海外でフリーランスとして活躍する前に知っておくべき事!

こんにちは。ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズの木村です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります!

今回は、海外で活躍したいフリーランスの方も多いのではないかと思い、
海外で働く上で知っておくべき事についてまとめました。

早速一緒に見ていきましょう!

freelance

何かと心配なビザについて徹底説明!

shutterstock_652033225


フリーランスとして日本で活躍しているあなたなら、一度は考えたことがあるかもしれない海外でのフリーランスという働き方。

ノマドワークやフリーランスという働き方が、一つの選択肢として少しずつ浸透してきています。場所にとらわれずどこでも仕事ができるということは、なにも日本にこだわって働く必要がないということでもあります。ここに大きな可能性を感じる人も多いのではないでしょうか。

ビザについて

日本以外の国で働くためには、現実問題としてその国で働くことができるビザが必要となります。

今回は、海外ではたらく場合のビザについて考えていきましょう。
海外といっても、どの国に行ってどんな仕事をするのかによって必要なビザが変わってきますので、事前に綿密な計画を立てることが必要です。

とりあえず観光ビザやノービザの短期滞在で行ってから考えればいいかと思っているうちに、仕事をもらってしまい違法就労の状態になることが一番危険です。
最悪の場合、強制送還や罰金、高額な追徴課税の対象になりその国に行くことができなくなってしまいます。
仕事を目的にするのであれば、最初からきちんと適正なビザを取っていくことで安心して仕事をすることができます。

ビザの取得は自分でもできますが、ビジネスができるビザとなると通常はかなりの手間がかかるのでエージェンシーに依頼するのが現実的です。
もしくは現地に知人がいて、その会社からビジネスに関するビザを確実に手続きしてもらえるのであれば、それでもいいでしょう!

ヨーロッパは比較的にフリーランスという働き方に関するビザが整えられていて、現地の税金や年金を支払うことができれば適正なビザが取得できる可能性があります。

海外で働く前に心得ておく事

地域に限らず、どの国であってもビジネスプランや資金計画、現在保有している預貯金など十分な生活基盤が証明できることが第一条件です。
海外に行くと、観光ビザやノービザの短期滞在で現地の仕事をしているという人に出会うことがありますが、発覚した場合には違法就労として厳しい罰を受けることになります。
せっかくの信用や経歴にも傷がつくので、ビザ問題を軽く考えないようにしましょう。海外での生活で一番大切なのは、正しい情報を自分で調べて、自分の判断で動くということです。
フリーランスで働くことができるという甘い誘いに乗る前に、きちんとその国のことを知りビザやビジネスの慣習についてきちんと自分で調べることができることが海外でフリーランスをする第一歩になります。
日本とはまったく違う宗教上の慣習や法が存在する国もあるので、ビザや法律について調べることは自分の身を守ることにもつながります。

フリーランスに関する各国ビザ

ビザの種類

取得に必要な条件や注意点

アメリカ

フリーランスの就労ビザはない

エージェントや会社がビザのスポンサーになる必要がある

イギリス

HSMPビザ

学歴・過去の年収・資格/免許・就労年数・功績などからポイント制でビザの発給可否が決まる優遇移民制度

ILR(イギリス永住権)

HSMPビザからの切り替えが可能。2年以上イギリスから離れずに滞在しているなど多くの条件がある。

フランス

フリーランスビザ

健康保険、国民年金などの支払いをする必要がある。

ドイツ

フリーランスビザ

資金計画書・収入見込書・履歴書などの書類が必要。

インド

ビジネスビザ

現地の会社からの紹介状や推薦状が必要。日本人にしかできないものである証明をする必要がある場合が多い。推薦状の文言によって解釈が変わる場合があるので、事前に十分下調べをすることと十分な時間的余裕を持って申請すること。突然ビザ発給条件が変わることがあるので、情報収集を欠かさないこと。

中国

フリーランスビザはない

現地会社に所属し、就労ビザを取得する。

シンガポール

フリーランスに関するビザはなく、雇用主からビザを申請してもらい、その雇用主の元でだけ働くことができる(副業不可)

例えばブロガーに対する報酬が物品の場合にでも税申告が必要。申告漏れには2倍から4倍の追徴課税がかかる。報酬を得ていない場合にも就労とみなされて、違法就労扱いになることがある。就労の範囲がとても広いので事前に必ず確認をすること。

フィリピン

フリーランスに関するビザはない

現在短期滞在で就労するなど曖昧な線引きでビジネスをしている人が多いが、違法就労になる可能性がある。

海外に住んでいるフリーランスの納税義務とは?


海外在住の場合には納税先をどこの国にすれば良いのでしょうか。
日本では居住者と非居住者によって、税金(所得税)の支払い方が大きく分かれています。居住者とは、国内に引き続き1年以上居所を有する個人のことです。
住民票があるかどうかだけではなく、客観的な事実に基づいて判定されるので注意が必要です。

海外への滞在期間が1年未満の場合には、日本では通常居住者扱いになるので日本に住んでいる場合の納税ルールに従うことになります。
また現地で税金を支払う条件に該当する場合には現地のルールにも従わなければならないことがあります。
1年以上海外に住んでいて非居住者である場合には、その仕事がどこの仕事かによって日本での納税義務は異なります。

日本に拠点を持つ仕事を行う場合には、その仕事の受注金額に対して日本での確定申告と納税が必要になります。
海外の会社から海外の仕事を受けた場合には、その会社や業務が属する国でのルールに則った納税が必要になります。

居住者かどうかという判断基準ですが、滞在日数のみによって判断するものではありません。外国に1年の半分以上住んでいたり、居住地を数カ国にわたって移動したりする場合でも、その人の生活本拠地が日本にあれば居住者とみなされることがあります。

参考(国税局HP https://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2877.htm

海外でフリーランス案件は見つかるのか?

shutterstock_589999421


海外でフリーランス案件を探すには、まず日本企業からのフリーランス案件を探すことが近道です。これまでに仕事をした企業や、日本のフリーランス募集サイトで案件を探したりすることができます。滞在している国にある、日本人や日本企業が集まる会に行くのも一つの方法です。
フリーランスとしてある程度の収入を日本の仕事で見込めるようになってから現地の案件を少しずつ増やしていくのがいいでしょう。

海外でフリーランスの仕事を探すには、海外対応のフリーランス募集案件で探したり、現地の知人から紹介してもらったりする方法があります。
最初は自分の満足がいく仕事内容や報酬を得られなくても、きちんと仕事をしていくことで信用が得られて自分のやりたい仕事が得られるようになります。
海外でフリーランス案件を行うためにとても大切なのが、自分の作品やこれまで手掛けた事業をまとめたポートフォリオサイトやポートフォリオ書類を用意することです。
海外用に英語もしくは自分の行きたい国の言葉でまとめるのが良いでしょう。

フリーランスサイト比較

サイト名

サイトURL

特徴

ランサーズ

http://www.lancers.jp/

フリーランサー向けのサイト。ほとんどが日本の案件。幅広い仕事があるので希望に合う仕事を見つける可能性が高い。単価が安いものから高いものまで玉石混合。

クラウドワークス

https://crowdworks.jp/

フリーランサーや副業向けのサイト。ほとんどが日本の案件。単価が安定している仕事が多い。

Freelancer

https://www.freelancer.com/

海外案件が豊富なサイト。誰がその案件に名乗りを上げているのが見えやすい。世界中のフリーランサーがライバル。現在地を認識して現地案件を探すことができる。自分が今いる場所で自動的に認識されるので、自分のいない場所を自分の居住地として登録することが難しい。日本から登録していくのがベター。能力テストを受けるために受験料が必要。ほぼ英語。

海外で仕事をしたいというフリーランスや経営者の方々の中には、じぶんの時間をもっと作りたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

ITプロパートナーズはそんな悩みを解決する事ができます。
以下のリンクをクリックして、ぜひ案件の方をご覧ください!

ITプロパートナーズでは週3、4日で月40万〜の案件をご紹介いたします!

