Webマーケティング未経験者必見!マーケターになる方法と求人を紹介

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

この記事をご覧のあなたは、

「未経験からWebマーケティングの仕事をしたい」
「未経験からWebマーケターとして働くために何が必要か知りたい」

このようにお考えではないでしょうか?

Webマーケターの求人は多く、未経験者でも応募できる案件は少なくありません。ただし、求められているものが何かを把握し、スキルを磨かなければ実際に働くのは難しいでしょう。

今回は未経験からWebマーケティングの仕事を始めたい人に向けて、仕事の内容や種類、求められているスキルから求人を探す方法まで解説します。最後までご覧いただき、Webマーケターの仕事を始める参考にしてください。

なお、フリーランスWebマーケターへのなり方だけでなく案件相場といった総合的な情報は「フリーランスWebマーケターは稼げる?年収やなり方、案件相場も紹介」の記事でご紹介しているので、併せてご覧ください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

未経験なら知っておきたい!Webマーケティングの仕事内容や種類とは?

Webマーケティングと一口にいっても、実際の仕事内容はいくつかの種類に分かれています。求められるスキルが異なるため、仕事の種類を把握しておくことが大切です。ここではWebマーケティングとは何か、仕事内容や種類について解説します。

Webマーケティングとは

マーケティングとはWebチャネルにおいて顧客に商品を認知させて売れる仕組みを構築する仕事です。「売れる仕組みを作ること」はマーケティング業務の一部であり、実際にはもっと幅広い業務が含まれています。

顧客分析や広告運用、リピーターへのアプローチ、そのための導線設計も仕事の1つです。ネットで商品が販売されることが主流になりWebマーケティングの手法も多様化し、重要性が高まっています。

Webマーケターの仕事の種類

Webマーケターの仕事はさまざまに分かれています。大まかな業務としては以下の6つです。

  • 1. ECサイト運用
  • 2. SEO・コンテンツマーケティング
  • 3. インターネット広告
  • 4. SNS運用
  • 5. Webディレクション
  • 6. データ分析

これらの仕事はそれぞれに特性が異なるため、これからWebマーケターを目指す場合はそれらの違いを押さえておく必要があります。特にWebディレクションやこれらの業務を統括する立場の役職などは業務の上流工程にあたる仕事です。プロジェクトの初期段階から関わるため、求められるスキルや経験のハードルが上がり、1,000万円を超える高収入も目指せます。

Webマーケターとは?仕事内容や年収、なり方、必要スキルまで解説

Webマーケターに向いてる人

Webマーケターに向いている人の特徴には、以下のものが挙げられるでしょう。

  • 人間関係の構築に積極的
  • 主体性がある
  • 好奇心が強い

Webマーケターは製造・企画・営業などの部署や関係会社、経営層と調整することがあるため、人間関係を積極的に構築できる人が適しています。新規企画やプロジェクトを引っ張る場面もあるため、主体性を持って取り組めることも大切です。

データ分析やヒアリングなどによって企業の課題を分析するため、好奇心旺盛な人や思考力がある人も向いているでしょう。

全てを兼ね備えることは難しいですが、これらのなかから自分の強みを生かしていくと、仕事をスムーズに進められます。

Webマーケティングに向いてる人・向いてない人の特徴まとめ

Webマーケターになるための必要スキル・経験

Webマーケターの仕事は幅広いため、さまざまなスキルや経験が求められます。ここではWebマーケターに求められるスキルや経験としてどのようなものがあるのか解説します。

情報収集・分析スキル

Webマーケターには、情報収集や分析のスキルが求められます。

Webマーケティングの知識は情報の更新が早いため、常に新しい情報を取り入れて理解する力が大切です。Webマーケティングの知識の他に、クライアントの業界に関する知識も求められます。

また、データをもとに課題を分析することも多いため、分析スキルも必要です。

コミュニケーションスキル

Webマーケターは、コミュニケーション能力が欠かせません。さまざまな立場の人と関わるため、自分の考えを伝えつつ相手の考えを理解する力が求められます。特に上流工程に関わる仕事ほど重要になるスキルです。

論理的思考能力

論理的思考力とは、物事や主張をその理由まで筋道を立てて構築する力です。Webマーケティングでは客観的な課題分析が必要で、論理的思考力が不十分だと適切な分析ができず思うような成果は出せなくなるでしょう。自分の主張を分かりやすく相手に伝えるためにも必要な能力です。

Webの仕組み・業界への理解

Webの仕組みや業界への理解も求められます。SEOや広告、SNSは特徴が異なるため、それぞれの性質を理解し目的や課題に合わせて運用することが大切です。プログラミングやデザインの知識は必須ではないものの、知識があると対応できる業務の範囲も広がります。

未経験でも可能なWebマーケティング求人はあるのか?

「未経験からWebマーケティングの仕事がしたい」と考えている人もいるでしょう。Webマーケティングは多くの需要があり、未経験OKの案件も少なくありません。

しかし、未経験だと年収はそこまで高額ではなく、高収入を目指す場合は経験や実績も求められます。高収入を目指す場合は未経験OKの仕事にチャレンジし、経験を積むことも選択肢です。

未経験からWebマーケターになる4つの方法

未経験からWebマーケターになる場合、大まかに4つの方法があります。それぞれ自分の状況によって取るべき方法は変わるため、自分の状況に合わせて取り組むことが大切です。Webマーケターになる具体的な方法について次で解説します。

1.Webマーケティング職に就く

就活中の学生や転職を検討している場合、Webマーケティング職の募集を探し応募しましょう。Webマーケティングの仕事は多くの需要があり、未経験OKの仕事も見つけられます。経験を積めば高収入を目指せますし、キャリアアップでの転職も可能です。

2.会社員として経験を積む

現在就職しており転職を考えていない場合は、Webマーケター職への転属を希望する方法も選択肢です。Webマーケティングの部署がなくても、広報や販売・流通、Web・システム系などWebマーケティングの領域が関わる仕事はあり、経験を積むこともできます。

3.副業・アルバイトで未経験可能の案件を経験する

Webマーケターの仕事を副業やアルバイトで経験を積むことも可能です。未経験OKの仕事や案件で経験を積めば、将来的にWebマーケターの仕事にも就ける可能性があります。マーケターの仕事が難しい場合はWebライターなどの仕事を経験することもおすすめです。Webライターの業務から、SEOなどの知識も身に着けられます。

未経験も可能!Webマーケティングの副業5選!案件獲得方法や単価も解説

4.独学で知識・経験を積む

Webマーケターの知識は本、Webサイト・ブログ、資格勉強などで身に着けることも可能です。Webマーケターやライター向けのセミナーやスクールもあり、スピーディにスキルや知識を身に着けられます。

自分でWebサイト作成やSNS運用、アフィリエイトをして、知識や経験を積むことも可能です。クライアントがいなければ試行錯誤も自由にできるうえ、成果が出せれば実績として採用担当にPRする材料にもなります。

【ケース別】未経験からWebマーケターになるためのコツ

未経験からWebマーケターになるのは不可能ではありません。しかし、より希望にマッチした仕事を選択するためには、それに見合う実績やスキルも必要です。ここでは未経験からWebマーケターになるためのコツを解説します。

新卒の場合

新卒の場合は、未経験からでもWebマーケティングの仕事に就職しやすいです。マーケティングやWebマーケターの業務を行なっている会社も多く見つけられます。大まかなパターンとしては広告代理店と事業会社の2つが挙げられるでしょう。

BtoBの企業では営業主体の会社が多いですが、これに対してBtoC企業ではネット広告・ Web系プロモーションなどWebマーケター領域そのものの仕事を多く扱っています。それぞれの特徴を把握し、自分にマッチするかどうかを検討しましょう。

第二新卒の場合

Webマーケターは多くの需要があるため、第二新卒の場合でも応募が可能です。大手求人サイトでは未経験や第二新卒でも応募可能な案件が豊富にあります。実務経験がある場合は、より高収入な仕事が見つけられるでしょう。

経験として求められるハードルは高くはなく、Webサイト・Web広告の知識や運用経験が少しでもあれば評価される可能性は十分にあります。変化が早い業界で、知識やスキルは学ぶ姿勢が大切になるためです。ただし、入社後も積極的に勉強する姿勢が求められます。

30代の場合

30代でもWebマーケターの仕事は見つけられます。新卒や第二新卒と比較すると求人数は少なくなり、求められるハードルも上がる傾向にあるのは確かです。しかし、未経験OKのWebマーケターの求人もゼロではありません。

30代で未経験からWebマーケティング職にキャリアチェンジする場合、「未経験からなぜチャレンジしようと思ったのか」「なぜWebマーケターなのか」は聞かれることが多いです。そのため、理由をしっかりと説明できるよう準備しておきましょう。

30代になると社会人経験が長いため、未経験でもWebマーケターとして活用できる経験やスキルは見つけられます。関連性が高い点をPRすると採用される可能性も高まるでしょう。

未経験からWebマーケターへ転職を成功させるためのポイント

未経験からWebマーケターになるのは不可能ではありません。しかし、採用されるためには事前準備が必要です。ここでは未経験からWebマーケターへの転職を成功させるためにはどのようなポイントを意識すべきなのか解説します。

志望動機を整理する

未経験からWebマーケターとして仕事をしたい場合、志望動機は重要です。特に30代を超えてからWebマーケターを志望する場合は、業務内容の深い理解が欠かせません。業界研究と自己分析をしっかりと行い「この会社でなければならない理由がある」と採用担当者に思わせる必要があります。

スキル・経験を洗い出す

Webマーケターの仕事が未経験でも、活用できるスキルや経験はあります。企画立案など上流工程に関わる機会も多い仕事のため、プロジェクトリーダー経験や新規プロジェクト・事業立ち上げ経験、特定の業界への専門知識などがあると評価される可能性は十分にあるでしょう。

Webマーケターとして活躍するためには、上記以外にもさまざまなスキルが求められます。そのため、自分のスキルと関連性が高いものは何なのか、業界研究と自己分析を丁寧に行いましょう。

可能な限り準備する

Webマーケターは新しいことに積極的に取り組む姿勢も求められます。そのため、Webマーケターの仕事が未経験であっても、できる範囲で取り組む姿勢を見せることが大切です。未経験からでも、独学での習得やアフィリエイトサイトや広告の運用はできるため、できる範囲で勉強を進めておきましょう。

未経験者がWebマーケティング求人を探す方法

未経験者がWebマーケティング求人を探す方法は求人サイト以外にもいくつか種類があります。探し方によって、仕事の進め方や求められるレベルも変わるため、自分のスキルや状況に合わせた方法で求人を探すことが大切です。

1.求人サイト

Webマーケター未経験からでも多くの求人を見つけやすいのが求人サイトです。未経験歓迎の求人は多く、新卒や第二新卒の場合であれば無理なく見つけられます。30代向け未経験OKの求人も、数こそ少なくなりますがゼロではありません。

Webマーケターの仕事は実務経験や実績が求められます。実際の業務をこなしながら、スキルや経験を身に着けられれば、転職やフリーランスへの独立もできるでしょう。

2.フリーランスエージェント

フリーランスエージェントは、フリーランス向けの業務委託の案件を紹介してくれるエージェントです。フリーランスとして一定以上のスキルがある場合は、スキルに合わせた高単価案件を紹介してくれるため、ステップアップしたい場合に利用しましょう。

全50社比較!フリーランスエンジニア専門おすすめエージェント【目的別】

ITプロパートナーズ」は高単価案件が多く週2日からの案件もあり、自分の働き方に合わせた優良案件をスタッフが紹介してくれます。経験や実績を積んできたのであれば、ぜひ利用してみてください。

【プロが語る】Webディレクターがフリーランスとして独立した際に稼ぐ方法とは

3.クラウドソーシング

クラウドソーシングは不特定多数の企業とワーカーが業務を受発注できるサービスです。Webマーケターの仕事は3年以上の経験が求められることが多いですが、下流工程であるSNS運用代行やWebライターの仕事は未経験からでも取り組めます。将来的にWebマーケターを目指す場合は、クラウドソーシングから始めてみることもおすすめです。

クラウドソーシングおすすめ9選!初心者が副業で稼ぐ具体的な方法を紹介!

4.SNS

SNSで求人や案件を探す方法もあります。検索すると案件を募集しているクライアントが見つかる場合もあります。自分の制作実績を掲載していると、仕事の相談がくるかもしれません。フォロワーが多い人であれば、より仕事を獲得しやすくなるでしょう。

5.知人の紹介

会社の取引先や友人から仕事を紹介してもらえる可能性もあります。紹介してもらう人はコミュニケーションも取りやすく、無理なく仕事を進行しやすいです。未経験であれば相談にも乗ってもらえるかもしれません。

Webマーケティング未経験者におすすめのエージェント

Webマーケティング未経験で仕事を探す場合、エージェントを利用することも選択肢です。エージェントは転職エージェントを利用するイメージがある人が多いかもしれません。しかし、転職エージェント以外にも方法があります。それぞれの概要や特徴、利用するメリットを紹介します。

転職エージェント

転職エージェントはキャリアアドバイザーやカウンセラーが、自分のスキルや要望に合った企業を紹介してくれます。未経験可のWebマーケターの求人もあり、転職サイトと併用して活用するのがおすすめです。履歴書作成や面接のサポートも行なってくれます。

転職エージェントはそれぞれ紹介できる企業の規模や求人に違いがあり、サポートの質や手厚さも担当者で変わります。そのため、自分の要望に合ったエージェント選びが大切です。

フリーランスエージェント

フリーランスエージェントは業務委託の案件を扱っているため、副業やフリーランスとして活動している場合におすすめです。未経験から取り組める案件は限られていますが、高単価かつ柔軟な働き方ができる案件を紹介してもらえる可能性があります。

フリーランスエージェントのなかでも、おすすめなのが弊社「ITプロパートナーズ」です。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズはクライアントと直接契約しており、Webマーケターの案件も豊富に取り扱っています。週2日から働ける案件もあり、より柔軟な働き方が可能です。経験を3年以上積みスキルを磨いていけば、高単価の案件も受注できます。

まとめ

Webマーケターは未経験からでも挑戦するハードルが低く、経験を積みスキルを磨けば高収入を目指せる仕事です。実績を積めば、フリーランスとして独立し、自由な働き方も目指せます。

ITプロパートナーズ」なら、フリーランスの賠償責任保険や所得保障制度の加入、保険に関するトラブル、アドバイスまでサポートしており、フリーランスが自立して働ける環境作りに取り組んでいます。フリーランスの仕事をお探しであれば、ぜひご登録ください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!