フリーランスエンジニアの労働時間ってぶっちゃけどれくらい?

freelance

こんにちは。

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。
こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

フリーランスエンジニアというと、みなさんはどんなイメージを持たれるでしょうか?

自由に仕事が選べて、クライアントのところへ行く時間も自由、ワークライフバランスが実現しやすい・・・というような印象を受けるかもしれませんが、そう現実は甘くないというのも事実です。

今日は、フリーランスエンジニアの実態に迫ってみたいと思います。

なお、フリーランスエンジニアの案件の特徴や仕事の取り方など総合的な情報を知りたい方は「フリーランスエンジニアの案件紹介!経験年数別の年収・実態を調査」という記事も併せて参考にしてみてください。

クライアントの企業に常駐している場合

エージェントなどの紹介で、クライアントの企業に常駐する形で勤務している場合は、その会社の業務時間に拘束されます。

だいたい、9時〜18時ないし10時〜19時というところが多いので、ひと月あたりの労働時間は、1日8時間×週5日×4週=160時間ほどとなります。

求人募集内容を見ると、だいたい140時間〜200時間くらいの範囲のところが多いという印象です。

ただし、求人によっては週3日勤務というところもあり、その場合、労働時間はひと月約100時間となります。

在宅で仕事をする場合

最近では、介護や子育て等で会社に勤務するのが難しい人向けに在宅勤務可という企業も増えてきました。

場所にとらわれずにじっくりと作業したいという人に向いています。

労働時間は企業に勤務する場合とあまり変わりなく、だいたい1日6時間〜8時間というところが多いです。ある程度勤務時間が決まっていて、始業・終業報告の義務のある企業もあれば、すべて自由にさせてくれる企業もあります。

参加必須のSkypeミーティングのある企業もあるようですので、事前に確認しておきましょう。

より効率的に仕事を取っていくためには

フリーランスにとっては、仕事をどこからか取ってくることが必要不可欠です。

可能な限り単価の高い仕事を見つけるためにやるべきことは、今までの知人・友人に片っ端から、フリーになったことを伝え、良い案件がないか聞いてみることです。

次に、エージェントにも登録してみましょう。エージェントに登録しておくと、すぐに稼働できてなおかつ高単価の案件に出会えるチャンスがあります。

フリーランスエンジニアに必要なスキル=健康管理!

企業常駐型でも、在宅でも、フリーランスである以上、会社員時代にあったような保障は一切ありません。

病気などで休むと、その月の勤務時間に達していなければ、その分報酬から差し引かれることになります。

また、長期入院などで長く仕事ができない状態が続くと、収入がゼロの状態にもなりかねません。日頃から健康管理には十分気を付けましょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。