Unityの副業で稼ぐには?案件獲得におすすめのサイトと必要スキル

こんにちは、ITプロマガジンです。

Unityは誰でも簡単にゲームが作れる便利なゲームエンジンで、そのポテンシャルの高さから、現在リリースされているゲームの多くでも採用されています。ゲーム開発の経験がある人の中には、Unityを使って副業をしてみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

Unityは使いこなせるプロのエンジニアが不足しており、フリーランス向けのゲーム開発案件の中にはUnityを対象とした案件が多くあります。

今回は、Unityの副業について、具体的な案件内容や単価相場など気になるポイントを紹介します。案件獲得方法なども解説しているため、Unityを使って副業を考えている人は、参考にしてください。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

フリーランスエンジニアの
ドンピシャ案件の探し方

「案件はたくさんあるはずなのに、なかなか自分の望む案件が見つからない…」

エンジニア市場は売り手市場であるものの、いまだに正しいマッチングノウハウが確立されておらず、多くの方が案件探しに苦労されています。

ですが、現在の市場感や企業側に刺さる経験・スキルを理解し正しく案件探しをすれば、誰でも自身のバリューを活かし単価を伸ばすことができる、というのも事実です。

ITプロパートナーズでは、

・9割がエンド直案件のため、高単価
・約6割が週3-4案件のため、柔軟に働ける
・事業会社の自社開発案件が多い

などの魅力的な案件を数多く保有し、マッチング能力の高い即戦力エージェントが完全サポートします。

初めてのフリーランス、情報収集段階でも大丈夫です。あなたの働き方にマッチし、単価も高く、最もバリューを発揮できる案件を探しませんか?

⇨ ITプロパートナーズに無料登録してみる

Unityの副業における需要や求人動向

Unityは、ゲームを開発するためのプラットフォームです。3Dと2Dの両方に対応しており、サウンド再生やデータ管理など、ゲーム開発に必要な機能が一通り備わっています。WindowsやMacといったデスクトップ環境やスマートフォン、プレイステーションなどの家庭用ゲーム機でも、Unityで開発したゲームが利用可能。ARやVRを使ったアプリ開発にも対応しています。

では、Unityの副業需要は高いのでしょうか。ここでは、Unityの副業における需要や求人動向について解説します。

Unityは副業需要も高い?

Unityの副業需要は高い傾向にあり、スキルや経験があれば案件を獲得しやすいでしょう。さまざまな端末でゲーム開発されていますが、スマーフォン向けゲームの需要が伸びており、Unityエンジニアの必要性も高まっています。

さらに、前述したようにAR・VR市場の拡大も見込まれているため、ゲーム業界以外の企業からの案件も増えることが予想されます。

Unityの副業案件数・求人動向

フリーランスエンジニアのためのエージェントであるITプロパートナーズでUnityに関する案件を検索すると、150件以上がヒットしました。その中で、副業として取り組みやすい稼働日として、週3日以内の案件に絞ると、約70件が該当します。(2023年2月時点)

募集職種は主にエンジニアで、その他はデザイナーやプロデューサーといった職種の案件もあります。リモートワーク可能な案件もあり、副業として始めやすい案件も多いです。

Unity副業の種類と仕事内容

Unityエンジニアとして副業するにあたって、具体的にどのような案件があるのでしょうか。ここでは、Unityエンジニアの具体的な副業の仕事内容を紹介します。

ゲーム開発

Unityはゲーム開発プラットフォームのため、ゲーム開発の案件があります。進行中のプロジェクトの一部分を任せたいという案件は、副業でも対応できるでしょう。

シミュレーションソフトの開発

Unityはゲーム開発以外の分野でも活用されています。Unityで3Dモデリングの経験があれば、ゲーム業界以外のソフト開発の案件も受注できる可能性があります。

プログラムのテスト・保守・修正

Unity関連の副業案件には、テスト・保守・修正の案件もあります。すでに開発済みのアプリの改修や不具合修正などの案件は、Unityの開発経験がある人を募集しているケースがあります。

Unity講師

開発や保守といったエンジニアとしての案件だけでなく、経験をもとに人に教える講師の案件もあります。Unityを使ってゲームを開発したいと思っている人に教える案件や、プログラミングスクールのインストラクターなどが募集されています。

