コロナの影響で需要が急増するリモートワークのR案件について紹介

コロナウイルスによって今までエンジニアをされていた方はリモートワークでの働き方が促進され、エンジニアの働き方もだいぶ変化してきています。

一方でエンジニアではない方でも最近だと流行のプログラミング教室などに通い副業でもプログラミングをやる方が増えてきました。

その中でも技術のトレンドとも言えるAIやビッグデータなどに携わりたいと考え、データ分析や統計学にに特化したプログラミング言語Rを学ぼうとしている人も多いと思います。

今回は数多くあるプログラミング言語の中からR言語のリモートワーク案件の現状と将来性について紹介していきます。

freelance

そもそもRのリモートワーク案件ってあるの?

プログラミング言語によるリモートワーク案件は確実に増えていますが、R言語によるリモートワークの案件はほとんどないと考えて良いです。

理由としては主に下記の3点が挙げられます。

  • 特化言語である
  • 機密データを用いる
  • 市場とマッチしていない

 

特化言語である

R言語は統計解析を目的として作られた言語のためデータ解析や統計学を用いた処理しかできず、汎用性がないことが案件の少なさの原因となっています。

リモートワークに限らずエンジニアの案件としては、PythonやJavaといった汎用性の高い言語の方が多い傾向にあります。

 

機密データを用いる

1つ目の理由の統計解析を目的としているという点からR言語では大量のデータを扱い、解析する案件が多く、リモートワークのように社外に機密情報を持ち出すことはセキュリティ上、非常に危険性が高いため案件が少ない原因となっています。

案件があったとしても強固なセキュリティのある場所での案件となるため、リモートワークでの作業は厳しいです。

 

市場とマッチしていない

最後に市場とマッチしていない点についてですが、確かにAIやビッグデータが技術面で流行っていますが、民間企業では主にPythonがその市場を占めており、R言語の案件はPythonに比べて多くありません。

もちろん案件が0という訳ではありませんし、実際に現場で使われることもありますが、R言語はどちらかというと研究などのより専門的な分野での活躍する機会の方が多いです。

年々上昇するリモートワークでのR案件のニーズ

リモートワークにおけるR言語の案件はほぼないのが現状ですが、フリーランスによるR言語のニーズ自体は年々上昇しています。

R言語における現状のニーズと今後の動向について下記のポイントを抑えておきましょう。

  • データ解析に特化したアルゴリズムを保持
  • エンジニアよりはデータサイエンティスト向け
  • Pythonとの違い

 

データ解析に特化したアルゴリズムを保持

R言語は特化言語であるため、統計・データ解析を専門とする案件が多いです。

R言語にしかないアルゴリズムやライブラリが充実しているので、他の言語よりも簡単に解析することができます。

 

エンジニアよりはデータサイエンティスト向け

エンジニアは一般的にいうと物づくりをするイメージですが、R言語は物づくりというよりはデータサイエンスをメインとしているのでデータサイエンティストやデータアナリストといったような人たちが使うことが多いです。

今後AIやビッグデータを活用する市場が繁栄していくことを予想すれば、R言語を使用するエンジニアやデータサイエンティスト、データアナリストの需要は更に加速していくと言えます。

 

Pythonとの違い

同じく統計・データ解析で用いられるPythonとの違いについてもきちんと理解しておきましょう。

どちらも統計・データ解析で用いられる言語ですが、Pythonは解析以外にもアプリケーションの作成も可能なため汎用性があり、AIや機械学習の分野ではR言語よりもPythonの方が使いやすいです。
逆に先ほども記述したとおり、統計解析において独自のアルゴリズムがあるため、統計学的な分野ではR言語の方が使いやすいです。

リモートワークでのR案件の報酬相場は平均よりも高単価

フリーランスでのR言語案件の報酬相場は平均よりも高単価となっており、開発経験年数毎の報酬相場を下記にまとめました。

■ 開発経験年数1年目
50万〜60万円/月
600〜720万円/年

■ 開発経験年数2年目
55万〜70万円/月
660万〜840万円/年

■ 開発経験年数3年目
65万〜75万円/月
780万円〜900万円/年

■ 開発経験年数4年目
70万〜85万円/月
840万〜1020万円/年

■ 開発経験年数5年以上
85万〜100万円/月
1020万円〜1200万円/年

開発経験年数が上がれば上がるほど報酬もあがる傾向にあり、4年以上の経験があれば年収1000万円も狙える報酬相場となっています。

なぜリモートワークのR案件が高単価なのか

フリーランスでのR言語案件の報酬相場は他の言語と比べても高単価になります。

その理由は下記のような特徴があります。

  • 専門性の高い
  • 今後の市場動向がマッチ

 

専門性の高い

R言語エンジニアは単にR言語でコーディングができればいいという訳ではありません。
方法としてR言語を使うだけで目的は統計学やデータ解析といったロジックが理解できなければいけません。

そのため、プログラミング初学者にはあまり向いておらず、ある程度のIT業界での経験がある方が扱うことが多いため、高単価な案件が多くなっています。

 

今後の市場動向がマッチ

人工減少や有識者のリタイアなどを考えると2030年には79万人のITエンジニアの人材が不足すると考えられており、その中でも特にAIや機械学習、データ解析といった分野のエンジニアの需要が高まるとされています。

このような市場動向の特徴から必然的に報酬相場も高単価になっていきます。

リモートワークのR案件を探す方法

リモートワークでのR案件はほとんどないため常駐型の案件を探す方法を紹介します。

しかしながら、昨今のコロナ影響で、Rでのリモートワーク案件もまた増えている事は事実なので、ぜひこれから紹介する方法で探してみてください。

  • エージェントを利用する
  • 直営業する
  • SNSを利用する

 

エージェントを利用する

エージェントを利用するメリットは企業との仲介役を担ってくれるため営業が必要ないという点です。

デメリットはエージェントに仲介料が発生してしまうため単価が下がってしまう点です。

契約書面などの面倒な手続きもエージェント経由で対応してくれるので初めて案件を獲得する場合はエージェントを利用するのが一般的です。

手前味噌ですが、弊社サービス「ITプロパートナーズ」でも数多くのR案件を取り揃えておりますので、ぜひご相談ください。

 

企業に直営業する

企業のホームページや直接会社へ行ったりと営業して自分を売り込む方法です。

メリットは企業に個人を知ってもらいやすく、今後の継続案件にも繋がる可能性があります。

もちろんエージェントを経由していないので仲介手数料がかかる心配もありません。

また単価や勤務日数の交渉も直接できるため自分が納得できるまで案件を探すことができます。

デメリットは営業力がないと自分を売り出せないことと都心でないとなかなか機会がないということです。

 

SNSを利用する

R言語の案件では珍しいですが、SNSを利用することで案件獲得に結びつくプログラミング言語もあります。

SNS時代で簡単にいろんな人とコンタクトが取れるので、有名企業で検索して自分を売り出すのもありでしょう。

ただし、SNSでは信頼が大切なので日頃から運営して自分が何者であるかわかるような運用が必要になります。

より高単価でリモートワークのR案件を獲得する方法

元々高単価なR言語の案件ですが、より高単価で案件を獲得する方法があります。

  • パッケージを用いた開発経験
  • SQLの知識
  • 導入する業界の知識

 

パッケージを用いた開発経験

R言語には様々なパッケージがあります。

求人サイトでR言語による案件を探してみると指定のパッケージで開発経験がある方を優遇という条件もあるので、学習の際にいろいろなパッケージについて触れておくことも大切です。

 

SQLの知識

R言語を用いる際は、データベースへのデータ編集や加工の作業が必要になることが多いため、SQLの知識を有していると報酬単価を上げることができます。

またSQLの知識を有していて設計から携われればより重宝される人材となれます。

 

導入する業界の知識

R言語を用いて統計・データ分析する場合は金融や医療、教育などの他業界の場合が多く、各業界について専門的な知識を兼ね備えていると開発スキルのみならず、市場で差別化することができます。

単にR言語が書けるだけでなく、ITスキルに付加価値をつけることができれば、単価のアップが期待されます。

Rのリモートワークで注意すべき点

R言語において注意すべき点をいくつか紹介します。

  • リモートワークか要確認
  • R言語の検索方法

 

リモートワークか要確認

基本的にR言語を用いたリモートワークはないと考えた方が良いです。

そのため、リモートワークで検索して案件があったとしても常駐型のものがほとんどなので案件を獲得する際は注意が必要です。

 

R言語の検索方法

サイト検索などする場合は、Rだけでは抽象的すぎてプログラミングのRであることがわかりにくいので、「R言語」といったように検索すると調べ物が見つかりやすいです。

まとめ:リモートワークでの案件は少ないが需要は上昇中

今回はリモートワークでのR言語の案件の特徴やニーズについて紹介しました。

結論を振り返ると、リモートワークでのR言語案件はほとんどないのが現状です。

しかし、フリーランスとしてのR現gの案件は年々上昇しており、これからAI、機械学習、ビックデータなどの統計・データ解析が繁栄していく市場の動向からしてもR言語エンジニアの需要は高まっていきます。

現状ではセキュリティ上リモートワークでの案件はほとんどありませんが、将来的にセキュリティがより強化ものとなった際にはR言語でのリモートワークも可能となるでしょう。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
freelance