フリーランスって何?4つの業種に分けてみた

Businessman holding virtual screen.business concept
The following two tabs change content below.
Rook

Rook

システムエンジニアからWebエンジニアに転身したキャリアとエンジニアマネージャの経験を踏まえ、昨年独立したばかりのフリーランスエンジニア。ITコンサル/IT講師/ITライターをメインに活動しつつ、独立を契機に趣味でプログラミングを再開し、Swiftと格闘中。ブログの最後を名言で締めくくる名言好き。
Rook

最新記事 by Rook (全て見る)

こんにちは。

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。
こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

さて、今回はフリーランスの業種についてみていきたいと思います。

わかりやすくするために、業種を4つに分けたので、早速みていきましょう!

フリーランスとして働きやすい4つの業種

フリーランスとして働いている人達は、様々な業種で働いています。

それこそ挙げていくとキリがないのですが、これからフリーランスになって働きたいと考えている人に、比較的フリーランスとして働きやすい4つの業種を挙げてみました。

それは「ライター業」、「Web制作」、「ソフトウェア開発」、「デザイン」の4つです。それぞれにどうフリーランスとして働きやすいのかを見てみましょう。

ライターの場合

フリーランスとして単独で食べていけるようになるのは難しいですが、副業的に開始することもでき、最も修行をしやすいと言えるでしょう。

幸いWeb制作の世界では、コンテンツマーケティングが重視される時代が来ており、Webライティングの案件は引く手あまたです。

金額的にはピンキリのため、本業を持っている内に副業として鍛錬を積み、独立起業してからは単価の高い案件を狙っていくのがスタンダードなやり方です。

また、英語力と日本語力に自信があれば、翻訳の仕事を受けるという手もあります。

仕事を受ける先の企業によってはマニュアルが充実していたり、テストライティングに合格しないと仕事を受けられなかったり、こなした仕事の質量によってランキングされたりと、スキルアップのための様々な工夫がなされています。

Web制作の場合

Web制作業の場合は、ディレクターやデザイナーやエンジニアと様々な職種からフリーランスを目指すことができます。

しかし、その反面で幅広い業務知識が必要で、自分の不得意な分野については他のフリーランスや会社の手を借りる必要が出てくることもあります。

Webサイト全体ではなく、工程の一部や部品を制作するだけの仕事も多数ありますが、それだけをこなして食っていくのは難しいでしょう。たとえ初めはそうだったとしても、その先で幅を広げていく努力が求められます。

ソフトウェア開発の場合

システムエンジニアやプログラマーにとって、現在のエンジニア不足の世の中は、フリーランスとなるには追い風です。

フリーランスとなるにあたって誰もが考える「仕事があるのか?」という不安を抑えてくれます。

しかも、他の業種と比べても相対的に単価が高く、フリーランスとして生きていくには最も働きやすい業種と言えます。

もちろん、そんな時代の追い風もいつまで続くかはわかりません。風向きが変わることも計算に入れつつ、変化に対応できるだけの幅広さを身につけておくことも大切です。

フリーランスとして働くということは、自分の時間をしっかりとコントロールすることです。忙しさに追われることなく、現在のスキルセットや今後のトレンドに合わせて、常にスキルアップや業務範囲の拡大に努めておきましょう。

デザイナーの場合

デザイナーの場合は取り扱うことのできる媒体を広げることが、仕事を増やすことにつながります。

初めはWebしかやっていなかったとしても、紙媒体にまで手を広げていくことは可能ですし、またそうすべきです。

得意な分野は伸ばすべきですが、それと同時に広げていく部分も持っておかなければ時代の変化に取り残されてしまいます。

最後に、税金の観点から

上記の4つは仕事の観点から挙げましたが、それらの業種を名乗る前に税金の観点から考える業種について理解しておく必要があります。

各自治体によって異なりますが、個人事業主に対する事業税率は業種ごとに変わります。

例えば東京都の場合は『法定業種と税率 [http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/kojin_ji.html#kj_3] 』というページにまとまっています。

そして、ここに載っていない業種については対象外ということで事業税がかかりません。個人事業の開始届を出す場合にはよく考えて業種を選択しましょう。

『「できること」が増えるより、「楽しめること」が増えるのが、いい人生。』(斎藤茂太)

フリーランスになったものの、案件をどうやって開拓していいのかわからない・・!弊社ITプロパートナーズは、フリーランスにとって嬉しい週2日からオッケーな案件をご紹介しちゃいます!どんな案件があるのか見てみたい方やまずは気軽に相談してみたいという方は、まずはこちらから無料会員登録ください!

ITプロパートナーズに登録すると3つのメリットがあります!

①他には無い!弊社だけの週2日〜のフリーランス案件!

ITプロパートナーズでは、フリーランスエンジニアが週2日から働ける案件を数多く取り揃えております。 そのため、他案件やご自身が開発するサービスと並行可能です。 独立資金を貯めたい方や趣味に時間を費やしたい方には非常に重宝して頂いております。 契約期間も3ヶ月~で安定収入を実現しており、稼働文の請求となるのでリスクもないです。

②成長企業の直案件で高単価を実現!! 週3日で月額50万円も!!

弊社の95%以上が高単価の直案件になります。 常時、50件以上の週2~の案件を保有しています 社長の木村を始め、ITプロパートナーズの社員は圧倒的にITベンチャー出身者が多いです。 故に多くのベンチャー企業に精通しています。 スタートアップのベンチャー企業で最大限のバリューを発揮したい方にはオススメです。

③専属エージェントがしっかりサポート!!

希望に合致した案件をご紹介可能です。 また、契約交渉や債権管理を代行します。 契約が切れても、未稼働期間なしで次の継続的な案件を随時ご紹介します!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です