iOSのアプリ開発はどの言語が適しているのかを紹介!安易に選ぶと危険!

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

それではここからはプロの目線としてフリーランスに役立つ情報をお伝えしていきます。

近年iPhoneを代表とするスマートフォンの普及に伴い、iOSアプリの開発がエンジニアの中でも人気の高いものとなってきています。

iOSアプリの開発言語として「Objective-C」、「Swift」が有名ですが、意外とそれぞれの特徴をしっかり押さえている方は少ないかもしれません。

いざiOSアプリ開発を始めようとなった際に、それぞれの言語の特徴を押さえずにどちらでもいいから開発してみようと開発言語を選んでしまうと後々苦労することも多いです。

そこで本記事では、iOSアプリ開発エンジニアを目指している方向けにiOSの開発言語・プラットフォームの種類と特徴を徹底解説していきます。

iosアプリを開発できる言語・プラットフォームの種類と特徴を紹介

iOSアプリの開発言語・プラットフォームの代表とされるものとして下記のようなものが挙げられます。

開発ができれば何でも同じじゃないかと思うかもしれませんが、それぞれの特徴についてポイントを押さえておくことでより効率的に開発することができます。

  • ios開発言語①:Objective-C
  • ios開発言語②:Swift
  • ios開発プラットフォーム①:React Native
  • ios開発プラットフォーム②:Visual Studio
  • ios開発プラットフォーム③:Kotlin/Native

ios開発言語①:Objective-C

Objective-CはC言語を元に開発されたプログラミング言語で、オブジェクト指向型である特徴があります。

C言語との互換性も高く、汎用的なプログラミング言語のように思えますが、実際に利用されている場面は、iOS製品向けのアプリケーションやシステムに限られており、そこまで有名なプログラミング言語ではありません。

Swiftが開発される2014年以前まではiOSのアプリ開発では、最も利用されているプログラミング言語でしたが、Swiftが普及し始めてからはObjevtive-Cは衰退していっている状況です。

また、Objective-Cの開発のプラットフォームのほとんどはMacOSで対応しているXcodeとなっており、WindowsOSでの開発が困難とされています。

これらの背景もあり、実際にフリーランスエージェントでのiOS開発案件の数をみても、Swiftによる開発案件数の方が圧倒的に多く、Objective-Cのみでの開発という案件はほぼないのが現状でしょう。

ios開発言語②:Swift

Swiftは2014年にAppleが開発したプログラミング言語で、macOSやiOS製品のアプリケーションやシステム開発の公式標準開発プログラミング言語としても指定されている言語になります。

先ほど紹介したObjective-Cに比べると、モダンなプログラミング言語の一つでもあり、学習コストがかからず(習得難易度が低い)プログラミング言語未経験の方にも人気のある言語のひとつです。

また、処理速度が非常に高い点もSwiftの特徴のひとつとして挙げられます。Objective-Cと比較すると最大で2.6倍も高速処理可能で、アプリケーション実行時のストレスも緩和できるでしょう。

今までmacOS、iOSのみに対応していたSwiftですが、2020年にはWindowsでの利用も可能となったため、Swiftの需要は今後も伸び続けていくことが予想されます。

ios開発プラットフォーム①:React Native

React Nativeは、Facebookが開発したクロスプラットフォーム(iOSとAndroidどちらでも動作可能)のアプリ開発用フレームワークのことを指します。

React Nativeの開発言語はJavaScriptが用いられており、JavaScriptで記述されているコードであればiOSでもAndroidでも開発可能なフレームワーク。

iOSでもAndroidでも大部分のコードを共有化することが可能なため、開発の効率は圧倒的に良いプラットフォームだと言えます。

JavaScriptを習得している方であれば、学習コストもかからずiOSアプリの開発ができますが、SwiftやJavaなどを用いるネイティブアプリを中心としてきた方はJavaScriptを一から学習しないといけないため、学習コストがかかります。

また、React Nativeは大規模なアップデートが頻繁に行われ、その都度開発環境をアップデートしないといけないため手間がかかります。React Nativeの開発環境になれていない方だと始めのうちは不慣れであることが多いです。

ios開発プラットフォーム②:Visual Studio

Visual Studioは、Microsoftが開発した総合開発環境のことを指し、iOS/Android/Windoswなど様々なOSのアプリ開発ができるクロスプラットフォームです。

コードエディタ、コンパイラ、デバッガ、テストツール、バージョン管理ソフトなどで構成されており、アプリやシステム開発をする上でできないことがほとんどない程便利で、iOSアプリエンジニア以外の全エンジニアから人気の高いプラットフォームとなっています。

ネイティブエンジニアやWebアプリエンジニアの方でも利用できるため、一度何かのプログラミング言語でVisual Studioに触れておくとその汎用性が高さからどのプログラミング言語でも似たように操作することが可能。

