レバテックフリーランスの評判は?口コミや体験談、案件の特徴を調査

freelance

こんにちは、「ITプロパートナーズ編集部」です。

レバテックフリーランスはITエンジニア、クリエイターにはよく知られているITエンジニア向けのフリーランス案件紹介エージェントです。この記事をご覧のあなたは、「実際利用している方の口コミや評判が気になる」「自分に合っているサービスか確認したい」と考えているのではないでしょうか?

この記事では案件数が多く、報酬も高いと言われるレバテックフリーランスについて、その評判や利用者の口コミを調査しました。実際にどんな案件があるかも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

Contents

レバテックフリーランスの概要や特徴

レバテックを運営する会社レバレジース(株)の会社概要と「レバテックフリーランス」の案件の特徴をご紹介します。

レバレジーズってどんな会社?まずは基本情報を紹介

レバレジーズ株式会社は2005年に設立された、IT・Web関連の人材紹介事業を行なっている会社です。本社は東京都渋谷区にあり、名古屋と大阪、福岡に支社があります。

IT・Web領域の人材エージェントとしては業界トップクラスの案件数があり、今回紹介するITフリーランスエンジニア向けエージェントである「レバテックフリーランス」のほかに、

  • 正社員の転職支援を行う「レバテックキャリア」
  • Web系・ゲーム業界に特化した「レバテッククリエイター」

なども運営しています。

レバテックフリーランスの案件の特徴は?

レバテックフリーランスは、フリーランスのITエンジニア・クリエイターを支援するエージェントです。サイトに掲載される案件の特徴を以下にまとめました。

  • 掲載案件数が多く、幅広い業界・業種のIT案件が登録されている
  • 高単価の案件が多い
  • ある程度の経験とスキルが必要
  • 常時4,000件以上の案件を掲載

サイトに登録(無料)すると、業界や技術に精通したコーディネーターが登録者の経験とスキルにマッチした案件を提案し、採用までの条件交渉や契約なども代行します。なお、レバテックを含めたおすすめのフリーランスエージェントを知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

フリーランスエージェントおすすめ18選!職種別に比較して一覧紹介

レバテックフリーランスの評判と口コミ

以下では、レバテックフリーランスの利用者の声を紹介します。ここではSNSにあがっているレバテックフリーランスの評判について、

  • レバテックフリーランスの良い評判・口コミ
  • レバテックフリーランスの悪い評判・口コミ

にわけて紹介していきます。

レバテックフリーランスの良い評判・口コミ

レバテックフリーランスの評判・口コミを探してみると、高く評価する声が多く見られました。レバテックフリーランスの良い評判・口コミについて、具体的に紹介します。

対応がよかった

3回の転職を経てフリーランスのプログラマーをしている人は、レバテックフリーランスを以下のように評価しています。

対応が丁寧であり、担当者とも気持ちよくやり取りできている様子がうかがえます。案件の紹介もスムーズにおこなわれており、契約後までしっかりサポートしてもらえているようです。

評判が良い

約3万3千のフォロワーがいるインフラエンジニアは、レバテックフリーランスについて以下のツイートをしています。

インフラエンジニアとしてさまざまな経験をしているなかでも、レバテックフリーランスの評判がいいという声をよく耳にするようです。

一番よかった

実際にさまざまなエージェントを利用した経験がある人のなかには、レバテックフリーランスが一番良かったと感じている人もいます。例えば、以下の口コミが見つかりました。

フリーランス向けの案件を紹介しているエージェントはさまざまありますが、この人はなかでもレバテックフリーランスが最も良いと評価しています。

無事に参画が決まった

1回の面談で案件をスムーズに獲得でき、おまけに単価アップも受けられ喜んでいる人もいました。

この投稿は12月頭ですが、仕事開始は1月からです。レバテックフリーランスの担当者が交渉した結果、参画スタート時期を考慮してもらえたと考えられます。

レバテックフリーランスの悪い評判・口コミ

レバテックフリーランスの悪い評判・口コミについても探してみました。ここでは、レバテックフリーランスの悪い評判・口コミについて、具体的に紹介します。

案件を紹介してくれなかった

レバテックフリーランスの悪い評判・口コミとしては、相談したにもかかわらず案件を紹介してもらえなかったという意見が目立ちます。例えば、以下のツイートが見つかりました。

レバテックフリーランスはITエンジニアやクリエイターを対象にしているため、ある程度以上のスキルや実務経験がないとマッチする案件が見つからないようです。レバテックフリーランスを利用するなら、スキルや実務経験を身につけたうえで相談したほうがいいでしょう。

参画条件が厳しい

参画できる案件が見つからない、というツイートも見つかりました。

実務経験が1~2年程度の人、または未経験の人が、案件取得に苦戦しているようです。経験豊富なエンジニアのなかにも、「エージェントは使えないと思った方がいい」との意見を持つ人もいます。レバテックフリーランスは上級者向けの案件が多いと理解し、実績を積んだうえで再チャレンジするといいでしょう。

フルリモートは少ない

レバテックフリーランスにはフルリモート案件が少ない、というツイートもいくつか見つかりました。

2022年5月時点で、レバテックフリーランスの非公開を含む全案件数は約37,800件、そのうちフルリモートの案件数は約4,800件、一部リモートの案件数は約6,300件でした。確かに、在宅で働ける案件の割合は低めです。在宅にこだわって働きたい人は、ほかのエージェントも併用して仕事を探しましょう。

紹介案件が少ない

レバテックフリーランスから紹介される案件はほかのエージェントよりも少ない、というツイートも見つかりました。

キャリアカウンセラーとの面談を終え、前案件を終了した理由まで詳細に説明しても、紹介案件が増えない場合があるようです。応募するタイミングや希望条件によっては、ぴったりの案件が見つからない可能性もあるかもしれません。

評判から見えるレバテックフリーランスのメリット・デメリット

レバテックフリーランスには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。ここでは、レバテックフリーランスのメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

レバテックフリーランスのメリット

レバテックフリーランスには良い評判・口コミが多く、メリットもさまざまあります。

  • 高単価案件が多い
  • サポート体制が充実している
  • 福利厚生が手厚い
  • 支払サイトが早い
  • ブランク期間ができないよう次の提案をしてくれる

上記それぞれのメリットを以下で解説します。

高単価案件が多い

レバテックフリーランスでは、高単価案件がたくさん紹介されています。マージンを低く抑えており、業界内で比較しても最高水準の単価を実現しています。

エージェントが企業と交渉するため、フリーランスとして企業と交渉するよりも有利な条件で契約を進めやすい傾向です。レバテックフリーランスは優秀な人材を企業に紹介してきた実績があり、企業も高単価で依頼するケースが多くなっています。

サポート体制が充実している

レバテックフリーランスは、サポート体制も評価されています。相談から案件の契約まではもちろん、実際に案件に参画している間もサポートを受けることが可能です。レバテックフリーランスでは案件に参画中のフリーランスに対し、担当者から定期的に連絡を入れる決まりです。そのため、些細な困り事や不安についても気軽に相談できます。

フリーランス側から電話やメールなどで連絡し、悩みを相談しても構いません。レバテックフリーランスの評判がいいのは、サポート体制の充実度が高いからでもあります。

福利厚生が手厚い

レバテックフリーランスは、福利厚生パッケージ「レバテックケア」を用意しており、フリーランスを収入・税務関連の手続き・ヘルスケアの3つの側面からサポートします。また、フリーランスのプライベートの充実やスキルアップに使えるサポートも利用することが可能です。

それぞれのサポートを利用したいときは、担当に問い合わせましょう。参画期間中であれば、レバテックフリーランスの福利厚生を全て利用できます。

支払サイトが早い

レバテックフリーランスは支払サイトが早いため、働いた分の報酬がスムーズに手元へ入ります。締め日は月末、支払日は翌月15日です。業界内で見ても、15日でスピーディに支払いをしているエージェントはそれほど多くありません。スムーズに報酬を獲得したい場合も、レバテックフリーランスは利用しやすいといえるでしょう。

ブランク期間ができないよう次の提案をしてくれる

レバテックフリーランスでは、ブランク期間ができないように配慮して次の案件を提案しています。現在の契約が満了する前の月の中旬頃には、契約満了後の働き方について確認をとっています。契約を終了する旨を伝えた場合は、すぐに次の案件を提案してもらうことが可能です。

現在参画している案件が忙しくても、条件の調整や契約手続きをスムーズに進めてもらえます。安定的に働き続けられるため、レバテックフリーランスは、フリーランスにとって心強い味方です。

レバテックフリーランスのデメリット

レバテックフリーランスを利用するうえでは、気をつけたいデメリットもあります。

  • リモートワークの案件は少ない
  • 地方での案件は少ない
  • 未経験の場合案件獲得は難しい
  • 副業案件は少ない

それぞれのデメリットについて、以下で確認しましょう。

リモートワークの案件は少ない

レバテックフリーランスで紹介されている案件は、現場に出向いて勤務する仕事が中心です。一部リモートワークができる案件も扱っていますが、数はそれほど多くありません。そのため、リモートワークで対応できる案件を探している場合は、レバテックフリーランスに相談しても希望に合う案件が見つからない可能性があります。

地方での案件は少ない

レバテックフリーランスが扱っている案件の勤務地は、東京、大阪、福岡、愛知などの都市圏が中心です。そのため、地方在住者が登録しても、自分に合う案件が見つからない恐れがあります。レバテックフリーランスがおすすめなのは、都市圏に住んでいる人です。

未経験の場合案件獲得は難しい

レバテックフリーランスの場合、業務未経験だと案件を紹介してもらえない可能性があります。レバテックフリーランスは、ITエンジニアやクリエイター向けの案件を扱うエージェントです。ITエンジニアやクリエイターとして働くには専門的なスキルが必要であり、ある程度以上の実務経験がある人でないと即戦力になりません。企業は即戦力を求めているため、未経験ならスキルや実務経験を積んでからレバテックフリーランスを利用したほうがいいでしょう。

副業案件は少ない

フリーランス向け案件が多いため、副業的な働き方をしたい人にはレバテックフリーランスが合わない可能性があります。上述したように、2022年5月時点でレバテックの全案件数は約37,800件。そのうち、最低稼働日数が週3日の案件は、約900件のみです。休日や平日の定時以降にできる案件を探すとなると、レバテックフリーランスではいささか不安があるといえるでしょう。

レバテックフリーランスに掲載されている実際の案件を紹介

「レパテックフリーランス」のサイトに掲載されている案件から、クライアントの業種別にいくつかご紹介します。

案件ごとに担当するコーディネーターのコメントがあるのが、案件の理解の助けになります。

  • 医療クラウドシステム開発の求人・案件
  • 製造業向け基幹システムの開発の求人・案件
  • 官公庁向け防災観測システム開発の求人・案件
  • 福利厚生クーポンアプリの開発の求人・案件

医療クラウドシステム開発の求人・案件

  • 単価:~800,000円/月
  • 職務内容:医療クラウドシステムの開発
  • 求めるスキル:Ruby開発経験が4年以上
  • 募集職種:システムエンジニア

製造業向け基幹システムの開発の求人・案件

  • 単価:~600,000円/月
  • 職務内容:既存システムのリプレイスと基本設計からのテスト
  • 求めるスキル:Java/Springを用いた設計開発経験2年以上
  • 募集職種:プログラマー

官公庁向け防災観測システム開発の求人・案件

  • 単価:780,000~円/月
  • 職務内容:官公庁向けの防災システムの開発
  • 求めるスキル:Node.jsを用いた実務経験、基本設計以降工程の開発経験
  • 募集職種:システムエンジニア

福利厚生クーポンアプリの開発の求人・案件

  • 単価:750,000~円/月
  • 職務内容:福利系クーポンアプリのフロントエンド開発
  • 求めるスキル:VueもしくはReactを用いたフロントの開発経験3年程度
  • 募集職種:フロントエンドエンジニア

上記のほかに金融関係、ゲーム会社、教育、小売りなど多くの分野の求人案件が掲載されています。

レバテックフリーランスはどんな人が利用すべき?

レバテックフリーランスを利用することで自分に合った仕事が見つかるのは次のような人です。

  • 専門的なスキルを持っている方
  • 質の高いコーディネーターを求めている方
  • 将来プロジェクトマネジャーを目指したい人
  • 手厚い保障を求めている人

以下で具体的に解説します。

専門的なスキルを持っている方

TエンジニアにもWeb系、SIer系など多くの区分・分野があり、スキルも違ってきます。またその時々で需要の多いスキルもあれば、あまり需要のないスキルもあります。

レバテックは案件数が豊富なので、SIerなどの案件も多数あります。自分のスキルが専門的である場合も、多くの案件からスキルに合う仕事を選ぶことが可能です。

なお、フリーランスのWebデザイナーやクリエイターの方は、同じくレバテックが運営しているWebデザインやゲーム業界に特化したフリーランスエージェントであるレバテッククリエイターの利用をおすすめします。

レバテッククリエイターの評判は?リアルな口コミや案件例を調査

質の高いコーディネーターを求めている方

エージェンシーに登録しても、担当のコーディネーターに技術の知識が不足していると、自分のスキルに合う案件を紹介してもらえないことがあります。

レバテックは、社内の教育システムがしっかりしているので、新卒のコーディネーターが対応する場合も質が高く、適切なマッチングをしてくれます。そこが他のベンチャー企業とは一線を画します。

将来プロジェクトマネジャーを目指したい人

レバテックには大きなプロジェクトでさまざまな立場やスキルの関係者・エンジニアと共同で仕事をする案件が多数あります。上流工程の会議への出席やクライアントとの打ち合わせに同行を求められる案件も少なくありません。

コミュニケーション能力に自信があり将来PMを目指したい人にとっては、良い経験になる案件が多くあります。

手厚い保障を求めている人

フリーランスは収入が途絶える心配が付きものです。レバテックフリーランスの保障は、レバテックケアを始めとする福利厚生だけではありません。保障を後ろ盾に、大いにフリーランスとして活躍しましょう。

レバテックフリーランスの担当者は、営業代行や単価交渉に加え、フリーランスが案件に参画している間に次に紹介できる案件を探してくれます。仕事が途絶えるリスクを抑えられる点は、フリーランスにとって大いに魅力といえるでしょう。また、正社員に戻りたいと思った時には、キャリアの相談や求人の紹介サービスを無料で受けられます。

逆にレバテックフリーランスを利用すべきでは無い人は?

レバテックフリーランスの案件は、基本的に月給制で週5日程度の稼働が求められます。

  • 週2日〜週3日で働きたい人
  • 副業前提で働きたい人
  • 土日で働きたい人

などは、条件に合う案件はあまり多くはありません。フリーランスとして本格的に稼働するという前提のある方が使うサービスだということですね。

週2日・3日からのスポット案件を獲得したいと考えている方は、ぜひ弊社ITプロパートナーズをご利用下さい。弊社では週2日、リモート案件が豊富で、柔軟な働き方に対応できます。専属エージェントがあなたにぴったりの案件をご紹介させて頂きますので、興味のある方はお気軽にご相談ください。

レバテックフリーランスの利用手順

レバテックフリーランスでは、テクニカルカウンセラー・企業担当・フォロワーからなる3人のコーディネーターがユーザーをサポートします。以下では、レバテックフリーランスの利用手順を4つのステップで確認しましょう。

  • 会員登録
  • 無料カウンセリング・案件提案
  • 商談
  • 参画開始

1.会員登録

公式サイトにて無料で会員登録できます。情報収集のみでも無料登録が可能です。気になる人は登録してみましょう。以降は、「希望の働き方」「生年月日」「指名」「電話番号・メールアドレス」の順に登録します。ここまでおよそ60秒で完了します。

