フリーランスはメールアドレスをどうすべき?決め方や例を易しく解説

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

フリーランスとして活動する上で、メールアドレスは必須です。しかし、中には事業用のメールアドレスを作っていない方もいるのではないでしょうか?フリーメールや個人用アドレスで済ませてしませてしまっていると、取引先から信頼を損なってしまう可能性もあります。

しっかりと事業用に独自ドメインを取得し、メールアドレスを用意することは安定した仕事獲得の第一歩になります。

この記事ではフリーランスが独自ドメインを取得し事業用メールアドレスを作成すべき理由や作成方法などについて分かりやすく解説していきます。

また、フリーランスの仕事の種類や仕事獲得方法について詳しく知りたい方は、「フリーランスの仕事一覧と職種ごとの特徴や想定年収」も併せて確認してみてください!

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

フリーランスにとって事業専用のメールアドレスは必要?

shutterstock_246197914

フリーランス・個人事業主として仕事をする上では、個人的なメールアドレスは使わずに、事業専用のメールアドレスを利用することをおすすめします。

副業として働いている人は、個人アドレスをそのまま使っている人も多いのではないでしょうか?確かにクラウドソーシングなどで仕事を請け負っている場合には、サイト上でやりとりをするので、そもそもメールアドレスが相手に知られることはないでしょう。

しかし、フリーランスとして仕事をしていくなら名刺交換をする機会もありますし、直接、クライアントとメールでやりとりをすることも考えられます。その際、個人用のメールアドレスで兼用してしまうと、プライベートのメールと混同し、重要なメールを見落としてしまう可能性もあります。

従って、仕事が少ないうちは個人的なメールアドレスでも対応できるかもしれませんが、営業も軌道にのり、本格的にフリーランスとしてやっていくなら事業用と個人用を区別して使い分けた方がいいと言えるでしょう。

フリーランス用メールアドレスの最適な決め方

では、フリーランス用メールアドレスの決め方や作成方法について具体的に解説していきます。

ローカル部分とドメイン部分について

そもそもメールアドレスは「ローカル+ドメイン」という形で作られています。例えば、

「 hogehoge@xxx.com 」

であれば、hogehoge部分がローカル、xxx.com部分がドメインです。

フリーメールの場合、「~@gmail.com」「~@yahoo.co.jp」などドメイン部分が決まっています。一方、この@以降を自分で設定するのが独自ドメインであり、フリーランスとして仕事をしていく上では独自ドメインを取得するのがベターです。

では、フリーランスはこのローカル部分と独自ドメイン部分をどのように決めるのがいいのでしょうか?

フリーランス用メールアドレスの「ローカル部分」の決め方

Geschäftsmann drückt auf virtuelles URL-Eingabe-Feld

仕事で使用されるメールアドレスのローカル部については、その使用目的により、「個人名」「屋号」「企業名」「info」など、もしくはこれらの組み合わせとなることが多いようです。

フリーランスの場合は一般的に「自分の名前」をローカル部にすることが多いので、基本的には無難に名前を設定するのがいいでしょう。

とはいえローカル部については、使用できる文字に制限があるくらいで、かなり自由度は高くなっています。例えば以前、仕事上でメールアドレスの交換をさせていただいたときに、

「yakiniku_daisuki@~」

という、少し“ウケ”を狙ったローカル部にされていたものがありました。

確かにメールアドレスの交換時にその話題で盛り上がったことを覚えています。こういった多少奇をてらったものも、よほど相手に「?」と思われない限り、印象を残すといった観点から見れば「あり」だと思います。

ただし「hefj59ab@〜」の様なランダムな文字列は分かりづらい上に打ち間違いにもつながるので控えるようにしましょう。

フリーランス用メールアドレスの「独自ドメイン」の決め方

独自ドメインは前半と後半に分けられます。フリーランスの場合、ドメインの前半部分は屋号やサービス名を利用するのが一般的です。

「@xxx.com」

の場合、「xxx」の部分を屋号やサービス名にするイメージですね。

ドメインの後半部分については、「.com」「.jp」「.net」「.biz」が有名かつ認知度が高いのでフリーランスの方におすすめです。多くの企業でも採用していますね。最近では「.biz」「.or.jp」なども見られるようになってきました。