また、Visual studioは非常に拡張性が高く、自由が利くプラットフォームであるため、開発者の能力や使いやすさに合わせた機能追加や操作性を実現することができ、開発効率を向上させることが可能な点も人気の理由です。

逆にあまりに拡張機能が豊富すぎて、全ての拡張機能を利用できなかったり、途中から機能に気付きもっと早く気づいていれば良かったと後悔することもしばしばあります。

ios開発プラットフォーム③:Kotlin/Native

Kotlin/Nativeは、Kotlinで記述されたプログラムを様々なプラットフォームで利用可能なネイティブバイナリにコンパイルします。

Kotlin/Nativeによってサポートされているプラットフォームは、iOS / MacOS / Android / Windows / Linux / WebAssembly などが挙げられます。

通常JVMを利用して起動するKotlinでもKotlin/Nativeを用いれば、JVMを利用せずにアプリを起動でき、コードの共通化も可能なためAndroidとiOSを同時に作成できます。
非常に便利なKotlin/Nativeですが、Kotlin自体2011年にリリースされたばかりの新しい言語のためKotlinの情報はもちろん、Kotolin/Nativeの情報も多く出回っていないため、学習するとなると初学者の方には大変でしょう。

他の言語でアプリ、システム開発を経験したことがある方であれば、問題ありませんが、iOSアプリ、プログラミング未経験者の方には学習コストが高いためおすすめできません。

iosアプリを開発するのに最も適した言語は?理由と共に紹介

iOSアプリを開発するのに最も適している言語は「Swift」だと言えます。

理由としては、iOSアプリ開発において公式標準開発プログラミング言語として指定されており、全世界共通でiOSアプリ開発のスタンダードな言語であるためです。

また、高度なiOSのシステム制作をする場合、最新の技術を用いてiOSアプリを制作する場合でも、すぐさま対応可能でありiOSアプリ開発の最先端を行くこと可能です。

フリーランスとしてiOSアプリ開発案件を獲得する際も、ほとんどがSwiftを利用する案件という点も大きな理由のひとつ。

また、プラットフォームはクロスプラットフォームで機能性と自由度の高い「Visual Studio」が最も適していると言えます。

理由としては、iOSアプリ開発のコーディングからテストまで全ての工程を網羅することができ、拡張機能を用いることで作業効率を向上させることが可能な点が挙げられるでしょう。

また、iOSアプリ開発以外でも利用可能で汎用性が高いため、一度操作性に慣れてしまえば他のプログラミング言語を利用する場合も慣れた開発環境で対応することができます。

初心者がiosアプリを開発する際に学ぶべき言語は?

iOSアプリ開発に限って言うのであれば、初心者が学ぶべき言語は間違いなく「Swift」になるでしょう。

理由は先述した通り、Swiftは世界的にみてもiOSアプリ開発のトップシェア率を誇っており、iOSアプリ開発に特化しているため高度な開発や最新の技術開発も対応可能です。

また、iOSアプリ開発の参考文献や情報もネット上に多くあるため初学者でも比較的学習しやすい言語の一つだと言えます。

iOSアプリ開発もしたいけど今後他のプログラミング言語を用いた開発もしてみたいと考えている方は、JavaScriptを学習しておけば「React Native」を用いてモバイルアプリ開発からWebアプリ開発まで幅広く対応することができるのでおすすめです。

まとめ:iOSアプリにはSwiftを用いた開発が最適

iOSアプリ開発に用いられる開発言語、プラットフォーム一つにしても様々な選択肢があり、正しく選択しないと後から苦労することも多くあります。

一昔前にiOSアプリ開発でトップシェア率だった「Objective-C」も新規開発ではほとんど使われなくなってしまった言語なので、今からObjective-Cを学習するのはナンセンス。

現在はiOSアプリ開発と言えば「Swift」がシェア率を確保しており、世界的にも圧倒的な人気があります。

モダンなプログラミング言語の一つでもあるため複雑な環境構築も必要なく、コーディングもそれほど複雑ではないため、初心者でも学習しやすいプログラミング言語となっています。

JavaScriptやKotlinのように利用するプラットフォームによっては、その他のプログラミング言語でもiOSアプリの開発は可能なので、自身に合った開発環境をみつけてみてください。

手前味噌ですが、弊社サービス「ITプロパートナーズ」では数多くのiOSアプリ開発案件・求人を取り扱っています。また、健康診断をはじめとする福利厚生周りのサポートも行なっておりますので、もしご興味のある方はご相談ください!

スクリーンショット 2020-07-30 15.22.51

■ ITプロパートナーズの特徴

  • 週2やリモートOKの案件多数
  • 取引企業数2,000社以上!有名ベンチャーや有名大手の高額案件多数
  • 高等技術、最新技術案件あり
  • 専属エージェントによるサポートあり
  • ITプロトータルサポートで所得補償(休業保険/フリーランス協会)・確定申告代行あり

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!