HTML/CSSコーディングの副業で稼ぐには?未経験向け案件も紹介

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

HTML/CSSでの副業を考える際、「魅力的な案件が少ないから稼げないのでは?」「リモートワークや土日だけも働ける?」と疑問や諦めを感じている人は多いのではないでしょうか。

HTML/CSSはエンジニアにとって基礎となる知識・技術であるため、高度なプログラミング言語や主流となっている言語と比較して、あまり需要がないという印象があるかもしれません。しかし、HTML/CSSは未だ重要な言語であることに変わりはなく、その需要は多くの企業で認められています。しっかりとした知識と技術、そして案件の探し方を知っていれば、副業としてHTML/CSSを利用していくことはできるのです。

この記事ではHTML/CSSの副業を考えている方々に、現在の案件情報や具体的な稼ぎ方、必要スキルなどを解説します。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

Contents

HTML/CSSコーディングの副業事情とは?

HTML/CSSコーディングの業務は在宅やリモートワークが可能ですが、内容は多岐にわたるため報酬もさまざまです。ここでは、HTML/CSSコーディングの副業事情について解説します。

HTML/CSSコーディングの副業案件の特徴

HTML/CSSコーディングは、指定されたデザインになるようにHTML/CSSを使ってWebページを構築する作業です。業務内容には次のようなものが挙げられます。

  • Webサイトのページ追加、および修正や変更
  • Webサイト全体のコーディング

Webサイトの修正・変更は初心者でも受注しやすい案件です。一方、ページの追加や全体コーディングは、HTML/CSSの知識をひと通り習得している必要があります。副業では業務委託契約が一般的で、報酬は時給制、あるいは成果報酬型が多い傾向です。

HTML/CSSの副業案件数

HTML/CSSの副業は、クラウドソーシングや副業エージェントなどのサイトで見つけられます。あらかじめ絞り込んで探せばぴったりの案件を見つけることができるでしょう。

副業案件も扱うフリーランスエージェントサービスの弊社「ITプロパートナーズ」にて「HTML」に当てはまる案件を検索すると、2022年6月時点では約700件がヒットしました。

HTML/CSS案件は未経験・初心者でも副業可能

HTML/CSSコーディングの実務経験があると稼ぎやすく高単価案件を獲得しやすいのは事実ですが、多少なりともHTML/CSSの知識があれば、未経験でも案件を獲得できる可能性はあります。クラウドワークスでは、実務経験不要の案件が掲載されていました。

ただし、企業側も即戦力として外部からエンジニアを招くケースがほとんどなので、未経験であれば採用を見送られることもあります。実務経験を積んでいるほうが高単価案件を受注しやすいため、まずは即戦力として働けるだけの能力を養うことを優先しましょう。具体的には3年以上の実務経験が望ましいといえます。

これはHTML/CSSに限らず、プログラミングの副業全般において当てはまることです。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

プログラミング副業案件の稼ぎ方と現実!現役プログラマ・初心者別で紹介

HTML/CSSコーディングの副業で稼げる収入目安

HTML/CSSコーディングも稼ぐための方法を知り、それを選択できればきちんと副業として成り立たせることができます。公開されている案件を例にしながら、レベルごとに収入の目安を見てみましょう。

初心者・経験の浅い人の場合

初心者・経験が浅いコーダーの場合、副業の収入目安は5万~10万円とされています。例えば、以下の案件は時給1,000円です。

月50時間稼働したとすると、月額5万円の収入が見込めます。ただし、慣れてくると作業時間も短縮され、数をこなせるようになります。副業では案件を受注すればするほど稼げるため案件をいかに多く、継続して獲得できるどうかが収入に影響するといえるでしょう。

3〜5年程度の実務経験がある人の場合

3年以上の実務経験があり、デザインスキルなどもある場合はさらに収入アップが望めます。ITプロパートナーズに掲載されている募集案件を見てみましょう。

HTML/CSSスキルに加え、JavaScriptのサイト構築経験(2年以上)が必須スキルとして挙げられており、週2日勤務・リモートOKで月収30万円ほどが見込めます。プラスαのスキルを習得すればコーディング以外の案件も獲得できるため、幅広いジャンルを受注可能です。

5年以上の豊富な経験がある人の場合

5年以上の経験があり、プログラミング言語なども習得している場合はさらに単価が上がります。ITプロパートナーズに掲載されている以下の案件は、UI/UXデザイナー兼フロントエンドエンジニアの募集で、週2日勤務・フルリモートOKで想定月収が30万円までとなっています。

求めるスキルはHTML/CSS(SASS)やJavaScript(TypeScript)のコーディングスキルで、WebアプリケーションのUX/UIデザイン経験も求めています。副業でも案件をこなしていくことでスキルと経験が積まれ、本業以上の収入を得ることが可能です。

ITプロパートナーズでは他にも数多くのHTML/CSSコーディングの案件を扱っています。実務経験があれば、週2日の高単価案件を獲得できる可能性が高いです。ぜひお気軽にご相談ください。

HTML/CSSコーディングの副業に必要なスキルレベル

HTML/CSSコーディングで副業を始めようとするなら、当然HTML/CSSの知識は必須のスキルです。しかし、そのほかにもさまざまなスキルが求められており、保有スキルが多様なほど案件の幅が広がります。ここでは副業に必要なスキルを紹介しましょう。

コーディングスキル

Webにかかわるコーディングでは、主にHTML/CSSを使用します。HTMLはWebページの枠組みやレイアウトを作成する言語、CSSは装飾するための言語です。

これらは必須スキルであり、クライアントから指定されたデザイン通りに作成することが求められます。また、自分以外のコーダーがメンテナンスや修正を行う場合もあるため、誰が見ても分かりやすくコーディングすることも必要です。

関連言語のスキル

HTML/CSS以外では、JavaScriptがおすすめです。JavaScriptは、動的なWebページを作成するためのプログラミング言語で、ユーザーの操作に応じて動きをつけるなど、動的なコンテンツを埋め込む際に使用されます。

最近はWebサイトに求められるレベルが上がっており、JavaScriptを必要とされる場面も多いでしょう。また、必須ではありませんがPHPやRuby、Javaなどは保有していると有利な言語です。

Webデザイン・UI/UX設計のスキル

副業案件には単にコーディングするだけでなく、WebデザインやUI/UX設計などが含まれることもあります。Webデザインはコンテンツの配置や配色などを整え、サイトの見栄えを良く、UI/UX設計はユーザーが使いやすいようにサイトを設計することです。WebデザインやUI/UX設計が含まれた案件は高単価なものが多いため、スキルを身につけておくと獲得できる仕事の幅が広がるでしょう。

ツールを扱うスキル

CMSやグラフィックソフトが扱えると、さらに案件受注の可能性が高まります。例えば、WordPressやPhotoshopIllustratorDreamweaverなど。

WordPressは世界的に使用されているCMSで、サイト更新が容易に行えるため多くの企業で導入されています。Webデザインにはフォトショップやイラストレーターも活用できるため、基本機能を使えるようにしておくとよいでしょう。

HTML/CSSコーディングの副業案件を獲得する方法4選

HTML/CSSの副業で稼ぐには、4つの方法が考えられます。

以下でそれぞれの内容を確認し、自分に合った方法を選別してみましょう。

  • 1.副業・フリーランスエージェントを利用する
  • 2.クラウドソーシングを利用する
  • 3.SNSを利用する
  • 4.友人から案件を受託する

副業・フリーランスエージェントを利用する

副業エージェントは主に副業案件を、フリーランスエージェントはフリーランス向けの案件を紹介するサービスです。副業・フリーランスエージェントを利用することで、個人では難しい大手との取引や、高単価案件を紹介してもらうことができます。

また契約周りや税金周りなど、エージェントサポートが受けられるため、安心してお仕事に取り組むことが可能です。さらには在宅案件、週2案件など、こちらの要望を伝えることで、1人ひとりにあったお仕事を紹介してもらえます。

手前味噌ですが、弊社ITプロパートナーズでは

  • 高単価案件の紹介
  • 契約、税金周りのエージェントサポート
  • リモート・在宅、週2日の案件
  • 全てのサポートを兼ね備えております。

HTML/CSSを扱うエンジニアの方でフリーランスを目指す方はぜひ一度ご相談ください!

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングを利用して、HTML/CSSの案件を請け負うことも副業をする際には考えられます。クラウドソーシングでもHTML/CSSを扱えるエンジニアを求める声はあり、多数の案件が見つけられます。

ただし、自分で案件を見つけて単価交渉をする必要があるため、スムーズに副業を始められないケースもあります。また、単価が安く見積もられることもあるので、想定している額を稼げないこともあるでしょう。

クラウドソーシングを使ってもHTML/CSSの副業はできますが、請け負う際には案件の探す手間や単価交渉などが必要になることも考えておきましょう。

SNSを利用する

SNSを利用することでも、HTML/CSSの副業案件を見つけることは可能です。TwitterやFacebookから案件への応募を行ったり、逆にクライアントに働きかけて仕事を紹介してもらったりといった方法があります。

この方法はSNSの操作に慣れている人や、既にフリーランスとして知名度や実績がある人に向いています。副業を始めたばかりのときには、自分の能力を認めてもらえずになかなか契約が成立しないということもあるでしょう。

そのため、いきなりSNSだけでHTML/CSSの副業を探すのではなく、その他の方法と並行して利用するのがおすすめです。

友人から案件を受託する

友人からHTML/CSSに関する案件を受託することも副業の中ではポピュラーな方法です。会社の同僚、前の職場の友人など、パイプを持っていることはフリーランスとして働く際の強みにもなります。

HTML/CSSの副業を始めると決めたのなら、まず心当たりのある友人に連絡をして、案件を受託できないか確認してみるのもおすすめです。

HTML/CSSコーディングの副業案件獲得に使えるサイト

HTML/CSSコーディングの副業案件を獲得するには、先ほど紹介したクラウドソーシングやエージェントサービスの利用がおすすめです。ただし、経験によって使うべきサイトは異なりますので、「初心者・未経験」と「実務経験あり」のケースに分けて紹介します。

初心者・未経験者におすすめのサイト

HTML/CSSコーディングの初心者や未経験者向けのサイトを紹介します。

クラウドワークス

クラウドワークスは業界最大手のクラウドソーシングです。幅広いジャンルの案件を掲載しており、初心者・未経験OKの案件も多く取り扱っています。案件に対して複数の受注希望者が応募し、クライアントがスキルや経歴をチェックしたうえで、依頼を判断する形式です。稼いだ報酬額により5%~20%のシステム手数料がかかります。

クラウドワークス初心者の稼ぎ方と注意点!獲得しやすい仕事も紹介

ランサーズ

引用元:ランサーズ

ランサーズもクラウドワークスと同じクラウドソーシングですが、日本で初めて登場したサービスです。募集案件に対して希望者が、見積もりを提出するスタイルとなっています。

こちらもさまざまなジャンルの案件が掲載されており、初心者でも始めやすい点が特徴です。稼いだ報酬額によって5%~20%のシステム手数料がかかりますが、一定の基準を満たすと「認定ランサー」になれる制度があり、仕事を受注しやすくなるメリットがあります。

ランサーズ初心者の稼ぎ方は?獲得しやすい案件や受注ポイントを解説

ココナラ

引用元:ココナラ

ココナラは、利用者のスキルを購入してもらうタイプのプラットフォームです。自分の得意分野や長所を紹介し、利用したいクライアントが購入します。出品したからといって必ず売れるとは限りませんが、プロフィールの書き方や経験者の対処法などが掲載されているため初心者でも安心して利用できるでしょう。取引が成立すると金額によって10%~25%の手数料がかかります。

ココナラの副業の評判は?体験談や収入事例、具体的な稼ぎ方を紹介

実務経験豊富な方におすすめのエージェント

次は、HTML/CSSコーディングの実務経験がある人向けのサイトを紹介します。

ITプロパートナーズ

週5日でフルタイム勤務はしたくない、そのようなエンジニアに嬉しい週2〜3日・リモート案件が豊富なITプロパートナーズは、フリーランスエンジニアを支援する会社として先駆け的な存在です。取引者数は3,500社以上、魅力的な案件と直請けによる高額案件が豊富なのもポイント。

起業家・フリーランスの支援をするために始まったサービスのため、求められるスキルが高い分、週2〜3日、リモートワーク可などフレキシブルな働き方ができる案件が多いのが特徴です。

専属エージェントによるサポートやITプロトータルサポートで所得補償(休業保険/フリーランス協会)・確定申告代行もあり。週2〜3日で稼ぎながら、独立・起業に挑戦したい!という心構えの人におすすめのリモートワークエージェントになります。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、ヒカリエを拠点に構えるレバレジーズ株式会社が運営するエージェントサービスです。

抱えている案件数が業界内でもNo.1と呼べるほど多く、その数は常時1,100件以上。希望に沿った案件を紹介してもらえます。最も有名なフリーランスエージェントといっても過言でなく、まずはレバテックフリーランスに登録してみるという駆け出しのフリーランスエンジニアも多くみられるほど。

案件の単価も高額なものが多く、紹介分野も幅広いためどこのエージェントがよいか悩んだ場合、真っ先に検討するべきエージェントの1つです。専任コーディネーターはクライアントとの顔合わせに同席し、参画中から参画後までしっかりサポートしてくれます。

レバテックフリーランスの評判は?口コミや体験談、案件の特徴を調査

Bizlink

引用元:Bizlink

ハイクラス層に強いエンジニア案件の取り扱いがあるBizlinkは、副業支援を行うフリーランスプラットフォームです。週1案件を始め、フルタイム常駐・リモート案件など働き方を選べるので、ワークライフバランスを見直したいエンジニアにも嬉しいエージェントでしょう。

契約は直請けなので高単価案件が多いのもポイントです。Bizリンカーとして認定されると登録エンジニアにオファーも可能。他エージェントに比べてIT業界以外の案件も豊富に掲載しており、口コミでも「他ではみかけない面白そうな案件が多い」という声もあります。

しかしながら、週末での稼働になることが多いため、休日はゆっくり休みたい・趣味を楽しみたいという方にとっては不向きかもしれませんね。

HTML/CSSコーディングの副業で稼ぐために必要な準備

HTML/CSSの副業でしっかりと稼ぐためには、いくつか必要な準備があります。

特に欠かせない要素をまとめたので、HTML/CSSの副業を始めるときにはチェックしておきましょう。

  • スキルシートやポートフォリオを準備する
  • 自己分析をする
  • 面接対策をする

スキルシートやポートフォリオを準備する

HTML/CSSの副業を始める際には、自分の能力を相手に伝えるためのスキルシートやポートフォリオを準備しましょう。どのような資格や知識を持ち、これまでにどんな実績・職歴があるのかを簡単に示すことができれば、副業案件を受託しやすくなります。

言葉でじっくりと伝えられる機会があるとは限らないので、スキルシートやポートフォリオなどを作って、相手が自分のことを一目見てわかるように準備しておきましょう。

自己分析をする

HTML/CSSの副業をする際には、自己分析を行うことも大切です。自己分析を行うことで自分のアピールポイントが明確になるので、的確に副業案件に対して自分を売り込んでいくことができます。

また、自己分析をすることで自分にどんな案件が向いているのかもわかるため、応募する案件を絞り込んでいくことも可能です。さまざまなメリットがあるので、HTML/CSSの副業をするときには自己分析も忘れないようにしましょう。

自己分析をする際には、以下のようなポイントを特に深く考えるのがおすすめです。

  • 自分にどんな長所があるのか
  • どんなことなら誰にも負けないといった自信を持てるか
  • 将来どんな仕事をしたいのか
  • 今学びたいものは何か…など

上記のポイントを考えておくと、HTML/CSSの副業を獲得する際に役立つ自己分析が行えるでしょう。

エージェントを利用する場合は面接対策をする

副業やフリーランスエージェントを利用し、業務委託・請負としてHTML/CSSの副業をするのであれば、面接対策は重要です。いい加減に面接を行ってしまうと、それが自分の評価となってしまい案件を受託できなくなるケースもあります。

副業とはいえ仕事を請け負うということでは正規の仕事と変わりないので、面接でも手を抜かずにしっかりと対策をしておきましょう。

HTML/CSSコーディングの副業をする際の注意点

HTML/CSSコーディングに限らず、副業をするには就業規則や確定申告などに注意が必要です。ペナルティとならないためにもしっかりと確認しておきましょう。

副業が禁止されていないか確認する

会社で副業が禁止されていないか、就業規則などを確認しておきましょう。ルールがはっきりしないまま、黙って副業を始めることは避けたほうが無難です。バレた場合に問題となって、解雇や減給などのデメリットにつながることがあります。

まず上司などに相談をし、本当に禁止されているのか(旧来のルールが残っているだけではないのか)、特例などで許可されることはないのかを確認しましょう。あくまで会社のルールを第一に尊重し、そのうえで副業ができないか交渉することがポイントです。

確定申告の必要がある

副業をして収入があった場合には、基本的に確定申告が必要になります。給与以外の所得が20万円以上あるときには、所得税の支払いのために絶対に行わなければなりません。

給与以外の所得が20万円以下の場合は確定申告不要とされていますが、住民税申告は必要になります。住民税申告は、市役所などで手続きを行うのが通常です。

もし、報酬から源泉徴収が差し引かれているのであれば、20万円以下でも確定申告をすることで還付されるケースもあります。また、住宅ローン控除や医療費控除の適用を受けるために確定申告をする際にも、申告書への記載が必要になるので注意しましょう。

いずれにせよ、副業を理由とした申告は必要になるでしょう。

HTML/CSSコーディングの副業でよくある質問まとめ

HTMLやCSSの副業を行う際には、気になる点やわからないことも出てくると思います。

以下ではHTML/CSSを利用した副業のよくある質問をまとめましたので、最後に参考にしてHTMLやCSSの副業をする準備としてみてください。

  • 在宅・フルリモートでも可能?
  • 土日だけの副業としても可能?
  • 仕事のスケジュールはこっちで決めることはできる?

在宅・フルリモートでも可能?

HTML/CSSの副業は、在宅やリモート案件を中心に稼ぐことも可能です。「在宅可」「リモートワーク中心」といった条件を提示する副業は少なくないため、あらかじめ絞り込んで探せばぴったりの案件を見つけることができます。

特にコロナ禍の現在は、企業も労働者の健康を守るために積極的に在宅・リモートの案件を提示しています。弊社ITプロパートナーズでもHTMLの在宅・リモート案件を2022年6月現在「381件」ほどご用意しております。

土日だけの副業としても可能?

HTML/CSSの副業は、土日に絞って案件を探しても稼ぐことができます。土日に社員が休む代わりにエンジニアを募集するケースや、土日を返上して納期のために人員を募集するケースなどが考えられます。

本業の会社が休みのときにだけHTML/CSSの副業をしたいという人も、まずは該当する案件を探してみることがおすすめです。弊社ITプロパートナーズでもHTMLで土日可能な案件を、2022年6月現在「8件」ほどご用意しております。

在宅やリモートで空いた時間を有効活用したいという際にも、HTMLやCSSの副業で稼ぐことは考えられます。興味のある方はぜひご相談ください。

仕事のスケジュールはこちらで決めることはできる?

HTML/CSSの副業における仕事のスケジュールは、基本的に仕事を発注する側が決めることになります。多少の調整は可能な場合もありますが、多くはあらかじめ決められたスケジュールにそって副業をすることになるでしょう。

そのため、本業の仕事と上手く噛み合わないと、作業量が増えすぎて対応しきれなくなることも考えられます。事前に今後の本業のスケジュールを計算したうえで、副業の案件を探すようにしましょう。

まとめ:HTML/CSSコーディングの副業でも十分稼げる!

HTML/CSSを使った副業でも、十分に稼げるチャンスはあります。エージェントを上手に活用して魅力的な案件を見つけ、きちんと副業の準備ができていれば、スムーズに稼ぐための体制を作っていけるでしょう。

この機会にHTML/CSSの副業を考えている人は、その方法と準備、注意点などを確認しておいてください。

手前味噌ですが、弊社「ITプロパートナーズ」では、週2〜3日の在宅・リモートでこなせるHTML/CSSの案件が豊富にあります。また、副業(正社員で働きながらの参画)案件も数は少ないものの取り揃えておりますので、ぜひご相談ください!

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。