ちなみにビジネス用ドメインとして最も信頼性があり、一部上場企業の98%が利用していると言われている「.co.jp」については、日本国内に登記のある企業しか登録できず、しかも登録できるドメインは1組織につき1つだけとなっています。従ってフリーランスの方が利用するのは少しハードルが高いかもしれません。

この様な制約によって日本企業のイメージである「安心感」「信頼感」といったよい印象をドメインの中で表しているんですね。

このように、ドメインによって登録可能対象者や個数が異なっており、「.com」、「.net」、「.jp」については、企業・個人に関わらず、何個でも登録できますが、企業のドメインとしては多少弱いかも知れません。

ただ、個人で使用する場合であれば十分に「信頼感」が生まれるので、前述した通りフリーランスの方はこれらのドメインにするのがいいでしょう。
※ちなみに「.jp」に関しては日本に住所がある必要があります。

見ていないようで見ているのがメールアドレスのドメインです。“見られている”ことを意識しながら、ドメインを選ぶ必要がありそうです。

Gmailアドレスはふさわしくない?

仕事専用のアドレスを作る際、Gmailでもいいのか、というのはよく議論になるポイントです。

Gmailは使いやすいため広く普及していますが、フリーメールのためビジネスの場ではふさわしくない、とみなされることがあります。気にせずに使っている、という人もいますが、中にはGmailのアドレスを使っているフリーランスは信用しない、と言い切るクライアントもいるようですので注意しましょう。

これはGmail自体に問題があるわけではなく、個人事業主として必要なことにお金をかけていないのはビジネスパートナーとしてどうなのか、という点が疑問視されるためです。

たとえば、もし独自ドメインのメールアドレスを取得しているフリーランスと、Gmailを使っているフリーランスがいた場合、どちらが仕事をしっかりこなしていると見られるでしょうか。

独自ドメインのメールアドレスを維持するには経済的な負担もありますが、そういったところにお金をちゃんとかけられるかどうか、というところが見られているというわけです。

フリーランスにとって重要なことは、自分をいかに「ブランディング」するかです。ブランディングとは、「この仕事ならあの人にお願いしたい」と多くの人から思われるまでに自分の価値を高めること。

そのためには他人からどう思われるか、というところも非常に重要なポイントとなってきます。そのため、独自ドメインを取得してWebサイトとカスタムメールアドレスを用意するのも、忘れてはならないブランディングの一環なのです。

フリーランスが独自ドメインを取得するメリット

ここまでの解説でフリーランスのメールアドレスの決め方についてはご理解頂けたかと思います。独自ドメインを取得した方が良い理由についてもなんとなくお分かり頂けたかと思いますが、独自ドメインを取得するメリットはまだまだあります。

