スキルシェアサービスおすすめ30選!初心者が副業で稼ぐコツも紹介

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

自分の持つスキルやノウハウなどを取引する「スキルシェア」は、副業のひとつの手段です。

スキルシェアで取引されるスキルは、サイトやWeb制作などのIT系、グラフィックやイラストなどのクリエイティブ系、掃除や料理などの家事代行、写真・動画、記事作成など多岐に渡ります。

この記事では、スキルシェアの概要とおすすめのスキルシェアサービス30選を紹介します。また、それらのサービスを利用する際の注意点も紹介します。

すきま時間や自由時間を使い、自分のスキルを使って副業をしたいと考えている人は必見の内容です。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

そもそもスキルシェアとは?

スキルシェアとは自分の持つスキルを提供(シェア)し、お金を得る仕組みで、シェアリングエコノミーの一種です。

シェアリングエコノミーとは、個人間で自分の持つ資産を提供・共有し合う経済的な動きやサービスです。スキル以外の代表的なシェアリングエコノミーには、カーシェアリングやルームシェアリング、民泊などが挙げられます。

株式会社サイバーエージェントが2019年に行ったスキルシェアリングサービス市場調査によると、スキルシェアサービスの市場は年々拡大しつつあります。近年は、ハイレベルなスキルワーカーも市場に参入するようになり、ビジネス向けスキルシェアも登場。より高い報酬が期待できる状況が生まれつつあります。

スキルシェアサービスの分類

スキルをシェアしたい人と、スキルをシェアしてほしい人を結びつけるサービスを「スキルシェアサービス」と呼びます。

スキルシェアサービスは大きく「クラウドソーシング」「生活」「知識・経験」「マッチング」の4つに分類できます。それぞれの代表的なサービスについて、以下の表にまとめました。

分類主なサービス
クラウドソーシング系・クラウドワークス
・ランサーズなど
生活系・タスカジ
・キッズラインなど
知識・経験系・ココナラ
・ストアカなど
マッチング系・Timee
・助太刀など

クラウドソーシング系は、クラウドソーシングサービスとも呼ばれるサービスです。自分のスキルを使って案件を行い、報酬を得ます。

クラウドソーシングとは?主な仕事内容から利用する際の注意点まで解説

生活系は、料理や掃除、ハウスクリーニングなどの家事に関するスキルを中心にシェアするサービスです。スキルワーカー、依頼者ともに個人であることか多い分野です。

知識・経験系は自分の持つ知識やノウハウを「講師」として学びたい人に教えるサービスです。

マッチング系は、専門職のスキルワーカーとそのスキルワーカーを必要としている人・企業をマッチングさせるサービスです。

おすすめのスキルシェアサービス・アプリ30選

スキルシェアサービスの中から代表的なものを30ピックアップしました。

以下、クラウドソーシング系、生活系、知識・経験系、マッチング系の4つの分類に基づいて紹介します。

クラウドソーシング系(全般系)

クラウドソーシング系の代表的なスキルシェアサービスには「クラウドワークス」「ランサーズ」「Workshift」の3つが挙げられます。

1.クラウドワークス

運営会社株式会社クラウドワークス
取引できるスキル・デザイン、プログラミング
・Webサイト制作
・写真・動画編集
・翻訳、ライティングなど
手数料5~20%(契約料金による・ワーカー負担)

クラウドワークスは、代表的なクラウドソーシングサービスのひとつです。取引できるスキルは多岐に渡るため、シェアできそうなスキルを持っている人は登録するとよいでしょう。

クラウドワークスの評判って実際どう?リアルな口コミや体験談を公開

2.ランサーズ

引用元:ランサーズ
運営会社ランサーズ株式会社
取引できるスキル・デザイン、プログラミング
・Webサイト制作
・写真・動画編集
・翻訳、ライティングなど
手数料5~20%(契約金額による・ランサー負担)

ランサーズもまた、代表的なクラウドソーシングサービスのひとつです。ランサーズの中には、自分の持つスキルを出品できるスキルパッケージというサービスがあります。自分のスキルを積極的にアピールしたい場合は、スキルパッケージの利用も考えるとよいでしょう。

ランサーズの評判ってどうなの?口コミから利用方法までを紹介

3.Workshift

引用元: Workshift
運営会社ワークシフト・ソリューションズ株式会社
取引できるスキル・ライティング、翻訳
・イラスト制作、動画制作
・ホームページ制作、ゲーム開発など
手数料10~20%(契約金額による・ワーカー負担)

Workshiftは、外国人、海外在住のフリーランスが多く登録しているクラウドソーシングサービスです。主な発注者は、海外進出を考える企業や旅行会社などです。翻訳などの語学スキルなど、海外在住者ならではのスキルをシェアしたい場合は利用を検討するとよいでしょう。

他にもオススメのクラウドソーシングサイトはたくさんあるので詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

クラウドソーシングおすすめ9選!初心者が副業で稼ぐ具体的な方法を紹介!