Webライター

Unityの開発経験を活かして、ブログ記事やコラムなどを執筆するWebライターの案件もあります。専門知識をわかりやすい文章にする仕事で、1記事の文字数が少ない案件なら、副業でも取り組みやすいでしょう。

個人でのゲーム開発・運営

Unityを用いて、個人でゲーム開発し、アプリストアなどで販売・運営する方法もあります。個人で開発する場合、アプリ内の広告や課金で収益化するのが一般的です。

ただし、公開後に収益を得られるようになるまである程度の期間が必要であること、リソース的に個人で開発できるアプリには限界があることから、大きく稼ぐのは難しいといえます。そのため、自身のアイデアを形にしたい人や自由にゲーム開発をしたい人におすすめの副業です。

その他に、アセットストアでゲームやアニメーションの開発で使用する素材を販売して稼ぐ方法もあります。

アプリ開発の副業は稼げる?収入目安や必要スキルを初心者向けに解説

Unity副業の単価相場と案件例

ITプロパートナーズでは稼働が週1~3日と、副業でも携われる案件を扱っています。Unityを扱う案件の単価相場は、週2日稼働で20万~40万円程度、週3日稼働で30万~70万円程度です。週1日稼働の求人でも、最低で10万円、最高で90万円と高単価であることがわかります。副業としては、かなり稼げる単価といえるのではないでしょうか。

以下は、ITプロパートナーズに掲載されている実際の求人です。業務内容や求められるスキルについても確認してみましょう。

週2〜3日OKな案件例

週2〜3日OKなUnityエンジニアの副業案件には、以下のようなものがあります。

在宅・リモート可能な案件例

在宅・リモート可能なUnityエンジニアの副業案件には、以下のようなものがあります。

弊社ITプロパートナーズではUnityのフリーランス案件を数多く扱っています。週2日〜の案件やリモート案件を探しているUnityエンジニアの方は、ぜひ無料登録し、案件をチェックしてみてください。

Unityの副業に必要なスキル・経験

Unityの副業で身につけておきたい必要なスキル・経験は、以下の4つです。

  • 開発現場での実務経験
  • C#のプログラミングスキル
  • AR・VRのスキル
  • 3Dモデリングのスキル

開発現場での実務経験とC#のプログラミングスキルは必須で、AR・VRのスキルと3Dモデリングのスキルは差別化を生むスキル・経験といえます。付加的なスキル・経験があれば、より高度な開発が可能となり、その分収入アップが期待できます。

それぞれについて、なぜ必要なのかみていきましょう。

開発現場での実務経験

従事する時間が限られる副業では即戦力が求められるのが一般的。そのため、開発現場での実務経験が重視されます。

もちろん、個人でゲーム開発をした経験もアピール材料になりますが、特に「チームでの開発経験」があるかどうかが問われます。これはチームメンバーと連携して開発を進められるコミュニケーション能力を有していることが、開発現場において非常に重要であるためです。そのため、企業での実務経験がなくても、チームで開発した経験があればアピールになることもあります。

C#のプログラミングスキル

Unityは優れたプラットフォームである一方で、実際の開発現場ではUnityだけではできません。そのため、プログラミング言語「C#」を扱える必要があります。

基本的に、UnityはGUIで簡単に開発ができます。しかし、GUIだけで開発できるのは基本的な設定に限られており、ゲームの細かな設定を実現できません。そこで使われるのがC#です。C#を使えば複数の設定や高度な処理を追加できるので、ゲーム細部の開発が可能となります。

C#の副業で稼ぐには?単価相場や必要スキル、案件の取り方を解説

AR・VRのスキル

近年、ゲーム業界で急成長がしているのがAR・VR分野です。UnityではAR・VR機能の実装もできるため、AR・VRの基本的な原理を理解しておく必要があります。

AR・VR機能を追加したサービスは最先端の知識・スキルを用いることとなるため、案件の単価も高くなります。これからより普及していくことが予想されている分野なので、副業でまとまった収入を得るためにも、AR・VRの知識を学んでおきましょう。

3Dモデリングのスキル

Unityでは、3Dモデリングツールを使用し、立体的なゲームを開発できます。よって、3Dモデリングの知識や3Dモデリングツールの使い方も知っておきたいところです。

