システムエンジニアの平均年収は?20代・30代などseの世代別年収も調査!

SE(システムエンジニア)の平均年収は550万円【最新情報】

 

こんにちは。ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

「システムエンジニアの年齢別の平均年収」や「企業の年収ランキング」など、seはどれくらい稼げるのか?気になっている方も多いと思います。

そこで、この記事ではseの年収情報について分かりやすくまとめました。

「今の自分は他のSEの平均年収よりも稼げているのか?」
「これからseになったら年収はいくら稼げるのか?」

など気になる年収事情をチェックしてくださいね。

freelance

システムエンジニアの年収平均

年度 SEの平均年収 全職種の平均年収
最新年度 550万円 432万円

参照:平均年収.jp

システムエンジニアの現在の平均年収は550万円です。

システムエンジニアはスキルや勤め先によって年収の開きも大きい職業です。

他の職種と比べても年収は68万円高く、現代の企業からのニーズは多く人気の職種です。

se以外のエンジニア職の年収について知りたい方は下記の記事をチェックしてくださいね!

【年収が高いITエンジニアは知っている?】年収を上げる方法はこれだ!

2015.12.24

システムエンジニアの年齢別年収(20代・30代・40代・50代・60代)

年齢 平均年収 平均月給 ボーナス
20~24歳 313.5万円 19.6万円 78.4万円
25~29歳 390.5万円 24.4万円 97.6万円
30~34歳 429.0万円 26.8万円 107.3万円
35~39歳 489.5万円 30.6万円 122.4万円
40~44歳 550.0万円 34.4万円 137.5万円
45~49歳 616.0万円 38.5万円 154.0万円
50~54歳 660.0万円 41.3万円 165.0万円
55~59歳 654.5万円 40.9万円 163.6万円
60~65歳 445.5万円 27.8万円 111.4万円

参照:平均年収.jp

システムエンジニアの年収は、5年間隔で約30〜60万円のペースで上がって行きます。

20〜24歳から25〜29歳のタイミングで年収が77万円UPと最も上がっています。

年収のピークは50代後半で、現場職から管理職などになると年収も上がるようです。

SEとして年収を上げていきたいなら、システムエンジニアをまとめる管理職を目指すのが良さそうです。

システムエンジニアの初任給

項目 SEの平均初任給 全職種の平均初任給
初任給 21万円 19.5万円

参照:はじめてのSE転職

システムエンジニアの初任給は、他の職種と比較しても1.5万円ほど高くなっています。

システムエンジニアはスキルの求められる職業ですが、未経験から募集して育成している企業も多いので初心者でも就職は可能です。

また、スキルの高い学生を年収1,000万で採用する企業なども出てきているので、高スキルのエンジニは高い年収をもらえる確率が高いです。

システムエンジニアの女性・男性別の年収

SEの女性・男性別の年収について見ていきます。

女性SEの年収

年齢 年収 月収 ボーナス
20~24歳 283.5万円~313.5万円 19.6万円 78.4万円
25~29歳 340.5万円~342.4万円 21.4万円 85.6万円
30~34歳 329.0万円~392.6万円 24.5万円 98.1万円
35~39歳 385.5万円~406.3万円 25.4万円 101.6万円
40~44歳 429.0万円~456.5万円 28.5万円 114.1万円
45~49歳 494.0万円~511.3万円 32.0万円 127.8万円
50~54歳 550.0万円~547.8万円 34.2万円 137.0万円
55~59歳 544.5万円~543.2万円 34.0万円 135.8万円
60~65歳 345.5万円~543.2万円 23.1万円 92.4万円

参照:平均年収.jp

女性のシステムエンジニアは、男性よりも年収がやや落ちます。

ただ、一般的な職種の女性よりも年収は高く、稼げる職業です。

また、結婚や出産などで出勤できなくなっても、リモートや在宅などで仕事ができる場合も多く、稼ぎが安定しているのも特徴です。

SEとしてスキルをつけて、出産後も働きたいと考えている女性は多いようです。

男性SEの年収

年齢 年収 月収 ボーナス
20~24歳 441.7万円~ 27.6万円 80.6万円
25~29歳 453.8万円~453.8万円 28.4万円 113.4万円
30~34歳 420.3万円~520.3万円 32.5万円 130.1万円
35~39歳 434.5万円~538.5万円 33.7万円 134.6万円
40~44歳 484.0万円~605.0万円 37.8万円 151.3万円
45~49歳 555.6万円~677.6万円 42.4万円 169.4万円
50~54歳 616.0万円~726.0万円 45.4万円 181.5万円
55~59歳 610.0万円~720.0万円 45.0万円 180.0万円
60~65歳 390.1万円~720.0万円 30.6万円 122.5万円

参照:平均年収.jp

男性のシステムエンジニアは男性の全職種と比べても、年収が高い職業です。

50代を過ぎたあたりから、年収700万円を超える人も多くなってきます。

システムエンジニアの仕事は大変というイメージも強いですが、年収は高いので女性からも人気の職種のようです。

システムエンジニアの年収ランキング(企業)

順位 企業名
1位 野村総研(NRI)
2位 NTTデータ
3位 日本IBM
4位 富士通
5位 NEC

参照:平均年収.jp

上記がシステムエンジニアで高年収が見込める企業ランキングです。

システムエンジニアの年収の高さは、企業の大きさとだいたい比例しています。

そのため、今よりもSEとして年収を上げたい場合は、大企業へ転職するのが良さそうです。

システムエンジニアが年収1,000万を目指す方法

システムエンジニアで年収1,000万円を目指すには下記の方法があります

  • 最先端のスキルを持つ
  • マネジメント能力を身につける
  • フリーランスや起業する

年収1,000万円以上稼ぐための具体的な方法について詳しく見ていきましょう。

1.最先端のスキルを持つ

最先端の専門スキルを持っている、システムエンジニアは年収が高い傾向にあります。

そのため、年収1,000万以上を目指すなら「今世の中でどのような市場が伸びていて、そこにどこようなSEのスキルが求められるのか?」を考ると良いでしょう。

また、外資系IT企業なども年収1000万を超えてくる事が多いです。

2.マネジメント能力を身につける

システムエンジニアで年収1,000万を超えるのは、CTOやリーダーなどマネジメントスキルも求められる職種です。

高いコミュニケーション能力も求められるので、SEの中でも希少性が高くなり企業からの需要も高くなります。

システムエンジニアとして年収1,000万円以上を目指すなら、スキルとコミュニケーション能力(マネジメントスキル)を高めることをおすすめします。

3.フリーランスや起業する

フリーランスSEになったり、システムエンジニアの会社を起業するのが、年収1,000万を目指すので最もわかりやすい方法です。

会社員としての給料は自分ではなかなかコントロールできないため、いつ年収1,000万円を超えるのかもわかりづらいです。

それに比べ、フリーランスなど個人で仕事をしている場合は、受注した仕事の利益は自分のものになります。

案件ごとの単価と件数を計算すれば、年収1,000万円越すための計画も立てやすいです。

フリーランスとして年収1,000万以上稼ぎたい人は下記から案件を確認してくださいね。

システムエンジニアで年収1,000万円以上稼ぐ詳しい方法を知りたい方は下記の記事に書いてあります。

ぶっちゃけエンジニアで年収1000万円は実現できるんですか?

2015.12.10

まとめ:システムエンジニアの年収は平均より高い

システムエンジニアは他の職種と比べても年収が高いです。

SEは企業からのニーズも高く、スキルを身につけておけば仕事がなくなる可能性も低いです。

また、自分でも仕事がしていける職業なので、年収1,000万円以上稼ぐことも現実的です。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance