ネットワークエンジニアの年収を飛躍的に上げる方法とは

Close up portrait of pretty young woman gesturing to make silence
The following two tabs change content below.
Rook

Rook

システムエンジニアからWebエンジニアに転身したキャリアとエンジニアマネージャの経験を踏まえ、昨年独立したばかりのフリーランスエンジニア。ITコンサル/IT講師/ITライターをメインに活動しつつ、独立を契機に趣味でプログラミングを再開し、Swiftと格闘中。ブログの最後を名言で締めくくる名言好き。
Rook

最新記事 by Rook (全て見る)

こんにちは。

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。
こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

ネットワークエンジニアの年収の相場といっても、ケース・バイ・ケースです。では、どのような条件に左右されるのでしょうか?

それを知るために、まずはネットワークエンジニアそのものの年収を左右する条件について考えてみましょう。

大手SIerに勤めるネットワークエンジニアを考慮した場合、ネットワークエンジニアの年収を左右する条件は、「経験」「年齢」「役職」「資格」の4つ集約されます。

ネットワークエンジニアとしての経験

ネットワークエンジニアとしての経験は、所属する企業や担当したプロジェクトにより大きく左右されてしまいますが、経験の幅とそこで身につけてきた知識や技術の積み重ねは、ネットワークエンジニアの年収に最も影響します。

ネットワークエンジニアとしての年数

ネットワークエンジニアは通常、キャリア年数に応じて年収は上がっていきます。
必ずしもネットワークえんじにあの年収が、年齢に比例するとは限りませんが、
年代別の平均年収を見ると年齢が上がると返金年収は上がっています。
(参考リンク:DODA 平均年収職種別詳細データより

ネットワークエンジニアとしての役職

企業に所属するネットワークエンジニアの場合、役職や昇進もまたネットワークエンジニアの年収を左右する大きな要因です。

上記の参考リンクにある800万円を超えるような年収は、40代以上である程度の役職に就いていないと、なかなか到達できません。

ネットワークエンジニアとしての資格

Cisco認定資格に限定されますが、「CCNA」「CCNP」「CCIE」の資格取得状況によって年収が変わってきます。

Cisco認定試験概要

参考リンク:資格免許.JP

Ciscoからの文書『日本におけるCCNA, CCNP, CCIE 認定保有者の需要と給与リサーチ 2013』からの参考データが下記の通りです。

cisco

ちなみに「ネットワークスペシャリスト試験」については、企業内での昇給や補助金の取得には役立つかもしれませんが、年収を上昇させるほどのインパクトはありません。

在宅ネットワークエンジニアの場合

上記の中で在宅ネットワークエンジニアの年収を左右する条件は、主に「経験」と「資格」になります。

「資格」については、Ciscoの認定資格は業務担当要件に挙がっていることもあり、案件を受託できるか否かに直結します。

そして「資格」を除けば、「経験」だけがフリーランスや在宅のネットワークエンジニアの価値を客観的に評価できる指標となります。

ネットワークエンジニアの年収アップのコツ

これらを踏まえて在宅ネットワークエンジニアとしての年収アップを目指すのであれば、在宅となる前からネットワークエンジニアそのものとしてのスキルアップを考えておくべきでしょう。

そのために考えられるのは環境等に起因する「外的要素」と、自分自身で選択して変えることのできる「内的要素」があります。

ネットワークエンジニアとして必要な外的要素

まず、外的要素としては「経験」を積める環境に自分を置くことが重要です。

いずれフリーランスや在宅のネットワークエンジニアとなることを考えるのであれば、企業外でも通じる実力を身につけることを優先して考えましょう。

ネットワークエンジニアとして必要な内的要素

内的要素として大切なのは「謙虚さ」と「向上心」の2点です。これらは「経験」に直結して、必要となる成長をもたらすでしょう。

在宅ネットワークエンジニアとして目指したい年収

独立したフリーランスのエンジニアの収入の増加率は、概算ですが「約20%~70%程度」と言われています。

そこから逆算して、企業に所属しているときの年収が「400万~600万」ぐらいのかたは、独立後は「500万~1000万」程度を目指していきましょう。

弊社(ITプロパートナーズ)ではネットワークエンジニアの高額案件を取り揃えております。まずは弊社のサービスにご登録の上、ご相談ください!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はネットワークエンジニアの年収を飛躍的に上げる方法とはということで、
記事を書かせて頂きました。

この記事をきっかけに、ネットワークエンジニアの年収について、
考えるきっかけになってくだされば嬉しいです。

あなたにとって素敵なネットワークエンジニアライフになることを願っております。

ITプロパートナーズに登録すると3つのメリットがあります!

①他には無い!弊社だけの週2日〜のフリーランス案件!

ITプロパートナーズでは、フリーランスエンジニアが週2日から働ける案件を数多く取り揃えております。 そのため、他案件やご自身が開発するサービスと並行可能です。 独立資金を貯めたい方や趣味に時間を費やしたい方には非常に重宝して頂いております。 契約期間も3ヶ月~で安定収入を実現しており、稼働文の請求となるのでリスクもないです。

②成長企業の直案件で高単価を実現!! 週3日で月額50万円も!!

弊社の95%以上が高単価の直案件になります。 常時、50件以上の週2~の案件を保有しています 社長の木村を始め、ITプロパートナーズの社員は圧倒的にITベンチャー出身者が多いです。 故に多くのベンチャー企業に精通しています。 スタートアップのベンチャー企業で最大限のバリューを発揮したい方にはオススメです。

③専属エージェントがしっかりサポート!!

希望に合致した案件をご紹介可能です。 また、契約交渉や債権管理を代行します。 契約が切れても、未稼働期間なしで次の継続的な案件を随時ご紹介します!