3DモデリングもAR・VRと同様に新しい技術です。扱える人がすくないため、3Dモデリングの知識があれば高単価な案件を受注しやすく、収入を増やしやすくなります。

Unityの副業案件を獲得する方法

Unityの副業案件を獲得する方法は、以下です。

  • 副業エージェントを活用する
  • クラウドソーシングを活用する
  • 知人から案件を紹介してもらう
  • SNSで発信する

以下で、それぞれの獲得方法を紹介します。

副業エージェントを活用する

副業エージェントはスキルや経験、働き方など自分の希望に合った副業案件を紹介してくれるサービスです。サービスによっては専属の担当者が付き、自分に向いている案件などのアドバイスを受けられます。

各社それぞれ非公開案件を取り扱っているのも特徴です。求人情報などでは探し出せないような高単価案件を紹介してもらえるケースもあります。

副業エージェントおすすめ17選【職種・目的別で徹底比較】

クラウドソーシングを活用する

クラウドソーシングサイトとは、案件を発注したいクライアントと案件を受けたい人をマッチングするためのサービスです。有名なサービスでは、クラウドワークスやランサーズなどがあります。

クラウドソーシングサイトは、初心者でもチャレンジできる案件も募集されているのが特徴です。副業を始める際には登録しておくとよいでしょう。

クラウドソーシングサイトおすすめ15選!初心者が副業で稼ぐコツとは

知人から案件を紹介してもらう

職場の人間や知人から案件を紹介してもらう方法もあります。すでに信頼関係があるので、コミュニケーションもとりやすく、スムーズに仕事を進められるのがメリットです。

紹介により案件をこなしていけば人脈が広がり、継続的に案件を受けられるなど副業の幅を広げられるでしょう。

SNSで発信する

SNSを通じて仕事をもらうこともできるため、仕事用のアカウントを作成しておくのがおすすめです。

SNSにはTwitterやInstagram、Facebookといった一般的なものから、Wantedlyのようなビジネス向けのサービスもあります。複数のサービスを併用することで、幅広いビジネス関係者とつながることも可能です。

ただし、放置されたアカウントでは、発注側からの信頼が落ちてしまいます。日常的に動かせる数に絞ったり共有機能を使用したりするとよいでしょう。

Unityの副業案件獲得におすすめのサービス

Unityエンジニアの副業案件獲得におすすめのサービスをそれぞれ紹介します。

エージェントサービス

副業エージェントでは、以下4つのサービスをおすすめします。

  • ITプロパートナーズ
  • シューマツワーカー
  • doocy job
  • プロの副業

サービスの概要とUnity副業に向いている理由についてお伝えします。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは、主にフリーランス向けのIT案件を扱うエージェントです。しかし、稼働が週1~3日の案件も多く取り扱っており、副業でも利用できます。

ITプロパートナーズの大きな特徴は、エンドクライアントと直契約ができる点です。仲介手数料を負担する必要がないため高単価な案件が多く、副業でも稼ぎやすいといえます。また、リモート案件を豊富に取り扱っている点も、本業がある副業者にとっては嬉しいポイントではないでしょうか。

シューマツワーカー

シューマツワーカーは、専属コンシェルジュによるサポートが充実していることが特徴です。はじめて副業する際は、クライアントとのやりとりなど不明点も多く、不安を感じるでしょう。シューマツワーカーなら交渉などサポートしてくれるため、はじめての副業でも安心です。

ただ、経験や高いスキルを求める案件が多いサービスです。しっかりと実績をつくってから利用すると良いでしょう。

doocy job

引用元:doocy job

doocy jobは、クライアントと直接チャットを利用して、案件の条件などを交渉できるサービスです。そのため、中間マージンがかかりません。

直接交渉できるので、高単価案件を受けられる可能性があります。ただ、クライアントと直接交渉するには、それなりの実績や経験が必要です。

プロの副業

引用元:プロの副業

プロの副業は、週1日から受けられる案件を取り扱っています。稼働日数が少ない案件を取り扱っているため、柔軟な働き方で副業をはじめられます。

また企業から直接オファーが届き、直接契約で仕事を請けられるようにもなっています。

クラウドソーシング

クラウドソーシングでは、以下2つのサービスをおすすめします。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

ランサーズ

引用元:ランサーズ

ランサーズは、登録者数・案件数ともに日本最大級のクラウドソーシングサービスです。タスク型の単発などさまざまな案件が募集されているため、副業初心者でも仕事を選びやすいです。

経験や実績を重ねれば、クライアントからスカウトを受けられるのも特徴です。

クラウドワークス

クラウドワークスも、国内最大級のクラウドソーシングサービスです。案件の種類が豊富で、エンジニア向けの案件も多く募集されています。

高いスキルや経験が必要な案件もありますが、初心者でも手軽にはじめられる案件も多数あります。初心者向けの案件をこなしつつ実績・信用を積み重ねるとよいでしょう。

Unityで副業をする際の注意点

Unityで副業をする際には、以下の3つの点に注意しましょう。

  • 本業とのバランスを考える
  • 確定申告を忘れずに行う
  • 複数社のエージェント・サービスに登録する

場合によっては、副業が本業や収入にマイナスな影響を与えることもあります。

本業とのバランスを考える

Unityの副業案件は豊富で活躍の場が多くあるものですが、副業が本業に影響を与えてしまうと、人事評価に影響が出たり、減給されたりする可能性があります。副業を認めている企業でも、「本業に支障が出ない範囲で」と定められているのが通称です。

副業が原因で遅刻や早退が発生したり、寝不足による生産性が低下したりして、本業に悪影響が出れば、それこそ副業に取り組む意味がありません。自身の体調管理もふまえ、本業とのバランスを取ることが重要です。

確定申告を忘れずに行う

副業で年間20万円以上の収入を得る場合、確定申告を行うことが義務付けられています。Unity案件はアプリのリリース直近などの繁忙期であれば1ヶ月の副業だけでも20万円を上回ることがあり、副業を検討するなら確定申告の準備もしておきたいところです。

確定申告とは、納税額を計算・申告する手続きです。会社に勤めている場合は年末調整として会社側が手続きを行ってくれますが、副収入がある場合は自身で行わなければなりません。会社側で年末調整を行った場合でも、別途自身でも確定申告が必要となるのです。

確定申告を行わなかった場合、無申告加算税や延滞税が発生することもあるため注意が必要です。

複数社のエージェント・サービスに登録する

エージェントサービスやクラウドソーシングといった案件獲得のためのサービスは、複数登録しておきましょう。同じUnity案件でも、サービスによって紹介・掲載される求人は異なります。複数登録することで、効率よく自分に合った案件を探すことができます。

ただし、登録サービスが多すぎると管理しきれないため、利用した後、自身に合うサービスを絞り込むのがおすすめです。

副業からフリーランスのUnityエンジニアとして独立するには?

副業でUnityエンジニアをやっている人の中には、将来的に独立を考えているという人もいるでしょう。Unityエンジニアとして独立するなら、副業がある程度軌道に乗ってからがおすすめです。個人での仕事の枠を徐々に広げ、安定して仕事を得られると感じたら会社を辞めるという方法が安心でしょう。

Unityのフリーランス案件を獲得するには?必要スキルや単価を解説

独立する場合は、事前に税金面のことを調べたり、独立に必要な資金を算出して資金調達をしたりするのも大切です。しっかり事前準備しておくことで、スムーズに独立できます。

また、Unityのフリーランス案件を獲得する際には、フリーランスエージェントを活用するのがおすすめです。弊社ITプロパートナーズでは、週2・3日案件やリモート案件など柔軟に働ける案件を多数取り扱っています。フリーランスとして独立する際は、ぜひご利用ください。

まとめ

Unityはゲーム開発のためのプラットフォームで、近年ではゲーム業界以外の分野でも活用されています。Unityの需要は高まっているため、クラウドソーシングやエージェントなどを使えば、副業やフリーランスの案件も多く見つかるでしょう。

Unityの開発経験がなければ副業案件を獲得するのは困難ですが、未経験からUnityを勉強する方法はあります。Unityエンジニアは需要が高いため、将来的にフリーランスを目指したいというエンジニアの人は、Unityを勉強してみてはいかがでしょうか。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
アバター画像
ITプロマガジン
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「ITプロマガジン」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。