【なんで?】IT技術者が不足している本当の理由について

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。

まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

それではここからはプロの目線としてフリーランスに役立つ情報をお伝えしていきます。

私たちの生活を豊かにするITのシステムや技術の発展の裏で、今IT技術者の人材不足が問題となっています。

働き手となる人材が不足しているため、プロジェクトがギリギリの状態で進んだり、実現可能な事業が頓挫したりといったことも増えているのです。

そのため中には、「わざわざ人の不足しているIT業界に入って苦労することはない」と考えてしまう人がいるかもしれません。

また、「IT業界=斜陽業界」という認識を持ってしまう人もいるでしょう。

しかし、IT技術者の人材が不足している本当の理由を知ると、IT業界が決して先行き不安な業界でないことがわかります。

むしろITの人材不足の叫ばれている今が、スムーズに業界に入れるチャンスかもしれません。

この記事では、IT業界が人材不足に陥っている本当の理由を紹介します。

IT業界の今後と自分自身の将来を考えるためにもこちらを参考に現状を確認してみてください。

freelance

IT人材が不足してるって嘘?本当?

結論から言うと、IT業界の人材が不足していることは本当です。

むしろ現在の状況よりも、将来的な人材不足の方が深刻化する恐れもあります。

まずは以下から、2020年のIT業界と2030年のIT業界における人材不足について解説します。

  • 2020時点でのIT人材は30万人以上不足している
  • 2030年にはIT人材不足はもっと深刻に

2020時点でのIT人材は30万人以上不足している

2020年時点の試算では、ITの人材は30万人以上不足しているとされています。

需要に対して人材は集まらないために、多くの企業が少ないリソースでの事業を強いられているのです。

しかもこの数値は、過去と比べて増加しているという問題も。

経済産業省の行った2016年の調査「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」では、2015年時点でのIT業界の人材不足は約17万人とされていました。

それがいまや30万人を超える規模で不足しているということから、人材が集まらない問題は改善どころか悪化していると言わざるをえません。

2030年にはIT人材不足はもっと深刻に

経済産業省の調査した2019年の「IT人材需給に関する調査」によると、2030年には最大で約79万人もの規模でIT技術者が不足するとされています。

単純計算で現在の2倍以上の人材が、ITの現場に足りないという事態が起こるかもしれません。

この規模になると解消することはより難しくなり、慢性的な人材不足が今後も続いていく可能性も考えられます。

このように政府の調査でもITの人材不足は問題視されていて、現状の改善と将来への支援が望まれるでしょう。

IT人材が不足している5つの理由

IT人材が不足していることには、大きく5つの理由があると考えられます。

どのような理由があり、それは今後改善可能なのかどうかをチェックしてみましょう。

  • 理由①:IT技術者の高齢化
  • 理由②:IT市場の拡大
  • 理由③:ITの仕事にもたれているネガティブなイメージ
  • 理由④:IT技術の進化するスピードの速さ
  • 理由⑤:割りに合わない年収の低さ

