フリーランスとして働く意味とは!?その魅力に迫る!

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。

経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。

まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。

弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。



それではここからは、日々の現場でサポートさせていただいている中でのプロの目線で、フリーランスに役立つお話をしてまいります。

新しい働き方として、今フリーランスが注目されています。

一方で、フリーランスに興味を持ちつつも実際に仕事とすることに抵抗がある方は少なくありません。

「難しい仕事が多いではないか?」「自分に出来るだろうか?」「仕事はどうやって見つけるの?」など、分からない方にとっては多くの疑問があるでしょう。

しかし、フリーランスの実態を知ることで先入観や抵抗を取り除き、視野を広げることができます。

通常の仕事と比べた時に、雇用による働き方にはない多くの魅力があるのも事実です。

そこで今回は、フリーランスとして働く意味や内容を知ってもらい、魅力ある仕事のあり方であることをご紹介します。

freelance

フリーランスの意味・定義

フリーランスとは、企業や組織に雇用されていない自由な働き方をしている人を指します。

自分で独立した働き方なので、好きな時に好きな仕事をすることが可能であり、場所を問わずに働くこともできます。

ここでは、フリーランスと雇用の違いや働き方について詳しく解説していきましょう。

  • フリーランスと雇用の違い
  • フリーランスは個人事業主?
  • フリーランスの仕事

フリーランスと雇用の違い

フリーランスと雇用の違いは、ずばり雇用契約書を企業と締結するかどうかです。

企業に雇用される就業の場合には、必ず雇用契約書を取り交わして給与条件や就業条件が決定されます。

フリーランスには、この雇用契約書がありません。

全ての仕事は、クライアントとの個別契約に基づいて行われます。

基本的には完全成果主義の世界なので、雇用のようにキャリアアップの概念はありません。

フリーランスは雇用に比べて自由であると同時に、決められた給与がない厳しい世界であると言えます。

フリーランスは個人事業主?

フリーランスと個人事業主を混在することが多くありますが、完全に同じ意味を持つものではありません。

個人事業主と定義されるのは、税務署へ開業届を提出して青色申告を申請した場合です。

開業届を提出していない場合は、個人事業主ではなく単なるフリーランスとして定義されます。

つまり開業届を提出している場合であれば、フリーランスであると同時に個人事業主であると言えるでしょう。

フリーランスの仕事

フリーランスは、自分で仕事を見つけていかないと収入を得ることができません。

フリーランスの案件は色んな媒体で紹介されていますが、最近ではクラウドソーシングのポータルサイトが主流になりつつあります。

クラウドソーシングは、企業がインターネットを通じ不特定多数の技術者を使ってプロジェクト遂行する業務形態の1つです。

IT系であればシステム関連のプログラマやエンジニアなどが、フリーランスとして集められる対象になります。

では次に、フリーランスとして働く魅力について確認していきましょう。

フリーランスとして働く魅力とは?

フリーランスは、雇用による就業にはない魅力があります。

特に近年では急激にフリーランスが増えてきていることから、魅力的な働き方として注目されていると言えるでしょう。

ここでは、フリーランスの魅力について具体的に紹介します。

  • 時間の拘束がない仕事が多い
  • 場所を問わない仕事が多い
  • 好きな仕事を選べる

時間の拘束がない仕事が多い

全てではありませんが、フリーランスの仕事には時間拘束がない案件が多いです。

すべては請負契約の内容に則り成果を報酬の対象とするため、結果までのプロセスは請負人に委ねられます。

納期さえ守れば、どのような働き方でも相手方が介入してくることがありません。

好きな時間やタイミングで作業を行うことが可能なので、空いた時間で副業として業務をするケースも増えてきています。

このように時間を有効活用できる点が、フリーランスの魅力の1つと言えるでしょう。

場所を問わない仕事が多い

フリーランスとして受ける仕事内容には、パソコン1台で実施可能な案件が主流です。

特にクラウドソーシングの案件ではPC上で行われる作業が非常に多く、ネット環境さえあれば場所を問わないものが大半を占めます。

その分、移動時間が短縮され自分の好きな場所で仕事をすることが可能です。

静かでリラックス出来るカフェなどの場所でも仕事が成り立つ点は、フリーランスならでは魅力と言えます。

好きな仕事を選べる

フリーランスでは、好きな仕事を選べる点も魅力の1つです。

クライアントからピンポイントの案件が提示されるため、その中から自分の技術を生かせる仕事を見つけます。

雇用の場合は、業務範囲が決められているケースが非常に多いです。

そのため、自分の能力を生かし切れずに疲弊していく社員は少なくありません。

フリーランスでは、自分が得意とする分野をピンポイントで発揮できます。

好きな仕事が選べる上に、得意分野がそのまま報酬として反映する点もフリーランスの魅力です。

フリーランスの働き方

フリーランスの働き方には、大きく2つのカテゴリに分けることが出来ます。

それぞれに特性があるので、自分のスキルと条件にあった方法を選択することが重要です。

ここでは、フリーランスの働き方を2つ紹介します。

  • クラウドソーシングによる仕事
  • 個別の業務委託契約による仕事

クラウドソーシングによる仕事

クラウドソーシングによる仕事では、クライアントがポータルサイトを通じて不特定多数の人材を募集しています。

条件と単価、業務内容が提示されているのが特徴で、納期の目安などもサイト上に公開されていることも多いです。

全てのやり取りがポータルサイト上で行われるので、契約手続きや面接などの時間が短縮され短期間で仕事を開始できます。

クラウドソーシングによる仕事は、時間を有効活用した仕組みであると言えるでしょう。

個別の業務委託契約による仕事

元々のフリーランスの形は、クライアントと個別の業務委託契約を締結して仕事が開始されていました。

この働き方では、契約時に先方と直接やり取りするため顔を合わせることも多く、クラウドソーシングに比べて単価が高い案件が多いです。

クラウドソーシングに比べて、ある程度の融通が聞きやすい点も特徴であると言えます。

しかし今では、クラウドソーシングが主流になっているのが実情です。

フリーランスとして働く意味は?

フリーランスの働き方は、好きな仕事で時間や場所も問わないことから多くのメリットがあると言えます。

しかしフリーランスとして働く意味には、時代の流れからくる必然性も否定できません。

ここでは、フリーランスとして働く意味について解説します。

  • 低所得者の増加
  • 多様化する時代背景
  • 経営者としての視点が必要

低所得者の増加

日本の社会では、雇用形態に関わらず低所得者が増えています。

各々の仕事内容は複雑化し、求められるスキルは上がってきていますが、その内容に見合った賃金が支払われていないのが現状であると言えるでしょう。

本業以外にフリーランスとしての副業を持つことで、個人の所得を効率よく上げることが可能です。

低所得者の増加は、空いた時間で収入を得れるフリーランスが注目されている十分な理由であると言えます。

多様化する時代背景

フリーランスとして働く意味には、多様化する時代背景も関係していると言えます。

現在では社会全体が多様化し、様々な価値観や視点がサービス内容にも必要になってきました。

サービス提供する企業側も多様化するニーズに素早く応えるため、社内リソースでは追いつけなくなっている実情があります。

多様化する時代背景に対応するために、フリーランスに対する需要が高まっていると言っても良いでしょう。

経営者としての視点が必要

フリーランスとして働く意味には、これからの社会において経営者の視点が必要になることも関係しています。

フリーランスは、雇用ではなく独立した働き方をするため全て自己判断で動かなければなりません。

今後フリーランスとしての働き方が主流になってくると言われている中で、今までのような雇用されて働く意識では成り立たなくなる可能性が出てきます。

フリーランスとして働くことで、経営者視点での働き方へ意識を変えることが重要と言えるでしょう。

フリーランスとして働く意味 まとめ

以上、フリーランスとして働く意味についてお伝えしました。

多様化する社会において、今までの働き方から大きく意識改革をする必要が出てきました。

フリーランスとしての働き方は、これからも増加傾向にあることが予想され働く環境もどんどん変化してくことが想定されます。

人は変化を嫌う生き物であることから、意識を変えることも決して簡単ではありません。

しかし、新しい時代を有意義に生き抜くためには、新しい働き方をいち早く取り入れることが必要です。

▼フリーランスノウハウについては下記にまとめています。
フリーランスの手引書【フリーランス支援のプロがまとめました】

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance