C#のフリーランス求人・副業案件まとめ【案件獲得方法や単価も紹介】

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

現在、人気のある開発言語の1つとしてC#があげられます。C#は業務システムやゲーム開発、Web開発や組み込み開発など幅広く使用されており、開発人口も多いのが特徴です。

しかし、C#エンジニアはフリーランスになっても仕事はあるのでしょうか。収入アップのために独立を考えていても、本当にやっていけるのか不安に思う人も多いようです。

本記事では、「C#の案件はどのくらいあるのか」「フリーランスでC#案件を獲得するにはどうしたら良いのか」などについて解説していきます。これからフリーランスになることを検討している人は、ぜひ最後までお付き合いください。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

C#の特徴

C#はマイクロソフトが開発したプログラミング言語で、2000年6月に発表されました。構文はC言語やJavaに近く、プログラミング経験があれば比較的簡単に慣れることができるでしょう。

C#の特徴は、WebアプリケーションもWindows上で動作するクライアントアプリケーションも両方作れるという点です。

従来はWindowsやOS XのOS上で動作するプログラミング言語と、Webアプリケーションを開発する言語はそれぞれ別の言語で、開発者はそれぞれの言語を学習する必要がありました。

しかし、C#を理解していればサーバーサイドとクライアントサイドの両方の開発が出来るため、エンジニアは学習コストが少なくて済みます。

C#案件の種類・仕事内容

C#はさまざまな開発現場で利用されているため、案件の幅が広いのが特徴です。ここでは、C#案件の種類や仕事内容について解説します。

ゲーム開発

C#は、ゲーム開発の現場でも利用されています。「Unity」というゲーム開発エンジンがあり、そこでC#が利用できるので、ゲーム開発で活躍しているC#エンジニアも少なくありません。

具体的な案件としては、スマートフォン用ゲームの開発案件などがあります。クライアントが用意した仕様書に沿って、ゲームを開発する案件です。クラウドソーシングでは以下のような案件があります。

業務システム開発

C#はオブジェクト指向で大規模開発に向いており、業務システム開発でも多く利用されています。製造業、建築業、小売り、医療など業種を問わず基幹システムで利用されることが多いです。

具体的な案件としては、業務システム開発のコーディングなどがあります。開発人員が足りておらず、追加でC#が使えるプログラマーを募集しているケースもあります。

Web開発

C#はWeb開発でも利用されます。Web開発とは、WebアプリケーションのプログラミングやWebシステム、WebソフトウェアなどWebサイト上で利用されるものを開発します。Web開発では、HTMLやCSS、JavaScriptのスキルも求められる場合があります。

具体的な案件としては、Webシステムのコーディングなどがあります。Web開発の場合は、開発だけでなくデザインも任せられることがあります。

C#案件は少ないってホント?案件数・求人動向

フリーランスエージェントであるレバテックフリーランスでC#の案件を検索すると、約1600件がヒットします。(2021年5月時点)

C#案件の求人動向として、在宅やリモート案件が少ないという特徴があります。その理由は、業務システム開発はセキュリティ上、業務で扱うデータや仕様が漏れるリスクを懸念し、開発はクライアント先に常駐して行うことがほとんどだからです。

実際、レバテックフリーランスでヒットした約1600件のうち、リモート案件で絞り込むと約240件まで案件数が減ってしまいます。(2021年5月時点)

ただし、新型コロナウィルスの影響もあり、この傾向は今後変わっていく可能性が十分にあります。市場動向は常にチェックするようにしてください。

フリーランス・副業向けのC#案件はどのようなものがある?

