Sierの独立系・ユーザー系・メーカー系の違いは?メリット・デメリットも紹介

Javaの副業で稼ぐ方法!土日でできる副業案件はある?
freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

IoT化が進む現代でシステムエンジニアの需要は尚も高まってきています。その中でも開発工程の上流から下流まで幅広く扱うSIer(システムインテグレーター)のエンジニア不足は課題となっています。

SIerはユーザー系、メーカー系、独立系の3種類に分けることができ、それぞれ仕事内容や業務形態に違いがあり、SIerとして働く場合はしっかり把握しておく必要があります。

今回は、SIerの種類やそれぞれの特徴・将来性、年収目安を紹介します。転職時に参考にしたい優良企業の見分け方についても、まとめて解説するので、これからSIerに就職、転職を考えている方はそれぞれの特徴をしっかり把握して、自身に合ったSIerを見つけて下さい。

なおSIerへの転職だけでなく、フリーランスエンジニアとして仕事をするという選択肢もお考えの方は、「フリーランスエンジニアの案件紹介」の記事でフリーランス案件のご紹介しているので、こちらも見てみるとよいでしょう。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

SIerとは

最初にSIerがどのような企業なのか、基本的な情報をみていきます。SIerへの就職を目指している人は、まず確認しておきましょう。

SIerの定義や特徴

SIerとは「エスアイヤー」と読み、「System Integrator(システムインテグレーター)」の略です。一般的に社会や企業に必要な仕組みをITで実現し、問題を解決する情報サービス・ソリューションを提供する企業を指します。

SIerでは、情報システムのコンサルティングから設計のみの一部工程、または開発や保守・運用までを含む全工程を請け負っています。「情報システム開発や運用における、ほぼ全ての仕事を請け負う企業」と捉えると分かりやすいでしょう。SIerの代わりに「ITベンダー」「システムベンダー」と呼ばれることもあります。

Rubyの副業で稼ぐ方法!仕事の探し方や求められるレベルを調査!

今更聞けない!システムインテグレーター(SIer)とは?仕事内容や必要なスキルを紹介

SIerの顧客例

SIerは多種多様なジャンルの顧客を相手にサービスを提供しています。

SIerの顧客例としては以下のようなものがあります。

  • 金融業者
  • 証券業者
  • 保険業者
  • 卸業者
  • 行政
  • 航空業者
  • 医療機関
  • 教育機関
  • 不動産業者
  • 社会インフラ
  • 社内システム

これらの例のように業界・分野にかかわらず、幅広い現場で利用されるシステムを設計し構築し運用していきます。

SIerの種類は3つに分類される

情報システム開発に広く携わるSIerですが、仕事内容や業務形態の違いから独立系・ユーザー系・メーカー系の3つに大別されます。

分類特徴
独立系親会社を持たずに、独自にシステム開発を行うSIer
ユーザー系親会社があるものの、ハードウェアや情報通信、パソコン関連のメーカーではないSIer
メーカー系親会社がハードウェアや情報通信、パソコン関連のメーカーのSIer

次項より、それぞれについて詳細を説明していきます。

独立系SIerとは

独立系SIerは、親会社を持たずに外部企業から依頼されて情報システム開発を独自に行っている企業です。

まずは、特に数の多いSIerである独立系SIerの特徴やメリット・デメリット、年収相場などについてみていきましょう。

独立系SIerの特徴と仕事内容

親会社を持たないことから、使用するハードウェアやソフトウェアが制限されません。そのため、顧客に適した情報システムの設計・開発ができる点が独立系SIerの大きな特徴です。

独立系SIerでは自分たちで案件をとってきてシステムの開発を行ったり、案件受注の営業を行ったりします。

直接顧客と打ち合わせすることで、自社で製品を選定したり、使用する言語を選択したりすることができ、自由度は高いといえます。

案件も自社で選定するため、親会社の縛りなどがなく、興味深い案件も多くあります。

ユーザー系・メーカー系SIerとの違い

ユーザー系・メーカー系SIerとの違いについてです。

独立系SIerはユーザー系・メーカー系SIerとは違い親会社を持っていない企業のことを指します。

日本のSIer企業のほとんどは独立系SIerで、いわゆるITベンチャー企業も独立系SIerに含まれます。

親会社を持たないためのメリットやデメリットがあり、ユーザー系・メーカー系のような安心感はそれほど高くはない傾向にあります。

独立系SIerで働くメリット

独立系SIerで働く主なメリットは以下の通りです。

  • 親会社に制限されないことから幅広いITスキルが身に付く
  • 勤務時間や服装など自由な社風の企業が多く、働きやすい
  • 幅広い知識が求められることから一緒に働くメンバーのレベルが高い

親会社の専任となるSIerも多いなか、独立系SIerは業界を問わず自由に営業でき、使用するツールも親会社からの制限を受けません。多彩な開発が可能な環境が整っていることから、幅広いITスキルが身につき、各分野のプロフェッショナルが集まりやすい魅力があります。

働き方や業務の自由度が高く、フレキシブルに働きやすい点は、固い職場が苦手という人には大きな魅力といえます。年功序列ではなく成果主義の傾向があり、十分な経験や能力がある人であれば、仕事に対するモチベーションを高く保てるでしょう。

独立系SIerで働くデメリット

独立系SIerで働く主なデメリットは、以下のものが挙げられます。

  • 案件の獲得の安定性に欠ける
  • 案件の獲得状況や企業によって少人数・タイトなスケジュールでの業務遂行が必要になる
  • 外部企業の情報システム開発をするため、社外常駐が多くなる
  • 離職率が高い傾向がある

独立系SIerのデメリットは、親会社からの継続的な案件を受けられないことから、仕事の量や内容が安定しないことにあります。ベンチャー企業であれば、案件が途切れてしまい、最悪の場合経営破綻する可能性も考えられます。

会社が潰れないにしても、案件をとれない、売上が伸びないとなると、人件費を削るために少人数での作業を強いられたり、休日出勤や残業しながらの無理な業務遂行となったり、労働環境が悪くなるケースも。結果として、人の入れ替わりも激しく、ほかのSIerに比べて離職率が高い傾向があることに留意が必要です。

独立系SIerの代表的な企業

独立系SIerの代表的な企業を8社みてみましょう。

業種企業名売上高
情報・通信業株式会社大塚商会8,363億円
情報・通信業TIS株式会社4,483億円
情報・通信業日本ユニシス株式会社3,096億円
情報・通信業富士ソフト株式会社2,409億円
情報・通信業ネットワンシステムズ株式会社2,021億円
情報・通信業株式会社DTS904億円
情報・通信業株式会社オービック838億円
情報・通信業JBCCホールディングス株式会社600億円

独立系SIerの年収相場

独立系SIerの年収相場は約450万円。親会社がないことから、全体的にはほかのSIerよりも少し年収が低い傾向にあります。

他方で、大手独立系SIerになれば、平均年収は株式会社オービックで933万円、株式会社大塚商会で843万円、ネットワンシステムズ株式会社で825万円とほかのSIerと遜色ありません。

独立系SIerの将来性とキャリアパス

SIer全体のニーズは高まっており、独立系SIerも将来性は十分にあるといえます。一方で、日本企業のIT化は遅れており、その大きな要因が老朽化・複雑化したITシステムにあるといわれているのも事実です。

情報システムの主流はWebベースに移行しているため、今後はWeb開発に携われるIT人材の需要が高まることが予想されます。現場のスペシャリストとして活躍したい場合はWeb系の知識を中心に高めるとよいでしょう。

柔軟性の高い独立系SIerでは、自分の希望するキャリアパスを形成しやすい点も頭に入れておきたいところです。

ユーザー系SIerとは

ユーザー系SIerは、ハードウェアや情報通信と関わりない他業種の親会社のシステム部門が独立し、親会社または外部企業が使うシステム開発を請け負っている企業です。

ユーザー系SIerについても、特徴やメリット・デメリット、年収相場などについてみていきましょう。

ユーザー系SIerの特徴と仕事内容

ユーザー系SIerの親会社は、銀行や保険会社、鉄道会社などの大企業です。親会社そのものは、ハードウェアや情報通信などIT系ではありませんが、親会社の事業や業務に関わることになるため、自由に情報システム開発をすればよいというわけではありません。

ユーザー系SIerの仕事内容は主に親会社が業務で使用するシステム開発、運用になります。

新規のシステムを設計から構築まで担当する場合もあれば、既存のシステムが正常稼働しているか保守運用をする場合もあります。

親会社の業界に特化したSIerのためその業界の知識も必要になる場合が多くあります。

メーカー系・独立系SIerとの違い

メーカー系・独立系SIerとの違いについてです。

ユーザー系SIerは後述の企業例でも挙げるように、親会社の業種がパソコン、ハードウェア関連ではなく、ほかの業種である企業を指します。

みずほ銀行であれば金融、日本生命であれば保険、JR東日本西日本であれば鉄道といったようにそれぞれ業界が違う企業になります。

ユーザー系SIerで働くメリット

ユーザー系SIerで働く主なメリットは以下の通りです。

  • 社外常駐が少なく自社で作業できる
  • 現場や環境の変化が少ないのでストレスになりにくい
  • 親会社から案件をもらえるため、経営が安定している
  • 上流工程の知識やスキルを身につけられる

ユーザー系SIerの大きなメリットは、大企業のグループ会社であるため経営が安定していることや自社グループ内で業務に携われることにあります。親会社の情報システム部門と連携しながら仕事を進めるため、無理なスケジュールでの業務も発生しにくく、ホワイトな環境で働けるでしょう。

親会社と連携することで上流工程の業務が多くなるため、業界知識やマネジメントスキルも身につきます。基本的に上流工程におけるノウハウを生かせる案件を受けるため、外部案件であっても実務作業が増えることはそう多くないでしょう。

ユーザー系SIerで働くデメリット

ユーザー系SIerで働く主なデメリットは以下の通りです。

  • 実務のITスキルが身につきにくい
  • 親会社からの出向者が多くおり、年功序列が残っていることが多く、実力があっても昇進昇給しにくい

ユーザー系SIerでは、主に上流工程の業務がメインです。そのため、プログラミングなどの実務は外部に委託されます。入社後3年程度はプログラミング言語について触れる機会があるものの、その後は管理業務が主となるのが一般的。現場のスペシャリストになりたいという人にとっては、デメリットといえます。

そのほかにも、出世や給料の面で年功序列が残っている企業が多く親会社からの出向者もいるため、若い内に役職についたり昇給したりすることは簡単ではありません。

ユーザー系SIerの代表的な企業

ユーザー系SIerの代表的な企業を8社みてみましょう。

親組織の業種親組織企業名売上高
証券・商品先物取引業野村ホールディングス株式会社 他株式会社野村総合研究所5,504億円
卸売業伊藤忠商事株式会社伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)4,798億円
卸売業住友商事株式会社SCSK株式会社3,968億円
鉄鋼日本製鉄株式会社日鉄ソリューションズ株式会社2,519億円
印刷業凸版印刷株式会社トッパン・フォームズ株式会社2,182億円
銀行業株式会社三井住友フィナンシャルグループ株式会社日本総合研究所1,432億円
サービス業株式会社電通株式会社電通国際情報サービス(ISID)1,086億円
繊維製品帝人株式会社インフォコム株式会社680億円

このほか、国内最大手SIerである株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ)も、ユーザー系SIerに分類されることがあります。ただし、NTTデータは会社の成り立ちから独立系・メーカー系・ユーザー系に分類できないその他SIerとされています。

ユーザー系SIerの年収相場

ユーザー系SIerの年収相場は約470万円です。

大手ユーザー系SIerの平均年収は、株式会社電通国際情報サービス(ISID)で1,047万円、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)で933万円、日鉄ソリューションズ株式会社で855万円とかなりの高年収。SIer業界トップクラスの売上高がある株式会社野村総合研究所では、平均年収1,225万円と1,000万円を超えています。

ユーザー系SIerの将来性とキャリアパス

メーカー系SIerの将来性は、親会社に左右されます。ユーザー系SIerの親会社は大手企業が多いものの、メーカー系よりも親会社の業界や企業の将来性・業績に影響されやすい点は留意が必要です。

プロジェクトマネージャーや課長レベルへの昇進はできますが、親会社からの出向者がいるためそれ以上出世しにくい傾向があります。親会社の事業や業務に関する知識や資格の取得が昇進昇格に必要になることが多いので、IT系の知識やスキルを磨きましょう。

多くのメーカー系SIerでは現場を離れてしまうため、転職時に技術者としての入社を目指すことは厳しくなります。技術者として転職を考える場合は、自身で勉強を続けておく必要があるでしょう。

メーカー系SIerとは

メーカー系SIerは、主にハードウェアや情報通信関連、パソコン関連のメーカーを親会社に持つ企業を指します。親会社であるハードウェアメーカー自体に情報システム部門がある場合、親会社もメーカー系SIerとして分類されます。

最後は、メーカー系SIerの特徴やメリット・デメリット、年収相場などについてみていきましょう。

メーカー系SIerの特徴と仕事内容

外部企業の案件もありますが、メーカー系SIerの親会社はハードウェアや情報通信関連の事業を行っているため、親会社の下請け業務が多くなります。

一般的に、メーカー系SIerの仕事内容は主に親会社から案件が下りてきて、設計から運用保守まで行います。

対応する業界はさまざまで、開発規模が年単位だったり、行政・公共機関からの案件だったりと、大規模な仕事を取り扱うことケースも多いです。

親会社がこれまで築いてきた業界での信頼と実績があるため、案件も途切れることなく受注することができる傾向にあります。

ユーザー系・独立系SIerとの違い

ユーザー系・独立系SIerとの違いについてです。

メーカー系SIerは後述の代表的な企業例にも挙げるように、親会社の業種がパソコン、ハードウェア関連の企業であるものを指します。

元々IT分野に特化している背景もあり、有識者が多く存在し、ITスキル、知識が吸収しやすい環境にあります。

メーカー系SIerで働くメリット

メーカー系SIerで働く主なメリットは以下の通りです。

  • 親会社から案件をもらえるため、経営が安定している
  • 給与や待遇がよい
  • さまざまな業界に携わることができ幅広い知識が身に付く
  • ユーザー系SIerよりも実務スキルが身につきやすい

親会社が大手企業ばかりなので、経営破綻の心配も少なく、安定して案件を受けることが可能です。ほかのSIerよりも給料が高かったり、親会社と同じ福利厚生を受けられたりと高待遇の企業も多くあります。

また、ユーザー系SIerと違い、親会社の業界に縛られることなく、多種多様な業界の案件に携わり、さまざまな技術を吸収することもできます。幅広い知識や経験を積めるため、IT人材としての市場価値を上げやすいといえるでしょう。

メーカー系SIerで働くデメリット

メーカー系SIerで働く主なデメリットは以下の通りです。

  • 新しい知識やスキルをアップデートしにくい環境で働くこともある
  • プロジェクト単位で動くため、社外常駐が多くなる
  • 親会社からの出向者が多くいる、年功序列が残っていることが多いため昇進しにくい

メーカー系SIerではプロジェクト単位で動くため、プロジェクトの当たり外れが将来に響く可能性があります。老朽化したシステムの担当となれば、トレンドとなっている最新の言語には一切触れられず、IT人材としての市場価値が落ちる可能性があります。

また、ハードウェアを扱う場合、基本的に親会社の製品を使うため、ほかのメーカー製品を触る機会はほとんどありません。インフラエンジニアとして転職したい場合、知識やスキルの偏りが難点になることがあります。

メーカー系SIerの代表的な企業

メーカー系SIerの代表的な企業を9社みてみましょう。株式会社日立製作所や富士通株式会社、日本電気株式会社(NEC)は、情報システム部門を持つため、親会社でありながら自身もメーカー系SIerにも分類されます。

親組織の業種親組織企業名売上高
電気機器富士通株式会社富士通Japan株式会社2,582億円
都築電気株式会社1,200億円
電気機器株式会社日立製作所株式会社日立システムズ4,317億円
株式会社日立ソリューションズ1,691億円
電気機器日本電気株式会社(NEC)NECソリューションイノベータ株式会社2,937億円
NECネッツエスアイ株式会社3,391億円
電気機器株式会社東芝東芝デジタルソリューションズ株式会社1,615億円
東芝情報システム株式会社455億円
電気機器三菱電機株式会社三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社761億円

メーカー系SIerの年収相場

メーカー系SIerの年収相場は約470万円です、

代表的なメーカー系SIerの平均年収は、都築電気株式会社で851万円、NECネッツエスアイ株式会社で774万円など、高収入が期待できます。一方で、富士通系の親会社である富士通株式会社の865万円、NEC系の親会社である日本電気株式会社(NEC)で829万円と、子会社よりも親会社のほうが年収が高くなることがわかります。

メーカー系SIerの将来性とキャリアパス

メーカー系SIerの経営は安定しているため、将来的にもIT人材の需要はあります。ただし近年、親会社の事業再編や人事配置の転換などが活発化しています。日本トップクラスの大手企業が簡単に潰れることはないものの、親会社の動向や将来性には注視したいところです。

メーカー系SIerでは、パッケージソフトの開発を行っていることもあり、比較的実務スキルが身につきやすい傾向があります。また、さまざまな業界に携わることができ、上流工程・大規模案件を担当するチャンスも。大手のメーカー系SIerで経験を積んで自分の市場価値を上げておけば、転職の際にほかのSIerやIT関連会社に高待遇で入社できるでしょう。

転職するなら何系SIerがおすすめ?

どのSIerも一長一短ではあるので一概にはいえませんが、以下の観点で転職を考えてみてください。

独立系に転職する場合は、若いうちに技術を身につけ、どの会社でも通用する人材になりたいと考えている方にはおすすめです。

ユーザー系に転職をする場合は、将来的に技術者としてではなく管理する側の業務を担当したいと考えている方におすすめです。

メーカー系に転職する場合は、安定を望んで尚且つ技術も学びたいと考えている方にはおすすめです。

優良SIerを見分けるためのポイント

最後は、SIerに転職したい人向けに、優良なSIerを見分けるためのポイントを紹介します。

  • 待遇が良く定着率が高い
  • 働き方がイメージしやすい
  • 業績が安定している
  • 上流・大規模案件が多い

それぞれについて詳しくみていきましょう。

待遇が良く定着率が高い

企業の内部状況は外からは見えにくいため、従業員の離職率や定着率に注目して、長く勤められる企業かを確認しましょう。SIerには、将来性があり平均年収も高い企業が多く存在します。しかし、なかには人手不足や人件費不足で過酷な労働環境になっているSIerも存在するため要注意。

待遇については、求人票を確認することはもちろん、実際に記載内容の待遇を受けられるか、企業の口コミサイトや退職者の声を確認するのがおすすめです。

SIerの現状って?年収をあげる3つの方法

働き方がイメージしやすい

求人情報や面接から、働き方のイメージがしやすい企業を選ぶことも重要です。SIerで働く場合、社内勤務か社外常駐かで生活が大きく異なります。求人に勤務地が明確に記載されていなかったり、勤務時間に幅があったりする場合は要注意。

まずは事業内容や社風など企業分析をしっかり行ったうえで、不安や疑問があれば、採用担当者にヒアリングを行いましょう。この時、1日のスケジュールや配属チームの雰囲気、自分の立ち位置、課外活動や研修の有無などを具体的に聞くことで、働き方をイメージしやすくなります。明確な回答がもらえなかったりよい点しか教えてくれなかったりする場合は、マイナス面が隠れている可能性があります。

業績が安定している

業績が安定している企業は、将来的に経営が悪化したり破綻したりするリスクが小さくなります。そのため、SIer選びでは、企業の業績が安定しているか、不安要素はないか確認しましょう。

一方で、「大企業なら安心」という神話も崩れつつあります。そのため、「有名企業だから大丈夫」「売上高が大きいから安定している」という考えではなく、株価や利益率にも注目して慎重に選んでください。長く勤めることを前提に、業界や事業の将来性もしっかり調査しましょう。

SIerに将来性はある?なくなるって本当?今後も無くならない6つの理由

上流・大規模案件が多い

上流工程をメインに請け負っているSIer、または大規模案件が多いSIerを選ぶのがおすすめです。上流工程・大規模案件を担当できれば、キャリアアップや昇給につながります。

IT業界全体にいえることですが、システム開発でも、1次請けである大手SIerから2次請け、3次請けと外注を重ねていく多重下請け構造があります。下に行くほど受注金額は下がり、給与や労働環境が悪くなる傾向があるため要注意。

ただし、SIerの種類や企業規模、知名度を問わず、優良企業とブラック企業がそれぞれ存在するので、実際の案件例を確認しながら選びましょう。

まとめ

今回は、独立系・ユーザー系・メーカー系の3種類あるSIerについてそれぞれの特徴や違いについて紹介しました。

全て同じSIerなのですが、仕事内容も業務形態も異なることが分かりました。

SIerに就職や転職を考えている方は、まずはSIerを分類することで、その企業の特徴がみえてくるでしょう。

それぞれメリット・デメリットがあり、自身がどのようなキャリアでIT人材として活躍していきたいかを考えてSIer企業を選択するといいです。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!