​​SNSマーケティングの副業で稼ぐには?フリーランス案件も紹介

こんにちは、ITプロマガジンです。

最近はSNSをマーケティングに活用する企業が増えており、個人でもSNSマーケティングの副業が可能です。SNSマーケティングの経験がある方は、副業で収入を上げたいと思っている方も多いのではないでしょうか?中にはフリーランスとしての独立を視野に入れている方もいるかもしれません。

そこで今回は、SNSマーケティングの副業について詳しく紹介します。具体的な案件の種類や稼ぐためのポイントなども解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録して色々な案件を見てみてください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

フリーランスの単価の伸ばし方

「必要以上に安売りをしてしまう」「市場感より高い単価で参画してしまいトラブルになる..」

フリーランス市場は売り手市場であるものの、いまだに正しいノウハウが確立されておらず、多くの方が案件探しに苦労されています。

ですが、現在の市場感や企業側に刺さる経験・スキルを理解し正しく案件探しをすれば、誰でも自身のバリューを活かし単価を伸ばすことができる、というのも事実です。

ITプロパートナーズでは、

・9割がエンド直案件のため、高単価
・約6割が週3-4案件のため、柔軟に働ける
・約7割がリモートのため、働く場所を選べる

などの魅力的な案件を数多く保有し、マッチング能力の高い即戦力エージェントが完全サポートします。

初めてのフリーランス、情報収集段階でも大丈夫です。あなたの働き方にマッチし、単価も高く、最もバリューを発揮できる案件を探しませんか?

⇨ ITプロパートナーズの詳細を見る

Contents

SNSマーケティングの副業需要は増えている

現在、SNSマーケティングは多くの企業で利用され、副業人材の需要は増えています。また、スマホでできることから個人の副業としても注目が集まっているようです。まずはSNSマーケティングの仕事内容や副業需要について詳しく解説します。

そもそもSNSマーケティングの仕事内容とは?

SNSマーケティングとは、その名の通りSNSを使ったマーケティングのことです。商品やサービスをSNS上でアピールして、売上アップや認知度の向上を目指します。代表的なSNSとしては、

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram

などが挙げられます。

日常的にSNSを利用している人は多く、フォロワーによる拡散なども期待できるため、SNSマーケティングに力を入れている企業は増えています。

なお、SNSマーケティングに限らずWebマーケティング全般の副業について稼ぎ方を知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

Webマーケティング副業の始め方!未経験から稼ぐ方法と必要スキル

SNSを利用する企業が増えている

SNSで自社アカウントを運用する企業が増えているため、企業アカウントの運用代行の依頼が多くなっています。総務省の「平成30年通信利用動向調査の結果」では、36.7%の企業がSNSを活用しているという結果が得られました。

社内でSNSアカウントを運用できるリソースがある企業ばかりではなく、アカウント運用を外部に委託しているケースもあります。そのため企業アカウントの運用代行にはニーズがあり、副業として仕事を受けることが可能です。

インフルエンサーの需要が高まっている

SNSのフォロワーが多く影響力がある人のことを「インフルエンサー」といいます。近年ではインフルエンサーに商品のPRを依頼する企業も多いため、フォロワーの多い人は副業で企業からのPR案件を受注しているケースがあります。

2021年に株式会社ネオマーケティングが実施した調査では、20〜50歳の男女1,000人のうち、約2割の人が「インフルエンサー経由で商品を購入した経験がある」と回答しました。

