フリーランスが仕事を獲得するなら、ホームページ制作は必須!その理由とは?

Piggy bank and is stacked coins
The following two tabs change content below.
Rook

Rook

システムエンジニアからWebエンジニアに転身したキャリアとエンジニアマネージャの経験を踏まえ、昨年独立したばかりのフリーランスエンジニア。ITコンサル/IT講師/ITライターをメインに活動しつつ、独立を契機に趣味でプログラミングを再開し、Swiftと格闘中。ブログの最後を名言で締めくくる名言好き。
Rook

最新記事 by Rook (全て見る)

こんにちは。

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。
こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

エンジニアやデザイナーなど、いずれの業種においてもフリーランスとして生きていくには案件を探していかなければなりませんよね。

今回は特にWebエンジニアやWebデザイナーとして、フリーランスで独立起業している人向けのノウハウ情報になります。

具体的にどんな獲得方法があるんでしょうか?

そもそもですが、実際にフリーランスがお仕事どような方法があるんでしょうか?

以下がメジャーなところと思います。

エージェントの活用

非常にお薦めしたいのがエージェントの活用です。手前味噌ですが、本ブログの運営母体でもある「ITプロパートナーズ」のように登録制で仕事を紹介してくれるエージェントを活用しましょう。

3つのメリット!

1つめは「営業時間の短縮

2つめは「ミスマッチの予防」

3つめは「低価格化からの脱出」

クラウドソーシングのサイトを活用しているとどうしても低価格競争が始まる場合があります。

タダでも良いから案件をこなして実績を積みたいと考えている登録者とかち合うと、質で比較すれば勝てる自信があったとしても、価格の比較で負けてしまうことも多いでしょう。

それなりに実績を積んで、自分のポートフォリオを見せることができるようになってきたら、積極的にエージェントを活用することをお薦めします。

人脈の構築と活用(知人からの紹介)

そして、最後にこれからフリーランスを目指す人にも、既にフリーランスとしてスタート切った人にも、共通して考えておいてほしいポイントが人脈を活用した案件探しです。

「探す」と言うよりも「育てる」と言ったほうが良いかもしれません。仕事を通じて、人生を通じて知り合ってきた人たちから仕事の相談を受けるシーンが、自然と増えてくることがあります。

積み重ね次第ではあるのですが、そうした人脈を通じた仕事が増えてくるのは、それまでの努力が実っているかのように感じます。

作物を育てるのと同じようなもので、準備や営業という土を耕すような仕事をしっかりとして、案件を完了させることで収穫を得ながら、その繰り返しの上に成り立っていくと考えられます。

フリーランスとして腐ることなく、枯れることなく、収穫を続けていけるようになっていきたいものです。

意外と疎かにされているフリーランスのホームページ制作

個人だし、名刺さえあれば良いでしょう、と意外と重視されていないフリーランスのホームページ制作ですが、長くフリーランスをやっていくつもりであれば、絶対にホームページを作る事をオススメします。

前述したように、エージェントや知人の紹介であったとしても、必ず仕事を依頼する側は、発注候補者の情報を収集・リサーチするものです。

誰もが知っている会社に勤めていれば、その会社の知名度・ブランド・信用を利用して、情報を集めなくても、発注をもらう事はできるかもしれませんが、個人でしかも過去付き合いのないお客さんであれば、自分の事を知っているわけはないのです。

名刺だけだと、情報を記載できる文量にも限界がありますし、その際に、自分のプロフィールや実績などをまとめた資料やホームページがある事は非常に重要です。

フリーランスのホームページ制作はWordPressでOK

これを読んでいる人は、エンジニアやWebデザイナーの方が多いと思うので、自分でホームページを簡単に作れてしまう、という方もいらっしゃるとは思うのですが、フリーランスのホームページに、そこまで過度に時間やお金をかける必要はありません。

お金に余裕があれば、専門の会社さんに発注してしまうのもありですが、特に費用はかけずに、WordPressをカスタマイズして活用してしまうのが、一番コストがかからずに、クオリティも高いのではないかと思います。

フリーランスのホームページにはどのような情報を記載すべき?

では、フリーランスのホームページに掲載するコンテンツ・情報としては、どのような情報を掲載すべきでしょうか。

色々な考え方はあると思いますが、以下のようなコンテンツを掲載しておく事をオススメします。

  • 名前
  • 経歴・キャリア
  • 年齢
  • 仕事に対するスタンスや想い
  • 過去の制作実績やプロジェクト成果
  • 得意分野・求めている仕事の特徴・内容
  • 他社との差別化・違い・強み
  • 顧客にとってサービスを導入した場合、想定される費用や準備物・スケジュール等
  • 第三者の口コミ・評価・評判
  • メディアなどの取材・掲載実績あれば
  • 見込み客が興味を持つようなテーマについてのコラム・ハウツーコンテンツ

フリーランスにとって、ホームページのデザイン性は意外と侮れない・・?

フリーランスの方に限らずですが、中小企業などは、自社ホームページが非常にデザイン性の低いものである事も多いです。

もちろん、前述した通り、自社のホームページに、過度にお金や時間をかけすぎる必要はありません。

ただ、そのデザインセンスがあまりにひどいものであった場合に、フリーランスのメインのお仕事は、ホームページの受託制作やWebサービスの受託制作になる事が多いと思いますので、発注側にとっては、魅力度が減退してしまうと思います。

「この人に発注すると、こんなサイトを作られるんだ・・」と思われてしまいますよ、という事ですね。

自社のホームページは、最大のポートフォリオ・制作実績であるという認識で作成されると良いと思います。

ITプロパートナーズに登録すると3つのメリットがあります!

①他には無い!弊社だけの週2日〜のフリーランス案件!

ITプロパートナーズでは、フリーランスエンジニアが週2日から働ける案件を数多く取り揃えております。 そのため、他案件やご自身が開発するサービスと並行可能です。 独立資金を貯めたい方や趣味に時間を費やしたい方には非常に重宝して頂いております。 契約期間も3ヶ月~で安定収入を実現しており、稼働文の請求となるのでリスクもないです。

②成長企業の直案件で高単価を実現!! 週3日で月額50万円も!!

弊社の95%以上が高単価の直案件になります。 常時、50件以上の週2~の案件を保有しています 社長の木村を始め、ITプロパートナーズの社員は圧倒的にITベンチャー出身者が多いです。 故に多くのベンチャー企業に精通しています。 スタートアップのベンチャー企業で最大限のバリューを発揮したい方にはオススメです。

③専属エージェントがしっかりサポート!!

希望に合致した案件をご紹介可能です。 また、契約交渉や債権管理を代行します。 契約が切れても、未稼働期間なしで次の継続的な案件を随時ご紹介します!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です