ゲームプログラマーの年収は高い?低い?年収1,000万以上を目指す方法から案件情報までを紹介

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

それではここからはプロの目線としてフリーランスに役立つ情報をお伝えしていきます。

今回は、ゲームプログラマーとして稼ぐために必要なスキルや資質についても紹介しています。ゲーム業界は近年需要が高まっている業界なので、スキル次第では1000万円以上稼ぐことも可能です。しかしそのためには実績を積まないと難しいもの。

そこで、この記事ではプログラマーとして1000万円を稼ぐために必要なことについても触れています。ぜひチェックしてみてください。

ゲームプログラマーの平均年収

ゲームプログラマーの収入は、どれくらいなのでしょうか。実際の収入は年齢や業種によっても異なります。ということでここからは、プログラマーの年収について紹介していきます。平均の年収はもちろん、年齢別・業種別の平均年収にも触れているので、チェックしてみてください。

  • ゲームプログラマー全体の平均年収
  • 年齢別のゲームプログラマー平均年収
  • 業種別のゲームプログラマー平均年収

ゲームプログラマー全体の平均年収

ゲームプログラマーはゲームの開発に関わる仕事で、日々トライアンドエラーを繰り返しながら誰もが楽しめるゲームの作成に注力していきます。ゲームプログラマーになるにはコンピューターの専門知識が必要ですし、スキルが重要視される仕事です。それゆえ、ゲームプログラマーの年収は比較的高い傾向にあります。

年収にすると大体440~500万円ほどが平均的な額。駆け出しのプログラマーなどは比較的低く、300万円ほどの場合もありますが、経験やスキル、実績を積んでいる人は700万円ほどもらうことも可能です。

上記のことからもわかるように、ゲームプログラマーと言っても得られる収入はスキル次第になることが多いです。勤務先によっても必要なスキルは違ってきますから、就活の際の会社の選び方も重要になるでしょう。あとは自分がどのようなポジションの仕事を任されるのかということでも報酬額は変わってきます。自分の能力を最大限に生かせるような職場を探すことが大切なのです。

また、会社の規模もゲームプログラマーの収入を左右するポイント。やはり大手の企業に勤めていれば比較的得られる報酬も高いですし、その逆もしかりです。まずは小さな企業で実績を積んで、大手の企業に転職をすると効率的にステップアップできるでしょう。

年齢別のゲームプログラマー平均年収

ゲームプログラマーは年齢によっても平均年収が変わってきます。若手の駆け出しの人はやはり金額が安くなりますし、スキルを磨くことで40代からは収入も増えやすくなります。以下に簡単に年代別の収入例を紹介しているので、チェックしてみてください。

・35~39歳→300~400万
・40~44歳→340~500万
・45~49歳→400~500万
・50~54歳→450~550万

上記を見ると、もっとも収入が増えやすいのが40代~50代となっています。30代はスキルも少ないので少ない一方、60代以降も比較的年収は下がる傾向にあるようです。ただ、スキルはずっと生かせるものなので、大きなプロジェクトなどを経験すればさらに収入は増えやすくなるでしょう。

業種別のゲームプログラマー平均年収

プログラマーの年収は、年齢だけではなく業種によってもさまざまです。ゲームプログラマーと言っても主に4つの業種に分けられるので、それぞれ年収を見ていきましょう。

例えばゲームメーカーに勤めている場合には、480万円ほどが相場となっています。また、ゲームの開発会社に勤務の人の平均年収は450万円ほどです。

そしてゲームというのは、パッケージ版のものだけではありません。スマホゲームを作成しているメーカーは年収が460万円、スマホゲームの開発会社で年収440万円が平均的な給与となっています。

ゲームプログラマーの面白いところは、開発時にさほど給与がもらえなくても、作成したソフトやアプリがヒットすればさらに上乗せで給与をもらえるようになるということ。特にスマホアプリの場合にはパッケージ版のゲームとは異なり、アップデートを何度も重ねることが可能。そのため、アップデートのたびに収入を増やすことが可能なのです。

また、ゲームメーカーは大企業であればあるほど、さらにもらえる収入が増えます。以下に主要なゲームメーカーの年収をまとめてみたので、こちらもチェックしてみてください。

・任天堂→750~880万
・GREE→720~780万
・cygames→710~730万

任天堂など大手のゲーム会社になると、ゲームプログラマーの平均年収を大きく上回る額の報酬を手にすることができます。大企業は中小企業と比較して年収が多い傾向になるので、小さな会社で最初に実績を積んだら、転職するのもアリでしょう。また、大企業ではヒットしたソフトがある場合ボーナスで還元されることもあります。

業種によってゲームプログラマーの平均年収が違う理由は?

ゲームプログラマーの年収というのは、業種によって大きく変わることもあります。では、それはなぜなのでしょうか。

理由①:ソーシャルゲーム業界はバージョンアップできる

ソーシャルゲーム業界とコンシューマーゲーム業界では、得られる年収の平均にやや差があります。ということで比較を以下にまとめてみました。

・ソーシャルゲーム業界は350~450万
・コンシューマーゲーム業界は300~400万

ゲームといえば一昔前までは、コンシューマーゲームというものが主流でした。ソフトを専用のゲーム機に挿して使うものですが、こちらは発売の時点でパッケージ化されているので、その後手が加わることは基本的にありません。ヒットしてしまえばいいのですが、万が一鳴かず飛ばずの場合には、会社の業績にも響いてしまいますし平均収入も上がりにくいのです。

一方のソーシャルゲームは基本的にスマホアプリなどなので、どんどん手を加えて改良していくことができます。最初は売り上げがイマイチでも、レビューなどを参考にバージョンアップしていくことでユーザーの満足度が上がって収益が増えることも多いのです。

そのため、ソーシャルゲーム業界では増えた利益をそのままボーナスとして還元してくれることもあります。コンシューマーゲームの場合にはボーナス還元も起こりにくいので、比較的収入は低くなってしまうのです。

理由②:業種によって必要なプログラミング技術が違う

ゲームプログラマーは、担当ごとに仕事内容が分かれています。担当する仕事によって学ばなけらばならないプログラミング言語も異なるので、常に学ぶ姿勢が大切です。

ゲームプログラマーの仕事としてはまず、プログラミング言語を駆使してシステムやソフトウェアを作り上げていくというものがあります。また、エンジニアが作った仕様書の通りにシステムが動くかどうかを検証するのもプログラマーの仕事です。毎日パソコンと向き合いながら、トライアンドエラーを繰り返していく気の遠くなるような作業もあります。

また、ゲームのユーザー満足度を下げてしまう「バグ」を事前に発見するのもプログラマーの仕事です。何度もゲームを試行しながらスムーズに作動するかどうかということをチェックしていく仕事なのです。

プログラミング言語は基本的に1つづつコツコツ覚えていくことになります。最初は未経験でも一つ一つこなしていくことでスキルはついてくるので、まずは実績作りを目標に進めていきましょう。

ゲームプログラマーが年収1000万円を稼ぐために必要なスキルセットと経験

ゲームプログラマーとして年収1000万円以上稼ぐことは、不可能ではありません。しかしこれを達成するためにはスキルや経験を磨かなければならないので、以下をチェックしてみてください。

  • 必要なスキルセット①:実務経験で5年以上のスキルを磨く
  • 必要なスキルセット②:マネージャーを経験する
  • 必要なスキルセット③:フリーランスとしてあらゆる案件を経験する

必要なスキルセット①:実務経験で5年以上のスキルを磨く

まず、プログラマーは経験がものをいう仕事です。そのため、まずはスキルを積むことを目標に仕事をしていきましょう。プログラマーを募集している会社は即戦力を求めている場合が多いので、スキルや実績が豊富だと、需要が高まります。反対に言えば、実績がないとなかなか採用されにくいので、まずは技術を身につけることが大切です。

とはいえ独学でゲームプログラマーのスキルを磨くのは難しいもの。小さなゲーム制作会社であれば未経験でも募集しているところがあるので、まずはそこで実務の経験を積んで、プログラマーとしての実績を作ると良いでしょう。

プログラマーとしての修行期間は、少なくとも5年以上あるのが理想的。5年以上の実績を積んだら、いよいよ満を持して転職を考える時期です。実績が豊富であれば大手の企業への再就職やフリーランスとして活躍する事も視野に入れることができます。

必要なスキルセット②:マネージャーを経験する

ある程度経験を積むことができたら、今度は現場での実務作業ではなくマネージャーとしての仕事をするのがおすすめです。ゲーム会社のプログラムマネージャーというのはゲームの施行をするエンジニアとは違い、プロジェクトやシステムを実行する上でのトップの役割を持つのこと。全体を見ながら作業をしていくことになるので、責任感が必要な仕事です。

プログラムマネージャーはやはり実務に関する知識や経験も必要なので、やはり実績を積んでノウハウを学んでいく必要があります。また、他のプログラマーの仕事を管理して把握しまとめていく必要があるので、リーダーシップや統率力というものも大切な資質となります。ある程度実務経験を積んでからプログラムマネージャーを経験することで、さらなるスキルアップにもつながります。

プログラムマネージャーになると、通常のプログラマーと比較して年収はぐっとアップ。平均年収は800~900万円となり、実績やスキル次第では1000万円の収入を得ることも可能です。

もちろんプログラムの責任者となるので責任は大きくなりますが、その分報酬が増えるので機会があれば是非経験してみましょう。ミクロで見る現場のプログラマーと、マクロで見るマネージャーの仕事を兼任することでより大きな実績につながります。大企業はマネージャー経験のある人を求めているところも多いので、転職の際にも有利です。

必要なスキルセット③:フリーランスとしてあらゆる案件を経験する

会社で一定の実務経験を積んだら、いよいよフリーランスとして独立するのも手です。フリーランスの方が会社に勤めているよりも高い収入を得やすくなるので、1000万円を目指すのであればフリーランスを最終目標とするのも一つのキャリアアップでしょう。

とはいえフリーランスといっても、いきなり独立をしてすぐに仕事がもらえるわけではありません。最初は思うように仕事がもらえずに、収入も不安定になることがあります。そのため、フリーランス専門のエージェントをうまく活用して安定的な収入を得る技術も身につけてください。

フリーランスは、自分の好きなように仕事を選ぶことができるのも大きなメリット。さまざまなジャンルの案件をこなしていくことで、対応できるジャンルも広がるので、クライアントからの需要も高くなります。

独立したての頃はうまく仕事を手に入れることが難しいので、会社員のプログラマーとして働いている間に、いろいろなところで人脈を作っておくことがおすすめです。人脈さえできていれば、独立後にも仕事を紹介してもらうことができます。

大口の案件を複数こなしていくことができるようになれば、収入も安定して生活の面でも不安はなくなるでしょう。それまでに不安であれば、他の仕事と兼任しながらフリーランスとしての仕事をする覚悟も必要です。

手前味噌ですが、弊社サービス「ITプロパートナーズ」では数多くのゲームエンジニア向けフリーランス案件・求人を取り扱っています。もしご興味のある方はご相談ください!

年収800万円〜1,000万円以上のゲームプログラマー求人・案件

このトピックでは、実際に弊社「ITプロパートナーズ」で公開しているゲームエンジニア向けフリーランス案件・求人をもとに、年収800万円〜1,000万円の案件がどのような種類なのかについて確認していきましょう。

【リモート可/年収800万円】ゲーム開発PM案件・求人

スクリーンショット 2020-12-29 14.49.08
  • 週稼働日数:5日
  • 想定稼働時間:160時間
  • 想定月収:〜¥700,000

【リモート可/年収900万円】ゲーム開発Unity案件・求人

スクリーンショット 2020-12-29 14.50.00
  • 週稼働日数:5日
  • 想定稼働時間:160時間
  • 想定月収:〜¥800,000

【週3日/リモート可/年収1,000万円以上】xR(VR/AR/MR)開発デバイスエンジニア募集案件・求人

スクリーンショット 2020-12-29 14.50.53
  • 週稼働日数:3日
  • 想定稼働時間:96時間
  • 想定月収:〜¥900,000

弊社「ITプロパートナーズ」では、他にも年収800万円〜1,000万円を超える案件を数多く取り揃えております。興味のある方はぜひご相談ください!

2020年以降のゲームプログラマーの今後の将来性は?

ゲームプログラマーはゲームを作る仕事です。ゲームは娯楽のためのものだし、正直将来性はあまりないのではないかと考える人もいます。では、2020年以降のゲームプログラマーの収入というのはどのようになっていくのでしょうか。

ゲームは単なる娯楽のためのものという考えは、少し古くなってきています。近年ではオリンピックに向けたeスポーツというのも白熱してきていますし、ゲームに対する注目度が上がってきているのです。

また、2015年3月にGoogle Playで販売されたアプリのタイトルは、年間18,388本となっています。1日あたり平均50本のゲームがリリースされていることになるので、それほどに需要があるということです。

そして単なるゲームではなく、VRやARという技術を使ったゲームも多数開発されておりさらなる発展を見せています。機械学習(ディープラーニング)などというシステムを組み込んだゲームなども登場し、さらにゲームのジャンルや幅が広がっているのです。こうした技術の発展とともに、プログラマーにさらなる技術力やアイディア力が求められています。そのため需要も増え収入も上がりやすい傾向にあるのです。

また、ソーシャルゲームの場合には、スマホのスペックが今後高まることで、さらにできることが増えゲームのシステムも増やしやすくなります。開発チームを大規模化し、50人ほどで数年にわたって大きなゲームプロジェクトを実行しているところもあるので、ゲーム業界の将来性は明るいでしょう。

まとめ:ゲームプログラマーとして年収1,000万円を目指そう!

今回は、ゲームプログラマーの平均年収について紹介してきました。ゲームプログラマーは実績を積んで独立することで、年収1000万円を目指すことが可能です。ただそこまで到達するためには、会社に勤めて一定の実績を積むことが必要となります。

プログラマーの仕事と言ってもいろいろなものがあり、担当する仕事によって必要なスキルも変わってきます。まずは自分の得意を見つけて、それを活かせるような仕事を選んでいくと良いでしょう。

ゲームの分野は需要が高まっているので、スキル次第では大きな収入を得ることも可能です。大手企業に就職すればボーナスなども期待できますし、自信がついたらフリーランスとして独立するのもアリです。専門のプログラミング用語などもあるので、しっかり勉強をして、ゲームプログラマーとして年収1000万円を目指しましょう!

手前味噌ですが、弊社サービス「ITプロパートナーズ」では数多くのゲームエンジニア向けフリーランス案件・求人を取り扱っています。もしご興味のある方はご相談ください!

スクリーンショット 2020-07-30 15.22.51

■ ITプロパートナーズの特徴

  • 週2やリモートOKの案件多数
  • 取引企業数2,000社以上!有名ベンチャーや有名大手の高額案件多数
  • 高等技術、最新技術案件あり
  • 専属エージェントによるサポートあり
  • ITプロトータルサポートで所得補償(休業保険/フリーランス協会)・確定申告代行あり

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken