フリーランスライターの平均年収と収入を上げる4つの方法【事例あり】

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

場所を選ばず仕事ができるフリーランスライターは、人気の職業のひとつです。クラウドソーシングサイトなどでもライター案件は非常に多く掲載されていますが、どの程度の収入を得られるのでしょうか?

この記事では、フリーランスライターの平均年収や年収が高いライターと低いライターの特徴、収入アップの方法などを紹介します。また、年収1000万円を達成したライターの事例も紹介し、ライターの将来性や需要についても解説しています。

フリーランスライターとして独立したい人や収入を上げたい人は、ぜひ参考にしてください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

フリーランスライターの平均年収は?

フリーランスライターの平均年収について、フリーランス白書2019のデータを紹介します。

文筆系フリーランスの年収とその割合を表にまとめると以下のとおりになります。

年収割合
200万円未満32.0%
200~400万円未満26.9%
400~600万円未満21.5%
600~800万円未満8.2%
800~1000万円未満5.5%
1000万円以上3.7%
未回答1.8%

フリーランスライターには、ウェブライターのほかコピーライターなどさまざまな職種があります。フリーランス白書ではこういった職種はすべて「ライター」にまとめた上、編集者などの職種と合わせて「文筆系フリーランス」としています。

上の表から、フリーランスライター(文筆系フリーランス)の年収のボリュームゾーンは200万円未満、ついで200~400万円未満、400~600万円未満であることがわかります。つまり、平均年収はおよそ300万前後と言えるでしょう。

参考までに、正社員ライターの収入も紹介しましょう。正社員ライターの平均年収は求人ボックス給与ナビによると459万円です。ライターはフリーランスよりも正社員の方が平均年収が高いようです。

副業・在宅ライターはどのくらい稼げる?

フリーランスではなく、副業・在宅ライターとして稼ぐ場合の収入を紹介します。

クラウドソーシングサービスのLancersクラウドワークスなどを見ると、ライティングの案件は1文字0.1~1円のものが多く掲載されています。1時間で約2000字書けるとして、毎日1時間副業をすると30日で60,000字、約6万円の売上です。

クラウドソーシングサイトを利用した場合はここからさらに手数料などが引かれます。手数料を考慮すると、トータルで稼げる金額は月約5万円程度になるでしょう。

フリーランスライターの原稿料・文字単価の相場

フリーランスライターの原稿料の決め方は大きく2つあります。1記事あたりの記事単価で決める方法と、1文字あたりの文字単価で決める方法です。記事単価か文字単価かは案件によって異なります。それぞれの相場について紹介します。

1記事(1件)あたりの原稿料の相場

1記事あたりの原稿料の相場を表にまとめました。参考にしたのは各種クラウドソーシングサイトで公開されている案件です。

1記事あたりの原稿料の相場
初心者案件~1,000円
一般的な案件1000~1万円
スキル・資格・経験等が必要な案件1万~10万円
より専門的な知識・資格等が必要な案件10万円以上

初心者案件や一般的な案件は、簡単なリサーチで作成できるレベルです。実際に取材やインタビューが必要な案件だと1万円以上の単価が見込めます。医療や薬事、法律などの専門的かつ高度な知識・経験があれば、数万円から10万円以上の単価になることもあります。

1文字あたりの単価相場

1文字あたりの単価の相場は以下のとおりです。こちらもクラウドソーシングサイトなどを参考にまとめました。

1文字あたりの単価相場
スキルがいらない0.1~1円
少しスキルが必要1~3円
スキルが必要3円以上

ここでいうスキルはライティング以外のスキルも含まれます。主なスキルとしてはリサーチ能力やSEO、画像選定などが挙げられます。案件によっては、取材・インタビュー、写真撮影スキルも必要です。高単価案件を受けたい場合、ライティングだけでなくそれ以外のスキルの習得・向上は不可欠と言えるでしょう。

高収入・低収入ライターの特徴

高収入ライターと 低収入ライターには、それぞれ特徴があります。どのような特徴かについて、以下でまとめました。

高収入ライターの特徴

年収500万円以上を稼ぐような高収入ライターには、「活動の場が広い」「報酬が高い媒体を中心に仕事をしている」「インフルエンサーとしても活動している」という特徴があります。

