Web制作のフリーランスになるには?仕事の流れから年収目安まで解説

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

多くの企業が自社サービスとしてWebメディアをはじめとするWebコンテンツを持つようになった昨今、それを作成する「Web制作」の仕事の需要も高まっています。

フリーランスになってWeb制作の仕事をしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、案件の獲得方法や必要なスキルを理解していないと、フリーランスとしてやっていくのは困難です。

この記事では、フリーランスがWeb制作の案件を請け負う方法や必要なスキルセット、実際の案件情報を紹介します。フリーランスとしてWeb制作に携わりたいという人は、参考にしてください。

なおWebデザイン全般のフリーランス情報については、「フリーランスWebデザイナーになるには?年収や必要スキルを紹介」で解説していますので、併せてご覧ください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

働き方の自由度を高めませんか?
  • 複業/フリーランスで月収80万以上を稼ぐ
  • 週2日、週10時間から働ける
  • フルリモートはもちろん柔軟な稼働時間
  • PM,PdMなど上流案件も多数

自分の強み×週1日〜フルタイム×リモート・フルリモートなど、働き方をカスタマイズして案件を探したい方へ

約6割が週1-3日案件のグラフ

Web制作のフリーランスとは?会社員との違いや年収目安

まず、Web制作フリーランスにはどのような特徴があるのかを把握しておきましょう。会社員との違いやフリーランスという働き方、気になる年収について解説します。

Web制作会社の社員とフリーランスの違い

会社員とフリーランスの最も大きな違いは、特定の企業に雇用されているかどうかです。社員は会社に雇われる立場であり、組織の中で指示された仕事をこなし給与を受け取ります。福利厚生も手厚く、社会保険料の半分を会社が負担します。

一方でフリーランスは多くの人が個人事業主で、仕事内容や仕事の量を自分で決められるなど、自由度が高いのが特徴です。その一方で保障は乏しく、トラブルがあった場合や働けなくなったときも全て自己責任で対応しなくてはなりません。働き方によっては会社員以上の収入を得ることも可能ですが、1人で仕事をこなせるスキルが求められます。

Web制作フリーランスの働き方に向いている人

Web制作を請け負うフリーランスは、業務範囲の広さや責任の重さ、収入の不安定さといった理由から「きつい」と感じる人もいます。フリーランスという働き方には向き不向きがあり、向いていない人は特にそう感じるでしょう。

安定した収入が欲しい人やセルフマネジメントができない人、こまごまとした事務仕事が苦手な人などはフリーランスにあまり向いていません。一方で、自分の裁量で働きたい人にとっては、会社員よりも魅力的に映るでしょう。

Web制作フリーランスの平均年収

フリーランス協会が公開したフリーランス白書2020によると、年収が400〜800万円未満と回答したフリーランスの内、24.0%の人が「クリエイティブ・Web・フォト系」の職種でした。

これは他の職種のフリーランスと比べて一番多い割合となっており、Web系のフリーランスの平均年収は400万〜800万円付近だといえるでしょう。

フリーランスとしてWeb制作案件の仕事を行う流れ

フリーランスがWeb制作の仕事を行うとき、以下のような大まかな仕事の流れがあります。

  • 1.Web制作案件を受注する
  • 2.ヒアリング・契約
  • 3.デザイン制作・コーディングを行う
  • 4.確認・修正対応
  • 5.公開・納品
  • 6.請求・アフターフォロー

以下で、それぞれの工程について詳しく解説します。

1.Web制作案件を受注する

Web制作案件にかかわらず、フリーランスが仕事を始めるにはまず案件を受注しなければなりません。案件の詳しい獲得方法については後述しますが、知人からの紹介や営業活動などを通して案件を受注します。クラウドソーシングサイトやSNSなどから仕事の依頼がくるケースもあります。

2.ヒアリング・契約

次に、クライアントから作りたいWebサイトのイメージや目的、規模や納期などを詳しくヒアリングします。この段階で、クライアントの要望を明確にする要件定義を行います。要望を聞く際には、自分から「こんなことができる」という提案をすることも大切です。

報酬についても、このとき確認しましょう。相手がどの程度の予算を考えているのか確認し、見積もり金額を提示します。双方が作業内容や費用などについて納得したら、契約を結びます。

3.デザイン制作・コーディングを行う

契約を結んだら、実際の作業を開始します。クライアントの要望に合わせて、デザイン制作やコーディングを行います。案件によっては、デザインだけ依頼される場合やコーディングだけ担当するケースもあるでしょう。

4.確認・修正対応

契約範囲の作業が完了したら、クライアントに確認を求めます。イメージ通りのサイトに仕上がっているかどうか、動作確認も含めてテスト環境をクライアントに見てもらいます。もし修正の依頼があれば、その都度対応が必要です。

ヒアリングが十分できていないと、この段階で修正依頼が多発することがあるため、要件定義はしっかり行っておきましょう。

5.公開・納品

テスト環境での確認と修正が終わり、公開しても問題ないと判断されたら本番環境にサイトを公開し、納品となります。

デザインだけを担当する場合はデザインカンプ、コーディングだけを担当する場合はHTML/CSSファイルなどを成果物として納品することもあります。

6.請求・アフターフォロー

無事に納品が完了したら、クライアントに報酬を請求します。請求書と領収書を発行し、報酬が支払われたことが確認できたら、案件終了です。

保守・運用を別途依頼されている場合は、アフターフォローも実施します。日々の運用の中で、クライアントのニーズを確認ことも大切です。新たな要望を引き出せたら提案を行い、次の案件獲得に繋げましょう。

フリーランスのWeb制作案件例と単価相場

実際に募集されているWeb制作案件にどのようなものがあるのか、気になっている人も多いでしょう。ここでは、弊社「ITプロパートナーズ」に実際に掲載されている案件の内容と単価相場を紹介します。(2021年6月時点)

Webデザイナー

こちらは、WebデザイナーとしてLP制作を行う案件です。週4日勤務で、想定月収は約40万円です。コーディングは別の担当が行うため、デザイン制作だけを行います。

Webコーダー

こちらの案件は、Webディレクターが作成した要件定義に合わせてフレームワークの作成からコーディングまでを担当するものです。週3日勤務で、想定月収は約30万円となっています。コーディングだけでなく、デザインも担当する案件です。

フロントエンドエンジニア

こちらは副業としても取り組みやすい、週3日勤務のフロントエンドエンジニアの案件です。フロントエンドエンジニア兼デザイナーを募集しており、デザインから実装までを担当します。想定月収は約30万円です。

バックエンドエンジニア

こちらの案件は、フルリモートのバックエンドエンジニアの案件です。既存のECサイトのリプレースに伴う開発を担当できるエンジニアを募集しています。週5日勤務で、想定月収は約90万円です。

弊社ではこの他にもWeb制作のフリーランス案件を数多く扱っています。実務経験のある方、フリーランスとして経験がある方はぜひ無料登録して案件をチェックしてみてください。今の自分でどのような単価の案件が取れるか、参考になるはずです。

フリーランスとしてWeb制作を請け負う場合に必要なスキルセット・経験

Webデザイナーやコーダーなど、あらゆる立場で働く可能性のあるWeb制作のフリーランスは、Web制作に必要な幅広いスキルが求められるようになります。以下は、フリーランスでWeb制作の仕事に携わる際に必要とされるスキルです。

  • プログラミング言語スキル
  • 営業力
  • コミュニケーションスキル
  • 実務経験3年ほどのスキル

それぞれのスキルがどういったものなのかを解説します。

プログラミング言語スキル

Webサイトのうち、ユーザーの目に見える部分を扱うフロントエンドエンジニアには「HTML」「CSS」「JavaScript」といった言語のスキルが求められます。

一方で、目に見えない部分を担当するバックエンドエンジニアには、「PHP」「Python」「Ruby」といった言語に関するスキルが必要です。

プログラミング言語のスキルはフリーランスとして仕事を請けるのに必須ですので、しっかりと身につけておきましょう。

営業力

フリーランスは自分の力で仕事を獲得する必要があるため、営業力も欠かせないスキルです。確かなスキルを備えたうえで自らの強みを明確に伝えられれば、単価の高い案件や条件の良い案件を獲得しやすくなります。

営業力に自信がない場合は、営業を代行してもらえるフリーランス向けのエージェントなどを利用するのも1つの方法です。

コミュニケーションスキル

フリーランスになると直接クライアントとやりとりをし、要望を聞いたり意見を汲み取って提案したりする機会が増えます。会社員以上にコミュニケーションスキルが重要になってくるのはいうまでもありません。

フリーランスの場合、会社員であれば営業担当などに任せていた仕事を自らこなす必要があると考えておきましょう。

実務経験3年ほどのスキル

フリーランスでWeb制作を請け負うのであれば、実務経験3年ほどのスキルがあるとなおよいでしょう。WebデザイナーならUIやUXに関する技術、Webエンジニアなら開発スキルやフレームワークの知識などです。

また、現場をある程度知っておくことで、仕事の進め方やトラブルの対処方法も自然に身につきます。

未経験からWeb制作のフリーランスになるためのステップ

中には、未経験からWeb制作のフリーランスになりたいと考えている人もいるかもしれません。未経験の人は、以下のステップを実践してみてください。

  • 1.スクールや独学で知識を身につける
  • 2.企業で実務経験を積む
  • 3.副業案件に取り組む
  • 4.フリーランスとして独立する

以下から、それぞれのステップについて詳しく解説します。

1.スクールや独学で知識を身につける

まずはプログラミングスクールに通う、もしくは独学でしっかり勉強しましょう。スキルや知識がなければ案件を獲得することはできません。

Web制作について学べる場所は多く、校舎を構えている専門スクールの他、オンラインスクールや書籍、動画教材など多岐にわたります。講師に対面で教えてもらいたいのであれば、専門スクールがおすすめです。就職支援や独立支援の仕組みを備えているスクールもあります。

働きながら学びたいのであれば、自宅で好きな時間に勉強できるオンラインスクールを検討してみましょう。自分のペースでじっくり学びたいのであれば、動画で解説しているWebサイトや書籍などを活用する方法もあります。

2.企業で実務経験を積む

先述のとおり、フリーランスとしてWeb制作を請け負うには3年以上の実務経験があると有利です。可能であれば、基礎的な知識を習得したのちに企業に就職し、実務経験を積みましょう。Web制作ができる企業への就職は、自分で求人に応募する他、スクールの就職支援などを活用する方法もあります。

企業で働くことには、同業者とのつながりができたり、業界のトレンドを知れたりするというメリットもあります。先輩のWebデザイナーやWebエンジニアの仕事ぶりをじかに見られるというのも大きいでしょう。他人を知ることは、自分の市場価値がどの程度のものかを知る物差しにもなります。

3.副業案件に取り組む

いきなり独立してフリーランスになるのではなく、最初は会社員として働きながら副業でWeb制作案件を請け負うのがおすすめです。本業に支障のない範囲で、空いた時間に取り組める案件を探してみましょう。受注の仕方や作業の進め方、納品や請求といった一連の業務を経験できます。

副業案件向け案件のは、「クラウドワークス」や「ランサーズ」といったクラウドソーシングサイトに数多く掲載されています。まずは余裕を持ってこなせるような難易度が低めの案件から取り組み、実績を作りつつ、個人で仕事を請けることに慣れていきましょう。

Web制作の副業は稼げる?案件の取り方から単価相場まで解説

4.フリーランスとして独立する

副業で案件獲得から納品までの流れを経験して実績ができたら、独立を視野に入れてもよいでしょう。「副業案件の報酬が本業の給与に迫ってきた」「継続して案件を依頼してくれるクライアントができた」など、フリーランスになっても安定してWeb制作の仕事ができる環境が整ってきたら、独立のタイミングだといえます。

また独立前に、自分がフリーランスとしてやっていけそうかどうかを見極めることも重要です。「営業が苦手」「事務仕事がつらい」などネックに感じることがある場合は、外部サービスでカバーするなどの工夫も考えておきましょう。また、フリーランスが利用できる福利厚生サービスなどもあらかじめチェックしておくことをおすすめします。

未経験がWeb制作を学習するのにおすすめのスクール

Web制作を仕事にするにはまず、スキルを身につけなくてはなりません。未経験からWeb制作を学ぶのにおすすめのスクールについて紹介します。

TechAcademy

Tech Academy」は、Web制作やプログラミングなどを学べるスクールです。これまでに30,000名以上の生徒が学んできた実績があります。受講生には経験豊富なパーソナルメンターがつき、サポートを受けられるため、挫折しがちな人も安心して受講できます。

また、他のスクールに比べると授業料が安めで、学習コストを抑えられる点も魅力。「Webデザイン」「Webアプリケーション」「フロントエンド」といったさまざまなカリキュラムが用意されています。

SHElikes

SHElikes(シーライクス)」は女性限定の学習コミュニティサービスです。「Webデザイン」「Webマーケティング」「ワードプレス」など、全29種類あるコースの中から好きなコースを選択して受講できる仕組みを備えています。

料金は定額制で、複数のコースを同時に受講することで複合的に勉強できるのが魅力といえるでしょう。講師に質問できる勉強会や、仲間とコミュニケーションを取れるコーチングの機会がある他、仕事や案件の紹介も行っています。

SHElikes(シーライクス)の評判・口コミは?料金プランや失敗談も紹介

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP」は現役エンジニアの講師から学べる完全オンラインのスクールです。在籍している講師は厳しい選考をパスした人のみで、科学的根拠に基づいた効率的な授業を受けられます。週2回のマンツーマンレッスンもあり、短期間でスキルを身につけたい人におすすめです。

Web制作を学べるコースには、「Webデザイン」「Webアプリケーション」「UI/UXデザイン」などがあります。また、転職サポートや副業サポートも行っています。

Web制作のフリーランスが高収入を稼ぐためのポイント

収入アップを目指してフリーランスになる人も多いのではないでしょうか。Web制作のフリーランスは、高収入が見込める職業です。ただし、そのためにはいくつかのポイントを押さえておかなければなりません。

Web制作のフリーランスが高収入を稼ぐには、以下を実践してみてください。

  • 魅力的なポートフォリオを作成する
  • スキルの幅を広げる
  • 信頼獲得を意識する

それぞれのポイントについて、以下で詳しく解説します。

魅力的なポートフォリオを作成する

Web制作のフリーランスにとって、自分の実績をわかりやすく相手に伝えられるポートフォリオは非常に重要です。特にWebデザイナーの場合、自分が得意とするデザインの雰囲気を感じてもらうためにも役立ちます。

ポートフォリオを見て案件を依頼してくれるクライアントもいるので、魅力的なポートフォリオを作れば高単価の案件が舞い込んでくることもあります。

仕事に追われているとポートフォリオの作成が後回しになってしまうこともあるかもしれませんが、ポートフォリオの作成も営業活動の一環だと思って、しっかり作成しておきましょう。

スキルの幅を広げる

スキルの幅を広げることも、高収入を稼ぐための重要なポイントです。IT業界で働くフリーランス全体に当てはまることですが、新しい技術がどんどん世に出ている中で収入を上げるためには、対応できる仕事の幅を広げなければなりません。

扱える言語を増やしたり、新しいソフトの使い方を学んだり、常に新しいことを学ぶ姿勢を忘れないようにしましょう。

信頼獲得を意識する

こちらもWeb制作フリーランスに限った話ではありませんが、クライアントからの信頼を獲得することも大切です。クライアントに誠意を持って仕事を行い、信頼関係を築ければ、継続して案件を依頼してくれるかもしれません。

一度仕事をしたクライアントから、他の仕事を紹介してもらえるケースもあります。信頼関係が築けていないと、このようなことは起こらないでしょう。フリーランスの場合は特に、ひとつひとつの仕事を丁寧に行って信頼を得ることが重要です。

Web制作のフリーランスが案件を獲得する方法

Web制作のフリーランスが案件を獲得するには、いくつかの方法があります。案件を獲得できる代表的な方法は、次の4つです。

  • クラウドソーシング
  • 知人・友人の紹介
  • 営業活動
  • フリーランスエージェント

それぞれどのようにして案件を獲得するのか、以下で詳しく解説します。

クラウドソーシング

フリーランスが案件を獲得するには、クラウドソーシングを活用するという方法があります。クラウドソーシングとは、企業が仕事をアウトソーシングするためのサービスです。

クラウドワークスやランサーズといった大手クラウドソーシングサイトには、常にたくさんの案件が募集されています。求められるスキルはさまざまで、リモートで働ける案件も多いので副業案件を探す場合にも適しています。

「ホームページ作成15万円」「LPコーディング1万円」など、自分のスキルに任意の価格を設定して出品できるココナラも、注目されているクラウドソーシングサイトのひとつです。

クラウドソーシングおすすめ15選!初心者が副業で稼ぐコツや仕事も紹介

友人・知人の紹介

友人や知人からの紹介も、フリーランスが案件を獲得するために有効な方法です。これまで築いた人脈から仕事をもらっているフリーランスは少なくありません。フリーランスになったら、Web制作の案件を依頼してくれそうな人がいないか周りに聞いてみましょう。

フリーランスになったことをアピールするのも効果的です。SNSなどで積極的にスキルや実績を発信していると、昔の知り合いやSNS経由で知り合った人から案件が舞い込んでくることもあります。

営業活動

地道な営業活動も、フリーランスが仕事を得るためには必要です。一口に営業活動といってもその内容はさまざまで、企業に対してメールを送ったり電話をかけたりする営業活動をしている人もいれば、それ以外の方法で案件を獲得している人もいます。

例えば、SNSでの発信やポートフォリオサイトの作成も、立派な営業活動です。インターネットを使って情報を発信していると、それを見たクライアントから仕事がくることがあります。

営業方法の種類はたくさんあるため、複数の営業活動を並行して行い、少しでも多くの人に自分を知ってもらうことで案件獲得のチャンスが生まれます。

フリーランスの営業方法7選!案件獲得のコツや営業せず仕事を取る方法も

フリーランスエージェント

フリーランスになったばかりでは、「どのように営業したらよいかわからない」「案件を紹介してくれそうな知人がいない」といった悩みを抱える人も多いでしょう。そんなときは、フリーランスエージェントの活用がおすすめです。

エージェントに登録すれば、自分のスキルや希望にあったフリーランス案件を紹介してくれます。大手企業の案件や高単価の案件はエージェント経由でなければ獲得が難しいこともあるため、高収入を目指す人もエージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

以下の記事や本記事でもおすすめのエージェントを紹介しているので、そちらも参考にしてください。

フリーランスエージェントおすすめ18選!職種別に比較して一覧紹介

Web制作のフリーランスにおすすめのエージェント

ここでは、Web制作のフリーランスにおすすめのエージェントを4社紹介します。

ITプロパートナーズ

週5でフルタイム勤務はしたくない、そんなエンジニアに嬉しい週2、週3案件が豊富なITプロパートナーズ。フリーランスエンジニアを支援する会社では先駆け的な存在です。

取引社数も3,500社以上、魅力的な案件も豊富で直請けなのもポイント。起業家・フリーランスの支援をするために始まったサービスのため、週2〜3日、リモートワーク可などフレキシブルな働き方ができる案件が多いのが特徴です。

トレンド技術や高いスキルを求められる案件も多いため、「豊富な経験を生かしたい」「スキルアップしたい」にもぴったり。専属スタッフによるサポートの他、所得補償(休業保険/フリーランス協会)や確定申告代行サービスも提供しています。

「週2〜3日で稼ぎながら、独立・起業に挑戦したい!」という心構えの人におすすめのフリーランスエージェントになります。

レバテックフリーランス

運営会社は、ヒカリエを拠点に構えるレバレジーズ株式会社。2018年7月時点で週5案件稼働エンジニアの平均年収862万円、累計契約社数は5,000社以上で、利用者満足度は92.6%にものぼります。

レバテックフリーランスは、抱えている案件数が常時4,000件以上と業界内でもNo.1と呼べるほど多く、希望に沿った案件を紹介してもらえます。さらに専任コーディネーターはクライアントとの顔合わせに同席し、参画中から参画後もしっかりサポート。最短一週間で案件への参画が可能で、すぐに働きたい人にもうってつけです。

最も有名なフリーランスエージェントといっても過言でなく、まずはレバテックフリーランスに登録してみるという駆け出しのフリーランスエンジニアも大変多いです。

案件の単価も直請けで高額なものが多く、紹介してもらえる分野も幅広いためどこのエージェントが良いか悩んだ場合、真っ先に検討するべきエージェントの1つです。

Midworks(ミッドワークス)

引用元:Midworks

フリーランスエージェントとしてもかなり手厚い保証が受けられるのがMidworksの最大の特徴です。

あなたのスキルに見合った額を補償してくれる給与保証制度は、正社員のような待遇でフリーランスとして働きたいエンジニアを虜にします。

さらに、必要経費支援として書籍・勉強会費月1万円/交通費:月3万円・保険の半額負担/会計支援サービスを提供してもらえます。

賠償責任補償や健康診断優待が受けられる「フリーランス協会」にも入会できるため、保障を重視したい人におすすめです。

また、クライアント側の発注単価公開および低マージン契約という特徴があり、契約内容に納得して働けるのも魅力。フルタイムのみならず「週3日からOK」「リモート可」といった案件もあり、働き方が選べます。

Midworks(ミッドワークス)であれば、家族がいても十分フリーランスとして働くことができるでしょう。

Bizlink

引用元:Bizlink

Bizlink」はフリーランスエンジニア向けのエージェントです。週2日以下の副業向け案件からフルタイムの案件まで、幅広い仕事を取り扱っています。UI/UXデザイナーやWebエンジニア向けの案件が多く、高単価かつリモート可能な案件も少なくありません。登録すると専任のコンサルタントがつき、案件獲得から参画までをサポートしてもらえます。専門性の高い案件を探しているのであれば、チェックしてみてください。

まとめ

Web制作のフリーランスは、WebデザイナーやWebコーダーなどに職種が分かれます。Web制作の一連の流れの中で、自分がどの仕事をしたいのか考えてみてください。未経験の人は、まず知識を身につけることから始めましょう。

Web制作のフリーランスとして高収入を得るためには、今回紹介したポイントを意識してみてください。エージェントの活用もおすすめです。

手前味噌ですが、弊社サービス「ITプロパートナーズ」では数多くのWeb制作案件・求人を取り扱っています。もしご興味のある方はご相談ください!

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。