C#のフリーランスエンジニア案件が週2日から見つかる!【C#高額求人案件情報】

「C#エンジニアはフリーランスになっても仕事はあるんだろうか…」

現在、人気のある開発言語の1つとしてC#があげられます。
C#は業務システムやゲーム開発、WEB開発や組み込み開発など幅広く使用されており、開発人口も多いのが特徴です。

しかし、C#エンジニアはフリーランスになっても仕事はあるのでしょうか。
収入アップのために独立を考えていても、本当にやっていけるのか不安に思う人も多いようです。

本記事では、C#の案件はどのくらいあるのか、フリーランスでもできる案件があるのか
について解説していきます。

これからフリーランスになることを検討している人は、ぜひ最後までお付き合いください。

freelance

そもそもC#ってどういう言語なの?

知っている方も多いかと思いますが、まずは簡単にC#の全体像について理解しましょう。

C#はマイクロソフトが開発したプログラミング言語で2000年の6月に発表されました。

構文はC言語やJavaに近くプログラミング経験があれば、比較的簡単に慣れることができるでしょう。

C#は中間共通言語にコンパイルされ.Net Frameworkの共通言語ランタイム上で動作します。そのため.Net Frameworkの動作する環境であればOSを問わずプログラムを実行する事ができます。

2014年に.Net Frameworkのうち一部がオープンソース化されたことによって、OS XやLinux上でもプログラムを実行することが出来るようなっており、今後は今まで以上にC#プログラムの利用の場が広がることが期待されています。

また最近ではUnityという3Dゲーム開発用の統合開発環境の開発言語のとしても選択できたり、Xamarinという開発環境でクロスプラットフォームなスマホのプログラムの開発もできたりもするので、今までよりもコンシューマー向けの開発が増えていくかもしれません。

C#の特徴は?

このようなC#ですが、その中でも最大の特徴はWebアプリケーションもWindows上で動作するクライアントアプリケーションも両方作れるということでしょう。

従来はWindowsやOS XのOS上で動作するプログラミング言語と、Webアプリケーションを開発する言語はそれぞれ別の言語で開発者はそれぞれの言語を学習する必要がありました。

しかし、C#を理解していれば、サーバーサイドとクライアントサイドの両方の開発が出来るためエンジニアは学習コストが少なくて済みます。

C#のフリーランス案件の種類

C#はMicrosoftが開発したオブジェクト指向の開発言語であり、C++の進化形。Javaと非常によく似た性質を持つ言語です。

Visual Studioという開発環境を使用すると、GUIが豊富で直観的にアプリを作成することも可能で、言語機能やライブラリも豊富なため、開発効率がよいのが特徴です。

C#がどんな開発現場で利用されているのかを、見ていきましょう。

  • C#フリーランス案件の種類① 業務システム開発
  • C#フリーランス案件の種類②  Web開発
  • C#フリーランス案件の種類③ ゲーム開発

 

C#フリーランス案件の種類① 業務システム開発

C#はオブジェクト指向で大規模開発に向いており、業務システム開発で多く利用されています。

製造業、建築業、小売り、医療など業種を問わず基幹システムで利用されることが多いです。

業務システムの開発は多くの場合、ウォーターフォールモデルを採用しており、要件定義、設計、開発、テストといったスケジュールがきちんと決まっているので特徴です。

 

C#フリーランス案件の種類②  Web開発

C#はWEB開発でも利用されます。

Web開発とは、WebアプリケーションのプログラミングやWebシステム、WebソフトウェアなどWEBサイト上で利用されるものを開発します。

WEB開発では、HTMLやCSS,JavaScriptのスキルも求められる場合があります。

 

C#フリーランス案件の種類③ ゲーム開発

ゲーム開発の現場でもC#は利用されています。

「Unity」というゲーム開発エンジンがあり、そこでC#が利用できるので、多くC#エンジニアはゲーム開発で活躍しています。

Unityは無料で使えるため、ゲーム開発者の多くはUnityを利用しています。

C#のフリーランス案件の相場単価

C#は開発人口が多く、多くの開発現場で取り入れられていますが、実際にC#のフリーランスエンジニアの相場は経験年数によりますが、だいたいいくら程度なのでしょうか。

ここでは、フリーランスとして現場に参入した場合の相場単価を経験年数ごとに見ていきましょう。

  • C#のフリーランスエンジニア経験1年
  • C#のフリーランスエンジニア経験3年
  • C#のフリーランスエンジニア経験5年

 

C#のフリーランスエンジニア経験1年

C#経験1年程度のエンジニアだとそこまで高単価の案件を受ける事はできません。

高単価の案件は愚か、通常の案件を受ける事も難しく、最低でも3年以上の実務経験が必要でしょう。

しかしながら、他の言語での実務経験が3年以上あれば、C#の経験が1年程度であったとしても50万円程度の単価を見込める場合もあります。

 

C#のフリーランスエンジニア経験3年

C#で3年程度の経験があると、あらゆる現場でフリーランスとして重宝されます。

周辺ツールやフレームワークの扱いにも慣れている時期ですから、一人でC#を操ることができ、ある程度の生産性が期待されます。

現場や個人のスキルにもよりますが、50-80万くらいの単価が見込めます。

 

C#のフリーランスエンジニア経験5年

5年以上の経験があれば、80万〜120万とかなりの高単価が期待できます。

5年以上になるとプログラマとしてだけでなく要件定義や設計なども期待されることが少なくありません。

上流工程もできれば高単価が期待できるので、設計などを任される機会があれば積極的に挑戦しましょう。

C#でフリーランス案件をこなすメリット・デメリット

フリーランスのC#案件は高単価が期待できます。
ある程度経験積んで、早くフリーランスへと転身したい!と思う人も少なくないでしょう。

しかし、フリーランスで働くことを目指すなら事前にメリット・デメリットをきちんと把握しておく必要があります。

ここではC#エンジニアがフリーランスの案件を受注することのメリット・デメリットを紹介していきます。

  • C#でフリーランス案件をこなすメリット
  • C#でフリーランス案件をこなすデメリット

C#でフリーランス案件をこなすメリット

C#案件をフリーランスでこなすメリットは以下の通りです。

 

好きな時間・場所で仕事ができる

リモートワーク可能な案件であれば、時間や場所にしばられず自由に仕事ができます。

朝型の人は早朝の集中できる時間にコーディングすることもできますし、朝が苦手な人は
お昼から夜にかけて仕事をすることもできます。

自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるのが、フリーランスで仕事をする一番のメリットではないでしょうか。

 

会社員よりも稼げる

フリーランスでC#案件の仕事を受注すれば、会社員として働くよりも高収入が期待できます。

多くの日本の企業は年功序列型の人事評価制度を採用しており、エンジニアも例外ではありません。
そのため、どうしてもフリーランスの方と比較すると収入は低くなる傾向があります。

フリーランスであればクライアントから直接報酬が支払われるために、会社員よりも稼げるケースが多いのです。

 

案件を自分で選ぶことができる

フリーランスであれば自分でやりたいC#案件を選ぶことができます。

報酬のよい案件や得意な業種の開発など、自分のキャリアパスも考えて仕事をすることができます。

また、集中して案件を詰め込んで仕事をし、終わったら長期休暇を取る、という働き方もできます。

C#でフリーランス案件をこなすデメリット

C#案件をフリーランスで受注することはメリットだけでなく、デメリットもあります。
どんなデメリットがあるのか見ていきましょう。

 

案件が限られる

フリーランスの場合、案件が限られてしまうことがあります。

特に業務系システムの場合、会社員でないと現場に入場できないというケースは少なくありません。
企業に属していないとトラブル時に対応できない、本人が逃げてしまうというリスクがあるからです。

リモート可能な案件やWEB開発であればそれほどうるさくないですが、フリーランスだと受注できない仕事もあることは認識しておいてください。

 

収入が安定しない

フリーランスでC#案件を受注する場合、収入が安定しない可能性があります。

会社員であればエンジニアの生産性が落ちたり、案件が失注してもよほどのことがない限り、毎月決まった給与が支払われます。

フリーランスの場合は自分で仕事を取ってくる必要があるので、毎月決まった収入が得られるとは限りません。

エンジニアの能力だけでなく世の中の景気やクライアントの状況にもよりますが、フリーランスでC#エンジニアとして仕事をするなら収入が安定しないことを覚悟しておきましょう。

