【2020年最新】Swiftのフリーランス案件・求人まとめ!フリーランスが業務委託でSwiftの仕事を獲得する方法!

近年スマホユーザーが増え続けており、2016年にはパソコンとスマホの利用率がほぼ同率になり、ここ数年はスマホ利用者の方がパソコン利用者よりも多いと言われています。

スマホ利用者が増えているということは、スマホアプリの需要が増えていることにも繋がるため、スマホアプリ開発案件の求人が増えると予測出来ます。

特に日本国内で圧倒的なシェア率を誇るiPhoneについては、スマホアプリ開発者として確実に抑えておきたい分野です。

そこで本記事では、iPhoneアプリ開発のネイティブ言語として圧倒的なシェア率を誇る「Swift」の案件について、求人内容から必要なスキルをまとめてご紹介していきたいと思います。

iPhoneアプリの案件に参画するのであれば、Swiftの知識は必須となりますので、どのようなスキルや経験が必要なのか理解して、効率的に案件獲得を目指しましょう。

freelance

Swiftのフリーランス案件・求人の種類

まずは実際に弊社「ITプロパートナーズ」で公開しているSwiftのフリーランス案件・求人をもとにどのような種類があるのかを確認していきましょう。

【週3日からOK!】ドローン事業のSwift案件・求人

スクリーンショット 2020-11-30 16.34.44
  • 週稼働日数:3日
  • 想定稼働時間:96時間
  • 想定月収:〜¥500,000

 

【リモート・在宅可】ライブ配信事業のSwift案件・求人

スクリーンショット 2020-11-30 16.35.22
  • 週稼働日数:4日
  • 想定稼働時間:128時間
  • 想定月収:〜¥900,000

 

【高額案件】飲食系サービスのSwift案件・求人

スクリーンショット 2020-11-30 16.36.13
  • 週稼働日数:5日
  • 想定稼働時間:160時間
  • 想定月収:〜¥1,000,000

弊社「ITプロパートナーズ」では、その他多くのSwift案件・求人を取り揃えております。
ぜひご相談ください!

Swiftとは?言語の特徴から有効性までを紹介

Swiftは、Apple社が開発したiOS・Mac向けのオープンソースプログラミング言語です。

従来Objective-Cという言語が、iOS・Macアプリ制作で利用されていましたが、2014年にSwiftが登場したことにより、新規開発案件のほとんどがSwfitに切り替わっています。

  • Swiftでの開発に必要なもの
  • Swiftの特徴
  • Swiftを選択すべき理由

Swiftでの開発に必要なもの

まずSwiftでアプリ開発を行う際「AppleID」「Xcode」「DeveloperID」の3つが最低限必要となります。

AppleID

App Storeからアプリをダウンロードする際に利用する「Apple ID」が必要です。

既存のアカウントでも開発に利用することが可能ですが、開発者用の別アカウントを作成することが推奨されています。

Xcode

Xcodeは、統合開発環境と呼ばれるもので、「インターフェースビルダー」「デバッガ」「コンパイラ」「シミュレーター」といったアプリケーション開発に欠かせないツール一式が組み込まれたソフトウェアです。

Swiftで開発されているアプリのほぼ全てが、Xcodeを使って開発されているといっても過言ではありません。

DeveloperID

作成したアプリをApp Storeで配布するために必要となるのが、DeveloperIDです。年間で$99(約10,500円)の登録料が必要です。
※1ドル105円換算

DeveloperIDなしでも、アプリの開発自体は可能ですが、自分自身の環境でしかアプリを利用することが出来ません。

大半の方が作成したアプリを公開したいと考えますので、必須項目の1つとして認識しておきましょう。

Swiftの特徴

Swiftでは、他の様々なプログラミング言語の特徴を上手く取り入れて、Apple製品向けのアプリ開発用に改良したモダンなプログラミング言語です。

モダンな開発スタイル

Objective-Cでは、独特な記述方法などが多く、他のプログラミング言語での開発経験者であってもなかなか理解することが難しい、ある意味で特徴的な言語でした。

一方で、Swiftの場合、従来のObjective-Cの機能を踏襲しながら、JavaやPython・RubyといったWebシステム開発で利用されている言語の特徴を上手く取り込み、より理解しやすいプログラミング言語として改良されています。

Playgroundの実行環境

Swiftで開発を行う際、Playgroundと呼ばれるリアルタイムで動作確認を行うことが可能な機能が提供されています。

従来であれば、コードを修正するたびにアプリを再実行して動作確認を行う必要がありましたが、Playgroundを利用すれば、修正箇所が即時にアプリとして反映されるため、開発効率を大幅に向上させることが可能です。

Swiftを選択すべき理由

Apple製品向けのアプリ開発は、従来通りObjective-Cを利用して行うことも可能ですが、Swiftを選択することをおすすめします。

その理由についても確認していきましょう。

将来性の高さ

まずApple社自体が、Swiftにサポートを注力する方針となっています。

各開発案件でも新規案件のほとんどがSwiftでの開発に移行しており、将来性の高さにおいてはObjective-CよりもSwiftが勝っています。

初心者でも学習しやすい

Swiftはプログラミング言語のなかでも、かなり新しい部類のため、様々な言語のメリットを効率的に組み込んでおり、コードの可読性も高くなっています。

コードの記述量自体もObjective-Cに比べて、かなり少なく抑えることが可能です。

またオープンソースということで、公式のドキュメントはもちろん、無料で学べる環境が充実している点も初心者向けの言語と言えます。

Swiftの在宅・リモート案件ってどれくらいあるの?

Swiftの在宅・リモート案件を弊社ITプロパートナーズの公開求人で確認してみましょう。

まず言語をSwiftに設定して、こだわり検索のリモート可にチェックを入れて検索すると、「53件」という結果になりました。(2020年 11月現在)

スクリーンショット 2020-11-30 16.37.28

リモート可の条件指定なしで、Swiftの案件を検索した結果が「134件」ですので、約3分の1に該当する案件で、一部もしくは完全リモートが可能という結果になっています。

スクリーンショット 2020-11-30 16.38.12

 

Swiftで週2日〜週3日の案件ってどれくらいあるの?

同様に週2日~週3日の案件についても確認してみましょう。

ITプロパートナーズで週2日と週3日にチェックを入れて検索すると、「75件」という結果になりました。

スクリーンショット 2020-11-30 16.38.53

上述したように、Swift全体の公開案件が「134件」でしたので、約半数が週2~3日の稼働にも対応していることがわかります。

弊社「ITプロパートナーズ」では、週2日〜3日で稼働できるSwift案件を数多く取り揃えていますので、気軽にご相談ください!

Swiftエンジニアとして未経験でこなせる案件ってある?

続いて未経験可の案件についても確認してみましょう。

同様にITプロパートナーズの公開案件で、こだわり検索の未経験可にチェックを入れた状態で検索すると、「0件」という結果になりました。

スクリーンショット 2020-11-30 16.40.02
基本的にフリーランスでSwiftの案件を請け負うためには3年以上の実務経験が必要となるため、未経験からフリーランスへなる事は現実的ではありません。

未経験からSwiftエンジニアに転身したい場合には、未経験可の募集を行っている企業で実務経験を積んでからフリーランスへの転向を検討してみましょう。

Swiftのフリーランス案件の単価相場っていくら?

続いて、Swiftを扱うフリーランス案件の単価相場についてもご紹介していきたいと思います。

上述したように、フリーランス案件は未経験者の参入が難しく、平均すると3年以上の実務経験を積んだ方が多いため、今回は「3~5年」と「5年以上」の単価相場を確認していきます。

  • Swiftエンジニア実務経験3年〜5年
  • Swiftエンジニア実務経験5年以上

Swiftエンジニア実務経験3年〜5年

弊社ITプロパートナーズで募集している案件では、Swiftエンジニアで実務経験が3年~5年の場合、週5日勤務で50~60万円が単価の相場です。

勤務場所や担当するポジションにもよりますが、平均すると60万円前後の求人を探すのが現実的といった印象です。

高単価案件を狙う場合には、東京近辺で上流工程の案件を探すと、単価60万円を超えてくるような案件も多く見つけられます。

Swiftエンジニア実務経験5年以上

Swiftエンジニアで実務経験が5年以上の場合、「70万円」前後の案件が多いです。

しかしながら、実務経験5年以上となるとSwiftエンジニアとしてのスキルはもちろん、上流工程を担当する機会が増えてくるので、案件によっては100万円以上で案件を請け負う事も可能です。

Swiftだけで5年の経験がなくても、他のプログラミング言語と組み合わせてエンジニア歴が5年以上になれば、高単価案件を狙える可能性も高くなります。

フリーランスでのSwift案件の探し方

単価を確認出来たところで、フリーランスでのSwift案件の探し方についても把握しておきましょう。

  • フリーランスエージェントを利用する
  • SNS等で探す
  • 知人から紹介してもらう
  • クラウドソーシングサービスを利用する

フリーランスエージェントを利用する

フリーランスエージェントを利用することで、個人では難しい大手との取引や、高単価案件を紹介してもらうことができます。

また契約周りや税金周りなど、エージェントサポートが受けられるため、安心してお仕事に取り組むことが可能です。

さらには在宅案件、週2案件など、こちらの要望を伝えることで、一人ひとりにあったお仕事を紹介してもらえます。

手前味噌ですが、弊社ITプロパートナーズでは
・高単価案件の紹介
・契約、税金周りのエージェントサポート
・リモート・在宅、週2日の案件
全てのサポートを兼ね備えております。

Swiftを扱うエンジニアの方でフリーランスを目指す方はぜひ一度ご相談ください!

SNS等で探す

近年Swift案件に関わらずですが、SNS等で求人募集を行う企業が増えてきています。

特にスタートアップ企業では、CEOやCTOといった採用権限を持つような役職の方が、直接SNS上で案件を掲載しているケースも少なくありません。

従来のような採用ステップを踏むことなく、直接CEOなどに自分のスキルをアピール出来るため、スキルに自信のある方にはおすすめの探し方です。

知人から紹介してもらう

知人からアプリ開発案件を紹介してもらう方法も、一般的な探し方の1つです。

知人間に限られるため、多くの案件から選択出来るわけではありませんが、その分案件を獲得出来る可能性が高いという特徴があります。

また企業案件だけでなく、知人が作ってもらいたいと思っているアプリを開発することで、自分自身の実績に繋げたり、口コミにより直接案件を獲得出来る機会を得ることも可能となります。

クラウドソーシングサービスを利用する

フリーランスで在宅・リモート案件を探すなら、最も一般的な方法がクラウドソーシングサービスの利用でしょう。

クラウドソーシングは個人から企業まで様々な方が案件依頼を掲載しており、大半がリモートワーク可の案件です。

ただ、クラウドソーシングは誰でも参加出来る分、依頼者側にも信頼出来ない方が紛れ込む可能性が高く、単価が異常に低い案件や無理難題を押し付けられる案件が存在することには注意しておく必要があります。

Swift案件を取り扱うおすすめのフリーランスエージェント

ITプロパートナーズ

スクリーンショット 2020-07-30 15.22.51

週5でフルタイム勤務はしたくない、そんなエンジニアに嬉しい週2、週3案件が豊富なITプロパートナーズ。

フリーランスエンジニアを支援する会社では先駆け的な存在です。

取引者数も3,500社以上、魅力的な案件も豊富で直請けなのもポイント。

起業家・フリーランスの支援をするために始まったサービスのため、求められるスキルが高い分、週2〜3日、リモートワーク可などフレキシブルな働き方ができる案件が多いのが特徴です。

週2〜3日で稼ぎながら、独立・起業に挑戦したい!

という心構えの人におすすめのリモートワークエージェントになります。

■ ITプロパートナーズの特徴・強み

  • 週2やリモートOKの案件多数
  • 取引企業数2,000社以上!有名ベンチャーや有名大手の高額案件多数
  • 高等技術、最新技術案件あり
  • 専属エージェントによるサポートあり
  • ITプロトータルサポートで所得補償(休業保険/フリーランス協会)・確定申告代行あり

 

レバテックフリーランス

スクリーンショット 2020-07-30 15.32.52

運営会社は、ヒカリエを拠点に構えるレバレジーズ株式会社。

レバテックフリーランスは、抱えている案件数が業界内でもNo.1と呼べるほど多く、希望に沿った案件を紹介してもらえます。

さらに専任コーディネーターはクライアントとの顔合わせに同席し参画中から参画後もしっかりサポート。

最も有名なフリーランスエージェントといっても過言でなく、まずはレバテックフリーランスに登録してみるという駆け出しのフリーランスエンジニアも大変多いです。

案件の単価も高額なものが多く、紹介してもらえる分野も幅広いためどこのエージェントが良いか悩んだ場合、真っ先に検討するべきエージェントの1つです。

 

■ レバテックフリーランスの特徴

  • 利用者満足度92.6%!
  • 専任コーディネーターによる手厚いサポート
  • 最短一週間で案件参画可能
  • 大企業からベンチャーまで直請けで高単価案件豊富
  • 2018年7月時点で週5案件稼働エンジニアの平均年収862万円
  • 常時1,100件以上の豊富な案件数

 

Midworks(ミッドワークス)

スクリーンショット 2020-07-30 15.43.43

フリーランスエージェントとしてもかなり手厚い保証が受けられるのがMidworksの最大の特徴です。

あなたのスキルに見合った額を補償してくれる給与保証制度は、正社員のような待遇でフリーランスとして働きたいエンジニアを虜にします。

さらに、必要経費支援として書籍・勉強会費月1万円/交通費:月3万円・保険の半額負担/会計支援サービスを提供してもらえます。

Midworks(ミッドワークス)であれば、家族がいても十分フリーランスとして働くことができるでしょう。

 

■Midworks(ミッドワークス)の特徴

  • クライアント側の発注単価公開&低マージンで契約に納得できる
  • リモート・週3~の案件もあるので働き方が選べる
  • 正社員並みの保障でフリーランスなのに安定&安心
  • 賠償責任保証&健康診断優待「フリーランス協会」に加盟できる

 

Bizlink

スクリーンショット 2020-07-30 16.08.20

ハイクラス層に強いエンジニア案件の取り扱いがあるBizlinkは、副業支援を行うフリーランスプラットフォームでもあります。

週1案件からフルタイム常駐・リモート案件などもあるのでワークライフバランスを見直したいエンジニアにも嬉しいエージェント。

契約は直請けなので高単価案件が多いのもポイントです。

他エージェント比べて、IT業界以外の案件が豊富、口コミでも「他ではみかけない面白そうな案件が多い」という声もあります。

しかしながら、週末での稼働になることが多いため、休日はゆっくり休みたい・趣味を楽しみたい。という方にとっては不向きかもしれませんね。

 

■Bizlinkの特徴

  • リモート案件・打ち合わせメインのコンサル案件・週1~案件と働き方に合わせて選べる
  • Bizリンカーとして認定されると登録エンジニアにオファーもできる
  • 上流工程でプロジェクトに参画中のBizリンカーから直接オファーもある

よりSwiftの高単価案件を獲得するために必要なスキル・経験

Swift案件の単価相場や仕事の探し方についてご紹介してきましたが、高単価案件を獲得するには、自分自身のスキルが重要になってきます。

不足しているスキルがあれば、まずは実務でスキルを積んでからフリーランスへ転向することも検討してみましょう。

  • 上流工程やPMとしての経験
  • 大企業やスタートアップなどあらゆる規模での開発経験
  • アプリ開発だけではないシステム系やWebサービス開発の経験

上流工程やPMとしての経験

Swift案件に関わらず、高単価案件の多くは、上流工程やPMとしての作業が中心となります。

Swift開発のスペシャリストを目指すのも良いのですが、日本のIT業界の仕組み上、スペシャリストを目指すよりも上流工程での経験を積んだ方が単価が上がりやすいのは事実です。

開発にこだわりすぎず、設計やプロジェクトマネジメントのスキルを磨くことも高単価案件獲得には大切です。

大企業やスタートアップなどあらゆる規模での開発経験

高単価案件で求められるエンジニアは、信頼できるスキルと問題解決力の高いエンジニアです。

様々な規模の開発を経験していることで、1つの現場では得られないような対応力と環境に適したスキルを身につけることが可能となります。

高単価案件では即戦力であることが前提とも言えるため、新しい環境でもすぐに自分の力を発揮できるスキルが必要です。

<h3アプリ開発だけではないシステム系やWebサービス開発の経験

SwiftはApple製品向けのプログラミング言語であるため、アプリ開発さえ出来れば問題ないと考える方もいますが、高単価案件獲得を狙うのであれば少し不十分です。

アプリ開発のスキルはもちろん必要ですが、近年のアプリでは、他のWebサービスやシステムと連携していることも少なくありません。

システム開発全体の仕組みを理解した上で、アプリ開発をより効率的に行えるようなアプローチが取れるエンジニアになることが、高単価案件の獲得にも繋がります。

まとめ:Swift案件は将来性が高く狙い目!

本記事では、Swift案件の求人内容から仕事の探し方、必要なスキルについてご紹介してきました。

Apple製品の需要は伸び続けており、アプリの需要も同様に大きく進展していくことが期待されます。

現状Apple製品のアプリを開発するのであれば「Swift」一択状態であり、初心者から経験者まで理解しやすい言語となっています。

将来性も考えるとSwift案件は狙い目と言えますので、Swift開発経験者はもちろん、まだSwiftを活用したアプリ開発に挑戦したことがない方も含め、この機会にチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

手前味噌ですが、弊社サービス「ITプロパートナーズ」では数多くのSwift案件・求人を取り扱っています。もしご興味のある方はご相談ください!

スクリーンショット 2020-07-30 15.22.51

■ ITプロパートナーズの特徴

  • 週2やリモートOKの案件多数
  • 取引企業数2,000社以上!有名ベンチャーや有名大手の高額案件多数
  • 高等技術、最新技術案件あり
  • 専属エージェントによるサポートあり
  • ITプロトータルサポートで所得補償(休業保険/フリーランス協会)・確定申告代行あり

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

「すべらない起業論」編集長であり、エンジニアの起業・独立・フリーランス支援のプロエージェント。大手損害保険会社を経て、I&G Partners(現アトラエ)入社。成功報酬型求人サイト「Green」の立ち上げから関わる。その後、「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を立ち上げる。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

最新記事 by ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人 (全て見る)

freelance

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です