生活系スキルシェアサービス

生活系スキルシェアサービスの代表的なものには「タスカジ」「キッズライン」「tadaku」「nutte」「Crowd Care」「casy(カジー)」の6つがあります。

4.タスカジ

引用元: タスカジ
運営会社株式会社タスカジ
取引できるスキル・掃除、洗濯、料理
・整理収納、買い物など
手数料(サイト上では非公開)

タスカジは、掃除、洗濯、料理などの家事スキルをシェアできるサービスです。スキルをシェアしたい場合は「タスカジさん」としてサイトに登録し、依頼者からの依頼を待ちます。東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・秋田県(湯沢市のみ)・大阪府・京都府・奈良県・滋賀県・兵庫県の1都2府7県限定のサービスです。報酬には手数料がかかりますが、パーセンテージや金額はサイト上では公開されていません。

5.キッズライン

引用元: キッズライン
運営会社株式会社キッズライン
取引できるスキル・保育スキル、病児保育スキル
・家事代行
・保育をかねたレッスン(保けいこ)
・家庭教師スキルなど
手数料・単発予約場合22%、
・定期予約の場合11%(利用者)

キッズラインは、育児サポートを中心にしたスキルがシェアできるサービスです。スキルできるシェアを持っている人は「サポーター」として、「ベビーシッター」「家事サポーター」「保育士サポーター」のいずれかに登録します。賠償責任保険やサポートデスクなど、安心してスキルをシェアできるしくみが整っています。

6.tadaku(aini)

引用元: aini
運営会社株式会社ガイアックス
取引できるスキル・アクティビティのガイドスキル
(料理体験、スポーツ体験、農園体験など)
手数料販売手数料18%(ホスト負担)

aini(旧tadaku)は、体験をシェアすることができるプラットフォームです。なにかしらのアクティビティを主催できるスキルを持っている人は、まず「ホスト」に登録します。登録後アクティビティを主催し、参加者を集め、アクティビティを開催します。

7.nutte

引用元: nutte
運営会社株式会社ステイト・オブ・マインド
取引できるスキル縫製スキル
手数料成約金額の20%(利用者)

nutteは、縫製スキルがシェアできるサービスです。縫製スキルを持つ人は「職人」として登録後、スキルに応じて5段階にランク分けされ、依頼を受けます。制作するのは通常の衣服のほか、衣装やペット用の衣服制作、インテリア小物などです。衣服のリメイクも行います。

8.Crowd Care

引用元: Crowd Care
運営会社株式会社クラウドケア
取引できるスキル・介護、介助
・家事代行、生活支援スキル
手数料(サイト上に記述なし)

クラウドケアは、自費訪問介助ヘルパーサービスを提供しているサイトです。介護・生活援助スタッフはまずは「ヘルパー」として登録し、それぞれのスキルに応じて高齢者や障がい者の生活支援等を行います。サービス提供地域は東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県です。ヘルパーとして働く場合はシステム利用料がかかりますが、具体的なパーセンテージや金額についてはサイト上に記述はありません。

9.CaSy(カジー)

引用元: CaSy
運営会社株式会社CaSy
取引できるスキル・掃除スキル
・料理スキル
手数料(サイト上に記述なし)

CaSyは、掃除代行・料理代行・ハウスクリーニングを行うサービスです。掃除や料理のスキルをシェアしたい場合は、まずCaSyの家事代行スタッフとして登録します。その後、研修等を経て実際に掃除・料理代行サービスに従事します。対応エリアは、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・京都府・兵庫県・宮城県・愛知県の1都2府6県です。

知識・経験スキルシェアサービス

知識・経験スキルシェアサービスの代表的なものとして「ココナラ」「スキルクラウド」「ストアカ」「ビザスク」「HINT」「タイムチケット」「MENTA(メンタ)」「フジ子さん」「ゼヒトモ」「ラーンビズ」「REQU」「SKIMA」「フラミンゴ」を紹介します。

10.ココナラ

引用元: ココナラ
運営会社株式会社ココナラ
取引できるスキル・イラスト、漫画制作、サイト作成
・動画、文章作成、翻訳
・相談、占いなど
手数料販売手数料20%

ココナラは、自分の持つスキルを取引できるスキルマーケットサービスです。取引できるスキルのカテゴリは全部で16あります。自分の持つスキルや経験を出品することはもちろん、スキルや経験を持つ人を探している依頼者を探して自分から提案することも可能です。

ココナラの評判って実際どう?リアルな口コミや体験談、稼ぎ方も紹介

11.スキルクラウド

引用元: スキルクラウド
運営会社株式会社ヒューマン・コネクト
取引できるスキル・占い、相談
・イラスト
・ライティング、SNS拡散など
手数料20%(出品者負担)

スキルクラウドもさまざまなスキルやノウハウをシェアできるサービスです。自分でスキルを出品・購入する方法のほか、出品者・購入者双方が相談してオーダーメイドなスキルシェアを行える「オーダースペース」という方法もあります。オーダースペースを利用することで、カテゴリにないスキルやノウハウを取引することも可能です。

12.ストアカ

引用元: ストアカ
運営会社ストリートアカデミー株式会社
取引できるスキル・ビジネススキル
・料理、写真、楽器
・ハンドクラフト
・スポーツ、ヨガなど
手数料10~30%(講座主催者負担)

ストアカは、自分のスキルや知識を「講座」の形でシェアするサービスです。シェアしたいスキル・知識等がある人は講師として講座を主催し、ストアカ上で生徒を探すことができます。対面講座を開催したい場合は「スペースコンシェルジュ」サービスを通じてレンタルスペースを探すこともできます。

13.ビザスク

引用元: ビザスク
運営会社株式会社ビザスク
取引できるスキル・ビジネスノウハウ
・コンサルティングスキルなど
手数料30%(コンサルティング側負担)

ビザスクは、コンサルタントとしてビジネスに関する自分のノウハウ・知見をシェアできるサービスです。1時間のスポットコンサル専用のビザスクliteもあります。アドバイザーとして仕事をしたい場合は、まずはビザスクliteから登録することができます。

ビザスクの評判は?口コミや体験談、メリット・デメリットを公開

14.HINT

引用元: HINT
運営会社株式会社DEX
取引できるスキルWeb関連スキル
手数料20%(講師負担)

HINTはWeb関連のスキルを教えたい講師と、教えてほしい生徒のマッチングサイトです。講師としてスキルをシェアしたい場合は、まずHINTに登録し、審査を受けなければいけません。審査に通り講師として登録できたあとは、自分でレッスンを作って生徒を募集します。

15.タイムチケット

引用元: タイムチケット
運営会社株式会社タイムチケット
取引できるスキル・ビジネス系
・クリエイティブ系
・ライフスタイル系
手数料15~25%(販売者負担)

タイムチケットは、スキルを持つ人が自分の時間を30分単位で売買するしくみのスキルシェアサービスです。スキルをシェアする場合は、自分の時間を使ってどのようなスキルやノウハウをシェアできるかを明らかにした上でチケットを販売します。チケットの販売価格等は自分で決めることができます。

16.MENTA(メンタ)

引用元: MENTA
運営会社MENTA株式会社
取引できるスキル・エンジニア、デザイナー
・マーケター、クリエイター
・語学系などのスキル
手数料5~20%(金額に合わせて変動・メンター負担)

MENTAは、さまざまなスキルのメンター(指導する人)とメンティー(指導される人)のマッチングサービスです。スキルを持っている人は、まずメンターとして登録します。それから自分のスキルを出品するか、メンターを探しているメンティーに提案を行います。誰かに教えることによって、スキルやノウハウをシェアするサービスです。

17.フジ子さん

引用元: フジ子さん
運営会社フジア株式会社
取引できるスキル・経理、秘書、人事
・ビジネスアシスタント系スキル
手数料

フジ子さんは、オンラインアシスタントサービスです。シェアできるスキルがある場合は、まず「フジ子さん」としてサービスに登録。その後、スキルに応じた仕事を行います。報酬は時給制で、スキルシェアをするというよりはオンラインアシスタントとしてしっかり仕事にコミットして働くことになります。

18.ゼヒトモ

引用元: ゼヒトモ
運営会社株式会社Zehitomo
取引できるスキル・語学
・トレーニング、スポーツなど
手数料

ゼヒトモは、専門性をもった「プロ」と顧客をつなげるためのサービスです。専門性の高いサービスを提供できる場合は、まず、無料会員登録を行います。そのあとは、AIを活用した自動マッチング機能で条件にあわせて、顧客とマッチングします。月額料や登録料などが全て無料なのがメリットです。

19.ラーンビズ

引用元: ラーンビズ
運営会社株式会社 Pop Sicle
取引できるスキルビジネス系のコンサル
手数料10%

ラーンビズは、ビジネスを教えたい人と学びたい人をつなぐ副業学習プラットフォームです。出品されているコンサルサービスは、物販やアフィリエイト、動画運営などです。コンサルサービスを出品するには、会員登録を行う必要があります。受注後は、プライベートチャットで顧客とやりとりをする流れとなります。

20.REQU

引用元: REQU
運営会社株式会社サイバーエージェント
取引できるスキル・イラスト、ハンドクラフト
・育児アドバイス、占い
・HP制作、デザイン、動画など
手数料15%

REQUは、自分が持つ知識やスキルを取引できるサービスです。特に人気のスキル・知識は、イラストや育児アドバイス、ファッションアドバイス、スピリチュアル系などです。アメブロと連携ができるため、アメブロユーザーが多く使っています。

21.SKIMA

引用元: SKIMA
運営会社株式会社ビジュアルワークス
取引できるスキル・イラスト、デザイン
・文章、占いなど
手数料11~22%(クリエイター負担)

SKIMAはイラストやキャラクター、文章などのクリエイティブスキルをシェアできるサービスです。クリエイターは自分のスキルを出品できるだけでなく、購入者のリクエストに応じて作品をプロジェクト形式やコンペ形式で制作することもできます。

22.フラミンゴ

引用元: フラミンゴ
運営会社株式会社フラミンゴ
取引できるスキル語学スキル
手数料一律1,000円(生徒側)

フラミンゴは、オンライン語学レッスンサービスです。外国語スキルを持っている場合は、そのスキルを活かして語学レッスンを行うことができます。外国人相手に日本語を教えることも可能です。

マッチング系スキルシェアサービス

マッチング系スキルシェアサービスの代表的なものとして、ここでは「Timee」「助太刀」「gengo」「シェアフル」「なでしこナース」「LEBER」「cotree」「OurPhoto」を紹介します。

23.Timee

引用元: Timee
運営会社株式会社タイミー
取引できるスキル・オフィスワーク、接客
・配送、作業など
手数料30%(企業側負担)

Timee(タイミー)はスキマバイトサービスです。サイト・アプリに企業側の求人情報が掲載されるので、ワーカーはそれを見て応募します。面接なしにすぐに働け、勤務が終わればすぐに報酬を受け取ることができます。全国展開しているサービスなので、地元など好きな場所で、空き時間を使って働くことができます。

24.助太刀

引用元: 助太刀
運営会社株式会社助太刀
取引できるスキル建築作業スキル
手数料(サイト上に記載なし)

助太刀は、大工、左官、塗装などの職人と建築現場をマッチングするアプリです。登録・マッチングは原則無料で利用できますが、検索・メッセージ機能を強化した月額有料プランもあります。

25.gengo

引用元: gengo
運営会社株式会社Gengo
取引できるスキル翻訳
手数料(サイト上に記載なし)

gengoは、オンライン翻訳サービスです。翻訳のほか、Webサイトのローカリゼーション、外国語の文字起こし等にも対応しています。対応言語は日本語・英語のほか、中国語、ベトナム語、イタリア語、ドイツ語、フランス語などに対応しています。希望者はまずテストを受けてからトランスレーターとして登録します。

26.シェアフル

引用元: シェアフル
運営会社シェアフル株式会社
取引できるスキル・データ入力
・清掃スキルなど
手数料30%(企業側)

シェアフルは、スキマ時間を利用して、アルバイト求人を探せるサービスです。データ入力や清掃、軽作業などさまざまな職種が募集されており、平均時給1,200円と高時給です。アプリをインストールすれば、おすすめの仕事をレコメンドされ、自分好みの仕事を探せます。

27.なでしこナース

引用元: なでしこナース
運営会社4U Lifecare株式会社
取引できるスキル看護師
手数料無料(医療機関側の負担はあり)

なでしこナースは、看護師と病院等の医療施設のマッチングサービスです。看護師として登録して仕事を探し、施設と直接契約して仕事をします。募集案件にはパート・アルバイトのほか、契約社員・正社員としてしっかり働ける案件もあります。

28.LEBER

引用元: LEBER
運営会社株式会社リーバー
取引できるスキル医師
手数料700円(振り込みごとに発生。医師側負担)

LEBERは、ユーザーが医師に24時間365日健康相談ができるアプリです。登録できるのは医師のみで、チャットボットを使い診療のすきま時間などを活用してユーザーからの相談を受け、アドバイスを行います。医師個人での登録のほか、医療機関全体で導入・登録することも可能です。