その中で53.1%の人がインフルエンサーの紹介がわかりやすかったことを購入理由に挙げています。

企業からインフルエンサーへの需要が高まっており、副業としてSNSマーケティングを行っているインフルエンサーも少なくありません。

SNSマーケティングの副業の種類

SNSマーケテイングの副業は、大きく分けて「企業から業務委託案件を受ける方法」「個人運用で稼ぐ方法」の2種類があります。

それぞれどのような副業なのか、以下で詳しくみていきましょう。

業務委託系の副業

業務委託系では、主に以下の副業案件があります。

  • SNSアカウント運用代行を行う
  • SNS広告運用を行う

SNSアカウント運用代行を行う

SNSマーケティングの副業で人気なのは、SNSアカウント運用代行の案件です。例えば以下のような案件があります。

こちらは、社内でTwitterアカウントを運用するリソースがないため、SNS運用ができるマーケターを募集している案件です。

SNS運用代行の副業をするメリット・デメリット、案件獲得方法などの詳しい情報は、以下の記事で解説しているので本記事とあわせてチェックしてみてください

SNS運用代行の副業の始め方!稼ぐコツやフリーランス案件も紹介

ITプロパートナーズでは、週2・3日稼働〜のSNS運用代行の案件を数多く取り扱っています。エンド直なので高単価なのが魅力です。どのような案件があるか気になる方は、ぜひ下記からチェックしてみてください。

SNS広告運用を行う

SNSマーケティングの副業には、広告運用の仕事もあります。SNS広告運用の副業とは、クライアントの広告運用を代行する仕事です。

例えば以下のような案件があります。

この案件は、クライアントに代わってSNS広告を運用し売上につなげる案件です。必要となるスキルの指定は特にありませんが、丁寧な提案やPDCAを意識した広告運用が求められています。

効果によって予算を上げていくとしているので、成果を出していけば報酬アップも期待できる案件です。

個人運用での副業

個人運用では、おもに以下の副業案件があります。

  • インフルエンサーとしてPR活動を行う
  • アフィリエイトで広告収入を得る
  • 自身の商品・サービスを販売する

インフルエンサーとしてPR活動を行う

自身のSNSアカウントのフォロワーが多い人は、インフルエンサーとしてPR活動を行うという方法があります。料理やダイエット、メイクなど、特定の分野に特化した投稿をしていると、それに関連する企業からPR依頼が来るかもしれません。

インフルエンサーとして活躍するには、すでに活躍している有名なインフルエンサーの分析も重要です。どのようにクライアントの商品やサービスを紹介し、売上につなげているのかも参考にできます。

アフィリエイトで広告収入を得る

SNSのフォロワーが多い場合、アフィリエイトで広告収入を得るのもひとつの方法です。企業からのPR依頼を待つのではなく、自分で選んだ商品やサービスをSNSで紹介してブログなどに誘導し、アフィリエイト経由での申し込みにつなげます。

SNSでアフィリエイトするためには、ASPに登録して紹介したい商品を探す必要があります。自身のSNSをフォローしているユーザーの年齢や性別など、ターゲット層を理解したうえで商品を選ぶのがポイントです。

自身の商品・サービスを販売する

SNS経由で商品やサービスを販売するのも、SNSマーケティングの副業のひとつです。ハンドメイドやイラストなどの趣味がある人は、作品をSNSに投稿していると、SNS経由で作品が売れたり仕事の依頼が来たりする可能性もあります。

SNSマーケティングの副業収入の目安

SNSマーケティングの副業収入の目安は案件の種類によって様々ですが、およそ以下の通りです。

案件の種類収入目安
SNSアカウント運用代行1アカウントにつき月5,000円〜
SNS広告運用50,000円〜 or 広告費の20%など
インフルエンサーマーケティング1フォロワー×3円

運用代行では1アカウント1カ月で5,000円〜1万円前後の案件が多い傾向があります。広告運用は一度の対応で1万円〜5万円前後という固定報酬の場合もあれば、「広告費の20%」といった変動報酬も多いです。さらに成果により報酬が追加される案件がみられました。

インフルエンサーとしてPRの依頼を受ける場合、1フォロワーにつき3円が相場と言われています。そのため、フォロワーが5万人いるインフルエンサーがPR投稿をすると、約15万円ほどの収入になります。

SNSマーケティングの副業案件の探し方

SNSマーケティングの副業案件の探し方には、以下の方法があります。

  • 副業エージェント
  • クラウドソーシング
  • SNS・ブログでの情報発信
  • 友人・知人の紹介

それぞれの案件の探し方について解説します。

副業エージェント

副業エージェントは、自分のスキルや知識、実績にマッチした副業案件の紹介が受けられるサービスです。一般公開されている副業案件とは別に非公開案件の取り扱いもあるので、副業を始めるなら登録しておきたいサービスです。

また、クライアントとの折衝や契約・請求をはじめとする事務作業の代行、確定申告などのサポートが受けられるサービスもあります。サポートがあれば、事務や税金の知識がなくても案件だけに集中できる環境で副業をスタートさせられます。

副業エージェントおすすめ21選【職種・目的別で徹底比較】

弊社ITプロパートナーズでは、フルタイムはもちろん、週2.3から働ける案件も豊富に取り扱っています。仲介業者を挟まず、直接クライアントと契約しているため、高単価な案件が豊富にあるのも魅力です。ただし、会社員向けの副業ではなく、フリーランス向けの案件の求人サイトなので注意してください。少ない稼働時間で高収入を稼ぎたい方は、ぜひ弊社のITプロパートナーズを利用してみてください。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、仕事をしたい人と仕事を依頼したいクライアントをマッチングさせるサービスです。中でも代表的なサービスは「クラウドワークス」と「ランサーズ」です。クラウドソーシングが扱っている案件の特徴としては、「数が多いこと」「難易度の幅が広いこと」などが挙げられます。

報酬は低いですが初心者や未経験者でも受けられる案件も多いので、数をこなしてスキルや知識を身につけたり、実績をつくったりできます。高単価の案件になると実績や経験が求められるので、クラウドソーシングは実績づくりの場としてもおすすめです。

クラウドソーシングサイトおすすめ15選!初心者が副業で稼ぐコツとは

SNS・ブログでの情報発信

自分のSNSやブログで、情報発信することで副業案件を獲得する方法もあります。自分ができる仕事をアピールしたり、これまでに対応した内容などを紹介したりして案件の依頼を受ける方法です。

クライアントはSNSやブログを見て、何ができるのかを確かめたうえで依頼できるため、ミスマッチが少ない仕事を受けられます。

友人・知人の紹介

友人や知人から副業の仕事を紹介してもらうのもひとつの方法です。自分のスキルや知識などを理解した知り合いからの紹介なので、仕事内容のミスマッチを防げます。

また、友人や知人からの紹介は、人脈が広がりやすいのも特徴です。今後フリーランスとして独立を考えているなら、人脈づくりは安定した案件獲得に欠かせないポイントになります。

SNSマーケティングの副業に必要なスキル

SNSマーケティングの副業に必要なのは、以下のスキルです。

  • マーケティングに関するスキル
  • 数値分析スキル
  • ライティングに関する知識・スキル
  • 広告運用に関する知識・スキル
  • 炎上対策の知識

それぞれ必要なスキルについて以下で解説します。

マーケティングに関するスキル

SNSマーケティングの副業には、トレンドを理解した市場調査や情報収集力、企画力、広告宣伝活動、広告効果の検証などのマーケティングに関する幅広いスキルが必要です。

常にSNSのユーザーが求めている情報へアンテナを張り、クライアントの商品やサービスを周知させることが求められます。収集したユーザーが求める情報を、対象になるユーザー層に写真や動画など、どのような形で届けるのかを見極める力も必要です。

数値分析スキル

SNSマーケティングには、数値分析スキルが必須です。もし適当に投稿してしまうと、目標達成できなかったり、フォロワーが離脱してしまう可能性もあります。具体的には、下記の分析をできるようにしておきましょう。

  • 競合の分析:どんな投稿をすれば競合に勝てるか
  • インプレッション:表示された回数
  • エンゲージメント数:ユーザーが反応した割合
  • いいねの数:ユーザーがどれくらいいいねを推してくれているか

分析することで、目標のフォロワー数獲得に繋がったり、うまくいかなくても成功に繋げられる可能性がアップします。

ライティングに関する知識・スキル

SNSマーケティングの副業には、ライティングに関連する知識やスキルも必要です。

とくにTwitterには140字の文字制限が設けられているので、簡潔な形でユーザーに刺さるコンテンツを制作することが求められます。目にしただけでユーザーが「自分に関係のある興味深いコンテンツ」と思わせるテキストであることが重要です。