登録完了後、5営業日以内にレバテックの担当者より連絡が届きます。無料カウンセリングの日取りを決めましょう。

2.無料カウンセリング・案件提案

IT業界の最新情報を熟知し、技術面にも詳しいテクニカルカウンセラーがカウンセリングを行います。ユーザーのスキルや実績、経験、キャリアプランなどを詳しくヒアリングしてもらえるため、ぴったりの案件を提案してもらえる可能性が高いでしょう。また、現場の実情や、詳細な案件内容も教えてもらえます。

レバテックフリーランスには、プロのコーディネーターに相談できる仕組みも整っています。フリーランスになりたい人・活動中の人などを対象とした無料個別相談会があるので、必要に応じて活用しましょう。

3.商談

カウンセリングを受け、希望に沿う案件を提案してもらえたら、企業との商談に移りましょう。商談スケジュールの調整はレバテックフリーランスが代行し、商談には担当者が同席します。

担当者が企業先としっかり交渉するため、不利な条件での契約締結を避けることが可能です。自分が納得できるように希望条件・報酬・参画開始日などを決めましょう。

4.参画開始

参画開始後も、レバテックフリーランスでは専任の担当者のサポートを受けられます。もし不安に感じたこと、確認したいことがあれば担当者に問い合わせましょう。

また、レバテックフリーランスでは、仕事のブランクが生じないように次回の案件を提案してもらえます。契約期間満了の1ヶ月前には現場継続か終了かを尋ねられるので、以降の仕事について相談してください。

継続の場合は、契約更新手続きを担当者が実行します。契約終了の場合も次回の案件を提案してもらえるため、安心して希望を伝えましょう。

レバテックフリーランスで案件を獲得するためのポイント

レバテックフリーランスで案件を獲得するためのポイントを4つ紹介します。

プロフィールを充実させる

どのようなスキルや経歴を持っているのか担当者が分かるように、経歴・保有スキルや知識・資格などが充実したプロフィールを用意しましょう。また、実績を示すポートフォリオも準備してください。自分は即戦力であると担当者に上手くアピールできると、仕事を紹介してもらえる可能性が高まります。

希望条件を明確にする

具体的にどのような働き方がしたいのか、希望報酬はいくらかなど自分で決めておきましょう。自分のなかで希望条件が明確にならなければ、担当者が紹介する案件を絞れません。希望条件を考える際は、レバテックフリーランスの案件詳細を見て、相場感を知ったうえで計画を立てましょう。

直近の参画希望だと伝える

「すぐにでも働きたい」と担当者に伝えると、仕事を優先的に紹介してもらえる可能性があります。レバテックフリーランスには、情報種集のために登録する人もいるためです。契約に結びつく可能性が薄そうな人には、担当者は案件の紹介をためらってしまいます。

担当者とこまめに連絡をとる

信頼関係の構築や情報共有のため、担当者とこまめに連絡を取りましょう。担当者が抱えるフリーランスは多いため、定期的に連絡を取らないとその他大勢に埋もれてしまいます。例えば、他社での選考の進捗具合などを伝えるなどして、担当者にスケジュール感を伝えてください。

レバテックフリーランスを利用する際の注意点

レバテックフリーランスを利用する際の注意点を2つ紹介します。

虚偽報告しない

スキルや経歴について、嘘をついてはいけません。プロフィールやポートフォリオ、面談の履歴などは、レバテックフリーランスに蓄積されるためです。虚偽方向がバレると、以降の案件紹介に影響する可能性があります。

ほかのエージェントから同じ案件に応募しない

ほかのエージェントから同じ案件に応募すると、担当者に不信感を与えかねません。自分からは担当者に伝えなくても、企業側から担当者に連絡が届きます。エージェントの掛け持ち自体は問題ありませんが、登録する目的を決め、誠実に担当者とやり取りしましょう。

スキル不足でレバテックフリーランスを利用できないときの手段

スキルが足りずレバテックフリーランスで案件を紹介してもらえない場合は、まずは企業で経験を積んでエンジニアとしての市場価値を高めるのも1つの方法です。そのうえで再度レバテックフリーランスに相談すれば、案件を紹介してもらえる可能性が高くなります。

レバテック株式会社ではレバテックフリーランスだけでなく、レバテックキャリアも運営しています。レバテックキャリアはIT人材の転職をサポートする転職エージェントです。フリーランスとして必要な経験を積める企業を探すために利用しましょう。

レバテックキャリアの評判は実際どう?悪い?口コミや体験談を紹介

なお、レバテックフリーランスにこだわらず、他のエージェントに相談するのもおすすめです。以下では、レバテックフリーランス以外のエージェントを紹介します。

レバテック以外のフリーランスエージェントを紹介

レバテック以外のおすすめのフリーランスエージェントは以下です。

  • ITプロパートナーズ
  • Midworks
  • Bizlink

それぞれのエージェントの特徴について解説していきます。

ITプロパートナーズ

週5でフルタイム勤務はしたくない、そのようなエンジニアに嬉しい週2、週3案件が豊富なITプロパートナーズ。

フリーランスエンジニアを支援する会社では先駆け的な存在です。

取引者数も3,500社以上、魅力的な案件も豊富で直請けなのもポイント。

起業家・フリーランスの支援をするために始まったサービスのため、求められるスキルが高い分、週2〜3日、リモートワーク可などフレキシブルな働き方ができる案件が多いのが特徴です。

週2〜3日で稼ぎながら、独立・起業に挑戦したい!

という心構えの人におすすめのリモートワークエージェントになります。

ITプロパートナーズの特徴・強み

  • 週2やリモートOKの案件多数
  • 取引企業数2,000社以上!有名ベンチャーや有名大手の高額案件多数
  • 高等技術、最新技術案件あり
  • 専属エージェントによるサポートあり
  • ITプロトータルサポートで所得補償(休業保険/フリーランス協会)・確定申告代行あり

Midworks(ミッドワークス)

引用元:Midworks

フリーランスエージェントとしてもかなり手厚い保証が受けられるのがMidworksの最大の特徴です。

あなたのスキルに見合った額を補償してくれる給与保証制度は、正社員のような待遇でフリーランスとして働きたいエンジニアを虜にします。

さらに、必要経費支援として書籍・勉強会費月1万円/交通費:月3万円・保険の半額負担/会計支援サービスを提供してもらえます。

Midworks(ミッドワークス)であれば、家族がいても十分フリーランスとして働けるでしょう。

Midworks(ミッドワークス)の特徴

  • クライアント側の発注単価公開&低マージンで契約に納得できる
  • リモート・週3~の案件もあるので働き方が選べる
  • 正社員並みの保障でフリーランスなのに安定&安心
  • 賠償責任保証&健康診断優待「フリーランス協会」に加盟できる

Bizlink

引用元:Bizlink

ハイクラス層に強いエンジニア案件の取り扱いがあるBizlinkは、副業支援を行うフリーランスプラットフォームでもあります。

週1案件からフルタイム常駐・リモート案件などもあるのでワークライフバランスを見直したいエンジニアにも嬉しいエージェント。

契約は直請けなので高単価案件が多いのもポイントです。

ほかのエージェントに比べて、IT業界以外の案件が豊富、口コミでも「ほかではみかけない面白そうな案件が多い」という声もあります。

しかしながら、週末での稼働になることが多いため、休日はゆっくり休みたい・趣味を楽しみたい。という方にとっては不向きかもしれませんね。

Bizlinkの特徴

  • リモート案件・打ち合わせメインのコンサル案件・週1~案件と働き方に合わせて選べる
  • Bizリンカーとして認定されると登録エンジニアにオファーもできる
  • 上流工程でプロジェクトに参画中のBizリンカーから直接オファーもある

まとめ:スキルに自信のある方はレバテックフリーランスを利用してみよう!

レバテックフリーランスは、案件数が多く、報酬も高単価です。担当するコーディネーターも技術の知識がしっかりしていて、登録者のスキルに合う仕事を紹介してくれます。ただし、ある程度の実務経験が必要な案件がほとんどです。

手前味噌ですが、弊社サービス「ITプロパートナーズ」でもレバテック同様、数多くのエンジニア・Webデザイナー案件・求人を取り扱っています。もしご興味のある方はご相談ください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。