理由①:IT技術者の高齢化

ひとつ目の理由は、IT技術者の高齢化です。

現在働いているIT技術者の高齢化が進んでいるため、定年退職などによって現場から人が去ってしまうという事態が起きています。

ただでさえ少ないIT技術者が減少していることから、人材不足はより深刻化しているのです。

また、高齢化に加えて日本は少子化の問題も抱えているため、退職していく人と新しく入ってくる人のバランスが取りづらい現状も拍車をかける原因でしょう。

そういった人材の高齢化と少子化の問題は、IT技術者の不足を進行させる大きな原因です。

理由②:IT市場の拡大

IT市場が年々拡大していることも、結果的に人材不足になる理由になっています。

ITの技術を使う事業や業界は数多く、いまや全く関係のない事業の方が少ないと言えるでしょう。

その市場拡大に人材の供給が追いついていないために、IT業界の技術者不足の問題がより大きくなってしまうのです。

近年はIoTやAIなど新たな分野の開拓と発展も進んでいて、その市場規模はまた広がりを見せています。

しかし人材の供給状況は変わっていないために、今後も人の不足に悩む企業が増えることになるでしょう。

市場の拡大がメリットばかりにならない点は、IT業界特有の問題になっています。

理由③:ITの仕事にもたれているネガティブなイメージ

ITの仕事に根付いてしまったネガティブなイメージの存在も、人材不足の原因になっています。

いわゆる「新3K」と呼ばれる「きつい」「厳しい」「帰れない」という働き方のイメージが、IT業界に新規で参入する人材を警戒させる理由になっているのです。

人材不足が続いているために、ITの現場もコスト削減に追われてしまい、結果的により厳しくてきつい環境が出来上がってしまいます。

現状がそんな負のスパイラルにあるために、人材不足はより深刻化することになるでしょう。

ITの仕事に持たれているネガティブなイメージをどう払拭するのかが、今後の課題になることは明白です。

理由④:IT技術の進化するスピードの速さ

IT技術の進化するスピードが速すぎることも、人材不足を招く原因になっています。

新しいシステムやアプリは日々誕生・進化していて、IT技術者はそういった変化についていかなければなりません。

日常的に勉強が必要となるため、その努力が困難となって挫折してしまう人も多いです。

勉強の対象となる分野もその進化によって広がっていて、Web、アプリ、クラウドなど、習得していくべきスキルは増えています。

今後も新しいIT革命が起これば、また技術者に負担がかかることになるでしょう。

IT技術の進化のスピードによって、せっかく業界に入ってきた新人が辞めてしまう可能性が高い点も人材不足を引き起こしています。

理由⑤:割りに合わない年収の低さ

IT業界は、仕事の内容に見合わない年収の低さも問題視されています。

大手の企業や波に乗っているベンチャー企業では高待遇も見られますが、まだまだ多くの職場がIT技術者を低賃金で扱う傾向があります。

特にIT業界に途中参戦した別業界の会社や大手企業の下請けをしている会社は、IT技術者の賃金を安く抑えることを当たり前としていることもあるのです。

そういった年収の低さが浮き彫りになると新規でITエンジニアを目指す人は減り、結果として人材不足が加速するでしょう。

しかしながら、IT業界の年収の低さは高単価な案件を紹介するエージェントなどの台頭によって、改善は進んできています。

そのためIT技術者自身が現在の報酬で納得するのではなく、積極的に自分の仕事に見合った賃金を求めていくことが重要になるでしょう。

IT人材が不足している今が活躍のチャンス!

ITの人材が不足しているという現状は、裏返せば自分が活躍するチャンスとも捉えられます。

高単価、好条件の案件は増えてきているので、このチャンスを活用することが今後の飛躍につながるのです。

以下からは、いまだからこそ見つけられる高単価案件について紹介します。

  • 貴重なIT人材!高単価の案件が多い
  • 実際のIT案件情報

貴重なIT人材!高単価の案件が多い

IT人材の不足を受けて、高単価案件はどんどん増えてきています。

少しでも人材を集めようという企業側の思惑があるため、高単価の案件は決して珍しいものではなくなってきているのです。

高単価の案件を主軸に転職や副業が可能なので、これからIT技術者としてキャリアを積んでいきたい人にもチャンスとなっています。

有効求人倍率も高く、自分に合った仕事を見つけやすいという特徴もあります。

自分の求める職場環境やキャリアプランがある場合にも、希望が叶う仕事を見つけやすくなるでしょう。

このように人材不足は、IT業界で働きたいと考えている人にとっては追い風になっています。

まずはどのような高単価案件があるのかを確認して、実際にIT業界で働くときのビジョンを持ってみましょう。

実際のIT案件情報

こちらでは、実際に弊社ITプロパートナーズで掲載しているIT技術者向けの高単価案件をご紹介します。

【週3日からOK!】ドローン事業の案件・求人

スクリーンショット 2020-12-28 18.32.15
  • 週稼働日数:3日
  • 想定稼働時間:96時間
  • 想定月収:〜¥500,000

【高額案件/リモート可】スマホ決済サービスの開発案件・求人

スクリーンショット 2020-12-28 18.33.29
  • 週稼働日数:5日
  • 想定稼働時間:160時間
  • 想定月収:〜¥900,000

【高額案件/リモート可】プロダクト開発におけるエンジニア案件・求人

スクリーンショット 2020-12-28 18.34.10
  • 週稼働日数:5日
  • 想定稼働時間:160時間
  • 想定月収:〜¥1,000,000

弊社「ITプロパートナーズ」では、その他多くのIT・Web系の高単価案件・求人を数多く取り揃えております。ぜひ興味のある方はご相談ください!

まとめ:IT業界の人材不足は求職者にとってのチャンス!

IT業界は人材不足に悩まされていますが、これは求職者視点から見ればチャンスになっています。

高単価の案件が増えてきていて、しかもライバルがまだ多くないので、いまだからこそ魅力的な仕事に就きやすくなるでしょう。

ITの人材不足の理由を知ったなら、その現状をチャンスに変えるための行動を起こしてみることがおすすめです。

手前味噌ですが、弊社サービス「ITプロパートナーズ」では数多くのIT・Web系案件・求人を取り扱っています。もしご興味のある方はご相談ください!

スクリーンショット 2020-07-30 15.22.51

■ ITプロパートナーズの特徴

  • 週2やリモートOKの案件多数
  • 取引企業数2,000社以上!有名ベンチャーや有名大手の高額案件多数
  • 高等技術、最新技術案件あり
  • 専属エージェントによるサポートあり
  • ITプロトータルサポートで所得補償(休業保険/フリーランス協会)・確定申告代行あり

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

「すべらない起業論」編集長であり、エンジニアの起業・独立・フリーランス支援のプロエージェント。大手損害保険会社を経て、I&G Partners(現アトラエ)入社。成功報酬型求人サイト「Green」の立ち上げから関わる。その後、「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を立ち上げる。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

最新記事 by ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人 (全て見る)

freelance

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です