Web制作できるフリーランスは有利?仕事が獲得しやすい理由を解説!

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

それではここからはプロの目線としてフリーランスに役立つ情報をお伝えしていきます。

多くの企業が自社サービスとしてWebメディアをはじめとするWebコンテンツを持つようになった昨今、それを作成する「Web制作」の仕事の需要も高まっています。

基本的にPC1つあればリモートや在宅で仕事をこなせるため、今後はフリーランスとしてWeb制作の仕事を中心に働いていくことを計画している人もいるでしょう。

しかしながら、仕事を得るための方法や必要なスキルセットが理解できていないと、フリーランスとしての食いっぱぐれてしまう可能性は十分にあります。

そこでこの記事では、フリーランスがWeb制作の案件を請け負う方法や必要なスキルセット、実際の案件情報を紹介します。

フリーランスのWeb制作案件を紹介!

まずは弊社ITプロパートナーズで所有しているフリーランス向けWeb制作案件(Webエンジニア・Webデザイナー案件)を一部紹介します。もし気になる案件がある方はぜひ、ご相談ください!

【週2日~/リモート】Webサイト・LP制作などをお任せできるWebデザイナー案件

スクリーンショット 2021-01-05 13.00.33
  • 週稼働日数:2日
  • 想定稼働時間:64時間
  • 想定月収:〜¥400,000

【週2日/リモート】情報メディアのWebエンジニア案件

スクリーンショット 2021-01-05 13.01.20
  • 週稼働日数:2日
  • 想定稼働時間:64時間
  • 想定月収:〜¥300,000

【高額案件/リモート】プロダクト開発におけるWEBエンジニア案件

スクリーンショット 2021-01-05 13.01.58
  • 週稼働日数:5日
  • 想定稼働時間:160時間
  • 想定月収:〜¥1,000,000

弊社「ITプロパートナーズ」では、高額案件や週2日〜週3日やリモートでできる多くのWeb制作案件・求人を取り揃えております。ぜひご相談ください!

フリーランスとしてWeb制作を請け負う場合に必要なスキルセット

Web制作の仕事には主にWebデザイナー、Webエンジニアといった業務形態があります。

あらゆる立場で働く可能性のあるためWeb制作の仕事を請け負う場合には、自然といくつかのスキルが求められるようになるのです。

以下では、フリーランスでWeb制作の仕事に携わる際に必要とされるスキルを紹介します。

  • 実務経験3年以上の技術<
  • 営業力
  • コミュニケーションスキル

実務経験3年以上の技術

実務経験3年以上の技術は、フリーランスとしてWeb制作を請け負う際に必要とされるスキルです。

たとえばWebデザイナーとWebエンジニアで言えば、以下のようなスキルが実務経験3年以上の市場に求められる技術と考えられます。

<Webデザイナー>

・UIやUXに関する知識
・言葉でデザインのプレゼンをする能力
・デザインのディレクションを行う能力
・コーティングスキル
・関連ソフト(IllustratorやPhotoshopなど)を自由に活用できるスキル
など

<Webエンジニア>

・各プログラミング言語での開発スキル
・各種フレームワークの知識
・Webサイトやアプリの設計、実装の経験
など

上記のようなスキルを獲得しておくことで、Web制作のフリーランスとして活躍するチャンスをつかみやすくなります。

フリーランスに仕事を任せようと考える企業は、即戦力として役立つ人材を求めることが多いです。そのため、実務経験3年以上はその際のひとつの基準となります。

営業力

フリーランスは自分の力で仕事を引っ張ってくる必要があるため、営業力も欠かせないスキルになります。

いくらWeb制作の知識と技術を持っていても、営業力がなければ仕事を手に入れることができず、その能力を活かすことができません。

フリーランスの営業方法には、「クラウドソーシングへの応募」「SNSやポートフォリオサイトなどの利用」「過去の人脈を使って紹介してもらう」などが考えられます。

こういった方法を活用して、常に仕事を手にするために動いて営業力を高めることが、フリーランスとして生活していくためのポイントです。

また取ってきた仕事の納期を守り、想定される以上の成果を出すことも次の仕事につながるという意味では営業に含まれます。

その後の仕事をしっかりとこなすことまで営業に含まれることも、この機会に確認しておきましょう。

営業力はフリーランスに大切なスキルであると同時に、工夫することでその労力を省略することができるものでもあります。

たとえばフリーランスをサポートしてくれるエージェントを活用することで、営業部分を委任することが可能です。

営業力の大切さを確認しつつ、エージェントを使って効率良く仕事を獲得する方法も考えてみましょう。

手前味噌ですが、弊社ITプロパートナーズでは
・高単価案件の紹介
・契約、税金周りのエージェントサポート
・リモート・在宅、週2日の案件
全てのサポートを兼ね備えております。

Web制作を扱う方でフリーランスを目指す方はぜひ一度ご相談ください!