海外でフリーランスをするのに適した職種とは?

shutterstock_572805157

・エンジニア

アプリケーションの開発やプログラミングなどのエンジニアは、海外でもフリーランスとして働きやすい仕事です。ただし、海外では沢山のライバルがいるので、そういった人々と同じ土俵で戦わなければならない厳しさは大いにあります。最初は日本企業から受注を増やすなど、日本人としての強みを活かすことができる仕事に取り組んで実績を作る必要があります。

・デザイナー

Webサイトや誌面デザイン、イラスト、ロゴ制作などのデザイナーも、海外でフリーランスとして活躍できる仕事です。デザインの仕事は、フリーランス案件サイトでも数が多いので案件を探すこと自体はそこまで難しくありません。ただし、デザインの場合には、コンペ形式で勝ち取った場合にのみ契約となることも多いので自分が作業をした分すべてが案件に繋がらないことも多いです。また国によっては、色や形に関する現地のルールや宗教・政治イメージに気を配らなくてはならないこともあるので、現地のデザインの基礎を知ることも必要です。

・ライター

ライターは、世界のどこであっても比較的フリーランスとして活動しやすい職種です。大きな理由はやはり日本語がネイティブであるということに集約されるでしょう。日本語の細かいニュアンスや言い回しを駆使して文章を書くには、ネイティブでなければ厳しいものがあります。そこにビジネスチャンスがある職種です。そのため完全に現地向けのライティングというよりは、日本人の顧客や企業向けに関する案件を取り扱うことになります。

・編集、校正

編集や校正もライターと並んで、日本語ネイティブとしての能力が活かせる職種です。ライターよりも電話やインターネットを利用して密にコミュニケーションをとることが求められるので、通信環境の安定した国で行う必要があります。

・翻訳、通訳

翻訳や通訳も、フリーランスに適した職種です。現地に知り合いがいなくても、フリーランスのサイトで募集されている翻訳の案件を受けることからスタートできます。ただし、現地で実際に通訳として活躍したい場合には、言語のみならず現地のマナーや習慣を勉強する必要があります。そのため、翻訳案件を受けて生活基盤を確保しながら、現地の文化を勉強し通訳の仕事を増やしていくのが現実的です。

フリーランスとして最初から活躍しやすいのは、やはり日本語を活かすことができるライター、編集、翻訳などの仕事です。エンジニアやデザイナーは、海外でもライバルが多いので日本にいるときよりもシビアに実力が求められる分やりがいがある職種です。

ITプロパートナーズへのご登録はこちら

海外で活躍する日本人フリーランス紹介!

shutterstock_376055032

ここまでフリーランスのビザや、活躍しやすい職種についてまとめてきましたが、ここから海外で活躍するフリーランスの日本人に関するブログを居住地別にまとめてご紹介していきます。
自分の行きたい国や、フリーランスをする分野についての先駆者をモデルケースとすることで、海外フリーランスをする場合の生活が描きやすくなります!

海外在住のフリーランサーについてまとめたサイト

海外を舞台に活躍するフリーランス記事まとめ8選

旅人フリーランス

http://yuuma7.com
http://www.suzutaro.net
https://mimpiweb.net/blog/
http://abroader.asiahttp://www.shotanomad.com

複数拠点を持つフリーランス

https://ameblo.jp/yuma-kl-life/

ニュージランド在住(Web制作)

http://blog.cloud9works.net

台湾在住

http://nakazimachica.com

フィリピン在住(Web制作)

http://borderlessryohei.com

海外在住のフリーランス事情として、一度海外でフリーランスとして活動を始めると、様々な国へ移動してフリーランスとして活動する方が多いようです。
どこでも仕事ができるということは、究極の自由と責任を手に入れることなのかもしれません。

まとめ

shutterstock_336488126


さて海外のフリーランス事情について、気になるビザ問題・税金・活躍できる職種などをまとめてきました。いかがでしたか?
自分にもできそうだと思った人ももっと実力が必要だと課題が見えた人も、海外という選択肢を視野に入れてこれからのキャリアを過ごしてみてはいかがでしょうか。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance