iOSのアプリ開発ってどの言語がいいの?Objective-C?Swift?

77ea4efe94be234763ffdc7b9bf38cb0_s
The following two tabs change content below.
Rook

Rook

システムエンジニアからWebエンジニアに転身したキャリアとエンジニアマネージャの経験を踏まえ、昨年独立したばかりのフリーランスエンジニア。ITコンサル/IT講師/ITライターをメインに活動しつつ、独立を契機に趣味でプログラミングを再開し、Swiftと格闘中。ブログの最後を名言で締めくくる名言好き。
Rook

最新記事 by Rook (全て見る)

こんにちは!
ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズの木村です。
弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

今回は、iOSアプリ開発の言語について見ていきます!

Objective-C、Swiftとありますが、どちらの方が良いのでしょうか?

見ていきましょう!

iOSアプリ開発に適したプログラミング言語

shutterstock_288042365

これから新しいiOSアプリを開発していくのであれば、迷わず「Swift」を選ぶ事をオススメします。

プログラミングを新たに学び始めるときに向いている言語というのがいくつかあります。

モダンな言語で開発のためのツールやライブラリが充実しているという観点からは「Ruby」「Python」「Swift」。

また、今後の将来性という観点から考えると、これからはIoT(モノのインターネット)という概念から、インターネットにつながった機器と連携するようなプログラムが増えてきます。

そこでiOSデバイスを介して機器につながることが予想され、Swiftを学ぶことはIoT関連の分野に仕事の範囲を広げると考えられるからです。

Swift以外の選択肢

Woman using tablet and depth of field in coffee shop with vintage tone.

一方で、iOSアプリは必ずしもSwiftで開発する必要はありません。

目的として「簡単に」「迅速に」「既存のリソースを活かして」「既存の技術を活かして」という方針がある場合は、HTML/CSS/JavaScriptといったWeb技術やC#での開発も視野に入れることができます。

Swiftを一択でお薦めするのは、あくまでも新たな言語を学ぶという観点で見た場合に過ぎません。

Objective-Cは消えるのか

shutterstock_339989213

Objective-Cというプログラミング言語が、次第に下火となって消えていく可能性が高いのは確かです。

しかし、これまでに存在する他の言語と同様に、既にObjective-Cで開発された数々のプログラムがすべて一気にSwiftに置き換えられるとは考えにくいです。

つまり、Objective-Cでメンテナンスを続ける必要があるシステムやアプリが、世の中には多数存在するということです。これは他の言語と同じことです。

例えばフリーランスとして受けられる案件の幅を広げたいと考えている場合は、SwiftだけでなくObjective-Cを合わせて習得することで、Objective-CからSwiftへのアップデートの案件や、既存のObjective-Cのメンテナンス案件を受けていくことができるでしょう。

さて、以上からわかるかと思いますが、Objective-Cしかまださわれないという方は少しやりがいのない仕事が多くなるかもしれません。

今後、iOS関連の開発はSwiftで行われますし、Objective-Cはどうしてもメンテナンス案件が多くなってしまいます。

何か新しく挑戦したいという方は、Swiftを身につけることが肝要です。

案件情報が気になる方はこちらをご一読ください!

【iOSアプリを開発したいフリーランスエンジニア必見!】週2日からの絶対見つかるiOSアプリ開発高額求人案件情報!

早速具体的な案件をご覧になりたい方はこちらから!

プログラミング言語の選択のコツ

Wood Table with Computer Flower Electronic Gadgets and Stationery and Person typing on keyboard Evening soft sunlight

世間やネット上では「どのプログラミング言語が良いのか?」という話題と議論には事欠きません。

しかし、それらを鵜呑みにするのではなく、あくまでも情報として吸収して、TPOに合わせて最適な選択をできるのがエンジニアの本分ではないでしょうか。

プログラミング言語は手段に過ぎません。目的に合わせて選択し、目的を果たす、つまりは結果を出すことに専念していきましょう!

ITプロパートナーズに登録すると3つのメリットがあります!

①他には無い!弊社だけの週2日〜のフリーランス案件!

ITプロパートナーズでは、フリーランスエンジニアが週2日から働ける案件を数多く取り揃えております。 そのため、他案件やご自身が開発するサービスと並行可能です。 独立資金を貯めたい方や趣味に時間を費やしたい方には非常に重宝して頂いております。 契約期間も3ヶ月~で安定収入を実現しており、稼働文の請求となるのでリスクもないです。

②成長企業の直案件で高単価を実現!! 週3日で月額50万円も!!

弊社の95%以上が高単価の直案件になります。 常時、50件以上の週2~の案件を保有しています 社長の木村を始め、ITプロパートナーズの社員は圧倒的にITベンチャー出身者が多いです。 故に多くのベンチャー企業に精通しています。 スタートアップのベンチャー企業で最大限のバリューを発揮したい方にはオススメです。

③専属エージェントがしっかりサポート!!

希望に合致した案件をご紹介可能です。 また、契約交渉や債権管理を代行します。 契約が切れても、未稼働期間なしで次の継続的な案件を随時ご紹介します!