C#エンジニアとして企業で働いている人の中には、フリーランスや副業としてC#案件に取り組みたいと考えている人もいるでしょう。

ここでは、フリーランスや副業のC#案件にはどのようなものがあるのか、フリーランス案件を扱うエージェントであるITプロパートナーズに掲載されている案件を紹介します。(2021年5月時点)

週2〜3日OKな案件

副業として案件に取り組むなら、週2〜3日勤務の案件を選ぶのがおすすめです。週2〜3日OKなC#エンジニアの案件には、以下のようなものがあります。

リモート・在宅可能な案件

客先常駐案件に比べると案件数は少ない傾向にありますが、リモートや在宅可能なC#案件もあります。リモート・在宅可能なC#エンジニアの案件には、以下のようなものがあります。

客先常駐案件

フリーランスエンジニアとして働くなら、客先常駐という働き方もあります。客先常駐のC#エンジニア案件には、以下のようなものがあります。

フリーランスのC#エンジニアの年収・単価相場

フリーランスのC#エンジニアの年収や単価相場は、実務経験の年数によって異なります。大きく分けると、以下の経験年数で年収や単価相場が異なっています。

  • 実務経験1年〜2年
  • 実務経験3年〜5年
  • 実務経験5年以上

ここでは、フリーランスとして現場に参入した場合の単価相場を経験年数ごとに見ていきましょう。

実務経験1年〜2年

C#経験1年程度のエンジニアだとそこまで高単価の案件を受けることはできません。高単価の案件は愚か、通常の案件を受ける事も難しく、最低でも3年以上の実務経験が必要でしょう。

しかしながら、他の言語での実務経験が3年以上あれば、C#の経験が1年程度であったとしても50万円程度の単価を見込める場合もあります。

レバテックフリーランスでC#案件を「実務経験が浅い方OK」という条件で検索すると、募集中の案件は少ないものの、月額60万円程度の案件が見られました。(2021年5月時点)

実務経験3年〜5年

C#で3年程度の経験があると、あらゆる現場でフリーランスとして重宝されます。周辺ツールやフレームワークの扱いにも慣れている時期ですから、1人でC#を操ることができ、ある程度の生産性が期待されます。

現場や個人のスキルにもよりますが、50-80万くらいの単価が見込めます。

レバテックフリーランスでC#案件を検索すると、「実務経験3年以上」という条件で月額90万円の案件も見られました。(2021年5月時点)

実務経験5年以上

5年以上の経験があれば、80万〜120万とかなりの高単価が期待できます。実務経験5年以上になると、プログラマーとしてだけでなく要件定義や設計なども期待されることが少なくありません。

上流工程もできれば高単価が期待できるので、設計などを任される機会があれば積極的に挑戦しましょう。

レバテックフリーランスに掲載されているC#案件の中には、「実務経験7年以上」という条件のフルリモート案件で、月額85万円の案件も見られました。(2021年5月現在)

未経験からフリーランスとしてC#案件を獲得するためのステップ

フリーランスのC#エンジニアを目指す人の中には、未経験からチャレンジしてみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。残念ですが、未経験からいきなりフリーランスでC#案件を獲得するのは難しいのが現状です。

プログラミング副業

【悲報】プログラミング副業は初心者では無理?未経験は難しい現実

未経験からフリーランスのC#エンジニアを目指す場合は、以下のステップを踏みましょう。

  • 1.スキルを磨く
  • 2.実務経験を積む
  • 3.副業を始める
  • 4.独立する

ここでは、それぞれのステップについて詳しく解説します。

1.スキルを磨く

未経験の人は、まずC#のスキルを身につけましょう。C#の勉強方法は、スクールに通ったりオンラインで学習したり、さまざまな方法があります。社会人で勉強の時間があまり取れないという人は、自分の好きな時間に勉強できるオンラインスクールやYouTubeの講座などがおすすめです。

C#入門学習サービスならこれだ!C#入門学習サービス10選

2.実務経験を積む

C#のスキルが身についたら、実務経験を積みましょう。C#を使った開発を行っている企業に就職するのが一番確実です。プログラミングスクールの中には就職支援のサービスを行っているスクールもあるため、それを活用してもよいでしょう。

3.副業を始める

ある程度の実務経験を積んで仕事のやり方がわかってきたら、副業案件に取り組んでみましょう。週の勤務日が少なく、実務経験が浅くてもOKな案件を選ぶのがおすすめです。副業案件は、クラウドソーシングなどを活用して見つけます。

4.独立する

副業に慣れてきたら、独立も視野に入れてみましょう。独立しても安定した収入を得るためには、案件を継続して受注できなければなりません。副業案件を途切れず獲得できるようになれば、独立しても案件に困る可能性は低いでしょう。

独立のためには、本業や副業で人脈を作っておくのもおすすめです。

フリーランスとしてC#案件を獲得する4つの方法

フリーランスのC#エンジニアが案件を獲得する方法は、大きく分けて以下の4つの方法があります。

  • 1.知人・友人の紹介
  • 2.クラウドソーシング
  • 3.営業活動を行う
  • 4.エージェントを活用する

ここでは、それぞれの案件獲得方法について解説します。

1.知人・友人の紹介

フリーランスになりたての頃や、副業を始めたばかりの頃は、知人や友人から案件を紹介してもらうという方法があります。本業や副業で得た人脈があるなら、その人脈から案件を獲得できるかもしれません。

2.クラウドソーシング

クラウドソーシングには常に多くの案件が掲載されているため、フリーランスの案件獲得にも役立ちます。副業案件をクラウドソーシングで獲得していたという人は、フリーランスになっても同じ方法で案件を獲得できます。

3.営業活動を行う

フリーランスの案件獲得方法として代表的なのが、営業活動です。一口に営業活動といってもその内容はさまざまで、電話やメールでアプローチしたり、交流会やセミナーで人脈を作って案件につなげたりするなどの方法があります。

SNSや自分のサイトを作って情報発信をするのも、立派な営業活動です。SNSでスキルや実績をアピールしていると、SNS経由で仕事を依頼されるケースもあります。

フリーランスの営業方法8選!成功させる為のポイントや注意点も解説

4.エージェントを活用する

フリーランスエージェントを活用して、案件を獲得するという方法もあります。エージェントはフリーランスエンジニアと企業をマッチングしてくれるため、自分のスキルや希望に合った案件が見つかる可能性が高まります。

フリーランスエンジニアにおすすめのエージェント

ここでは、フリーランスエンジニアにおすすめのエージェントを紹介します。

ITプロパートナーズ

弊社ITプロパートナーズは、ITエンジニアの自立を支援することを目的としたマッチングプラットフォームです。

週2日やリモートといった条件の案件を多く取り揃えており、専属のエージェントが希望をヒアリングし、条件に合う案件を紹介します。そのため、自分のペースに合わせて始められます。

サイバーエージェントなどの大手企業の案件もあり、C#の案件も多く扱っています。エンド直の案件が多いので、高単価も期待できるでしょう。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、ITエンジニアのフリーランスに特化した案件や求人募集を紹介してくれるエージェントです。

案件を紹介してくれるコーディネーターもITに精通し、かつ最新の知識についてもキャッチアップしているので、エンジニアの立場をよく理解して案件を紹介してくれるのが特徴です。

参画中のエンジニアのフォロー体制も充実しているので、現場でのトラブルや悩みなどがあれば遠慮せずに相談するようにしましょう。

ギークスジョブ

ギークスジョブは、フリーランスエンジニア専門の大手エージェントです。15年以上の実績があり、福利厚生サービスなども利用できます。

フルリモート可能な案件や週3〜4日勤務の案件なども取り扱っているため、希望の働き方に合った案件を選べます。

クラウドテック

クラウドテックは、クラウドソーシングで有名なクラウドワークスが運営するITエンジニア向けのエージェントサイトです。

選任のキャリアアドバイザーが徹底的にサポートしてくれるので、自分の希望に見合ったC#案件が見つけられるでしょう。

クラウドワークスが母体のため、業界トップクラスの案件を誇り、「週2日」や「通勤30分以内」など細かい条件での案件探しも可能です。

C#案件で高収入を稼ぐための5つのポイント

C#案件で高収入を得るためには、以下の5つのポイントを意識しましょう。

  • 1.上流工程を経験する
  • 2.業界知識を身につける
  • 3.C#言語以外の周辺知識を身につける
  • 4.大規模システム開発の経験を積む
  • 5.資格を取得する

