Swiftの副業で稼ぐには?案件獲得方法や必要スキル、求人例も紹介

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

AppleのiOSやmacOS上で動くアプリケーションを開発できるプログラミング言語「Swift」は、直感的な操作ができ覚えやすいといわれています。そこでSwiftスキルを習得し副業としたいという人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、習得方法や仕事の獲得方法について、よく分からないという場合もあるかと思います。

そこでこの記事ではSwiftで副業とするために必要なスキルや実際の案件例、副業とした場合の収入の目安など、Swiftで副業をしたい人向けに情報を幅広く紹介していきます。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

Contents

そもそもSwiftとはどのようなプログラミング言語?

SwiftはApple社が開発したiOS・macOS向けの、オープンソースのプログラミング言語です。iOS 7以降、OS X version 10.9以降であればアプリケーションはすべてSwiftで開発が可能です。

従来、iOSや関連アプリケーションには「Objective-C」という言語が使われていましたが複雑で習得が難しく、代わりとして2014年に開発されました。直感的で初心者にも扱いやすい一方で、高度で自由な表現も可能としています。

Swiftの副業案件の基礎知識

副業を持ち収入アップを図りながらスキルを磨きたいエンジニアにとってSwift案件は適したものなのでしょうか。業務内容や単価相場、求人件数などについて見ていきます。

Swiftの副業の業務内容

対象となる業界はさまざまですが、企業がユーザーに提供するサービスのアプリケーション開発案件が中心です。週20~30時間程度の短期案件としては、アプリケーションのアップデートや、ユーザーインターフェイス(UI)画面の実装などもありました。

フルリモートで業務時間は裁量制というものも多くあります。そのため、副業もしやすいといえますが、週1回から2回程度はミーティング時間が設けられているものもありました。

Swiftの副業案件の単価相場

クラウドソーシングで「Swift」「未経験可」などと検索してみると、単価は1万~10万円が相場で、1万円以下というものもありました。空いた時間を有効活用するには適していますが、Swiftの基礎レベルでは高収入とまではいかないようです。一方、開発経験2〜3年を超える場合、エージェントの弊社「ITプロパートナーズ」では、週1〜2日の副業案件であっても月間30万円以上の案件もヒットしました。

以下はAPP STARS();がまとめたSwift案件の経験年数別の単価相場のグラフです。副業案件だけを集計したものではありませんが、副業案件の相場を知るうえで目安となります。

引用元:APP STARS();

以下は週5日稼働した場合の単価の相場です。ただし、Swiftの習熟度だけではなく、PHPなど他言語の経験年数によっても相場は変わってきます。

以下はSwiftとPHPの単価相場を比較した表ですが、これをみる限りSwiftとPHPはほぼ同程度の単価だといえそうです。

経験年数月単価
swiftPHP
1年40万~60万円30万~65万円
2年50万~70万円40万~75万円
3年以上65万~85万円50万~80万円

Swiftの副業案件数と求人動向

案件数については、ITプロパートナーズで言語別に案件を検索してみるとPHPが約700件、JAVAが約1,000件、C言語が約2,700件、Swiftは約200件でした。汎用性の高いPHPなどと比べると、どうしてもiOSおよびmacOSに特化したSwiftは案件数が低くなりますが、常に安定して案件がある状態です。

レバテックフリーランスで検索してみるとSwift案件は約1,200件、クラウドワークスで検索すると約400件の案件を見つけることができました。

以下は弊社ITプロパートナーズに掲載されいている実際の求人例となります。

  • 稼働日数:2日
  • 想定稼働時間:64時間
  • 想定月収:~¥300,000

Swiftの副業案件の種類

一口にSwiftでの副業案件といっても幅広くあります。どのような種類があるのか見てみましょう。

新規アプリ開発

iOS 7、OS X version 10.9以降で動くアプリケーションについての新規開発を行う仕事です。アプリケーションといってもさまざまですが、特に注目されているのは以下のようなものです。

  • コミュニケーションアプリ
  • SNS系アプリ
  • 各種マッチングアプリ(求人など)
  • ECアプリ
  • メディア系アプリ(ポータルサイトなど)
  • ゲームアプリ

既存アプリのカスタマイズ・メンテナンス

開発と異なり、すでにあるアプリケーションのカスタマイズやメンテナンスをする仕事です。

現在、「以前に使われていたObjective-CからSwiftへ移行したい」「リファクタリングをしたい」「UI・UXの改善を行いたい」というクライアントが多くいます。そこでエンジニアはクライアントから仕様書を渡され、それに合わせてカスタマイズしていきます。

PM/PL

Swiftはまだ新しい言語のためマネジメント人材が不足しがちです。そこで、プロジェクトマネージャ(PM)、プロジェクトリーダー(PL)といった管理者のポジションができる人が求められています。

そのため、関わり方によっては副業であっても、PM/PLとして活躍することが可能です。PM/PLは高いスキルが求められますが、その分、単価も高くなっています。

コンサルタント

「これからシステムの導入を行いたい」「開発をしたい」と考えている企業や個人に対してコンサルティングをするという案件もあります。

時には開発の先頭に立つこともあれば、クライアント企業のスタッフに対して技術的なアドバイスをすることもあります。Swiftに関するスキルと知識を保有しているほか、クライアント企業や市場を分析する力も必要となります。

【目的・経験別】Swiftの副業案件と報酬例

では、実際にどんなSwift案件があるのでしょうか。副業としてできそうな、稼働日数が少なくフルリモートでできる案件を紹介します。

週1日〜2日からできるSwiftの副業案件例 

週1日~2日というSwift案件もあります。フレックス制や裁量制で稼働する時間帯は自由という場合もあり、兼業・副業がしやすくなっています。

  • 稼働日数:2日
  • 想定稼働時間:64時間
  • 想定月収:~¥300,000

在宅・リモートでできるSwiftの副業案件例

フリーワードを「Swift」、こだわり検索「リモート可」で検索をすると90件以上の案件を見つけることができます。フルリモート可の案件であれば、副業も可能です。

  • 稼働日数:3日想定
  • 稼働時間:96時間
  • 想定月収:~¥600,000

コロナの影響で需要が急増するリモートワークのswift案件について紹介

土日でできるSwiftの副業案件例

土日案件は決して多くはありませんが、検索をすると見つけることは可能です。ただし、土日以外にミーティングの時間を設定していることもあるので、事前に確認してください。

  • 稼働日数:3日
  • 想定稼働時間:96時間
  • 想定月収:~¥500,000

未経験でもできるSwiftの副業案件例

多くの企業では経験者を望むため、原稿を執筆している2021年6月時点ではSwiftでの未経験可の案件はありませんでした。

しかしSwift案件でなければ未経験でも可とする案件はあるため、頻繁にチェックをしていれば該当する案件が掲載される可能性はあります。

以下の案件はiOSでの開発経験は必要ですが、必ずしも画像処理の実務経験がなくても応募可能です。

高単価なSwiftの副業案件例

高単価案件は稼働日も多めとなっています。求められるスキルは高く、これまでの実績が問われることも多いようです。

  • 週稼働日数:3日
  • 想定稼働時間:96時間
  • 想定月収:〜¥600,000

フリーランスにおすすめなSwiftの副業案件例

もちろん、副業だけではなくフリーランス全般に適したさまざまな案件を見つけることができます。

  • 週稼働日数:3日
  • 想定稼働時間:96時間
  • 想定月収:〜¥600,000

【2020年最新】Swiftのフリーランス案件・求人まとめ!フリーランスが業務委託でSwiftの仕事を獲得する方法!

弊社では高単価なSwiftフリーランス案件を数多く保有しています。Swiftの業務経験がある方、Swiftで副業したいと考えているフリーランスの方はぜひ一度弊社にご相談ください。今のあなたに最適な高単価案件をご紹介させて頂きます。

Swiftの副業案件を獲得するために必要なスキルとは?

副業として仕事につなげるためにはSwiftが扱えるだけでは十分とはいえません。どのようなスキルがあるとよいのでしょうか。

iOSアプリ・モバイルアプリの開発スキル

Swiftだけではなくゲーム開発用ツールのUnity、開発ツールXcode、そしてPHPなど他言語のスキルも欲しいところです。特に、XcodeはiOS、macOSのアプリケーション開発には欠かせないため、スキルの習得が必須となります。macOSのユーザーであれば無料で手に入るため、ダウンロードしておきましょう。

また、コーディングのスキルだけではなく、アプリケーションの企画や仕様書決めなどについての経験・スキルもあると、案件獲得に有利だとされています。

サーバーサイド・フロントエンドへの理解

開発を進めるにあたっては、サーバーサイドやフロントエンドエンジニアとの連携が必要になることがあります。フロントサイドエンジニアはユーザーが見ている表側の画面のデザインを行い、サーバサイドエンジニアはサーバー側でプログラムの実行・管理を行います。

フロントサイドエンジニアの場合には言語を扱うスキルのほか、UI・UX設、SEOの知識も必要です。サーバーサイドについては、データベースやサーバー操作に関する知識が必要です。Swiftエンジニアもそれらの領域の知識も持っている方が有利になります。

コミュニケーションスキル 

コツコツと1人で働くイメージのあるエンジニアですが、実はとてもコミュニケーション能力が重視されます。というのも、クライアントやチーム内メンバーと打ち合わせをすることが多いからです。

たとえば、要件定義ではクライアントの要望をきちんとヒアリングし、どのようなサイトやアプリを作るかを詰めていく必要があります。そういう際は円滑に会話をし、話を聞けることが重要になります。

もし、GitやSVNを使ったチームでの開発経験などがあるとクライアントへのアピールポイントとなります。

マネジメントスキル

エンジニアにおけるプロジェクトマネージャー(PM)とはクライアントの要望を受けながら成果を挙げることを目的に、コストやスケジュール、品質などを管理する仕事です。エンジニアとしてのスキルや知識だけではなく、チームを客観的に見て問題が発生した場合には解決する力も大切になります。

これまでPMの経験があれば、それをアピールをした方が収入アップを見込めます。マネジメントに関する書籍も出版されていますので熟読し、チャンスがあればチャレンジするのもおすすめです。 

未経験からSwiftの副業案件を獲得するまでのステップ

スキルの習得方法や案件の獲得方法についてはどのようなものがあるのでしょうか。獲得方法はさまざまなので、副業をしたい場合には方々にアンテナを張っておくようにしましょう。 

1.プログラミングスキルを習得する

まずはプログラミングスキルを習得しなければ始まりません。スキルを習得する方法には以下のようなものがあります。

  • 独学
  • スクールに通う
  • 働きながら

独学については、初心者向けの書籍や動画なども豊富にあるため、すぐに学べます。空いた時間を使って低予算で学べるのが魅力です。

スクールでは、実践的にSwiftを学べるコースがあります。費用はかかりますが専門の講師から学べるため、実践で役立つスキルを短時間で習得可能です。自分に合うスクールかどうかは口コミなどでも確認するとよいでしょう。

働きながら習得する方法については、未経験でも可とするIT系企業に就職し職場で覚えていきます。未経験者向けの研修を充実させている企業も多くあります。

以上のような方法で知識を習得しながら、自身でもサイトやアプリを実際に作ってみることも大切です。

プログラミング副業

【悲報】プログラミング副業は初心者では無理?未経験は難しい現実

2.ポートフォリオを作成する

副業で仕事を得るにはポートフォリオ(作品集)が必要です。ポートフォリオを提示することでクライアントはエンジニアのレベルを知ることができます。

ポートフォリオの作成については、Swiftで開発したアプリやサイトなどをまとめるほか、開発プラットフォームのGitHubにソースコートをアップしたりする方法もあります。また、クライアントがどの程度のスキルを持っているか判断しやすいようにスキルシートをまとめておくことをおすすめします。

3.案件を獲得する

ポートフォリオの準備ができたら、案件獲得のために動きます。自身で営業をかける方法もありますが、なかなか獲得に至らないケースも珍しくありません。また、本業をしながらだと時間を確保するのが難しいでしょう。

そこで便利なのが、オンラインで登録して数多くの案件から仕事を選べるクラウドソーシングや専門エージェントです。クラウドソーシングは副業未経験かつSwiftのスキルがさほど高くない人でも案件を獲得しやすくなっています。

一方、専門エージェントはスキルが高めの人に最適です。

Swiftの副業案件を獲得する方法

実際にSwiftの仕事を見つけるにはどうすればよいのでしょうか。5つの方法を紹介していきます。

専門エージェント

登録すると専任のスタッフがスキルや条件、希望に合った案件を紹介してくれるのが専門エージェントです。本業があるために営業に時間を割けない時などに便利です。

ただし、専門エージェントに登録するには過去の実績をまとめたポートフォリオが必要になるほか、ある程度スキルがある人でないと優良案件に巡り合えないという面があります。

とはいえ、週2日からOKの案件もあるので、スキルに自信があれば登録しておいて損はありません。福利厚生が充実しているところも多くあります。

全50社比較!フリーランスエンジニア専門おすすめエージェント【目的別】

クラウドソーシング

営業をする手立てがない場合や、空いた時間で手軽に副業をしたい時に便利なのがクラウドソーシングです。クラウドソーシングは仕事を見つけたい個人と、案件ごとの人材を求めるクライアントを結びつけるサービスです。

オンラインでさまざまな案件を見つけられるほか、クライアントからスカウトが入るサービスもあります。週に数時間程度でできるSwiftの案件も数多く紹介されています。

クラウドソーシングおすすめ9選!初心者が副業で稼ぐ具体的な方法を紹介!

求人サイト・求人検索サイト

求人サイト・求人検索サイトでも、Swiftに関する業務委託の案件があります。

リモートワーク、自由な働き方を可としている企業も多くありますが、日中に稼働できることを条件としている場合もあるので、副業として行えるかどうかしっかりと求人情報を確認するようにしましょう。もちろん、面接に進んでから確認することもできます。

在宅でガッツリ稼げる!?フリーランスのおすすめ求人サイト6選!

在宅案件も多数!フリーランス求人サイトおすすめ10選【選び方も解説】

人の紹介

Swiftを扱うエンジニアは多く、エンジニア仲間などから紹介を受けて仕事につながることもあります。初めての副業は紹介がきっかけだったという人も多くいます。

企業からの案件だけではなく、知人とアプリを開発し実績としてアピールポイントに利用できることもあります。デメリットとしては、知人やクライアントと条件面でのやり取りを直接行うため、トラブルに発展した場合に解決が難しいという点があります。

ブログ・SNS

一般のSNSや、WantedlyのようなビジネスSNSで、求人情報を紹介している企業や個人もいます。Wantedlyであれば、条件面や会社の様子も細かく紹介しているので、見てみるとよいでしょう。

また、自分で運営するブログやSNSにスキルなどを掲載しておくことで、スカウトのメッセージが届く場合もあります。ただし、どのような人からのメッセージかは分からないので、相手をしっかりと見極め丁寧に条件面などを詰める必要があります。

フリーランスのSwiftエンジニアにおすすめのエージェント

ITプロパートナーズはフリーランスやIT起業家に向けた専門エージェントです。

ITプロパートナーズ

2021年6月時点で、弊社「ITプロパートナーズ」でSwift案件を検索すると200件以上がヒットします。

また、「2日から」や「土日だけ」という案件も紹介されているため、本業とバランスをとりながら働ける案件が見つかるかもしれません。

ITプロパートナーズは福利厚生も充実し、専属エージェントがマッチングをしっかりサポートします。IT技術のトレンドを取り入れた企業の案件が多く、ある程度スキルを持っている方におすすめです。

副業に活かせるSwiftの資格

CBT試験を実施・運営する株式会社オデッセイ コミュニケーションズが実施するSwiftの資格試験が「App Development with Swift」です。もともとは2018年にSwiftの基礎知識を証明する資格としてアメリカでスタートしましたが、2019年12月から日本からも受験できるようになりました。

試験の所要時間は50分で実施方法はCBT試験となっています。ほぼ毎日実施され空席がある日に申し込むスタイルです。

Swiftの副業案件に関する注意点

副業で働く際には注意しなくてはいけないこともあります。まず、稼働時間や報酬、職務内容などの条件は、しっかりと詳細まで確認しなくてはいけません。後で思い違いがあったことに気づいても、一度働き出した案件を投げ出すことはできません。

スケジュールや仕事内容について甘く考え、なんでも安請け合いするのも危険です。後々、スケジュールに無理がきたり、自身のスキルでは対応できなくなってしまったりすると、クライアントに迷惑をかけてしまいます。また、無理な稼働によって自身が体調を崩してしまうこともあります。しっかりと内容を確認してから受注するようにしましょう。

Swiftエンジニアの将来性・需要

SwiftはiOSやmacOSなど特定分野に限定されるという特徴があるものの、日本国内でも世界でもiPhoneやiPad、MacBookなど、iOSまたはmacOSが組み込まれたデバイスのシェアは決して低くないため、これからも安定して働けると考えられます。

とくに、日本国内でのiPhoneのシェアは約50%というデータもあり、アプリケーションの開発人材が多く望まれています。まずは副業でスキルを磨き、その後にフリーランスとして活躍する道もあります。

引用元:iPhone Mania
Swiftの将来性はどうなる?今後の需要を徹底調査!

Swiftの将来性はどうなる?今後の需要を徹底調査!

まとめ

日本国内ではiPhoneのシェアが高いこともあり、Appleが開発したプログラミング言語であるSwiftを使ったアプリケーションの開発が盛んに行われています。そこでSwiftのスキルを磨けば、クラウドソーシングやエージェントでも案件を多く見つけることができます。もちろん、副業向きの案件もあり、本業にプラスして収入アップやスキルアップに役立てることができます。
ITプロパートナーズでも、副業案件を含め、数多くのSwift案件を取り扱っています。エンド直の案件のため、高収入も見込めます。ぜひ「Swift エンジニア」などで検索してみてください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!