Laravelの副業で稼ぐには?案件獲得方法やフリーランス求人を紹介

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

世界トップレベルのシェアを誇るPHPフレームワーク「Laravel」。利用企業が多いこともあり、Laravelの副業案件も見受けられます。

プログラマーやエンジニアとして働いてる方やプログラミング経験がある方が、Laravelのスキルを活用して副業する場合、どのくらい稼げるのでしょうか?

この記事ではLaravelの副業の案件例や単価相場、より高単価を稼ぐ方法などを詳しく解説していきます。副業案件を探している方はぜひ参考にしてください。なお、プログラミング全般の副業については、「プログラミング副業の稼ぎ方を経験別で紹介」も併せて参考にしてください。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

Laravelはどのようなフレームワーク?

Laravel(ララベル)はPHPのフレームワークの一つで、2011年にリリースされました。PHP初心者でも扱いやすいことから人気を博し、世界でトップレベルのシェアを持つPHPフレームワークとなっています。

PHPフレームワークとは、Webページを動的に生成できるサーバーサイドのスクリプト言語であるPHPを駆使して、アプリケーションを開発する土台となるソフトウェアのことです。

Laravelに限らず、PHPの副業について案件の特徴や獲得方法など詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

PHPの副業で稼ぐには?土日や初心者向け案件と獲得方法も紹介

エンジニアがLaravel案件の副業を行うメリット

エンジニアがLaravelに関する案件を副業として行うメリットはどんなところにあるでしょうか。以下、3つにまとめて解説します。

シェア率が高く案件が豊富

Laravelは2011年のリリースから人気を集め、2021年の段階でも日本・世界でシェアトップクラス。それに比例するように案件も豊富にあります。

スキルアップにつながる

案件が多く、ニーズも高いLaravelを習得しておくと、エンジニアとして重宝されることになるでしょう。Laravelは学習が容易なだけでなく、コードが書きやすく実践に移しやすいことが特長。案件につながりやすいスキルといえます。

リモートワーク可能な案件が多い

スタートアップ企業から大企業まで幅広く案件がありますが、その性質上大多数がリモートワーク可能な案件です。

その証拠として、エンジニア向け副業・フリーランスエージェント「doocyjob」では、Laravelの135案件のうち全てが一部リモート可、フルリモートとなっています。

Laravelの副業はどれくらい稼げる?案件例と単価相場

エンジニアが副業としてLaravelの案件を請け負った場合、実際どれくらい稼げるのでしょうか。案件例と単価相場を見ていきましょう。

副業・土日案件

IT・Web業界の起業家やフリーランスのための求人・案件情報サイトである「ITプロパートナーズ」から実際に募集されているLaravel案件を見てみましょう。

これを見ると、副業として土日(週1、2日稼働)で引き受けることのできる案件は19万円~40万円の幅があることがわかります。

ただし、週1、2日のみ稼働する副業向けの案件は、数自体は少ないので注意が必要です。

フリーランス案件

次にフリーランス向けの案件を見ていきます。

同じくITプロパートナーズから実際の募集案件を参照すると、週3以上の稼働で40万円~100万円の高収入案件が豊富にあります。

また、募集要項を見るとリモートワーク可能の案件が豊富なことがわかります。弊社ではこの他にもLaravelを含むPHPの案件を数多く扱っています。現在フリーランスとして活躍されている方やこれから独立を考えられている方は、今の自分がどれくらいの単価で仕事を取れるかチェックする意味でも一度案件をご覧ください。

Laravelを使用する副業案件を探す方法は?

それでは、Laravelに関する副業案件を獲得するためにはどのようなアクションを起こしたらよいのでしょうか。主な方法を紹介します。

副業・フリーランスエージェントサービスを利用する

一つ目は、ITエンジニア専門のエージェントサービスを利用するという方法があります。エージェントサービスとは、仕事・案件を探しているエンジニアと担い手を探している企業とをマッチングするサービスです。

エージェントに登録することで、クライアント企業への営業をお任せすることができ、効率的に作業に集中することができます。また、多くのエージェントでキャリアアドバイザーがワーカーの相談に乗ってくれるサービスが用意されています。

副業エージェントは、土日や平日の夜など、本業の合間を縫って副業として仕事ができるよう、働き方に沿った条件で案件を紹介してくれるのが特徴です。後に紹介するクラウドソーシングと比較して実務経験やスキルが求められることがほとんどですが、比較的高単価な案件を獲得することができます。おすすめの副業エージェントは以下の記事で紹介しています。

副業エージェントおすすめ14選【職種・目的別で徹底比較】

一方フリーランスエージェントは、週3日〜週5日程度稼働が必要な案件が多く、フリーランスの方向けのサービスです。副業よりも求められる専門性やスキルは高い傾向にありますが、高単価な案件が豊富です。

弊社「ITプロパートナーズ」では、週2、3日稼働の案件数が多く、エンジニアがやりたいことと両立できるような案件を数多く紹介してもらえます。間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約しているので、高単価な案件が多いのも特長です。

フリーランスエンジニアとしての独立を検討されている方や、現在フリーランスとして活動されている方はぜひご利用ください。

クラウドソーシングサイトを利用する

副業やフリーランスの案件探しのツールとして定着してきたクラウドソーシング。仕事を発注したい企業などがインターネットを通じて、不特定多数のワーカーに業務を委託するためのWebサービスです。

登録者数、案件数の多いクラウドソーシングのプラットフォームとしては、クラウドワークスランサーズなどがあります。

これらのプラットフォームでも、Laravelに関する副業案件が数多く募集されています。

クラウドソーシングおすすめ9選!初心者が副業で稼ぐ具体的な方法を紹介!

スキルシェアサービスを利用する

クラウドソーシングと似た言葉にスキルシェアというものがあります。スキルシェアはワーカーが持っているスキルや知識、経験などをシェアするサービスで、シェアリングエコノミーの一つとされています。

とはいえ、クラウドソーシングとスキルシェアサービスは厳密に区別されているわけではないので、「スキルや知識の売買」という点ではどちらも同じようなものといえます。

ビジネス系では、ココナラタイムチケットなどが有名です。

スキルシェアサービスおすすめ30選!初心者が副業で稼ぐコツも紹介

人脈・SNS経由で紹介してもらう

プライベートの友人・知人から紹介を受け、案件を受注する方法です。条件が許せば、会社の同僚や取引先などから紹介を受けるということも可能です。

コネを頼りにワーカーを探す企業は意外と多く、人づてに案件が紹介されるケースが多々あります。そうした意味でも「人脈を持っている」ということは、強味になるのでしょう。

プライベート以外に人脈をつくるには、TwitterやFacebookなどのSNSの活用が必須といえるでしょう。プロフィール欄に「Laravel歴5年」などエンジニアとしてのスキル・知識を書き込んでおくと、クライアントの目に留まりやすくなります。

また、異業種交流会への参加やビジネス系オンラインサロン、ビジネスマッチングアプリの活用も有効でしょう。

Laravelの副業案件で稼ぐ為に必要なスキルや経験は?

エンジニアがLaravelに関する副業案件で稼いでいくためには、どのようなスキルや経験が必要でしょうか。ここでは、Laravelの副業案件で報酬を上げていく方法を紹介します。

実務経験を3年以上積む

Laravelの副業案件を獲得するためにも、まずは経験を積むことが重要です。とくに高単価の案件を獲得するには、開発経験が3年以上必要になると思われます。

そこまでの経験を持たないワーカーは、本業で実際にLaravelの実務経験を積むか、比較的低単価であったとしても経験年数を問わない案件をこなしていきましょう。

データベース分野の知識を深める

Laravelを駆使するWebアプリケーションの開発においては、データベースに関する知識が求められます。そのなかでも、MySQLと呼ばれるデータベースマネジメントシステムを操作することが一般的です。

その意味で、Laravelと合わせてデータベースを理解していることは、エンジニアとしての強みにすることができます。

最新バージョンのLaravelを扱えるようになる

Laravelは2011年のリリースから何度もバージョンアップを繰り返しています。2021年12月段階では、Version8が最新バージョンとなっています。

古いバージョンしか扱ったことがないエンジニアでは、受注できる案件も限られてしまうでしょう。最新バージョンを扱えるかどうかでエンジニアの評価が変わります。高報酬の案件を獲得したいのなら、最新バージョンを扱えるようになることが必要になります。

マネジメント能力を磨く

Laravel案件の中には、100万円以上になる高単価のオファーがあります。そういった案件では、ワンオブゼムのエンジニアではなく、リーダーとして人をマネジメントする力が求められます。

企業がWebアプリケーションを開発するとなると、エンジニア1人だけで行うというケースはほとんどなく、チームを組んで開発にあたるケースが一般的です。他のエンジニアとコミュニケーションを取りながら、プロジェクトをマネジメントできるエンジニアこそ、企業にとっては高報酬を支払ってでも欲しい人材なのです。

フロントエンドのスキルを習得する

LaravelのようなPHPフレームワークは、サーバーサイドのバックエンドが主戦場ですが、エンジニアとしてのスキルアップを目指すのであればフロントエンドもあわせて習得することをおすすめします。

HTML、CSS、JavaScriptなどフロントエンドのスキルも求められるLaravelの副業案件は多く、単価も高くなる傾向にあります。

Laravelの将来性

日本・世界ともにシェアトップクラスのLaravelは、PHPフレームワークにおける存在感をさらに増しています。シェアが上昇傾向にあるため、今後もLaravelを使用したプロジェクトが増えることが予想されます。

また、Laravelは現在に至るまで細かいアップデートやプラグインがリリースされています。コミュニティも活発に活動していて、カンファレンスやイベントが多く開催されてもいます。

そのため、総合的にLaravelは将来性が高いフレームワークといえるでしょう。

まとめ

プログラミング言語には「栄枯盛衰」がありますが、現在のLaravelを見る限りその勢いが衰える気配はありません。案件の単価も高い傾向があり、副業であったとしても充分な報酬を得ることができます。

効率的に副業案件を獲得するために、エージェントサービスを活用する選択肢も有効です。あわせて、検討してみてはいかがでしょうか。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。