自分が作成したアカウントと近い内容を投稿している競合が、どのような文章で投稿してバズっているのか、なども参考にするのが良いでしょう。

広告運用に関する知識・スキル

広告運用に関する知識やスキルも、SNSマーケティングの副業に必要です。

ユーザー目線での欲しい情報や、クライアント目線での商品・サービスの訴求ポイント、広告による効果などを分析することが求められます。広告として効果的で購買意欲が湧くようなコピーライティングも必要です。

また、広告効果の過程や結果を分析し改善していくには、KGI・KPIなどの指標に関する専門知識も重要になります。

炎上対策の知識

SNSが炎上しないように炎上対策の知識も身につけておきましょう。もし、企業のSNSが炎上してしまうと、企業全体の印象が悪くなります。イメージを払拭するのにも時間がかかるため、炎上は絶対に避けたいところです。

「不適切な投稿はしない」「正確な情報発信をする」など基本的なマナーを抑えておきましょう。

初心者がSNSマーケティングの副業で稼ぐためのポイントとは?

SNSマーケティングの副業で稼ぐために、以下のポイントを押さえておいてください。

  • フォロワー視点を徹底する
  • 日々情報収集を行う
  • 分析・改善を繰り返す
  • 複数のSNSを使いこなす
  • ポートフォリオやプロフィールを充実させる

それぞれのポイントについて、以下で詳しく解説します。

フォロワー視点を徹底する

SNSマーケティングの副業で稼ぐには、フォロワー視点を徹底することが求められます。自分目線の発信・運用では、フォロワーを増やすことも信頼関係を構築することもできません。

客観的な目線でフォロワーが欲しい情報を把握して発信・運用すれば、ユーザーは「自分に関係あるアカウント」と認識してくれます。それによりフォロワーの獲得にもつながるのです。

特に初心者は、自分が担当する系統のアカウントをフォロワー視点で観察するのがおすすめです。例えばコスメを紹介するアカウントなら「使用感や色をわかりやすく解説している」「新作は1週間以内にレビューしている」など様々な視点でみることが大切です。

日々情報収集を行う

SNSの世界は、トレンドがどんどん移り変わっていくのが特徴です。特にインフルエンサーとして活動する場合には、今どんなことが注目されているのかを常にチェックしておかなければなりません。

自分が投稿している分野の最新情報はもちろん、日々のニュースなどからも情報収集を欠かさないようにしましょう。新しいSNSサービスも今後生まれるかもしれないので、要チェックです。

初心者は、タイムラインを毎日チェックしたり、バズっている投稿を中心に情報収集を行うと把握しておくべき情報を漏らさずに網羅できるでしょう。

分析・改善を繰り返す

SNSアカウントを運用するうえで大切なのは、長期的な視点で分析と改善を繰り返すことです。投稿する内容や時間帯ごとにフォロワーからの反応を確認したり、どんな投稿をしたときにフォロワーが増えるのかチェックしたりして、フォロワーを増やしていきましょう。

また、分析と改善を繰り返すことで新しいアイディアが生まれたら、どんどんクライアントに報告することも大切です。クライアントからの評価も上がり、信頼獲得につながります。

初心者の場合は、一度自分でアカウントを作成するのがおすすめです。いいねや表示回数、閲覧時間などリアルな反応がわかるだけでなく、フォロワー視点からも分析できます。

複数のSNSを使いこなす

SNSマーケティングでは、複数のSNSの特徴を理解して使いこなさなければなりません。Twitterなら短いテキストでどうやって情報を伝えるか、Instagramならどんな写真が目を引くかなどを考えながらマーケティングを行いましょう。

SNSによって、ユーザー数や属性は異なります。Meta社によると、日本におけるInstagramの女性ユーザーは57%と発表しています。つまり、女性ユーザーが多い傾向にあるため、女性ユーザーに響くような発信が求められます。SNSそれぞれの特徴を把握したうえで、複数のSNSを使いこなせるようにすることが大切です。

初心者は、大量にアカウントを運用すると対応できなくなってしまうので、始めは2〜3個程度にして、徐々に増やしていきましょう。

ポートフォリオやプロフィールを充実させる

クライアントはポートフォリオをチェックし、その人のスキルや対応できる仕事を把握します。従って、まずは実績などをまとめたポートフォリオを作り込みましょう。

ポートフォリオを作成する場合は下記に注意してください。

  • 文字数は少なく1500〜2000字程度に納める
  • 定量的な実績が分かるように記載する

また、SNSやクラウドソーシング経由で仕事を受注する際は、プロフィールも重要です。クライアントは仕事を依頼するか決める際に、ワーカーのプロフィールを確認します。そのため、プロフィールの仕上がりによって仕事が受注できるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

受注率をあげるためには「経歴や実績」「稼働できる時間と曜日」「スキル」などプロフィールの内容は詳細に記載しましょう。また、「即日対応可能」など他の人と差別化できるような特徴があるとより仕事を受けやすくなります。

SNSマーケティングの副業をするメリット

SNSマーケティングの副業をするメリットは下記のようなものがあります。

  • 簡単な案件なら未経験でもチャレンジできる
  • スマホ1つで隙間時間に仕事ができる
  • 在宅で仕事ができる

それぞれ詳しくチェックしていきましょう。

簡単な案件なら未経験でもチャレンジできる

SNSマーケティングの副業は、簡単な案件なら未経験からでも始められるのがメリットです。資格や免許などは必要ないので、SNSの操作ができれば初心者向けの案件を受けられます。

簡単な案件は報酬が高くありませんが、未経験者が実績を積み重ねるのにおすすめです。

SNSマーケティングの副業をするうえでは、実績があると大きなアドバンテージになります。簡単な案件を数多くこなし実績を重ねれば、高単価案件も受けられるようになるでしょう。

スマホ1つで隙間時間に仕事ができる

SNSマーケティングは、基本的にスマホ1つでできる副業です。スマホなら外出先や移動中でも簡単に作業でき、本業が忙しい方でも通勤時間などを活用して副業をすることができます。隙間時間に仕事ができるのは大きなメリットといえるでしょう。

また、スマホ1台でできるということは、副業のために新しく機材などを購入する必要がありません。このように手軽に始められるのもSNSマーケティング副業のメリットです。

在宅で仕事ができる

SNSに投稿したりSNS経由で商品やサービスを販売したりするのが主な仕事なので、基本的にすべて在宅で行えるのもメリットです。企業との打ち合わせもWeb会議で行うケースが増えているため、完全在宅の副業を探している人にもおすすめです。

SNSマーケティングでフリーランスとして活動するには?

SNS運用代行や個人アカウントの運用でスキルや実績を詰めば、フリーランスのSNSマーケターとして独立できる可能性も十分あります。

副業案件と比べてフリーランス案件はスキルや経験を求められることが多いですが、その分報酬も高単価になります。また、SNSマーケティングはフリーランスに外注する企業も多いので、将来性もある仕事です。

フリーランスでSNSマーケティングを目指すなら、下記2点をチェックしておきましょう。

  • フリーランスのSNSマーケターに求められるスキル
  • フリーランスSNSマーケティングの案件例と単価相場

フリーランスのSNSマーケターに求められるスキル

SNSマーケターとして副業する際に必要なスキルは、前述でも紹介した通り「マーケティングに関するスキル」「ライティングに関する知識・スキル」「広告運用に関する知識・スキル」「コミュニケーション能力」の4つになります。

しかし、フリーランスのSNSマーケターとして仕事をする場合は、画像や動画の作成まで全て自分で行わなければならないシーンもあります。従って、下記のスキルやツールが使えるようになりましょう。

スキルツール
デザインの知識・色彩検定
・Photoshopクリエイター能力検定試験
・Illustratorクリエイター能力検定試験
画像編集スキル・Illustrator(イラストレーター)
・Photoshop(フォトショップ)
・Canva(キャンバ)
動画編集スキル・Adobe Premiere Pro(アドビプレミアプロ)
・CapCut(キャップカット)

デザインの知識や画像編集スキルを持っておけば、外注せず自分が欲しい画像を作成できます。また、動画編集スキルがあれば、Twitterに投稿する動画やInstagramに投稿するストーリーズ・リール投稿の作成に役立ちます。

仮に、画像や動画作成を外注することになっても、自分で作れる能力や知識があれば、外注先に「どういったものを作って欲しいのか」を正確に伝えられるため、「画像編集スキル」「動画編集スキル」を身につけるのがおすすめです。

フリーランスSNSマーケティングの案件例と単価相場

実際にどのようなフリーランスSNSマーケティングの案件があるのか紹介しましょう。
例えば弊社「ITプロパートナーズ」では下記のような案件を紹介しています。

案件名【SNSマーケティング/SNS運用】キャリア支援事業においてのマーケター募集
SNSマーケティングの案件単価案件単価:〜900,000 円/月
勤務地リモート
スキルSNSマーケティング, SNS運用
職種・ポジションマーケター

キャリアに特化したプラットフォームサービスを展開する企業で、Youtube、Instagram、Twitter、Facebook、TikTokの媒体を使ったSNSマーケティングを行う案件です。

応募条件として、SNSアカウントの戦略や運用経験のほか、人材系ビジネスの経験が必要です。経験者向けの案件ですが、複数の媒体でSNSマーケティングの経験を積めるので大きく成長できます。

フリーランスエージェントである弊社「ITプロパートナーズ」なら、この他にもSNSマーケティングに関する案件を多く扱っています。エージェントならではの、案件獲得におけるサポート体制も整っているので、作業だけに集中して効率的に稼ぐことができます。興味がある方はぜひお気軽にご相談ください。

SNSマーケティングの副業をする際の注意点

一方、 SNSマーケティングの副業をする際の注意点は下記のようなものがあります。

  • 業務委託として仕事を受ける場合は成果が求められる
  • 個人運用ではすぐに成果が出なくても焦らない
  • 詐欺の案件や勧誘に注意する

それぞれ詳しく紹介します。

業務委託として仕事を受ける場合は成果が求められる

業務委託として仕事を受ける場合は、必ず成果を求められます。依頼主がより成果をあげられる方に業務を依頼するのは当然のことです。

SNSの運用や広告運用をしているものの、企業の求める成果があがらないと継続的な依頼がもらえなくなるので注意しましょう。

企業とは事前に途中経過を含め、目標とする数値をすり合わせておくことも大切です。いつまでにどの程度の数字を達成するか明確にしておくことで、成果が確認しやすくなります。

個人運用ではすぐに成果が出なくても焦らない

インフルエンサーとして企業のPR依頼を受けたり、オリジナル商品を販売したりするためには、多くのフォロワーが必要です。しかし、フォロワー数を増やすのは簡単なことではありません。

個人でSNS運用をする場合は、すぐに成果が出なくても焦らずに時間をかけましょう。副業としてSNSマーケティングを始めるには、日頃から積極的に情報発信を行い、根気強く運用することが大切です。

詐欺の案件や勧誘に注意する

副業でSNSマーケティングを行う際は、詐欺の案件や勧誘に気をつけましょう。有名企業を装って案件を依頼し報酬を支払わないケースや、魅力的な勧誘をしてお金を騙しとるケースがあります。

有名でないアカウントを狙って、「簡単にフォロワーが増やせる」「すぐに高収入が得られる」といった切り口でコンタクトをとってくることが多いので注意してください。

また、SNSのフォロワー数が増えて有名になってくると、なりすましアカウントや詐欺アカウントが出てきます。これは企業アカウントでも、個人アカウントでも起こり得ます。

このようなアカウントを発見した場合、すぐに通報して対応しましょう。「鍵アカ」「怪しいリンクがついている」「フォロワーが極端に少ない」場合は、偽アカウントである可能性が高いため、特に注意してください。

まとめ

SNSマーケティングはスマホ1つでできるので、副業でも取り組みやすい仕事です。フォロワーを増やすのは簡単ではありませんが、個人アカウントの運用なら初期投資不要ですぐに始められます。

「趣味の料理について投稿していたらPR依頼が来た」など、SNSがきっかけで好きなことが仕事につながるかもしれません。まずは個人アカウントの運用からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
アバター画像
ITプロマガジン
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「ITプロマガジン」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。