信頼性・ブランディングに繋がる

前述した通り、フリーランスが独自ドメインを取得することの最も大きなメリットは信頼性が上がることでしょう。

Gmailのようなフリーメールを使わず、コストをかけて独自ドメインを取得することで取引先相手や起業から一定の信頼感を得られます。

「必要なコストをきちんとかけている」と認識してもらうことで、自分自身のブランディングにもなり、結果的に仕事獲得にも繋がるはずです。

検索エンジン最適化(SEO)に効果的

フリーランスとしてホームページを作り運用する場合、独自ドメインはSEOにも効果的です。

無料ドメインで運用する場合、無料ドメインの提供元サービスが閉鎖した際にホームページが消えてしまう可能性もあります。

しかし独自ドメインを取得すれば、解約しない限り利用できる為、SEO評価を着実に溜めていくことができます。

独自のメールアドレスが持てる

先ほどお伝えした通り、独自ドメインは文字列の自由度がかなり高いです。その為、自分の名前やサービス名などを指定することで取引先に覚えてもらいやすくなります。

フリーランスが知っておくべき独自ドメインの取得方法と取得費用

では、ここからは独自ドメインを取得する上でかかる費用や、取得方法を紹介していきます。

独自ドメイン取得にかかる費用

独自ドメインを取得するにはお金が掛かるのですが、決して高くはありません。

ドメイン内容次第ではありますが、およそ年間1,000円前後程度です。

  • .com
  • .jp

あたりは人気があるので比較的値段も高くなりやすく、年間およそ1000円〜2000円前後を想定しておくと良いでしょう。

一方、

  • .biz
  • .info
  • .net

あたりは比較的安く、200円〜800円ほどで取得可能な可能性が高くなっています。

独自ドメインの取得方法

ドメインを取るには、ドメイン取得業者を利用するのが一般的です。

それぞれに取得できるドメインの種類やサービス内容が違うので、自分のビジネスに合ったものを選びましょう。主なドメイン取得業者は以下の通りです。

ドメインはすでに取得されているものは利用できないので、まずは空き状況を確認する必要があります。

ドメイン取得業者のサイトから空いているかどうか検索ができるので、試してみましょう。「.com」などは広く普及しているためすでに取得済みになっているケースが多いですが、新しく運用開始となった「.xyz」などは比較的空きが多く、自由な選択肢が残されています。

会社名・サービス名を決める時もドメイン名を念頭に入れよう

Plan Thinking Planning Strategy Working Laptop Concept

今の時代、会社名を決める前にドメイン名を先に決めるのも少なくないかと思います。インターネットでビジネスを始めるリテラシーの高い人なら尚更。

誰が見てもわかりやすい・覚えやすい単語を使った独自ドメインを使えば、会社名もわかりやすく・覚えやすくなります。

会社名は同じ名前の会社さんが他にあっても良いですが、独自ドメインの取得は同じ名前が他にあったら取得できなくなりますからね。

独自ドメインの取得は早い者勝ち、競争があるので、優先度早めで対応しておきたいタスクです。

フリーランスは名刺にもメールアドレスを記載すべき?

フリーランスとして活動する上で名刺も必須アイテムといえるでしょう。

名刺を渡しておくと、後日相手に自分を思い出してもらい、仕事相手に選んでもらえる可能性が高まります。特にまだ駆け出しのフリーランスやフリーランスとしての実績が少ないときは、名刺は有効な武器となるでしょう。

そしてその際に渡す名刺にも必ずメールアドレスを記載するようにしましょう。アドレスだけでなく電話番号などを記載するのも忘れないようにしましょう。

まだフリーランスの方で名刺を持っていない方は以下の記事も参考にしてください。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

フリーランスのメールアドレスについてのまとめ

今回はフリーランスのメールアドレスについてご紹介しました。

メールアドレスの準備ができたらホームページや名刺も作成し、どんどん自分のPRとブランディングを進めていきましょう。仕事の実績をPRするにはポートフォリオも有効です。

たくさん準備することがあって大変ですが、何事も出だしが肝心!ビジネスチャンスを逃さないため、よく考えてメールアドレスを用意しましょう。

また、この記事を読んでいる方の中には、フリーランスの方が多いと思います。その中でも、案件をお探しの方もいらっしゃるのではないでしょうか?フリーランスになったからには、働き方にこだわりたいという方も多いのではないでしょうか?

そこで参考までに、「こんな働き方もあるんだ!」ということを知ってもらえればと思い、紹介したい働き方があります!

それは、単価を下げずに週2〜3日からできるフリーランス案件です!

フリーランスになっても週4〜5日で働いている方の方が多いですよね。この記事を読んだことが何かの運命だと思って、案件をご覧になってはいかがでしょうか?

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!