ITエンジニアの年収が驚くほど低い理由と1000万円稼ぐ方法を紹介!

freelance

「自分の年収ってITエンジニアとして安いんじゃないかな…。」

そんな風に思ったことはないでしょうか。

入社してからエンジニアとして仕事をし、ある程度の経験を積んだ人であれば
自分の年収について考えることも少なくないでしょう。

特にこれから結婚や出産といったライフイベントを控えているなら、なおさらです。専門的な知識とスキルが要求されるエンジニアは年収が高いと思われていますが、実際はどうなのでしょうか。

残業が多く稼働が高いエンジニアの仕事ですが、見合った対価がもらえているのでしょうか。そうでないとしたら、どうしたらもっと稼げるのでしょう?

本記事では、エンジニアの年収の実態と年収をアップさせる方法について解説していきます。現在、エンジニアとして活躍している人やこれからエンジニアへの転職を考えている人は、是非最後までお付き合いください。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

ITエンジニアの平均年収

shutterstock_416607037 (1) (2)

ITエンジニアの平均年収はいくらなのでしょうか。

技術職ですから経験や勤務形態、言語などによって異なりますが、どのくらい差があるのか気になるのではないでしょうか。

ITエンジニアの平均年収についてみていきましょう。

  • 勤務形態別:エンジニアの平均年収
  • 地域別:エンジニアの平均年収
  • 条件別:エンジニアの平均年収
  • 年齢別:エンジニアの平均年収
  • 言語別:エンジニアの平均年収

勤務形態別:エンジニアの平均年収

正社員の場合、ITエンジニア全体の平均年収は496万円です。

2020年度の国税庁の調査によると、日本人の平均年収は441万円ですから、ITエンジニアは日本全体の平均より高くなります。

全体の給与幅は333万〜902万円と幅があるため経験や勤務先、スキルによって差が大きいといえそうです。

また、派遣社員の場合は時給2,007円となり、1日8時間、月に20日働いたとして計算するとエンジニアの平均年収は約385万円です。

アルバイトの場合は時給1,199円です。同様に1日8時間、月に20日働いたとして計算するとエンジニアの平均年収は約230万円となります。

地域別:エンジニアの平均年収

地域別の収入差はどうでしょうか。

地域別のエンジニア平均年収は以下の通りです。

・関東:444万円
・北海道:378万円
・東海:475万円
・九州:419万円
・関西:466万円

エンジニアの平均年収が一番高いのは東海エリアで、最も低かった北海道エリアと比較すると100万円近い差があります。

条件別:エンジニアの平均年収

勤務先が上場企業なのか、ベンチャー系、メーカー系なのかなど企業の条件による差はどうでしょうか。

上場企業の場合、エンジニアの平均年収は574万円です。
パッケージソフトの会社なのか、SIerなのかの分類によりよっても多少差はありますが、れほどエンジニアの平均年収に差はありません。

しかし、上場企業でもエンジニアの平均年収が1000万円を超えている会社もあれば400万円代の会社もあり、企業による差が大きく見られました。

ベンチャー企業の場合は、エンジニアの平均年収は382万円です。
上場に比べて200万円以上の差があります。

ベンチャー企業の場合、社員の年齢が若いのも平均年収が低くなっている原因でしょう。
年齢別でみればそれほど大きな差はありません。

また、メーカー系企業という条件で調べると、エンジニアの平均年収は464万円でした。

年齢別:エンジニアの平均年収

ITエンジニアは経験やスキルで年収が大きく変わります。
年齢別の平均年収はどうでしょうか。

・20代エンジニアの平均年収 349万円
・30代エンジニアの平均年収 514万円
・40代エンジニアの平均年収 641万円
・50代エンジニアの平均年収 657万円

20代エンジニアの平均年収は比較的安いですが、30代から一気に上がります。
また、50代エンジニアの平均年収はは40代の頃に比べてそれほど差はありません。

深夜まで仕事をすることも珍しくないIT業界では体力、スキルともに充実している30代、40代が重宝されます。

また、50歳以降はプレイヤーとしてよりも管理や顧客対応などに重点を置いて働くことが求められるでしょう。

言語別:エンジニアの平均年収

エンジニアの平均年収を言語別に年収を見ていきましょう。言語も経験やスキルにより年収にばらつきがあるので、一つの目安として見てくだい。

・Goエンジニアの平均年収 600万円
・PHPエンジニアの平均年収 400〜600万円
・Rubyエンジニアの平均年収 500〜600万円
・Javaエンジニアの平均年収 450〜600万円
・Pythonエンジニアの平均年収 500〜600万円
・C言語エンジニアの平均年収 500万円
・SCalaエンジニアの平均年収 500〜600万円

JavaやC言語など業務システムや組み込みで利用される言語は相変わらずニーズがあります。

また、PHP,RubyなどのWEB開発では必須言語のほかにGoogleが開発したGo言語、Javaとの親和性が高く、習得者が少ないScalaのエンジニアは高報酬が期待できます。

エンジニアの年収が低い理由

ITエンジニアの平均年収はいかがでしたでしょうか。

思ったいたよりも少ない、と思う人が多かったのではないかと思います。
なぜ、エンジニアはニーズが高く、専門性が求められるのに年収が低いのでしょうか。
その理由について解説していきます。

  • エンジニアは労働時間が長い
  • 年功序列型の日本企業

エンジニアは労働時間が長い

原因の一つに、エンジニアの労働時間の長さがあげられます。

先ほどITエンジニアの年収を様々な角度が見てみましたが、他の業種よりは平均年収は高く、低いとは言えないでしょう。

しかし、エンジニアは慢性的に残業が多くブラック企業などと言われる企業も少なくありません。
いまでこそ減りましたが、ひと昔前は徹夜も当たり前の業界です。
働き方改革といった政府の方針もあり、大手企業は残業を減らすような動きもありますが、まだまだ残業の多い世界です。

そのため、労働時間と比べてもらえる対価が少ない、という人が多いようです。

参考までにエンジニアの平均年収を時給換算した場合の表を載せておきます。

年収 400万 年収 500万 年収 600万 年収 700万
8h勤務 2083円 2604円 3125円 3645円
10h勤務 1667円 2083円 2500円 2916円
12h勤務 1389円 1736円 2083円 2430円
13h勤務 1282円 1602円 1923円 2243円

年功序列型の日本企業

次に、日本の年功序列型を基準とする評価制度も原因の1つです。

会社へ入社した初年度はみなさん給与が低いはずです。同期入社の人間であれば給与はほぼ等しいでしょう。これはどの業界でも変わりません。

しかし、1年経ち、3年、5年と時間が経過するとスキルにばらつきが現れます。適性もありますが配属される現場や本人の努力の影響でエンジニアとしてのスキルに差が出てきるのです。

それでも同期の人間であれば給与は大きな差がでない、というのが日本の会社です。
なぜなら、ずっと年功序列型の評価精度を取り入れているからです。

そのため優秀なエンジニアでも入社年数が少ないと実力に見合った給与がもらえない、という現実があるのです。

エンジニアとしての年収を上げるためのキャリアパス

エンジニアが労働時間や実力に見合った年収がもらえない理由はご理解頂けたでしょうか。

では、エンジニアが年収をあげるためには我慢して待つしかないのか、というとそんなことはありません。
正しいキャリアパスを進んでいけば年収をあげることができます。

ここでは、どのようなキャリアパスを経ていけば年収が上がるのかを解説します。

  • 今の会社で経験を積む
  • 転職する
  • フリーランスになる

今の会社で経験を積む

現在、エンジニアとして働いているなら、今の会社でとにかく経験を積むことです。

プログラマーからSEまで経験し、少なくとも1つのプロジェクトを完結させましょう。
エンジニアはスキルや経験が重視される仕事です。まずはスキルをつけて、自分の価値を高めてください。

資格取得や、ITスクールに通って業務で経験できない言語の経験を積むこともプラスになります。
仕事だけでなくプライベートの時間を自分に投資してください。

また、もし今の会社でより実践的な開発やSEの仕事をやらせてもらえる見込みがないようでしたら、給与アップは考慮せずに他の会社へ転職することも検討しましょう。

転職する

今の会社である程度の経験を積んだら、より高い給与を支払ってくれる会社へ転職しましょう。

さきほど説明したように、日本の会社は年功序列型の評価を採用しているところが多く、
必ずしもスキルに見合った年収をもらえるとは限りません。

最低3年のスキル経験を積み、スキルと自信を身に付けたらより高い給与を支払ってくれる所へ転職するために転職活動を始めましょう。

自分で探すこともできますが、転職エージェントなどを活用すると便利です。

自分の経歴と希望年収などの条件を提示して、エージェントに相談しながら自分の希望に合う会社を見つけてください。

フリーランスになる

あらゆる工程を経験し、顧客との交渉などもできるまで経験を積んだら、思い切ってフリーランスとして独立する、ということも検討してください。

高い給与を支払ってくれる会社へ転職できたとしても、会社員である限り限界があります。
より多くの収入を得るには、フリーランスになり、自分で仕事を受注する方がより多くの報酬が期待できます。

デメリットとしては安定した収入が見込めないことです。
会社員であればたとえ希望通りでないとしても毎月決まった金額が入ってきますが、フリーランスの場合はそうではありません。仕事ができないと判断されれば、契約を打ち切られてしまいます。

手前味噌ですが、弊社サービス「ITプロパートナーズ」では、エンジニアの方向けにフリーランスの案件をご紹介させて頂いております。

「フリーランスになることを検討しているけど、フリーランスになっても仕事がなかったらどうしよう。すぐに打ち切られたらどうしよう」と悩んでいる方は一度ご相談ください。

エンジニアとして年収1000万円を稼ぐために必要なスキル

スキルのあるエンジニアであれば年収1,000万円も夢ではありません。
実際に1,000万円以上の年収を稼いでいるエンジニアは多くいます。

1,000万円稼げるエンジニアは、そうでないエンジニアと比較して何が優れているのでしょうか。

ここでは、エンジニアとして1,000万円稼ぐために必要なスキルについて解説していきます。

  • 設計から運用までの経験値
  • ニーズのある言語の習得
  • 対人コミュニケーション

設計から運用までの経験値

まずはエンジニアとしての経験値が必要です。

SIerの場合、設計から運用などシステムが生まれ、実際に稼働し、日々のメンテナンスやフォロー、そして機能向上(エンハンス)の対応など一通りの経験はあった方がいいでしょう。

一通りの流れを経験することで各フェーズで起こりうるリスクや要求などを予測し、対応することができるようになるからです。
Webエンジニアの場合も同様で、事業設計から開発、PMなどあらゆるポジションをこなせるフルスタックエンジニアが重宝されます。

どんなに優秀なエンジニアでも限られた工程しかできない人はフリーランスとして独立しても安定した収入を得るのは難しいかもしれません。

逆に、多くの工程をハイレベルでこなせる人材であれば、年収1,000万円を得ることも十分可能でしょう。

ニーズのある言語の習得

次に、IT業界でニーズのある開発言語を習得していると1,000万円以上かせぐことも可能です。

IT業界の進化は早く、次々に新しいツールや開発言語が生まれていきます。
その中でも現場で利用されることが多く、かつ習得者が少ない言語が扱えるエンジニアは高待遇で現場に迎えられます。

最近ではGo言語やSCalaなど、比較的新しい言語でのエンジニアが求められています。

企業勤めだと年収1,000万円は難しいかもしれませんが、フリーランスとして活躍できれば、間違いなく年収は1,000万円を超えるでしょう。

対人コミュニケーション

対人コミュニケーションも大事な要素です。

クライアントやプロジェクトメンバー円滑にコミュニケーションをとるためのスキルは重要です。

エンジニアはクライアントから要望や問題点をヒアリングし、それを解決するためのシステムを提案します。

相手の話を聞き取る能力、問題点の解決策をわかりやすく説明するための能力が必要です。

クライアントの要望との食い違いがあると修正するための多くの工数がかかり、赤字を生み出してしまうことも少なくありません。

それらステークホルダーと柔軟にコミュニケーションを重ね、多くの人から認めてもらえるようになることで、役職が上がったり、あるいは独立に繋がります。

まとめ:エンジニアとして年収1000万円を目指すならフリーランスになろう!

エンジニアの年収の実態と年収をアップさせる方法について解説してきました。

近年、IT業界は慢性的な人不足に悩まされています。
IT業界は今後も拡大を続けると見られ、エンジニアのニーズはますます増えるでしょう。
仕事ができるエンジニアであれば高い報酬を支払っても欲しいという企業は少なくありません。

エンジニアとしてのスキルを磨き、あなたを高く評価してくれる企業へ転職しましょう。

いずれはフリーランスとして独立して自由な働き方と年収1,000万円を獲得することも可能です。

あなたがエンジニアとして活躍し、理想のライフスタイルを手に入れることを心より願っています。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!