HTMLの資格「HTML5プロフェッショナル認定試験」とは?おすすめの勉強方法を解説!

こんにちは。ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

Webコンテンツ開発のエンジニアが取得すべき資格の中でも、Webコンテンツ制作の基礎と、最新マルチメディア技術に対応した開発・設計能力を認定するHTMLの資格が「HTML5プロフェッショナル認定試験」です。

私たちが利用するデバイスはPCをはじめ、スマートフォンやタブレット、スマートウォッチなどスペックや画面サイズもさまざまです。

それに合わせて、ホームページやブログサイトなどのコンテンツはマルチデバイス対応が標準化しています。Webコンテンツ制作のエンジニアは、時代に合わせてスキルを対応させなければなりません。

そこで今回は、「HTML5プロフェッショナル認定試験」について、試験の種類やその内容、学習方法や資格の価値について紹介します。

freelance

HTMLの資格「HTMLプロフェッショナル認定試験」とは?

試験の種類 ・Level.1

・Level.2

運営団体 LPI-JAPAN オープンテクノロジー技術者認定機関
公式サイト https://html5exam.jp/

HTML5プロフェッショナル認定資格とは、LPI-Japan(特定非営利活動法人エルピーアイジャパン)が運営する、Webコンテンツ開発エンジニアを対象とした資格です。

試験の種類「Level1」と「Level2」に分かれており、以下のような内容に分かれています。

  • Level1:Webコンテンツ制作における基礎
  • Level2:システム連携と最新のマルチメディア技術に対応したコンテンツ開発・設計

Level2は、Leve1認定を保有した上で取得できる上位の資格です。それぞれの認定有効期限は5年で、国家資格のように半永久的に有効な資格ではありません。

「HTML5プロフェッショナル認定試験」は、知識を問うだけの資格ではなく、プロジェクトの実際の現場で活躍できるスキルを重視した資格試験ですので、ソースコードの分析力や、スマートフォンを含めた最新技術に関する出題が多いことも特徴です。

Level別の試験の対象者は以下を参考にしてください。

  • Level1:Webデザイナー、マークアップエンジニア、Webディレクター、Webシステム開発者
  • Level2:Webアプリケーション開発プログラマー、マークアップエンジニア、ディレクター、プロデューサー

Webアプリケーション分野は今後の需要が期待されるため、広い範囲で認められる資格となるでしょう。

Level.1

受験料 ¥15,000(税別)
試験時間 90分(機密保持契約とアンケートの時間を含む)
合格率 不明
受験環境 指定の受験会場
解答方法 コンピュータベーストテスト(CBT)

※団体受験用:ペーパーテスト(PBT)も実施

Level1では、HTML5を使ったコンテンツ制作の基礎知識を習得し、標準仕様に沿ったマルチデバイス対応の静的コンテンツ制作スキルを認定します。

ほとんどのデバイスはHTML5に対応していますので、HTML5の基礎知識を習得し、マルチデバイスに対応するレスポンシブなコンテンツ制作や、大規模サイトをいかに効率よく作成するかというスキルは非常に重要です。

Level1の試験を受験することで、そのプロセスを経験することができますので、プロジェクトの現場でも有用な経験を体験できます。

Level.2

受験料 ¥15,000(税別)
試験時間 90分(機密保持契約アンケートの時間を含む)
合格率 不明
受験環境 指定の受験会場
解答方法 コンピュータベーストテスト(CBT)

※団体受験用:ペーパーテスト(PBT)も実施

Level1が静的コンテンツだったのに対し、Level2では動的なコンテンツも対象となります。動的なWebアプリケーション開発を行なうにあたり、Javascriptをはじめとしたオブジェクト指向の知識が必要です。

また、ハードウェアを意識したパフォーマンスのよいWebアプリケーションの設計や、システム間の通信制御に関する設計スキルも問われます。

どのようなAPIが存在するのか、そしてAPIの利用シーンの把握、HTML5でどのようなコンテンツを実現することができるのかといった、ディレクターやプロデューサー視点のスキルを認定します。

HTML5資格取得のための勉強法

HTML5プロフェッショナル認定試験へ向けての勉強方法としては、学習教材としてHTML5の認定教材があります。
自身が取得するレベルに合わせて選定してください。

  • 参考書
  • 問題集
  • 学習サイト

参考書

参考書は「マイナビ出版」「秀和システム」「翔泳社」が認定教材で、それぞれの出版社がLevel1とLevel2に対応しています。

HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 対策テキスト&問題集 Ver2.0対応版

Ver2.0に対応したマイナビ出版の参考書です。

各省の最後に問題集が用意されていますので、章ごとのテキストをしっかりと確認しましょう。テキストでは、用語説明や補足説明もしっかりと記載されていますので、出題ポイントもわかります。

また、単行本のほかに電子書籍にも対応しています。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1攻略テキスト