C#のフリーランス案件の将来性

C#のフリーランス案件の将来性は結論からいうと、明るいと言えるでしょう。

なぜならC#はあらゆる開発分野で利用されており、C#エンジニアのニーズは高く、その傾向は今後しばらく変わることは無さそうだからです。

官公庁や金融や物流など社会インフラとして重要なシステムでもC#が採用されており、このような開発案件が突然無くなる事はありません。

またUnityという高機能な3Dゲームの統合開発環境があり、Unityの開発言語としてもC#は選択肢の1つになっており、ソーシャルゲーム開発の案件が最近は増えてきています。

Xamarinという .Netの技術でiOSやAndroidの共通機能を開発できる開発環境も登場してきたので、これからはスマホアプリエンジニアとしてC#案件が登場してくる可能性もあります。

この3つの点から考えてC#のフリーランスエンジニアは今後しばらくは活躍していけるでしょう。

とはいえ変化の早いIT業界ですから1つの言語が出来るだけでは、案件の選択肢も限られてしまうので、複数の言語や業務知識などプラスアルファを身に着けることは意識しておきましょう。

C#のフリーランス在宅・リモート・副業案件ってどれくらいあるの?

C#は汎用性が高く、幅広い分野で利用されていることは理解して頂けたかと思います。
では、実際にC#のフリーランス案件はどのくらいあるのでしょうか。

フリーランス案件は、在宅などリモートでできるもの、週2回など副業としてできるものなど様々ですが、ここではフリーランス向けC#案件の現状について説明していきます。

  • 現在、C#のリモート案件はあまりない
  • 客先常駐であればC#のフリーランス案件は多い
  • 週2〜3日可能なC#の案件

 

現在、C#のリモート・在宅案件はあまりない

C#案件でリモート可能な案件はほとんどない、というのが現状です。

業務システム開発はセキュリティ上、業務で扱うデータや仕様が漏れるリスクを懸念し、
開発を行うのはクライアント先に常駐して行うことがほとんどです。

また、WEB開発の場合は仕様が固まっていないことが多く、仕様変更と開発を繰り返すアジャイル開発で行うことが多いため、クライアント先へ常駐して仕事をしてもらう方が効率がよく、リモート案件は多くありません。

しかし、新型コロナウィルスの影響もありますのでこの傾向は今後変わっていく可能性は十分になります。

市場動向はつねにチェックするようにしてください。

 

客先常駐であればC#のフリーランス案件は多い

リモート可能なC#案件はあまり多くありませんが、客先常駐であればフリーランスでも受注できる案件は多くあります。

たとえば、スマートフォンの開発や旅行会社向けWEBシステム、物流システムの開発などです。
ほとんどの場合、会社員と同じく平日週5日の勤務を求められますが、現場によってはフレックス出社のところもあります。

 

週2〜3日可能なC#の案件

フリーランス向けのC#案件でも、ほとんどの場合週5日勤務を求められ現在は週2〜3日の案件はほとんどありません。

仮に週2〜3日勤務がOKの場合もかなり高いスキルや経験が求めれれます。

しかしながら、C#案件をこなせるフリーランスの方は基本的にとても優秀な方が多くそのため、週5日フルタイムで稼働できる人材が少ないという事もまた事実です。

最近になって少しずつ企業の方もその辺りは寛容になってきているので、今後週2〜週3日のフリーランス向けC#案件は増えていくかもしれません。

C#のフリーランス案件を扱う企業ってどんなところ?

