Swiftの将来性はどうなる?今後の需要を徹底調査!

こんにちは。ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

プログラミングを学習しようと思った時、無数にあるプログラミングの中でも将来的にも需要のある言語を選択したいものです。果たしてSwiftは今後どのようになるのでしょうか。

日本ではiPhoneユーザーも多く、それに比例してiOSアプリの開発には需要があります。また、Androidで人気のあるアプリをiOSに対応させるためにもSwiftの知識は必須です。

今後iOSアプリが必要とされる限りSwiftの需要は増え続けるでしょう。一方、ほとんどがiOS向けの開発に関する言語という意味では、ある日突然将来性を断たれるという懸念もあります。

そこで今回は、プログラミング言語「Swift」は今後も需要はあるのか、将来性を心配する意見も含めて調査しましたので、ぜひ参考にしてください。

freelance

Swiftの需要から見る将来性

SwiftはApple社のアプリ開発に特化した言語です。iPhoneのシェアが世界にある限り、Swiftの需要が減ることはありません。

日本国内もiPhone人気の高い国のひとつです。新しいサービスのほとんどはiPhoneアプリが開発されている現状を見れば、Swiftのスキルに対する需要が高いこともわかります。

Swiftの需要、そして将来性については以下のようなものが挙げられます。

  • Apple製品の需要に比例する
  • iOSに特化しているという強みがある
  • スマホアプリ開発にはSwiftの求人が含まれる
  • App Storeへの信頼性に比例した需要がある

Apple製品の需要に比例する

Swiftは2014年にApple社が発表した言語です。Swiftが発表される以前はObjective-Cでアプリ開発が行われていましたが、Swiftが発表されてからは主な開発言語としてSwift利用されています。

iPhoneアプリ開発の求人では、Swiftの需要が多くなり必須言語でもありますので、Apple製品に需要がある限り、Swiftの将来性を心配することはないでしょう。

Apple製品に特化しているという強みがある

Swift技術者はiOSやOS Xが続く限り、その需要が衰えることはありません。その他の言語のように、流行り廃りで将来性が予測されることはなく、iOSで動作するApple製品が市場から消えない限り、iOSに特化したSwiftもまた消えることはありません。

Swiftは速いペースで仕様変更も繰り返され、徐々に洗練されています。万が一iOSから派生する新OSが登場しても、Apple社の主導するものである限り、SwiftはOSに対応した仕様変更を行うことでその需要は保たれるでしょう。

スマホアプリ開発にはSwiftの求人が含まれる

今やスマートフォンは生活の基盤です。あらゆる情報はスマートフォンで取得し、サービスもスマホアプリで提供されています。

スマートフォンアプリ開発といえばAndroidとiOSが定番で、スマートフォンアプリ開発の求人には必ずiOSエンジニアが含まれます。特にiOSエンジニアを募集する求人ではSwiftは必須のスキルです。

スマートフォンが市場から消えることはしばらくないでしょう。それはiOS端末がすぐに姿を消してしまうことも考えにくく、Swiftの需要はまだまだ続くことが予測できるということです。

App Storeへの信頼性に比例した需要がある

スマートフォンには大きく分けて「Android」と「iOS」の端末に分かれます。どちらもStoreを通してインストールを行いますが、特にApple社のApp Storeにおける審査は厳重です。

iOSユーザーが利用できるアプリは、Apple社の審査に大きく左右されます。しかしそれは、App Storeの信頼性にもなっているのです。

そして、App Storeの信頼性は、スマートフォンアプリによるサービス提供にも大きく影響し、「Apple社の審査が通ったアプリ」という安心感も同時に提供しています。

Apple社の審査の信頼性は、Swift開発の需要にも大きく繋がるものなのです。

Swiftの将来性を心配する意見

Swiftをこれから学習し、Swiftエンジニアを目指す人の中には、その将来性を心配する声も聞こえてきます。

SwiftがあまりにもiOSアプリ開発に依存していることは、その大きな理由となっているようです。

Swiftの将来性を心配する意見としては、大きく以下のようなものが挙げられます。

  • Apple製品の存続に依存する
  • 頻繁に仕様変更される
  • Apple製品全般に使える言語ではない

Apple製品の存続に依存する

Swiftの将来が心配という声の一つに、iOSはもちろんApple社の存続に大きく左右されることです。

まず、iOSのアプリ開発に特化したSwiftは、iOSやOS Xで動作する機器がなければ需要はありません。そして、その多くはiPhoneのシェアに大きく依存します。

また、Swift自体がApple社が発表したプログラミング言語であることから、Apple社無しではおそらくSwiftの将来性はないということです。

もちろん、将来的にApple社の存続が難しくなったとしても、Apple製品が突然全て市場から無くなってしまうということは考え難く、これだけのシェアを獲得している製品は、後に台頭してくる企業が買収するなどの措置がとられるでしょう。

ですので、Swiftに関しても急に将来性を断たれることは考え難いのです。

頻繁に仕様変更される

Swiftは頻繁に仕様変更されています。去年のソースが使えなくなるといった現象も起こっています。

歴史の浅い言語にはありがちなことですが、これからSwiftのエンジニアを目指す場合には不安になるのも当然ですよね。

またApple社は、iPadOSを発表するなど、製品に合わせたプラットフォームを次々に生み出しています。

iOSで動いていた機器の基盤が変われば、もちろんその言語もアップデートされますので、これからもSwiftの仕様変更は頻繁に行われることが予想されます。

もちろん、製品の幅や開発の幅が広がれば、それだけ需要や将来性には期待できるということでもありますね。

Apple製品全般に使える言語ではない

ひとつの開発言語が他に応用できないというは、開発エンジニアとしての将来性に大きな不安を与えることは事実です。

Swiftを完全にマスターしても、活躍できる分野はiOSアプリやOS Xアプリだけです。Apple社が発表したプログラミング言語ですので、そのほとんどはApple社の製品の中でもiPhoneやiPadといったiOSで動く製品です。

もちろん、その他の開発には応用できず、活躍の場はApple社のiOSやOS Xという限定的なものとなってしまいます。

エンジニアとしては非常に重大な問題であり、自身の需要や将来性を不安視する声は途絶えることはないでしょう。

しかし、どのような言語でも得意分野はあります。それはWEBサービスに特化したものや機械学習に有利な言語といった具合です。

SwiftはApple製品に特化したプログラミング言語ですが、世界的に見てもそのシェアは大きなものですので、Swiftでの開発案件が突如として消えてしまうということもありませんし、過剰に不安視することはないでしょう。

Swiftフリーランスエンジニアとしての将来性

Apple社は、新たにiPadOSを発表するなど、その存在はますます大きなものとなっています。

それに伴い、Swiftでの開発案件も今後勢いが増すことも予想されます。iOSをベースとした製品シェアが拡大している現状では、Swiftエンジニアはフリーランスとしても将来性があると言えます。

新しく登場するサービスのほとんどはiOSアプリを開発しますし、ゲームの分野においても多くのアプリが開発されているのが現状です。

日常生活で使われる製品を開発できる言語ですので、その求人件数が減ることもしばらくは考えられません。

特に、今後はIoTが拡大していく中で、iOSアプリの存在価値もさらに重要視されます。各家電メーカーはiOSアプリで家電の制御を行うことが考えられますし、スマートフォンはますます生活の中心的存在になっていくでしょう。

Swiftの開発エンジニアとしてフリーランスを目指すならば、先端技術とスマートフォンアプリの連携を視野に入れることで、将来性は大きく広がります。

まとめ:Swiftの将来性は期待できる

SwiftがApple社に依存する言語という理由だけで、その需要や将来性を不安視する必要はありません。

人々の生活基盤となったインターネットへの入り口としてはWEBサイトを構築できる言語が重要視され、最先端技術を扱う分野であれば機械学習に強い言語が重宝されます。

Apple社の製品が世界的にも大きなシェアを持っているならば、Swiftの需要は続き、将来性は今後も大きく期待できるのです。

言語の流行り廃りで突然その人気を無くしてしまう言語も存在しますが、Swiftの場合は大手企業が主導する言語という意味でも、その他の言語より優位な部分があることは間違いありません。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
佐久森

佐久森

元ITインフラエンジニアで現役テックライター。暗号資産やブロックチェーン技術のライティングからIT技術全般を幅広く書く。福岡出身東京在住。
freelance