コミュニケーションスキル

Web制作の仕事をフリーランスとして請け負う場合、これまで以上にコミュニケーションスキルが必要となります。

なぜならフリーランスになると、直接クライアントからの要望を受けたり、意見を汲み取ってヒアリングしたりする機会が増えるからです。

不明点や難しい点があった場合、自分から仕事相手とコミュニケーションを取って解決しなければなりません。

フリーランスとしての評価を高めるためには、ときにクライアント自身が気づいていない目的や問題点を提案してその解決策を提示するようなことも求められます。

そういったときにも円滑に話を進めるコミュニケーションスキルは欠かせないので、Web
制作の仕事を請け負うときにはその点を意識してみてください。

フリーランスのコミュニケーションスキルには、単純な話術だけでなくメールにこまめに返信する気遣いなども含まれます。

相手に余計な手間を与えないことが、個々人での関係性においては重要です。

フリーランスになるのなら、そのコミュニケーションのスタイルを今一度見直してみるといいでしょう。

フリーランスとしてWeb制作を請け負う際の流れ

Web制作を請け負う方法は様々ですが、今回はエージェントを使って仕事を請け負うまでの流れを紹介しますので、フリーランスになる前に内容を把握しておきましょう。

  • 1.案件を探す
  • 2.エージェントに相談する
  • 3.案件先企業との面接・打ち合わせ
  • 4.案件へのジョイン

案件を探す

まずはエージェントサービスにある案件から、自分にマッチするものを探します。
案件を閲覧するために、まずは会員登録をしましょう。

エージェントサービスに登録したら、自身の担当となるエージェントと面談をし、そこでフリーランスとして受注したい仕事の種類や条件をすり合わせることになります。

自分がどんな仕事をしたいのかを正直に伝えて、その後魅力的な案件を探せるようにしておきましょう。

エージェントに相談する

興味のある案件を見つけたら、エージェントに相談をしてエントリーの意思があることを明示します。

相談することでエージェントは自身の職経歴書と紹介文を企業に送付するなど、エントリーのための準備を行ってくれるでしょう。

その後はエントリーをした企業がその内容をもとに書類審査を行い、合否をエージェントに伝えます。

合否結果を受けたエージェントは、その内容を利用者に伝え、その後の話を進めます。

基本的にこの期間に利用者としてやるべきことはないので、Web制作に関するスキルを磨いたり、別の案件を探すなど時間を有効に活用しましょう。

案件先企業との面接・打ち合わせ

エントリー後の書類審査を通過したなら、続いて案件先の企業と面接や打ち合わせを行います。

面接の日程調整やアドバイスもエージェントに任せることができ、サービスによっては面接に同席してもらうことも可能です。

面接では相手からの質問に答えつつ、仕事に関する疑問をこちらから提示することがポイントになります。

お互いが納得して仕事を行えるように、条件を妥協せずに伝えるようにしましょう。

案件へのジョイン

企業との面接に合格すると、案件における報酬の単価や契約に関する条件を提示されます。

問題ないようであれば、そのまま契約を締結させてフリーランスとしての仕事をスタートさせることが可能です。

案件の開始日や作業場の指定を確認し、案件を始める準備を進めておきましょう。

一方で、条件に納得できなかった場合には、エージェントを通じて企業側と条件交渉を行うこともできます。

別の案件にエントリーしている場合は、その結果を待つために返事を保留できないか確認することもポイントです。

勢いで案件に同意せず、提示された条件をしっかりと確認して納得できるまで考えるようにしましょう。

フリーランスとしてWeb制作を請け負うならエージェントへ相談しよう

フリーランスとしてWeb制作を行う際には、上記のように簡単な流れで案件を見つけられるエージェントサービスを利用することがおすすめです。

フリーランスとして働きはじめたときには、仕事が安定しなかったり、案件探しに時間がかかりすぎたりすることもあります。

そのため多くのクライアントとつながりを持ち、案件を受注してくれるエージェントを利用することに大きなメリットが見出せるのです。

エージェントに案件受注などの業務を委託することで、自分の時間を確保しやすくなります。

その時間を使ってWeb制作のスキルを磨いていけば、よりハイレベルな仕事をこなせるようになり、自分の評価を高めていくこともできるでしょう。

エージェントにはフリーランスとして働く際の悩みや疑問を相談できるので、孤独への対策にもぴったりです。

Web制作の仕事をフリーランスとして請けるときには、まずエージェントを活用してみてください。

おすすめのフリーランスエージェント4選

ITプロパートナーズ

スクリーンショット 2020-07-30 15.22.51

週5でフルタイム勤務はしたくない、そんなエンジニアに嬉しい週2、週3案件が豊富なITプロパートナーズ。

フリーランスエンジニアを支援する会社では先駆け的な存在です。

取引者数も3,500社以上、魅力的な案件も豊富で直請けなのもポイント。

起業家・フリーランスの支援をするために始まったサービスのため、求められるスキルが高い分、週2〜3日、リモートワーク可などフレキシブルな働き方ができる案件が多いのが特徴です。

週2〜3日で稼ぎながら、独立・起業に挑戦したい!

という心構えの人におすすめのリモートワークエージェントになります。

■ ITプロパートナーズの特徴・強み

  • 週2やリモートOKの案件多数
  • 取引企業数2,000社以上!有名ベンチャーや有名大手の高額案件多数
  • 高等技術、最新技術案件あり
  • 専属エージェントによるサポートあり
  • ITプロトータルサポートで所得補償(休業保険/フリーランス協会)・確定申告代行あり

レバテックフリーランス

スクリーンショット 2020-07-30 15.32.52

運営会社は、ヒカリエを拠点に構えるレバレジーズ株式会社。

レバテックフリーランスは、抱えている案件数が業界内でもNo.1と呼べるほど多く、希望に沿った案件を紹介してもらえます。

さらに専任コーディネーターはクライアントとの顔合わせに同席し参画中から参画後もしっかりサポート。

最も有名なフリーランスエージェントといっても過言でなく、まずはレバテックフリーランスに登録してみるという駆け出しのフリーランスエンジニアも大変多いです。

案件の単価も高額なものが多く、紹介してもらえる分野も幅広いためどこのエージェントが良いか悩んだ場合、真っ先に検討するべきエージェントの1つです。

■ レバテックフリーランスの特徴

  • 利用者満足度92.6%!
  • 専任コーディネーターによる手厚いサポート
  • 最短一週間で案件参画可能
  • 大企業からベンチャーまで直請けで高単価案件豊富
  • 2018年7月時点で週5案件稼働エンジニアの平均年収862万円
  • 常時1,100件以上の豊富な案件数

Midworks(ミッドワークス)

スクリーンショット 2020-07-30 15.43.43

フリーランスエージェントとしてもかなり手厚い保証が受けられるのがMidworksの最大の特徴です。

あなたのスキルに見合った額を補償してくれる給与保証制度は、正社員のような待遇でフリーランスとして働きたいエンジニアを虜にします。

さらに、必要経費支援として書籍・勉強会費月1万円/交通費:月3万円・保険の半額負担/会計支援サービスを提供してもらえます。

Midworks(ミッドワークス)であれば、家族がいても十分フリーランスとして働くことができるでしょう。

■Midworks(ミッドワークス)の特徴

  • クライアント側の発注単価公開&低マージンで契約に納得できる
  • リモート・週3~の案件もあるので働き方が選べる
  • 正社員並みの保障でフリーランスなのに安定&安心
  • 賠償責任保証&健康診断優待「フリーランス協会」に加盟できる

Bizlink

スクリーンショット 2020-07-30 16.08.20

ハイクラス層に強いエンジニア案件の取り扱いがあるBizlinkは、副業支援を行うフリーランスプラットフォームでもあります。

週1案件からフルタイム常駐・リモート案件などもあるのでワークライフバランスを見直したいエンジニアにも嬉しいエージェント。

契約は直請けなので高単価案件が多いのもポイントです。

他エージェント比べて、IT業界以外の案件が豊富、口コミでも「他ではみかけない面白そうな案件が多い」という声もあります。

しかしながら、週末での稼働になることが多いため、休日はゆっくり休みたい・趣味を楽しみたい。という方にとっては不向きかもしれませんね。

■Bizlinkの特徴

  • リモート案件・打ち合わせメインのコンサル案件・週1~案件と働き方に合わせて選べる
  • Bizリンカーとして認定されると登録エンジニアにオファーもできる
  • 上流工程でプロジェクトに参画中のBizリンカーから直接オファーもある

未経験からフリーランスとしてWeb制作って可能?

全くの未経験からWeb制作案件をフリーランスで請け負うのは難しいです。
最低でも実務経験3年以上が必要となります。

もしWeb制作未経験で、将来はWebエンジニアやWebデザイナーになろうと考えている人がいるのであれば、まずはプログラミングスクールに通う、もしくは独学でしっかり勉強しましょう。

その後、初心者向けの案件をクラウドソーシングで受注しながら実務経験を積み、フリーランスとして独立するのが最善策です。

まとめ:Web制作でフリーランスを目指すのならフリーランスのエージェントを活用しよう!

いかがでしたでしょうか?
今回は、Web制作でフリーランスを目指す方向けに記事を執筆致しました。

フリーランスとしてWeb制作案件を獲得する方法はいくつかありますが、この記事ではフリーランスのエージェントを活用するのが最適だとご紹介させて頂きました。

手前味噌ですが、弊社サービス「ITプロパートナーズ」では数多くのWeb制作案件・求人を取り扱っています。もしご興味のある方はご相談ください!

スクリーンショット 2020-07-30 15.22.51

■ ITプロパートナーズの特徴

  • 週2やリモートOKの案件多数
  • 取引企業数2,000社以上!有名ベンチャーや有名大手の高額案件多数
  • 高等技術、最新技術案件あり
  • 専属エージェントによるサポートあり
  • ITプロトータルサポートで所得補償(休業保険/フリーランス協会)・確定申告代行あり

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です