートでの勤務となります。
※月1回は東京オフィスにご訪問頂きます。
※交通費支給有り

他にも多数ノマド案件を取り揃えております。

ノマドの案件一覧について確認したい方はこちらからどうぞ。

ノマドワーカーのメリットって?

 
フリーランスとして一匹狼的にノマドワーカーになる場合も、企業に属しながら職場に縛られることなくノマドスタイルで仕事をする場合も、「インターネットがつながる環境ならどこでも働ける」のが最大のメリットでしょう。
 
私服で構わないし、好きなときに休憩をとれるし、アイデアが降りてくるまでぼんやりできるし、とにかく自由です。
 
また、通勤時間を減らすことができ、時間を効率的に使えるのも良い点ですね。満員電車のストレスからも解放されます!

ノマドワーカーのデメリットはある?

「自由でカッコイイ」「現代的な働き方」と称賛され憧れられることも多いノマドワーカー。
しかし、良いことばかりじゃないと思うよ、よいうのがノマドの皆さんに比較的近いところにいる筆者の本音です。
 
第一に、企業に属してのノマドワーカーは別として、フリーのノマドはどうしても社会的な信用が得にくいということ。
 
「オフィスもありませんし、フリーターみたいな格好ですが、仕事はできるんですよ!」という初対面の人間を丸ごと信用してくれる人はなかなかいないと思われます。
 
第二に、特定のワーキングスペースの使用契約をして働くコワーキングスタイルの人々と違って、その日その日で仕事場を探すノマドはまさに遊牧民的。
 
不特定多数の人が行き来する場で仕事をする可能性も大きいことから、セキュリティ面も注意が必要です。

ノマドワーカーと在宅ワークとの違いは?

正直、ノマドワーカーと在宅ワーカーで厳密な定義や違いはないと思います。

あえて厳密に定義を行うのであれば、ノマドワークはノマドワーカー向けのカフェやワークスペースなど外の店舗やスペースで仕事をしている印象です。

在宅ワーカーは自宅の中で仕事をするイメージですね。

これはその人それぞれの価値観や考え方次第ですが、一般的には自宅ですとメリハリがつかず、カフェやワーキングスペースで仕事をした方が集中ができてはかどるという人は多いのではないでしょうか。

クラウドワークスはノマドワーカーにとって心強いミカタ

上場し業績を伸ばしているクラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスは、ノマドワーカーにとって非常に有効なツールだと思います。

その理由について最後にお話してみようと思います。

仕事を受注するプラットフォームとしてのクラウドワークスのメリット

ノマドワーカーにとって、仕事を継続的に受注する事は重要ですよね。

ただ、ノマドとして個人で特定の場所に所属・依存せずに仕事をする身としては、一般的な営業活動はやりにくい部分もあります。

その際に、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスを使えば、場所や時間を問わずに、ネット環境さえあれば気軽に仕事の案件募集を閲覧・応募ができ、仕事の依頼を請ける事ができるのです。

是非まずは登録してみて、募集されている案件・仕事一覧を眺めてみると良いでしょう。

仕事を依頼するプラットフォームとしてのクラウドワークスのメリット

逆に、自分ひとりで仕事を納品する事が難しい場合、一部のタスクを外注できるようなパートナーや手伝ってくれる人を急募したくなる事もあるでしょう。

その場合にもクラウドワークスのようなクラウドソーシングサービスを使えば、気軽に仲間を募って仕事を依頼・発注する事が可能です。

あまりに大きな仕事を見ず知らずの人に発注するのはリスクがありますが、一部の軽いタスクなどはクラウドソーシングを活用して外注してしまった方が早くクオリティも高い場合もあると思います。

リスクの低い小さな案件を複数の人に発注しておいて、信頼関係のあるパートナーをあらかじめ見つけておくと良いでしょう、

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!