Javascriptの副業で稼ぐには?必要スキルや案件獲得方法を紹介

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

Web関係の仕事をしているエンジニアの中には「JavaScriptを使って副業にチャレンジしてみたい」と考えている人もいるのではないでしょうか。中には未経験から挑戦したいと考えている方もいるでしょう。JavaScriptの副業案件は多く、週1〜2日で対応できるものや未経験OKなものまで幅広い案件があります。

この記事では、実際に募集されているJavaScriptの副業案件や未経験から案件を獲得するまでのステップなど、JavaScriptの副業にチャレンジしたい人に役立つ情報を紹介します。ぜひ参考にしてください。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

そもそもJavaScriptとは?

JavaScriptは、動的なWebページを作るために使われるプログラミング言語です。Webページの作成にはHTMLやCSSが使われますが、これらは静的なページしか作成できません。一方、JavaScriptを使うとポップアップを表示させたりアニメーションを動かしたり、動きのあるページを作成することができます。

JavaScriptはブラウザ上で動作するのが特徴で、ユーザーの操作に応じてさまざまな処理が可能です。例えば、マウスカーソルを合わせると画像が表示されたり、お問い合わせフォームからメッセージを送信したりできるWebページは、JavaScriptが使われています。

このように、わたしたちが普段利用しているWebサイトの多くが、JavaScriptを使って作られています。

JavaScriptの副業案件の基本知識

ここでは、JavaScriptの副業案件について基本的な情報を紹介します。はじめに、以下の基本情報を把握しておきましょう。

JavaScriptの副業の業務内容

JavaScriptを使った副業案件で多いのが、次の3つです。

  • アプリ開発
  • ECサイトの作成
  • システムツールの開発

JavaScriptはWebページだけでなく、ブラウザ上で動くアプリやスマートフォンのアプリを開発することも可能です。そのため、アプリ開発の副業案件が募集されていることがあります。

ECサイトの作成やシステムツールの開発案件もあり、既存ECサイトのリニューアルや業務システムの開発などの案件で、JavaScriptを使える人を募集しているケースもあります。

JavaScriptの副業案件の単価相場

JavaScriptの副業案件はLPのコーディングからシステム開発まで、さまざまな規模の案件があります。大手クラウドソーシングサイトのクラウドワークスでJavaScript案件を検索したところ、LP作成案件では5000円から1万円程度のものが多く見られました。(2021年6月時点)

一方、サイトやシステムを構築する案件は30〜50万円のものが多く、中には100万円の案件もあります。受注する案件の規模によりますが、コンスタントに副業案件を受注できれば副業だけで年間数十万円、大きな案件を受注できれば年間100万円以上稼げる可能性もあるでしょう。

JavaScriptの副業案件件数と求人動向

「JavaScript」というキーワードで案件を検索したところ、クラウドワークスは2,338件、ランサーズは154件ヒットしました。(2021年6月時点)

掲載されている案件の内容をみてみると、Webサイト制作やLPのコーディングなどの案件が多くみられます。必要なスキルとして、JavaScript以外にPHPやHTMLといったほかの言語が指定されているものもあります。

【目的別】JavaScriptの副業案件例

一口に副業案件といっても、希望する条件は人によってさまざまでしょう。ここでは、実際に募集されている案件を目的別に紹介します。(2021年6月時点)

週1〜2日からできるJavaScriptの副業案件例

本業の合間に取り組む副業は、勤務日数が多いと対応が難しいでしょう。本業が忙しい人は、週1〜2日からできる案件を選ぶのがおすすめです。以下の案件は、弊社ITプロパートナーズが取り扱っています。

どちらも勤務日数が少なくフルリモート可能な、副業で取り組みやすい案件です。

弊社では週2日〜30万円以上のJavaScript高単価案件を数多く掲載しております。「週末を使って副業したい」「今よりも高単価な案件を獲得したい」と考えている方はぜひお気軽にご相談下さい。

在宅・リモートでできるJavaScriptの副業案件例

帰宅後や休日に対応しやすいのは、在宅・リモートでできる副業案件です。以下の2件はどちらもリモート可能な案件ですが、想定月収40〜50万円の高収入が見込める仕事です。こちらの案件も、ITプロパートナーズに掲載されています。

土日でできるJavaScriptの副業案件例

平日は本業で手一杯だという人は、土日でできる副業案件を選びましょう。クラウドワークスには、以下のような稼働日が固定でなく休日に対応できる案件も掲載されています。

未経験でもできるJavaScriptの副業案件例

中には、未経験からJavaScriptの副業案件にチャレンジしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。JavaScript未経験の場合は、以下のようにJavaScriptを使った開発経験を必須としていない案件に応募してみてください。こちらもクラウドワークス掲載案件です。

ただし、基本的には全くの未経験で案件を獲得するのは難しいのが現実です。まずはスキルを習得しておくのが望ましいです。

プログラミング副業

【悲報】プログラミング副業は初心者では無理?未経験は難しい現実

高単価なJavaScriptの副業案件例

ITプロパートナーズでは、高単価な案件もたくさん取り扱っています。以下のように想定月収80〜100万円の案件もあり、受注できれば副業だけで年収の大幅アップが見込めます。

フリーランスにおすすめなJavaScriptの副業案件例

現役エンジニアの中には、独立してフリーランスになりたいと考えている人もいるでしょう。フリーランスなら、以下のように週3〜5日勤務の案件も検討してみてください。こちらもITプロパートナーズ掲載案件です。

JavaScriptの副業案件を獲得するために必要なスキルとは?

JavaScriptの副業案件を獲得するには、主に次の3つのスキルが必要です。

  • Webアプリ開発スキル
  • ECサイト開発スキル
  • システム開発スキル

ここでは、この3つのスキルについて具体的に解説します。

Webアプリ開発スキル

JavaScriptの副業案件はWebに関わるものが多いです。そのため、HTMLやCSS、PHPなどJavaScript以外の言語も必要になることがほとんどです。使える言語が多いほど獲得できる副業案件の幅が広がるため、JavaScript以外のWeb系技術も習得しておきましょう。

ECサイト開発スキル

ECサイトの開発案件は規模が大きく単価の高い案件もあるため、対応できるスキルがあると収入アップが期待できます。ECサイト開発には、ユーザーが使いやすい魅力的なサイトを実装できるスキルが必要です。CSSを使ったデザインスキルに加え、MySQLやApachといったサーバーサイドのスキルも身につけておきましょう。

システム開発スキル

システム開発の案件を獲得するためには、PythonやJavaといったプログラミング言語も求められます。そのほか、サーバーサイドでJavaScriptを動かすNode.jsなどが使えると、さらに獲得できる案件の幅が広がるでしょう。

未経験からJavaScriptの副業で稼ぐまでのステップ

未経験の場合、いきなりJavaScriptの副業案件を獲得することは難しいでしょう。未経験からJavaScriptの副業案件を獲得するには、次のステップを実践してみてください。

  • 1.スキルを習得する
  • 2.ポートフォリオを作成する
  • 3.案件を獲得する

以降で、それぞれの内容について詳しく解説します。

1.スキルを習得する

はじめに、JavaScriptが使えるようにならなければなりません。未経験者がスキルを習得するには、スクールや独学といった方法があります。現役エンジニアが講師を務めるスクールもあるため、より実践的なスキルを身につけたい人はスクールがおすすめです。独学で勉強したい人は、わかりやすく解説した動画や書籍などを活用しましょう。

企業に就職して、スキルと実務経験を同時に得るのもひとつの方法です。先輩や上司からサポートを受けながら実際の案件に取り組めるので、現場で役立つスキルを早く習得できます。

2.ポートフォリオを作成する

副業案件を獲得するには、相手に自分の実力を知ってもらう必要があります。自分のスキルや実績をクライアントにわかりやすく伝えるためのポートフォリオを作成しましょう。魅力的なポートフォリオを用意すると、それを見たクライアントから依頼がくることもあります。

3.案件を獲得する

ポートフォリオを作成したら、案件獲得のための行動を起こしましょう。はじめは、クラウドソーシングなどで比較的規模の小さな案件に提案していくのがおすすめです。そのほか、知人の紹介やエージェントなどを活用するという方法もあります。

案件獲得方法については次で詳しく解説するので、そちらも参考にしてください。

JavaScriptの副業案件を獲得する方法

ここでは、JavaScriptの副業案件を獲得するための方法を紹介します。案件を獲得する代表的な手段は、次の4つです。

  • 知人・友人の紹介
  • クラウドソーシング
  • 営業活動
  • エージェント

それぞれの方法について、具体的にみていきましょう。

知人・友人の紹介

副業を始めたばかりの人やフリーランスになりたての人は特に、知人や友人から案件を紹介してもらうのがおすすめです。JavaScriptのスキルがあって副業を始めたことを周囲に伝えておけば、案件を紹介してくれる人がいるかもしれません。

知人や友人経由で案件を獲得した場合は、クライアントに不誠実な対応をしてしまうと自分だけでなく紹介してくれた人の顔にも泥を塗ることになります。どの案件でも誠実に対応すべきですが、知人や友人からの紹介案件は特に気を引き締めて対応しましょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシングには常時たくさんの案件が掲載されています。副業で対応できる小規模な案件もあるため、対応できそうな案件が掲載されていないかチェックしてみてください。

求められるスキルは案件によってさまざまなので、ひとつの案件が終わったら次は少しスキルレベルや報酬の高い案件にチャレンジしてみるなど、徐々にステップアップしていくことも可能です。

クラウドソーシングおすすめ9選!初心者が副業で稼ぐ具体的な方法を紹介!

営業活動

積極的に営業活動を行えば、案件獲得のチャンスはさらに広がります。営業活動といっても内容はさまざまで、一般的にイメージするメールや電話での売り込みはもちろん、ポートフォリオの作成やSNSでの発信なども営業活動の一環です。より多くの人に自分のことを知ってもらい、案件獲得に繋げましょう。

また、新規開拓だけでなく、以前仕事をしたクライアントに「現在困っていることはないか」と連絡してみるのもひとつの方法です。

フリーランスの営業方法8選!成功させる為のポイントや注意点も解説

エージェント

「営業力に自信がない」「本業が忙しくて営業している時間がない」などの場合は、エージェントの活用がおすすめです。エージェントを使うと、自分の希望にあった案件を紹介してくれます。大手企業の案件など、エージェント経由でなければ獲得できないものもあるため、エージェントの利用も積極的に検討してみてください。

全50社比較!フリーランスエンジニア専門おすすめエージェント【目的別】

フリーランスのJavaScriptエンジニアにおすすめのエージェント

フリーランスのためのエージェントはたくさんあり、どのエージェントを利用したらよいのか迷っている人もいるでしょう。ここでは、フリーランスのJavaScriptエンジニアにおすすめのエージェントを3社紹介します。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ

弊社ITプロパートナーズは、IT起業家やフリーランスをサポートしてくれるエージェントです。週2日から働ける案件も多く、柔軟に働きたい人や、まずは副業から始めたいという人にもおすすめです。

スタートアップやベンチャー企業の案件もあり、トレンド技術を使って仕事をしたいという人にも適しています。仲介会社を挟まないため、高単価な案件が多いのも特徴です。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、取引社数5,000社以上の大手エージェントです。大手企業からの直接案件も多く、業界トップクラスの高単価を実現しています。

案件参画中のフォローも手厚く、案件が終了する場合は次の案件を提案してくれるなど、安定した収入が得られるようにサポートしてくれます。「レバテックケア」という独自の福利厚生パッケージが用意されているのも特徴です。

ギークスジョブ

ギークスジョブは、年間契約数12,000件以上(2020年4月〜2021年3月)の日本最大級のエージェントです。ITフリーランスのための無料オンラインセミナーや独立相談会を開催しており、これからフリーランスを目指すはこれらのセミナーを利用してもよいでしょう。

大手企業からベンチャー企業まで、多くの企業と取引実績があるため、希望に沿った案件を見つけやすいのもメリットです。

副業に活かせるJavaScriptの資格

資格を持っているとスキルレベルを客観的に証明できるので、JavaScriptに関する資格を取得するのもおすすめです。おすすめのJavaScriptの関連資格は、以下の2つです。

  • CIW JavaScript スペシャリスト
  • HTML5プロフェッショナル認定試験

JavaScript以外の知識が必要な資格など種類が幅広いため、自分のスキルレベルに合った資格を探してみてください。

JavaScriptの資格で人気なのは?難易度や勉強法を解説!

JavaScriptの資格で人気なのは?難易度や勉強法を解説!

JavaScriptの副業案件に関する注意点

JavaScriptの副業案件にチャレンジする際は、JavaScript以外の技術も求められるという点に注意が必要です。案件獲得のために必要なスキルとしても紹介しましたが、JavaScriptを使う案件はHTMLやPHPなどその他の言語が必要なケースが少なくありません。

Web制作に関わるなら、サーバーサイドの知識やスキルが求められることもあります。より多くの案件獲得を目指す場合は、JavaScript以外のスキルも身につけておきましょう。

JavaScriptエンジニアの将来性・需要

Webサイトの作成からスマホアプリの開発まで多くのシーンで使われるJavaScriptは、需要の高い言語です。インターネット需要が高まっている中、ほとんどのWebサイトで使われているJavaScriptは今後も必要とされる技術でしょう。

そのため、JavaScriptエンジニアは将来性のある職種といえます。ただし、IT業界は次々と新しい技術が登場しているので、常に最新の情報をチェックしておくことも大切です。

まとめ

JavaScriptを使った副業について、具体的な案件や必要なスキルについて紹介しました。JavaScriptは需要の高い技術のため、副業でも十分な収入を得られる可能性があります。Web関連のスキルを持っている人は、ぜひJavaScriptの副業にチャレンジしてみてください。

クラウドソーシングやエージェントを活用すると、幅広い案件の中から自分に合ったものを探せます。ITプロパートナーズでは、副業でも対応できる週2〜3日勤務の案件やリモート可能な案件も多く取り扱っているので、ぜひご活用ください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!