高収入ライターは、ライター業務だけでなく幅広い分野で活動をしています。具体的な活動としては、メディアの編集業務やブログ運営、ライター講座の講師などが挙げられるでしょう。ライター以外の活動もすることで、安定して収入が得られる道を増やしています。

ライターの報酬は媒体によって違います。同じような内容・文字数の記事でも、数千円以上の差があることも珍しくありません。高収入ライターは、報酬が高い案件中心に仕事をしています。

インフルエンサーとして活動をしていると、書いた記事へのアクセスを集めやすくなります。アクセスを集めることができるライターには依頼が集まりやすく、報酬も高くなります。

低収入ライターの特徴

年収200~300万円程度の低収入ライターには「クラウドソーシングが中心」「スキルや専門性を必要としない案件を受けている」「実績が少ない」という特徴があります。

クラウドソーシングでの案件は比較的低単価です。報酬からは利用手数料などが引かれるため、実際に得る金額はさらに少なくなります。クラウドソーシング以外の場でも案件を探す必要があるでしょう。

スキルや専門性を必要としない案件も、比較的低単価になりがちです。ある程度の数をこなしてもあまり多くの報酬は望めません。スキルや専門性を高めていきましょう。

実績が少ないと、初心者であまり高いクオリティの記事は書けないと思われがちです。まずは依頼者側に提示できるだけの実績を積むことが必要です。

フリーランスライターとして高収入を目指す4つの方法とは?

フリーランスライターとして高収入を目指すには、以下の4つの方法があります。

  • 1.専門性を高める
  • 2.積極的に単価交渉する
  • 3.ディレクターにキャリアアップする
  • 4.エージェントを活用する

それぞれの方法について説明します。

1.専門性を高める

まずは専門性を高めましょう。グルメ、美容、金融など、「このジャンルは詳しい」という分野をひとつ作っておくと、高報酬を得られやすくなります。

2.積極的に単価交渉する

積極的に単価アップの交渉を行いましょう。応じてもらえない場合は、より高い単価の案件を探しましょう。低単価の案件を多くこなして稼ぐという方法は消耗しがちです。

3.ディレクターにキャリアアップする

ライターからディレクターにキャリアアップするのも年収アップに有効な方法です。ディレクターはWebサイト構築やメディアの記事作成全体を監督し、ライターに指示を出す職種です。

優秀なWebディレクターに必要なスキル20選!仕事内容も合わせて紹介!

4.エージェントを活用する

エージェントを活用しましょう。エージェントは、フリーランスのスキルや希望をもとに、マッチングする企業を紹介してくれます。クラウドソーシングのようにマッチングの場を提供するだけではないため、よりよい条件の案件が見つかりやすいという特徴があります。弊社ITプロパートナーズでも、以下のようなライターの案件を取り扱っています。

弊社ではこの他にも多くのフリーランス案件を扱っています。「フリーランスとして独立を考えているけど仕事獲得が不安…」「今よりも高単価な案件を獲得したい」と考えている方は、ぜひ弊社ITプロパートナーズをご利用ください。

あなたのスキルに合わせて、最適な案件をご紹介させて頂きます。

フリーランスライターとして年収1000万は可能?事例を紹介

フリーランスライターとして年収1000万円を稼ぐ人の事例を紹介します。

まずは、秋カヲリ(萩原かおり)さんの事例です。秋さんは独立後1年半で年収1000万円を達成しました。宣伝会議オンラインに年収1000万円に至るまでのコラムが掲載されています。

このコラムによると、秋さんは独立前からライター募集案件を探し、退職時にすでにいくつか案件を持っていたそうです。さらにWebマーケティングの知識やPhotoshopを使う技術なども身につけ、YouTuberに取材するメディアも立ち上げました。ライティング以外の技術や自分でメディアの立ち上げなどの努力が高収入に結びついた例といえるでしょう。

もうひとりは、イケダハヤトさんです。イケダさんはもともと東京のブロガーでしたが、独立後に地方に移住。ブログを中心にYouTubeやオンラインサロンでも活動し、2018年にはブログで年収2400万円を達成したと報告しています。イケダさんも、ライティング以外にも活動を広げて収入を広げている例といえるでしょう。

