フリーランスが加入できるおすすめの保険5選!

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。

経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。

まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。

弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。



それではここからは、日々の現場でサポートさせていただいている中でのプロの目線で、フリーランスに役立つお話をしてまいります。

フリーランスとして働き始めてみると、収入の不安定さや将来への不安などいろいろなことを考えてしまうと思います。

稼げているときは良いのですが、体調を崩して仕事ができなくなってしまうこともあるでしょう。

何かしらの理由で働けなくなってしまうと、フリーランスの場合は即収入がゼロになってしまう恐れもあります。

そこで当記事では、フリーランスに向けて加入しておくべきおすすめの保険を5つ紹介します。

すべて加入する必要はないかも知れませんが、あなた自身にとってどの保険が必要なのかを考えるきっかけにしてもらえたら幸いです。

freelance

社会保険に加入しよう

会社で働いている時には意識していなかったかもしれませんが、フリーランスという立場で働く場合には社会保険は極めて重要です。

健康保険と呼ばれるものであり、加入が義務付けられています。

実はフリーランスの場合は、いくつかの選択肢があるのです。

一つずつ解説していきますね。

  • 国民健康保険
  • 任意継続保険制度(社会保険を継続)
  • 国民健康保険組合が運営している国民健康保険

国民健康保険

企業に勤めていない人(フリーランスなど)が一般的に加入する健康保険です。

国民健康保険の保険料は前年度の所得により計算されるので、会社員からの独立初年度に関しては高額な保険料となる恐れもあります。

浮き沈みの多いフリーランスであると、保険料の支払いに苦慮する恐れもあるので十分に理解した上で加入しましょう。

任意継続保険制度(社会保険を継続)

会社員として働いていたときに加入していた社会保険を、フリーランスで働き始めたあとも継続できます。

会社員時代は保険料を会社側と折半していたはずですが、フリーランスになったあとは全額自己負担となります。

任意継続保険制度には期限があり、最大で2年間しか加入し続けられません。

期限がきたら国民健康保険を選択することになります。

国民健康保険組合が運営する国民健康保険

国民健康保険であることにはかわりありませんが、同じ業種についている人が加入する形式の保険です。

薬剤師
建築
土木

以上のように分野別に分かれており、通常の国民健康保険の保険料と違いがあります。

収入に関わらず保険料が一律の設定なので、高額の稼ぎがある、という方には特におすすめの社会保険です。

年度によって保険料は異なりますが、一般的には所得で300万円を超える人は国民健康保険組合が運営する国民健康保険に加入したほうがお得、と言われています。

フリーランス協会保険

フリーランスとして継続して働くことを考えているのであれば「フリーランス協会保険」への加入を検討すべきです。

様々な特典が付帯しており、もしものときに助けてもらえます。

フリーランス協会保険の特徴に迫りますね。

  • 賠償責任保険あり
  • 所得保障制度あり
  • 報酬トラブルを対象とした保険あり

賠償責任保険あり

業務中の対物や対人の事故
情報漏えい
納品物の瑕疵
著作権の侵害
納期の遅延

などによって賠償責任が発生したときに、補償してくれます。

納品したシステムに瑕疵があり、発注先の個人情報が流出する恐れもゼロではありません。

個人では支払いきれないような賠償金にも対応してくれる保険です。

納期遅延に関しては誰にでも起こる可能性があり、賠償責任保険についてはフリーランスとして前向きに検討したいところです。

所得保障制度あり

所得補償制度に加入することで、怪我や病気で働けなくなったとしても保険金が支払われます。

フリーランスの場合、自分が働けなくなってしまえば収入はゼロになり生活が成り立たなくなります。

最長1年間の補償がされるので、安心して治療を受けられますし、余裕を持って仕事に復帰できます。

天災による怪我も補償してくれるので、補償の範囲は極めて広いです。

報酬トラブルを対象とした保険あり

報酬が未払いである
約束した報酬額が受け取れなかった

フリーランスにありがちなトラブルとして報酬に関するものがありますが、それらに対応してくれる弁護士費用保険に任意で加入できます。

報酬が支払ってもらえなかったり、約束した金額よりも低い金額しか入金してもらえなかったりした場合に様々なサポートが受けられます。

解決するために必要なアドバイスをしてくれ、弁護士対応が必要なときに保険金を支払ってくれます。

年額5,000円から加入可能な任意保険です。

医療保険(がん保険)

病気や怪我で働けなくなってしまったときに備えて、医療保険には加入しておきたいところです。

フリーランスは不安定な仕事でもあり、仕事がうまくいっていないときに病気にかかると、生活が困窮する恐れも。

こちらでは医療保険(がん保険)について詳しくお伝えします。

  • メインの補償とは?
  • 特約はつけるべきか?
  • がんに特化した保険も検討しよう

メインの補償とは?

入院給付金
手術給付金

以上の2つが医療保険のメインの補償です。

入院給付金は入院1日につき、所定の金額を受け取れます。

入院期間が長くなればなるほど経済的に厳しくなるわけであり、手厚い入院給付金がもらえる医療保険に加入したいところ。

手術給付金は手術1回あたりに所定の金額を受け取れます。

それぞれの金額は保険の種類によっても異なりますが、保険金額を高くすると保険料も高くなるので悩ましいところです。

特約はつけるべきか?

健康に不安があるフリーランスはつけるべきです。

特約をつけることで、もしものときに手厚い保障が受けられるようになります。

医療保険の特約の種類には、

先進医療特約
がん診断特約
三大疾病特約
成人病(生活習慣病)入院特約
女性疾病入院特約
災害入院特約

などがあります。

女性でフリーランスとして働いており、親族に女性特有の病気になった人がいるのであれば女性疾病入院特約をつけても良いかもしれませんね。

がんに特化した保険も検討しよう

国民の2人に1人ががんになるとされているので、がんに特化した健康保険への加入も検討しましょう。

がんは治療が長期化する恐れもあり、コストも高くなりがちです。

がん保険に加入しておけば、治療中の経済的なリスクに備えられます。

がん保険に加入すると、診断された時点で「がん診断一時金」が支払われ、入院した時には「がん入院給付金」も貰えます。

さらにがんで通院すると「がん通院給付金」の対象になるのです。

収入保障保険

フリーランスは収入が安定していないからこそ加入しておきたいのが収入保障保険です。

万一働けなくなってしまったときに毎月の生活費を受け取れる保険です。

収入保障保険の特徴について明らかにしますね。

  • 主な特徴とは?
  • 保険金は毎月支給される
  • 徐々に保険料が低下する

主な特徴とは?

収入保障保険は、働けなくなり収入が得られなくなったときに役立ってくれる保険です。

つまり収入が下がっただけでは補償の対象にはなりません。

補償期間は一生涯となっており、フリーランス協会保険とは内容が異なります。

基本的な保険金対象は死亡したケースと高度障害時のケースとなっています。

また、掛け捨てタイプとなっており、生命保険とは少し内容が異なっている点にも要注意です。

家族や配偶者がいる状態で自分が働けなくなった時の生活の保障を考えている人におすすめの保険です。

保険金は毎月支給される

一般的な保険は保険金の対象となると一括で支払われるケースが多いと思いますが、収入保障保険は毎月給料のように支払われます。

もちろん全額を一括で受け取るように設定できますが、基本的には毎月一定額が支払われることに。

毎月一定額が支払われるので、その保険金をもとにして家族も生活できます。

残された家族の生活の安定に大きく寄与してくれるのが収入保障保険です。

徐々に保険料が低下する

毎月の保険料の支払額は一定ではありません。

基本的には保険料は徐々に下がっていくので、支払いがだんだん楽になる、といった特徴を収入保障保険は持っているのです。

なぜ保険料が下がるのでしょうか?

収入保障保険は満期まで家族が毎月一定額のお金を受け取れる保険です。

つまり保険金が発生するような事態が起きなければ、保険会社が支払う保険金は少なく済むということ。

よって徐々に保険料が下がっていくわけです。

シミュレーションしてみましょう。

毎月10万円受け取れる保険に20年の契約で加入したとします。

加入してすぐに保険金がもらえる事態が発生したら保険金は1年あたり120万円なので、20年で2,400万円となります。

しかし加入して10年後に保険金が発生する事態が発生したときは残り10年なので、保険金は総額で1,200万円となります。

以上が徐々に保険料が下がる理由です。

養老保険

万が一の事態に備えられる保険であり、しかも貯蓄性もあります。

貯金が苦手なフリーランスな人にもおすすめできる保険です。

養老保険の特徴に迫ります。

  • フリーランスに養老保険がおすすめな理由
  • 保険料の特徴とは?
  • 保険金に利息がつくことも

フリーランスに養老保険がおすすめな理由

フリーランスには当然ですが退職金はありません。

つまり蓄えがなければ、老後の生活が厳しくなってしまうわけです。

終身保険については、保障期間は一生涯です。

満期になった場合には、死亡した場合と同等の満期保険金が支払われます。

つまり貯蓄性を持った保険であり、働いていた期間中に貯蓄が上手く出来なかった場合でも養老保険が助けてくれるのです。

保険料の特徴とは?

養老保険の保険料はずっと一定です。

徐々に下がるようなことはありません。

養老保険は、貯蓄性のある保険であり満期を迎えると満期保険金が貰えます。

つまり保険料の一定額(80%から90%程度)はしっかりと戻ってくる保険でもあるので、保険金については契約時の金額がかかり続けるわけです。

養老保険の保険料は保険会社によっても異なっています。

【明治安田生命のケース】
30歳
30年満期
満期保険金・・・500万円
保険料・・・毎月15,000円程度

保険金に利息がつくことも

養老保険で満期を迎えると、通常は保険金として支払われます。

しかし受け取りを先延ばしでき、保険会社に預けておくことも可能。

預けておいた期間中は利息をつけてもらえます。

つまり満期を迎えたときに生活に余裕がある場合は、受け取らずに貯金のようにしておくことも。

利率については保険会社によって異なっているので、事前に確認しておきましょう。

フリーランスの保険 まとめ

フリーランスが加入できるおすすめの保険を5つ紹介しました。

中には似通った保障のある保険もありますが、もしものときに役立ってくれるものばかりです。

特に注目してほしいのは、フリーランスに特化したフリーランス協会保険です。

フリーランスの仕事で発生するリスクに備えられる保険であり、仕事に安心して取り組めるようになるはずです。

今回で、フリーランスにおすすめの保険がわかったのではないでしょうか?

もし気になる保険があったら加入を検討してみませんか?

一生に関わる問題でもあるので情報集めが肝心です。

まずは保険会社のパンフレットを取り寄せることから始めましょう。

 

▼フリーランスノウハウについては下記にまとめています。
フリーランスの手引書【フリーランス支援のプロがまとめました】

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance