プログラミングの副業におすすめのサイト19選【初心者向けも紹介】

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

プログラミングの副業案件を獲得するには、知人からの紹介などに加え、副業サイトを利用する方法があります。副業が一般化されつつある現在では、エージェント系やプラットフォーム系などサイトの種類もさまざまです。

そこでこの記事では、副業サイトの基礎について再確認するとともに、プログラミングの副業案件の獲得に役立つサイトを紹介します。選び方や注意点も解説していますので、副業サイトを選ぶ際の参考にしてください。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

プログラミング副業サイトを使う際に知っておきたい基礎知識

副業サイトにはさまざまな種類があり、必要スキルや経験の有無などによっても利用すべきサービスが変わります。まずはプログラミングの副業サイトについて、種類や利用するメリットなど基本情報を紹介します。

なお、プログラミングの副業は経験によって始め方や稼げる目安が大きく変わってきます。以下の記事で、現役プログラマーや未経験者など経験別で始め方を解説しているので、併せて参考にしてください。

プログラミング副業案件の稼ぎ方と現実!現役プログラマ・初心者別で紹介

プログラミング副業サイトの主な種類

プログラミング副業サイトには、主に次のような種類があります。

  • エージェント型
  • プラットフォーム型
  • クラウドソーシング型

エージェント型は、案件を受けたい人とクライアントを仲介するサービスです。エージェントがスキルや経験などから利用者に合った案件を紹介してくれるため、ミスマッチが起こりにくいといえます。

プラットフォーム型は、クライアントと案件を探している人のマッチングサービスです。

クラウドソーシング型は、クライアント側と不特定多数のワーカーがマッチングするというスタイルを指します。

プログラミング副業サイトを使うメリット

副業サイトを使うメリットには、次の3つが挙げられます。

  • 得意分野で稼げる
  • リモートワークができる
  • すぐに登録し仕事を開始できる

副業サイトではさまざまな案件を扱っているため、自分が得意とするジャンルで稼げます。未経験OKなものから高いスキルを必要とする案件まで、レベルに合わせて選べる点もメリットでしょう。

また、プログラミング案件はリモートワーク可能なものが多いため副業向きです。サイトへの登録も時間や場所を問わず、好きな時に行えます。

プログラミング副業サイトでの案件獲得に必要なスキルや経験

案件獲得に必要なスキルは、副業サイトの種類によって異なります。エージェント型やプラットフォーム型では、プログラミングの基礎スキルがあることは前提として、2〜3年の実務経験を求める案件が多いのが特徴です。一方、クラウドソーシング型は、実務経験を求める案件だけでなく、プログラミング初心者や実務経験が少ない人でも応募可能とする案件も多くあります。

加えて、案件獲得につながりやすいプログラミング言語についても知っておきましょう。
2022年3月時点の調査データによると、人気のプログラミング言語TOP3は「Python」「C」「Java」でした。「Python」はGoogle三大言語の1つであり、データ分析やAI(人工知能)開発に必須の言語です。

Microsoftが開発した「C」は、Windows製品向けのアプリやゲーム開発、VR市場向きで初心者が学びやすい言語とされています。「Java」もGoogle三大言語の1つで、官公庁・大企業などの大型案件に使用されることが多い言語です。また、Web開発で使われる「PHP」「Ruby」は、案件数が多い言語となっています。

プログラミング副業にオススメの言語11選と初心者向け案件獲得方法

プログラミング副業サイトで目指せる収入目安

プログラミングスキルや経験、副業として稼働できる時間などで収入は変動します。また、プログラミング案件は種類が多いため、請け負う案件内容によっても異なってくるでしょう。

例えば、Webアプリケーションの開発経験があるエンジニアが「フルリモート・週2日」の案件を獲得した場合では、月40万円ほどの収入が想定されます。

初心者が、平日の夜や休日を副業に充てるケースではどうでしょうか。「週30時間稼働・時給1,500円~2,000円」という以下の案件を例にすると、少なくとも月4万5,000円の収入見込みとなります。

プログラミング副業サイトの選び方

数ある副業サイトのなかから、どのように選び登録するとよいでしょうか。プログラミング副業サイトを選ぶ際のポイントを、4つお伝えします。

案件数が多いサイトを選ぶ

案件数が豊富なサイトは選択肢も多く、サポートも充実している傾向にあります。案件数が多ければ、自分のスキルや希望に添った案件を見つけやすいでしょう。また、利用者が多いことからサポート体制が整っていると考えられます。

案件の種類も要チェックです。プログラミングの案件内容は多岐にわたるため、自分の得意分野に関係する案件があるかどうかも確認しておきましょう。

経験やスキルに合わせて選ぶ

前述の通り、副業サイトごとに求められるスキルレベルが異なるため自分の経験やスキルにマッチし、希望する仕事内容が掲載されたサイトを選ぶことが大切です。プログラミング経験者を対象に高いレベルを必要とするエージェント系サイトがある一方で、初心者向けの案件も掲載しているクラウドソーシング系サイトもあります。

掲載されている案件を事前にチェックし、内容や難易度を確認してみましょう。一般的に初心者でも受けやすい案件は単価が低く、高いスキルが必要になるほど報酬はアップします。

希望する単価に合うサイトを選ぶ

単価で選ぶのも1つの方法です。副業で得たい収入額は人によって異なります。しっかり稼ぎたい人もいれば、お小遣い程度と考える場合もあるでしょう。

単価は経験の有無・求められるスキル・案件内容によっても変動し、サイトを比較してみると単価相場を把握できます。クラウドソーシングはさまざまな難易度の案件を掲載していますが、単価は低めです。高単価の案件を狙うならばエージェントサービスや、経験者向けのプラットフォームの利用をおすすめします。

希望する働き方に合わせて選ぶ

希望する働き方ができる案件を多く掲載しているサイトを選ぶとよいでしょう。副業に充てる時間・日数はさまざまです。帰宅後の時間を活用する場合もあれば、週末だけ作業したいといったケースも考えられます。

「週2日」「土日のみ」など、自分が望む働き方を明確にしたうえで登録する副業サイトを選択しましょう。また、オフィスへの出勤の有無もチェックしたいポイントです。プログラミング案件は比較的リモートワークがしやすいジャンルですが、出勤が必要な案件も見られます。

プログラミング副業案件獲得に役立つ副業サイト19選

ここからはプログラミング副業案件の獲得に役立つサイトを、

  • エージェント系
  • プラットフォーム系
  • クラウドソーシング系

に分けて紹介します。主にエージェント系とプラットフォーム系はプログラマー経験者に、クラウドソーシング系はプログラミング初心者におすすめとなります。

プログラマー経験が豊富な方向けのエージェント系サイト

エージェント系サイトは、エージェントがスキルや希望する条件などから利用者に合った案件を紹介してくれる仲介サービスです。高単価な案件が豊富で、営業活動を省けるメリットがあります。また、事務作業や福利厚生などに対するサポート体制を整えているサイトが多い印象です。

こちらは実務経験やスキルがあるプログラマーになります。では、具体的におすすめサイトと実際の副業案件例を紹介していきましょう。

1.ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは、エンジニア・Webデザイナー・マーケターなどIT人材に特化した専属エージェントによる紹介フリーランスエージェントサービスです。クライアントと直接契約できるため高単価な案件が多く、週2日からの稼働も多数扱っています。例えば、以下のような案件を扱っています。

フリーランス案件がメインなので高いスキルが求められますが、リモートワークOKの案件もあり、柔軟な働き方をしたい人や起業を目指している人におすすめです。

この他にも週2日稼働OKのプログラミング系副業案件を数多く扱っているので、興味がある方は無料登録し、案件を閲覧してみてください。

2.Workship

引用元:Workship

Workshipは副業・フリーランス案件に対応しているサービスです。エージェント機能に加え、気になる案件に自分から直接アプローチできる点が特徴。すぐに副業を始められます。

週1~3日・リモート・土日など柔軟な働き方を選べ、案件の種類も豊富です。トラブル相談窓口や賠償責任保険の無料付帯などのサポートも充実しています。以下、実際の案件例となります。

引用元:Workship

3.シューマツワーカー

シューマツワーカーは専属コンシェルジュが、案件紹介からクライアントとの契約交渉までサポート。契約などに不安を感じる副業初心者におすすめのサービスです。

ただし、経験や高いスキルは必要。週10時間からの案件を中心に掲載されており、99%以上がリモートワーク案件です。以下、実際の副業案件例となります。

4.CARRY ME

引用元:CARRY ME

CARRY MEは、専門性が高い案件を豊富に扱うプロ契約のマッチングサービスです。週1稼働など短期間でこなせるプロジェクトやリモート案件が多いので、すきま時間を活用したい人や育児中の女性などにおすすめです。

高いレベルが求められることから、単価相場も高めになっています。以下、実際の案件例となります。

引用元:CARRY ME

5.プロの副業

引用元:プロの副業

プロの副業は、マーケティング系が中心ですが、エンジニア・デザイナー案件など幅広いジャンルを掲載しています。無料会員登録後にスカウトメールが届くタイプのサイト。

週1日から受けられる短期案件が多いので、柔軟な働き方が実現できます。案件数は少なめです。

6.doocy job

引用元:doocy job

doocy jobは副業・フリーランスエンジニア向けの求人案件サイトです。直接契約なので高単価を狙えるうえ、サイト利用料や中間マージンがなく完全無料で利用できます。

企業担当者とはチャットで直接やりとりするため、スムーズなコミュニケーションが可能。週3〜5日ほどの案件が多く、しっかりと稼ぎたい人に向いています。以下、実際の副業案件例となります。

引用元:doocy job

7.LAPRAS freelance

引用元:LAPRAS freelance

LAPRAS freelanceは、エンジニアを対象としたマッチングサービスです。即戦力となるエンジニアに特化し、時間単価2,500円以上の高額案件を扱っています。

解析を通じて自動的にポートフォリオが作成される機能があり、職務経歴書の作成が不要です。適正な報酬案件のみに限定して掲載しているため、安心して受注できます。以下、実際の副業案件例となります。

引用元:LAPRAS freelance

8.i-common tech

引用元:i-common tech

i-common techは、フリーランスITエンジニア専門のエージェントサービスです。企業とは直接契約を結び、エンドユーザー直請けの案件が豊富なため高額報酬が狙えます。リモート・土日のみの副業案件も多数掲載されていて、契約後のフォロー体制も充実です。

以下、実際の副業案件例となります。

引用元:i-common tech

9.Midworks

引用元:Midworks

Midworksは、IT系のフリーランスエンジニア・デザイナー専門のエージェントサービス。経験やスキル、希望条件に合わせて案件を提案し、クライアントとの契約や交渉を代行してくれます。

一定の条件を満たせば正社員並みの保障をサポート。福利厚生を充実させたい人や営業活動・交渉に時間を割きたくない人におすすめです。ただし、リモート案件は多くありません。以下、実際の案件例となります。

引用元:Midworks

10.レバテックフリーランス

IT系最大手エージェントのレバテック運営のレバテックフリーランスでは案件数が1万件以上と多く、15年以上の実績を持ちます。

ITエンジニア専門のコーディネーターがスキルを正しく理解・把握し、ぴったりの案件を提案。報酬単価も業界トップクラスです。十分な経験があり、しっかりと稼ぎたい人向けのサイトといえます。以下、実際の案件例となります。

11.ランサーズエージェント

ランサーズエージェントは、クラウドソーシングでも馴染み深いランサーズが展開するエージェントサービスです。9割以上がリモート案件なため、希望の働き方を実現できます。

Web系案件はすべてエンド・元請け直案件で、無駄なマージンが発生しないため高額報酬が狙えます。サービス手数料も公開されており、案件は週3~5日が中心です。

プログラマー経験が豊富な方向けのプラットフォーム系サイト

プラットフォーム系副業サイトは、プラットフォーム上でクライアントとマッチング、あるいは直接やりとりするサービスです。こちらも一定以上のスキルや経験が求められますが、報酬などを直接交渉できる場合もあります。

12.複業クラウド

引用元:複業クラウド

複業クラウドは、複業・フリーランス人材のためのマッチングプラットフォーム。案件数は少ないですが、専門的なジャンルが多く、種類が豊富です。

クライアントからのスカウトに加え、自分からも応募できます。未経験可の案件はほぼなく、スキルを生かして副業をしたい人向けです。以下、実際の副業案件例となります。

引用元:複業クラウド

13.SOKUDAN

引用元:SOKUDAN

SOKUDANはエンジニア・デザイナー・マーケターなどを対象にしたマッチングサービスです。週2~3日稼働の案件が多く、92%がリモート案件。内容が詳細に記載されているので、自分に合った案件か判断しやすいでしょう。

成約手数料がかからず、職務経歴やスキルを詳しく入力すると面談率がアップします。

引用元:SOKUDAN

14.Offers

引用元:Offers

Offersは、エンジニアとデザイナーに特化したマッチングプラットフォームです。クライアントからオファーが届くタイプで、自分のスキルに合った案件が見つかります。副業に関連するサービスの割引クーポンを配布するなど、特典が充実。業務委託以外に正社員の求人も掲載しています。

以下、実際の案件例となります。

引用元:Offers

15.クラウドテック

クラウドテックはクラウドワークスが展開する、エンジニアやデザイナー向けのマッチングサービスです。週3日~4日稼働の案件が多く、ほとんどがリモート案件です。

登録社数は72万社を誇り、信頼性が高い企業からの案件を提案してくれます。働きやすさを重視してヒアリングや交渉を代行してくれる点もポイントでしょう。

16.CODEAL

引用元:CODEAL

CODEALでは、フリーランス・ITエンジニア向け案件を中心に掲載。100%リモート案件です。稼働開始日や稼働可能日数を含めた詳細なプロフィールを作成することで、無理なく働けるうえにクライアントからのオファーが届きやすくなります。

こちらから気になる案件へのアプローチも可能。チャット機能を利用して、クライアントと直接面談を行います。以下、実際の案件例となります。

引用元:CODEAL

プログラミング初心者におすすめのクラウドソーシング系サイト

クラウドソーシング系の副業サイトは、掲載されている案件に自分で応募し、獲得するタイプのサービスです。案件の種類や難易度が豊富で初心者向けの案件も探せるため、副業を始めたばかりの方や経験が浅いプログラマーにおすすめといえます。

17.クラウドワークス

クラウドワークスは、国内最大級のクラウドソーシングサービスです。案件数が多く種類も豊富なうえ、プログラミング初心者向けの副業案件も多く見られます。ただし、簡単な案件が多い一方で、悪質なクライアントには注意が必要です。

高額・好条件案件も掲載されていますが、登録者数が多いことから競争率は高め。また、報酬額が10万円以下の案件は20%のシステム利用料が必要です。以下、実際の副業案件例となります。

18.ランサーズ

引用元:ランサーズ

ランサーズは日本初のクラウドソーシングサービス。案件数は業界トップクラス、種類も多く幅広いレベルの案件を掲載しているので、プログラミング初心者OKの副業案件も見つけられます。

クラウドワークスと同じく、報酬額によって5~20%のシステム利用料が必要。認定ランサー制度を導入しており、獲得報酬額やクライアントからの評価など条件を満たすと認定されます。以下、実際の副業案件例となります。

 

引用元:ランサーズ

19.Bizseek

引用元:Bizseek

ほかのクラウドソーシングに比べて、システム利用料が5~10%と安いBizseek。案件受注には、コンペ型とプロジェクト型があります。

プログラミング案件はあまり多くありませんが、Webアプリケーションやシステム開発が中心です。仮払い制度により報酬が保証されるため、報酬未払いの心配がありません。

引用元:Bizseek

プログラミング副業サイトで副業する時の注意点

副業サイトを利用して副業をする際に、注意すべき点があります。全ての人に当てはまるわけではありませんが、確認しておきましょう。

勤め先の副業ルールを確認する

勤務先によっては副業が禁止されている場合があります。禁止されているにもかかわらず、副業を行いバレた時には処罰や解雇につながる可能性も。「許可や届け出を事前にすればOK」といったように条件付きで可能なケースもあるため、事前に就業規則やルールを確認しておきましょう。

年間所得が20万円なら確定申告を行う

給与以外の所得が20万円を超えた場合は、確定申告の必要があります。忘れずに行いましょう。ただし、副業所得が20万円以下でも報酬から源泉徴収が引かれている時は、確定申告をすることで還付され得するケースもあります。

また、住宅ローン控除や医療費控除の適用を受けるために確定申告をする際にも、申告書への記載が必要になりますので注意してください。

仕事内容・条件は念入りにチェックする

副業とはいえ、案件の受注には責任が求められます。しかし、仕様や納期が曖昧ではスケジュールだけでなく、成果物にまで影響を及ぼしかねません。また、予定にはない作業範囲まで受けてしまうと報酬単価も低くなります。

仕事内容や納期、条件などは受注前にしっかりと確認し、トラブルに巻き込まれないという意識が大切です。

まとめ

プログラミング系の副業サイトは主に、「エージェントを通して案件を紹介してもらう」「クライアントからオファーを受ける」「自分から案件に応募する」といったタイプに分けられます。プログラミングのスキルや経験、副業としての稼働日数など考慮し、自分に合ったサイトを選びましょう。また、募集案件を増やす意味やリスク分散の点から、複数の副業サイトに登録することも大切です。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。