この2つの事例から、ライターとして年収1000万円を達成することは可能であると考えられます。ただし、自分のスキルを活かして、ライター以外の活動も行うことは避けて通れないようです。

フリーランスライターになるメリット・デメリット

フリーランスライターになるメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

フリーランスライターのメリット

フリーランスライターのメリットには以下の3つが挙げられます。

  • 自由に仕事を選べる
  • 働く時間・場所にとらわれない
  • 著名人と出会える可能性がある

それぞれのメリットについて説明します。

自由に仕事を選べる

フリーランスライターになれば、自由に仕事を選べます。自分の得意、好き、興味があるジャンルを選んで仕事を行うことも可能です。

働く時間・場所にとらわれない

フリーランスライターは、時間・場所にとらわれず働けます。フリーランスライターの中には、日本・世界各地を旅しながら働くライターもいます。

著名人と出会える可能性がある

フリーランスライターには、著名人と出会える可能性があります。特にインタビューの仕事を中心にしている場合は、知識人や政財界の著名人、タレントやスポーツ選手などと直接会い、話を聞ける機会ができやすくなります。

フリーランスライターのデメリット

フリーランスライターのデメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

  • 収入が安定しない
  • 自己管理が必要になる
  • 稼げるまで時間がかかる

それぞれについて説明します。

収入が安定しない

まずは、収入が安定しないことです。令和2年5月に内閣官房日本経済再生総合事務局が発表したフリーランス実態調査結果によると「フリーランスとして働く上での障壁」について約6割の人が「収入が少ない・安定しない」ことを挙げています。

継続案件を獲得する、収入が多い月に貯蓄しておく、月々の経費を抑えるなどの対策が必要です。

自己管理が必要になる

フリーランスライターは自己管理力が必要です。スケジュールや金銭の管理はもちろん、健康管理も自分で行わなければいけません。アプリなどを活用して、自己管理に努めましょう。

稼げるまで時間がかかる

稼げるまで時間がかかることもデメリットのひとつです。

つなぐマーケティングがフリーランス400名を対象に行ったアンケート調査によると、独立しているフリーランスの40%あまりが、年収100万円以下と返答しています。この調査対象の約7割は、比較的経験が浅いフリーランス歴3年以下の人たちです。ここから、経験年数が浅いうちはなかなか稼げないことがわかります。

フリーランスライターの将来性と需要

最後に、フリーランスライターの将来性と需要について説明します。

まずは需要についてです。

近年、記事にはより高い質が求められるようになってきました。たとえばSEO記事を書くにしても、最新のSEOの知識がないと難しい場合が出てきています。

つまり、ライターに対する需要は、数ではなく質にシフトしているといえるでしょう。

その一方でライバルは増加傾向です。特にWebライターは参入障壁が低いため、クラウドソーシングのクラウドワークスLancersともに登録者数はここ数年で増加。ライター専門のクラウドソーシングサービスも複数誕生しています。

しかし、このライター全員が「質の高い記事を作成する」という需要を満たせるとは限りません。専門性や知識を高め、より高品質の記事を書けるようになれば、ライバルから一歩抜け出せる可能性は十分にあります。

続いて、将来性についてです。結論から言うと、ライターの将来性は「いかにスキルを応用できるか」にかかっているといえます。

年収1000万円以上稼いでいるライターとして紹介した二人は、いずれもライティング以外のスキルも磨き、活用していました。

ライティングのスキルはブロガーやマーケターとしても応用できます。いかに自分のスキルを応用し、活動の幅を広げていくかによって将来性は大きく左右されるといえるでしょう。ライター以外の活動も視野にいれ、生き残り戦略を立てることも必要です。

まとめ

フリーランスライターは、場所や時間にとらわれず、好きな仕事を選んで働けます。近年は特に人気で、ライターとして活動し始める人も増えています。

しかし「稼げる」ライターになるには、スキルや専門性を高めることが不可欠です。さらなる収入アップを求めるのであれば、スキルアップだけでなく、ディレクターやマーケター、ブロガーなどへ活動の幅を広げることも検討しましょう。活動の場を広げることができれば、年収1000万円の達成も夢ではありません。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!