C#のフリーランス案件を受注するためにはどうしたらいいでしょうか。

現場で知り合ったエンジニアや友人からの紹介で案件を受注できるのであれば問題ありません。
信用できるし、紹介してくれる人もあなたの実力を分かっているので安心できます。
しかし、知り合いからの紹介以外で案件を受注するにはエージェントを利用することをおすすめします。

最近はITエンジニア向けのエージェントは多くありますが、その中でおすすめの企業を紹介します。

  • ITプロパートナーズ
  • レバテックフリーランス
  • クラウドテック

 

ITプロパートナーズ

スクリーンショット 2020-07-30 15.22.51

ITプロパートナーズは、ITエンジニアの自立を支援することを目的としたマッチングプラットフォームです。

週2日やリモートといった条件の案件を多く取り揃えている事や専属のエージェントが希望をヒアリングしてくれて条件に合う案件を紹介してくれるので自分のペースに合わせて始められるのも特徴。

サイバーエージェントなどの大手企業の案件もあり、C#の案件も多く扱っています。エンド直の案件が多いので、高単価も期待できるでしょう。

 

レバテックフリーランス

スクリーンショット 2020-07-30 15.32.52

レバテックフリーランスは、ITエンジニアのフリーランスに特化した案件を求人募集を紹介するエージェントです。

エンジニアの希望をヒアリングし、案件を紹介してくれるコーディネーターもITに精通し、かつ最新の知識についてもキャッチアップしているので、エンジニアの立場をよく理解して案件を紹介してくれるのが特徴です。

参画中のエンジニアのフォロー体制も充実しているので現場でのトラブルや悩みなどがあれば遠慮せずに相談するようにしましょう。

 

クラウドテック

クラウドテックは、クラウドソーシングで有名なクラウドワークスが運営するITエンジニア向けのエージェントサイトです。

選任のキャリアアドバイザーが徹底的にサポートしてくるので、自分の希望に見合ったC#案件が見つけれるでしょう。

クラウドワークスが母体のため、業界トップクラスの案件を誇り、「週2日」や「通勤30分以内」など細かい条件での案件探しも可能です。

C#でのフリーランス案件において単価を上げるために必要なこと

フリーランスのC#エンジニアとしてより仕事をする場合、より高単価の案件を受注したい!と誰でも思うでしょう。

経験を積んでスキルが上がっていけば単価を上げることも可能ですが、
ここでは具体的にどんなことができれば高単価案件を受注できるのかについて説明していきます。

  • 上流工程までの経験
  • 特定の業種の知識
  • フレームワークやデータベース、ツールなどの周辺知識

 

上流工程までの経験

C#のフリーランス高単価案件を受注するためには上流工程の経験があるとよいでしょう。

一般的に、開発やテストなどの下流工程よりも上流工程の方が単価が高い傾向になります。

要件定義、設計などの上流工程の仕事ができれば、プロジェクト全体を俯瞰して見られるようになりエンジニア自身のスキルアップになります。

また、単純に選択できる案件も多くなり、より多くの仕事ができるようになり年収アップにつながるはずです。

 

特定の業種の知識

C#のスキルだけでなく、特定の業種の知識があればより重宝されます。

特に業務システムの場合、業種の知識がないとクライアントの求めるニーズがイメージしづらく、設計に支障をきたす場合もあります。
特に銀行や証券システムなど金融の世界ではその傾向が顕著です。

何か一つでもよいので特定の業種のスペシャリストになるようにキャリアを積んでいきましょう。

 

フレームワークやデータベース、ツールなどの周辺知識

C#案件において単価を上げるにはC#言語だけでなく、ツールなどの周辺知識も必要です。

たとえば、業務システムではデータベースを利用するケースが多いのでC#のスキルだけでなくデータベースのスキルも求められることが多いです。

また、VisualStudioも当然使える、とクライアントは見越して発注するでしょう。
WEB系の開発であればJavaScriptやHTML・CSSのスキルも求められます。

データベースやツールなどC#の開発現場でよく利用されるものについては一通りの知識があればクライアントも安心して発注できます。

より高単価の案件を受注するために貪欲に自己投資して、C#以外の周辺知識も身に付けてください。

C#のフリーランスエンジニア案件が週2日から見つかる! まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はC#のフリーランスエンジニア案件についてお話しました。

2000年に誕生したC#は多くの現場で採用され、いまのアップデートを続けてきます。
開発効率が良いために様々な分野・現場で利用されており、C#エンジニアのニーズは今後も高まると予想されます。

高いスキルがあればそれだけ高単価が期待できるので、C#案件を多く経験し、自分のスキルを磨いてぜひ、C#エンジニアとしてフリーランスを目指してください。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
freelance