29.cotree

引用元: cotree
運営会社株式会社cotree
取引できるスキルカウンセリング
手数料非公開

cotreeは、悩みを抱えている人とカウンセラーをつなぐプラットフォームです。カウンセラーになるには臨床心理士や産業カウンセラーといった資格と3年以上、100回以上のカウンセリング経験が必要です。カウンセリング料金の一部は手数料として引かれますが、手数料の具体的な金額についてはサイト上では明らかになっていません。

30.OurPhoto

引用元: OurPhoto
運営会社OurPhoto株式会社
取引できるスキル写真撮影
手数料35%(フォトグラファー負担)

OurPhotoは、出張撮影をしてほしい人とフォトグラファーを結ぶマッチングサイトです。フォトグラファーは無料で登録ができ、撮影料金は50分最低料金8,000円以上で自分の好きな金額を設定できます。

スキルシェアサービスでの副業はどのくらい稼げる?

スキルシェアサービスで副業をした場合、稼げる金額の目安は月2~5万円です。

たとえば、ココナラではイラストの販売金額の相場はだいたい1枚5,000~2万円です。ひと月にイラストを3枚作成・販売できると仮定した場合、1枚5,000円で販売できれば1万5千円、2万円で販売できれば6万円の収入を得られるでしょう。

また、同じくココナラではブログサイト制作がだいたい1~3万円で販売されています。ひと月2サイト制作できるのであれば、2~6万円程度の収入が見込めます。

スキルシェアサービスの副業で稼ぐためのポイント

スキルシェアサービスの副業で稼ぐには、以下の3つのポイントがあります。

  • 自分の得意分野を見極める
  • 実績を積み重ねる
  • 魅力的なプロフィールを作成する

それぞれのポイントについて説明します。

自分の得意分野を見極める

まずは、自分の得意分野を見極めます。

自分がどんなスキルを持ち、どんな分野が得意なのかを見極めるには、まずはスキルの棚卸しをする必要があります。具体的には、自分ができること、今までやってきたことをリストアップして整理してください。そして、その中から稼げそうなスキル・分野を選びます。

稼げそうなスキル・分野が何かは、それぞれのスキルシェアサービスのサイトで実際に検索するとよいでしょう。

実績を積み重ねる

次に、実績を積み重ねます。

出品者はスキルだけでなく実績もチェックされます。「この人に依頼しよう」と思える実績を積まなければ、依頼者に選ばれにくくなるでしょう。

スキルサービスに登録したあとは、まず実績を積もうと意識してスキルを出品しましょう。スキルサービス以外の場ですでに実績を積んでいる場合は、プロフィールなどで実績をアピールするのも方法のひとつです。

魅力的なプロフィールを作成する

魅力的なプロフィールを作成することもポイントのひとつです。

スキルシェアサービスでは、同じようなスキルを持つ人がたくさんいます。その中から選んでもらうには、依頼したくなるような魅力的なプロフィールでアピールする必要があります。

自分のスキルとレベル、実績、経歴や職歴、商品(スキル)の特徴やメリットなども盛り込んで、プロフィールを作成しましょう。

スキルシェアサービスを利用する際の注意点

最後に、スキルシェアサービスを利用する際の注意点を紹介します。

まずは、勤務先の「就業規則」を確認してください。もし会社が副業を禁止している場合は、スキルシェアも副業とみなされる可能性があります。副業が禁止されている場合は、スキルシェアの利用も控えたほうがよいでしょう。

副業が可能であった場合は、就業規則に従って会社に申請等を行ってください。

スキルシェアをはじめたら、スケジュール管理をしっかりしましょう。本業が忙しく副業の納期を守れなかった、副業の納品のために会社を休まざるをえなくなった、という状況に陥らないよう気をつける必要があります。

稼ぐ金額にも注意が必要です。給与所得以外で年間20万円以上稼いだ場合は、確定申告が必要です。1ヶ月で2万円稼いだら、年間の収入は24万円になります。翌年の所定の期間内に確定申告を行ってください。

ダブルワーク・副業はバレる?5つの理由と具体的な対策方法

まとめ

自分の持つスキルなどを提供してお金を得るスキルシェアサービスは、シェアリングエコノミーの一種として注目を集めています。クリエイティブ系、オフィス事務系、ビジネス系、ライフスタイル系、介護系、語学系など多岐に渡るスキルを取り引きでき、上手に活用すれば月2~5万円程度の収入を得ることも可能でしょう。

あなたの会社が副業を認めているのであれば、スキルシェアサービスを副業の手段として使うこともできます。可能であるならば、一度自分のスキルや経歴を棚卸しして、自分が持つスキルやノウハウを活用してみるとよいでしょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!