ここでは、それぞれのポイントについて詳しく解説します。

1.上流工程を経験する

C#のフリーランス高単価案件を受注するためには、上流工程の経験があるとよいでしょう。一般的に、開発やテストなどの下流工程よりも上流工程の方が高単価な傾向があります。

要件定義、設計などの上流工程の仕事ができれば、プロジェクト全体を俯瞰して見られるようになり、エンジニア自身のスキルアップになります。

また、単純に選択できる案件も多くなり、年収アップにつながるはずです。

2.業界知識を身につける

C#のスキルだけでなく、特定の業界の知識があればより重宝されます。特に業務システム開発の場合、業界の知識がないとクライアントの求めるニーズがイメージしづらく、設計に支障をきたす可能性もあります。

特に銀行や証券システムなど金融の世界ではその傾向が顕著です。何か1つでもよいので、特定の業界のスペシャリストになるようにキャリアを積んでいきましょう。

3.C#言語以外の周辺知識を身につける

C#案件において単価を上げるには、C#言語だけでなくツールなどの周辺知識も必要です。たとえば、業務システムではデータベースを利用するケースが多いので、C#のスキルだけでなくデータベースのスキルも求められることが多いです。

また、VisualStudioも当然使える、とクライアントは見越して発注するでしょう。Web系の開発であればJavaScriptやHTML、CSSのスキルも求められます。

データベースやツールなど、C#の開発現場でよく利用されるものについて一通りの知識があると、クライアントも安心して発注できます。

より高単価の案件を受注するために貪欲に自己投資して、C#以外の周辺知識も身に付けてください。

4.大規模システム開発の経験を積む

C#は業務システム開発にも使われるため、大規模システムの開発案件もあります。大規模システム開発では、複雑な設計や負荷分散の設計など大規模システムならではの経験が積めます。

大規模システム開発の経験は他の案件でもアピールできるため、積極的に経験を積みましょう。大規模システムは関わる人数も多いため、組織の中でうまく仕事をこなす経験や、次の案件につながる人脈などを得られるケースもあります。

5.資格を取得する

実務経験年数が浅い場合は、資格を取っておくこともおすすめです。仕事に必要な知識が得られ、クライアントにも自分が持っている知識をアピールできます。

経験が浅い人や勉強を始めたばかりの人は、基本情報技術者の資格にチャレンジしてみましょう。ITエンジニアの登竜門といわれる資格です。

C#エンジニアの資格とは?試験ごとの難易度と勉強法を調査!

フリーランスのC#エンジニアの将来性・需要

結論からいうと、C#のフリーランス案件の将来性は明るいと言えるでしょう。なぜなら、C#はあらゆる開発分野で利用されており、C#エンジニアのニーズは高く、その傾向は今後しばらく変わることは無さそうだからです。

官公庁や金融、物流など社会インフラとして重要なシステムでもC#が採用されており、このような開発案件が突然無くなる事はありません。

また、Unityの開発言語としてもC#は選択肢の1つになっており、ソーシャルゲーム開発の案件が最近は増えてきています。

Xamarinという.Netの技術でiOSやAndroidの共通機能を開発できる開発環境も登場してきたので、これからはスマホアプリエンジニアとしてC#案件が登場してくる可能性もあります。

この3つの点から考えて、C#のフリーランスエンジニアは今後しばらく活躍していけるでしょう。

とはいえ変化の早いIT業界ですから、1つの言語が出来るだけでは案件の選択肢も限られてしまいます。複数の言語や業務知識など、プラスアルファの知識を身に着けることを意識しておきましょう。

まとめ

2000年に誕生したC#は多くの現場で採用され、今もアップデートを続けています。開発効率が良いために様々な分野・現場で利用されており、C#エンジニアのニーズは今後も高まると予想されます。

高いスキルがあればそれだけ高単価が期待できるので、C#案件を多く経験し、自分のスキルを磨いて、ぜひC#エンジニアとしてフリーランスを目指してください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!