【2019最新】Rubyエンジニア求人・転職情報まとめ!稼げるか調査!

Handsome concentrated young man with beard working with blueprint using ruler and pencil in office
freelance

プログラマーとして活躍しようと考えている人にとっては、やはり自分が主軸として扱っている言語の需要や収入、今後の展望が気になるかと思います。
今回は数あるプログラミング言語の中でもRubyエンジニアさん向けに、Rubyエンジニアの転職事情をご紹介します。

Rubyエンジニアの需要ってあるの?

Web系システムの開発として利用される事の多いRubyですが、今後も需要は増えていくと考えられています。
まずは何と言っても「Ruby on Rails」というフレームワークの登場によって、よりWebアプリケーションの開発コストが下がったというのが大きな理由の1つとして挙げられます。Ruby自体が多言語と比べてコード数自体が短くシンプルに書ける特徴を持っているため、会社などチームで開発する事の多い場面では特に優秀な言語の1つとして有名です。なので元々Rubyを使って開発したいと考えていた企業としてはこのフレームワークの登場は非常に大きな転機になったのです。
このフレームワークの登場によってRubyの開発が容易になり、そして純粋なWebサービスの開発だけでなくゲームのプラットフォーム開発などにも活躍の幅を広げたので、需要はまだまだこれからも増えていくと言えます。
Rubyエンジニアの需要は多いのに、まだまだエンジニア自体の数が少ないです。なので転職を考えている人はまず色んなサイトで情報を集めるようにしましょう。Rubyエンジニアを求めている企業は国内に限らず国外でも多いですよ。

Rubyエンジニアの求人情報

Rubyは基本的にWebに特化されたプログラミング言語なので求人に関してもWebサービスの構築やソーシャルゲーム開発などが多いです。しかしそれ以上に気を付けておくべき事は「Ruby on Rails」が主流になっているという事です。
開発のコストを大幅に下げるとして一躍Rubyの名を上げた功労者でもあるフレームワーク「Ruby on Rails」はどの案件でもまず間違いなく利用されます。仮にこのフレームワークを使わない案件だったとしても、しばらくしてからRailsへの移行を依頼される事も十分にあり得ます。なのでRubyエンジニア募集という求人があればそれは「Ruby on Rials」の求人と同義という事を覚えておきましょう。
求人情報サイトは数多くありますし、Ruby案件の求人ももちろん多いです。中にはRuby案件に強い求人サイトやフリーランス向けの仕事紹介サイトもあります。企業で正社員として働くだけでなくフリーランスとして活動する事も視野に入れておきましょう。安定して仕事を受けられるようになるにはそれなりの経験と知識が必要ですが、フリーランスとして活動した方が収入は多くなりやすい傾向があるので、経済的な面もちゃんと調べて求人情報を探すようにしましょう。

Rubyエンジニアの年収ってどれくらい?

Rubyエンジニアの平均年収はここ数年で伸びてきていて2016年のデータでは平均年収が600万円を超える事もありました。これは多言語と比較した場合、Python、Perlに次いで第3位の数字となっています。
「Ruby on Rails」というフレームワークの登場もあって、Rubyの知名度が上がってきていて需要が高まっているという事で、年収にも影響が出てきているのです。
そしてそれまではあまりRubyを専門として扱っているプログラマーも少なかった事もあって、まだまだRubyエンジニアが不足していると言う背景があります。平均年収が高くなってきているのはこれら2点の影響が強いと考えられています。
特にエンジニア不足における影響が強く、例えばアメリカではRubyを扱うエンジニアの年収が1000万円を超えるというデータもありました。これは優秀なRubyエンジニアを高待遇で確保しておきたいという流れが日本だけでなくアメリカでも浸透しているからです。実際に日本でも年収900万円のエンジニアが結構な割合でいると言われています。
特に平均年収が高いエンジニアはフリーランスで仕事を受注している事が多いです。というのもフリーランス支援サイトで紹介されている案件の方が1件当たりの単価が高いからです。月に100万円という高額報酬の案件もあるので、転職を考えている場合にはフリーランスも視野に入れておきましょう。
こういった背景があるので今後数年はまだまだRubyエンジニアの年収が高くなるのではと言われています。転職を考えているのであれば、やはり給料についても良く調べておきましょう。Rubyエンジニアは引く手数多ですよ。

まとめ

Rubyエンジニアは近年特に需要が高まってきていて、平均年収も上がり始めています。優秀なフレームワークの登場の影響と、優秀なエンジニアの数が足りていないという事情があるので、この状態は今後もまだまだ続くと考えられます。
これからRubyエンジニアとして転職を考えている場合は、正社員として活動する事以外にもフリーランスとして活動する事も視野に入れておいて損はありません。高い技術力と知識が必要ではありますが、少なくともすぐに仕事に困る様な事にはならないはずですので、安心してRubyエンジニアとして活動していってください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。