秀和システムから出版されている参考書です。

分かりやすい表現やHTMLのイメージ画面もあるのですが、誤表記や誤植などが多いことからメインの参考書としてではなく、Ver1.0とVer2.0との差分を確認するための補足資料として利用できます。

HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集 Ver2.0対応版

マイナビ出版から出ている参考書です。「レベル1」から出版されていますので、同じリズムで学習できます。

Level2では、JavaScriptの割合も多くなり、実際のプログラミング経験も必要です。

そのため本書では2部構成に分かれており、Chapter1ではHTMLとCSS以外のプログラミングに触れたことがない人を対象として、JavaScriptの基礎や利用例についてしっかりと解説されています。

Chapter2で、HTML5資格の出題範囲を網羅します。もちろん、確認のための問題集もありますので、合わせて理解度を確認しましょう。

問題集

問題集を使ったHTMLの勉強法について解説してください。

問題集についても、認定教材があります。基礎的な知識や試験傾向を参考書で学習した後は、問題集に繰り返し取り組み、試験対策として活用しましょう。

HTML教科書 HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 スピードマスター問題集 Ver2.0対応

翔泳社が出版する問題集です。

Ver2.0に対応しており、Level1の出題範囲を完全網羅しています。模擬試験も提供しており、本書に掲載されている1回分と、ダウンロード特典として1回分の合わせて2回分を利用できます。

重要度も表示されていますので、試験直前に重要度の高い問題だけを解くといった使い方もできます。

HTML教科書 HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 スピードマスター問題集 Ver2.0対応

翔泳社が出版する「レベル2」の問題集です。

「レベル1」の問題集と同じ作りで、テンポのよい学習ができます。また、レベル1と同様に模擬試験も提供しており、書籍本体掲載の試験とダウンロード特典の2回分が利用可能です。

学習サイト

「HTML5プロフェッショナル認定試験」を学習する手段は、書籍だけではありません。Webのオンライン学習サイトでも問題集を解くことができます。
以下は、公式サイトでも紹介されている認定教材の学習サイトです。

最強WEB問題集HTML5プロフェッショナル認定資格 レベル1(v2.0)

Ver2.0に対応している、オンライン問題集です。

470問以上を掲載しており、実際の試験で出題されたソースをWebページのサンプルとともに解説してます。PCはもちろん、スマートフォンからも利用できるため、いつでも問題集を繰り返し学習可能です。

Webサイトの問題集ですので、問題を解いた結果を記憶して、「金」「銀」「胴」というランクづけにより弱点である問題を効率的に出題する機能を持っています。

最強WEB問題集HTML5プロフェッショナル認定資格 レベル1(v1.0)

Ver.1.0に合わせた試験問題を約450問収録しています。Ver2.0対応の学習と合わせて、多くの問題を繰り返し解くためのサポートとして活用できます。

HTML5の資格を取る価値はある?

HTML5は現在、幅広いデバイスに対応しています。PCはもちろん、スマートフォンやタブレット、カーナビにも利用されるスキルなので、需要の高い資格と言えます。

「HTML5プロフェッショナル認定試験」は、このようにマルチデバイスに対応するコンテンツ開発のプロジェクトでは大きく評価されるスキルです。

また、資格名だけで評価されるのではなく、資格取得するために学習した工程は、プロジェクトでも大いに活かされる経験なのです。

ディレクターやプロデューサーというポジションでは、Level2の資格取得を目指す人も増えており、Web資格の中でも人気のある資格と言えるしょう。HTML5が主流になった現代では、エンジニアとしての需要や将来性に関わる価値のある資格です。

就職・転職は有利になる?

「HTML5プロフェッショナル認定試験」の公式サイトでは、「HTML5全員取得」を推進する企業が紹介されていますが、そこには大手企業も名を連ねており、資格が重要視されていることがわかります。

これからIoTなどの普及に伴い多様なマルチデバイスの開発が予想される中、HTML5を利用した開発も増えていくでしょう。

今後Webコンテンツ開発などを目指す人にとって、就職でも転職でも有利になるといえます。

例えば面接では、資格取得に向けて得た知識は技術の深い部分で話題を作れますし、自分には何ができるのかを明確に示すことができます。

まとめ:HTMLの資格は今後の需要にマッチしている

HTMLの資格は、今後HTML5のコンテンツが拡大する中で、需要とマッチした資格だといえます。

これまでのWebアプリケーションなどもHTML5へのリニューアルが行なわれるでしょう。また、新たなコンテンツはHTML5で設計されマルチデバイスに対応します。

HTML5の資格を取得しておくことで、その工程がイメージできるようになります。プロジェクトを指揮するディレクターやプロデューサーも、自身のスキルを示す物差しとして有意義な資格といえるでしょう。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
佐久森

佐久森

元ITインフラエンジニアで現役テックライター。暗号資産やブロックチェーン技術のライティングからIT技術全般を幅広く書く。福岡出身東京在住。
freelance