「フリーランスになるのはやめとけ」と言われる理由

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。

経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。

まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。

弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。



それではここからは、日々の現場でサポートさせていただいている中でのプロの目線で、フリーランスに役立つお話をしてまいります。

「好きな場所で好きな時間に好きなことでお金を稼げる」

フリーランスにはこのようなポジティブなイメージがある反面、そんなに甘くはないというネガティブな意見も見られますよね。

そこで今回は、世間で「フリーランスになるのはやめとけ」と言われる理由について、詳しく解説していきます。

freelance

「フリーランスになるのはやめとけ」と言われる5つの理由

フリーランスになるのはやめとけと言われる理由は簡単で、多くの人がデメリットが多いと感じているからです。

ざっと考えるだけでも、以下の5つの理由があります。

  • フリーランスはやめとけと言われる理由①:収入が安定しないから
  • フリーランスはやめとけと言われる理由②:仕事を獲得するのが難しいから
  • フリーランスはやめとけと言われる理由③:休日という概念がなくなるから
  • フリーランスはやめとけと言われる理由④:未経験からのフリーランスはうまくいかないから
  • フリーランスはやめとけと言われる理由⑤:全ての責任が自分に降りかかるから

フリーランスはやめとけと言われる理由①:収入が安定しないから

フリーランスは、急に仕事がなくなるリスクもあれば、突然の事故で自分が動けなくなるリスクもあります。

会社員であれば、急に仕事がなくなることはありませんし、突然の事故で動けなくなっても給料がいきなりもらえなくなるということもありません。

その状況を比べて、フリーランスは安定しないからやめとけと考える人は多いのではないでしょうか?

フリーランスはやめとけと言われる理由②:仕事を獲得するのが難しいから

いきなり仕事が舞い込んでくるフリーランスはほぼいません。

いかに素晴らしいスキルを持っていても、営業力がないばかりに仕事が獲得できず苦しむフリーランスの方も数多くいます。

ですので初めは、エージェントを使って営業代行をしてもらう方が良いでしょう。

エージェントを活用するという概念がないまま、「フリーランスで自分で仕事を獲得するなんて無理だ。やめとけ。」とアドバイスをしてくる人もいるかもしれないですね。

フリーランスはやめとけと言われる理由③:休日という概念がなくなるから

フリーランスには休日という概念がなく、好きな時に好きなだけ働くことができます。

反面、仕事を獲得するために平日休日関係なく働き、身体を壊してしまうフリーランスの方もいらっしゃいます。

高単価の仕事を安定して獲得できていればそんなことはないのですが、フリーランスになりたてで低単価の仕事しかないばかりに自分の身体を酷使してしまうフリーランスの方は少なくありません。

フリーランスはやめとけと言われる理由④:未経験からのフリーランスは危険だから>

あなたがもしも未経験のままフリーランスになろうとしている場合、周りの「フリーランスはやめとけ」というアドバイスは正しいです。

ネット上では未経験からのフリーランスは3ヵ月あればできる、などと書いてあったりしますが、現実はそんなには甘くありません。

エンジニアであれば需要のある言語で最低3年以上の会社経験がなければ、書類で足切りを食らうこともよくあります。

何のスキルも持たない人材を、あえてフリーランス(業務委託)という形で雇うのであれば、未経験の正社員人材で十分です。

数年、しっかりと会社経験とスキルを磨けば需要のあるフリーランスになれるにも関わらず、あえて未経験からフリーランスになるメリットはほぼ考えられませんよね。

フリーランスはやめとけと言われる理由⑤:全ての責任は自分に降りかかるから

フリーランスになればすべての責任は、自分で処理しないといけません。

クライアントとの間に生じた問題も、全て自己責任です。

約束の期日までの納品できなかった場合や著作権に関わった場合には、賠償金を請求されることがあるので注意が必要です。

フリーランスと企業のいざこざは日常茶飯事のため、フリーランスとしてのリテラシーのないままだとかなりの確率で苦労することになります。

また、フリーランスになった途端に、社会保障がなくなり、年金や住民税、健康保険代もすべて自分で支払わなければいけません。

社会保障が無くなるという事は、厚生年金から外され、国民年金になることを意味します。

いままで会社が払ってくれいていた、住民税や保険代も全て払わなくてはいけません。

なお、住民税と健康保険は、前年の収入に応じて支払額が決まるので、前年の収入が高かった人は要注意です。
会社員の頃は会社に所属しているというだけで、信用されてきましたが、これからは社会に対してあなた自身の名前でしか信用されません。

社会的信用がなくなるということは、マンションも借りれない場合もありますし、クレジットカードの審査にも受からず、銀行からもお金を借りることも難しくなるでしょう。

以上、「フリーランスになるのはやめとけ」と言われる5つの理由をお伝えしました。

実はもう1つ、そもそも人柄的にフリーランスに向いてないと思われているパターンも考えられます。

そこで次に、「フリーランスになるのはやめとけ」と思われる人の特徴についてお伝えします。

「フリーランスになるのはやめとけ」と思われる人の特徴

職業によって向き不向きがあるのと同じように、フリーランスにも当然向き不向きが存在します。

以下に挙げる項目に当てはまるような人は、周りからも「フリーランスになるのはやめとけ」と言われがちかもしれません。

  • 自己管理能力が低い
  • 何事にも向上心がなく、現状維持を望む
  • 相手の立場に立って物事を考えられない

自己管理能力が低い

自己管理能力が低い人は、フリーランスに向いていません。

フリーランスになり時間を自由に使えるようになったとたんに生活リズムが崩れたり、起床時間がバラバラになる可能性が高いです。

ダラダラと過ごしながらも成果を出せる方であれば問題ないかもしれませんが、多くの人は自己管理の能力の低さが仕事のクオリティに直結します。

何事にも向上心がなく、現状維持を望む

向上心がなく現状維持を望む人も要注意です。

フリーランスは会社員以上にプロフェッショナルなスキルが求められるため、常に向上心を持って成長していかなければなりません。

例えばエンジニア業界では、今まで使っていた言語の需要がなくなり途端に仕事を獲得できなくなることも十分に考えられます。

相手の立場に立って物事を考えられない

フリーランスとはいえ、多くの場合はクライアントとのコミュニケーションが求められます。

また、これまでは企業の信頼を借りて働いていた人も、フリーランスでは自分自身の信頼で仕事をすることになります。

相手の立場に立てず適切なコミュニケーションが取れない場合は、クライアントからの信頼をなくし仕事も失うことも考えられるでしょう。

常に相手の立場に立ち、「この仕事は何を目的に依頼されたのか?」「消費者に何を伝えたいのだろう?」と、クライアントの立場になって物事を考える癖をつけられると良いですね。

「フリーランスになるのはやめとけ」と言われる理由 まとめ

以上、「フリーランスになるのはやめとけ」と言われる理由についてお伝えしました。

ネガティブな話ばかりをしてしまいましたが、需要のあるスキルを身につけていれば会社員時代よりも大きく稼げるようになりますし、フリーランスとして生計を立てられるということは、真の意味で自立した人材になれているということです。

今回お伝えしたリスクを踏まえ、フリーランスとしての自立した人生について真剣に考えていただければ幸いです。

▼フリーランスノウハウについては下記にまとめています。
フリーランスの手引書【フリーランス支援のプロがまとめました】

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance