AIエンジニアはやめとけと言われる5つの理由と体験談・将来性

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

AI(人工知能)が急速に普及するとともに、さまざまな分野からの需要が見込まれているAIエンジニア。しかし、その一方で「AIエンジニアはやめとけ」という声が聞かれるのをご存知でしょうか。

この記事では「やめとけ」といわれる理由を解説したうえで、AIエンジニアの将来性やメリットを紹介します。さらにAIエンジニアになる方法や向いている人の特徴も紹介していますので、これからAIエンジニアを目指そうと検討している人はぜひ参考にしてください。

働き方の自由度を高めませんか?
  • 複業/フリーランスで月収80万以上を稼ぐ
  • 週2日、週10時間から働ける
  • フルリモートはもちろん柔軟な稼働時間
  • PM,PdMなど上流案件も多数

自分の強み×週1日〜フルタイム×リモート・フルリモートなど、働き方をカスタマイズして案件を探したい方へ

約6割が週1-3日案件のグラフ

AIエンジニアとは

AIエンジニアとは、AIを用いて、研究開発やビジネス上の課題を解決する技術者です。いわばAI技術活用のプロともいえるでしょう。

AIエンジニアの仕事は「システム開発」と「データ分析」に大きく分けられ、システム開発では機械学習などに関わる開発・プログラムの実装が主な内容です。データ分析では、例えば機械学習によってビッグデータをもとにパターンを導き出し、企業の課題解決に向けた提案などを行います。

「AIエンジニアはやめとけ」という声は本当?

将来性がある仕事のように感じられますが、SNSや口コミサイトなどでは「AIエンジニアはやめとけ」という意見が見られます。ましてやAIエンジニアとして勤務経験がある人の意見なら、簡単には無視できないでしょう。

そのような意見を持つ理由や原因はいくつかあるのですが、理由ごとによく検討して「自分はどう思うか」を考えることが重要といえます。どのような仕事にも向き不向きはあり、「やめとけ」とされる理由が全ての人に当てはまるとは限りません。

意見を鵜呑みにして自分の可能性を狭めてしまうのは、とても残念なことです。ただし、向いていない人に対して「やめとけ」というのは当然のこと。どのような人がAIエンジニアに向いているのかは後述しますが、まずは「やめとけ」と入れる理由をみていきましょう。

AIエンジニアはやめとけといわれる5つの理由

「AIエンジニアはやめとけ」といわれる理由や原因はいくつかある、と前述しました。ここではよく見られる5つの理由について解説します。

1.技術の習得が難しい

1つ目は、技術習得が難しい点です。AIエンジニアは高度なプログラミングスキルに加え、数学・論理・統計などさまざまなスキルが求められます。

数学的知識はビックデータの活用・解析に使用されるもので、理数系の大学で扱っている内容です。通常のエンジニア職ではあまり用いられることのない知識で、習得にはハードルが高いといえるでしょう。特に未経験者や文系の人が挫折しやすい部分と考えられます。

2.最新情報を追うのが大変

最新情報をフォローして学び続けなければいけない点も、AIエンジニアが「やめとけ」といわれる理由の1つです。AI技術は日々進歩し続けています。せっかく学んだ技術もすぐに古くなり、新しい知識を取り入れなければなりません。

しかも、数学・機械学習・ディープラーニングなど、プログラミング以外のさまざまな分野でも学習が必要です。学び続ける習慣がない人には、苦痛に感じられるでしょう。

3.激務になることがある

IT業界は今後も慢性的な人材不足が発生すると予想されており、DX(デジタルトランスフォーメーション)に重要なAI導入が進まない背景にも、AI人材の不足があるとされています。1人のAIエンジニアにかかる業務負荷が重く、慢性的な長時間労働のケースもあることが考えられます。

さらには、長時間パソコンに向かう業務であることから運動不足になりやすいとの意見も見られ、健康への懸念もAIエンジニアをおすすめしない理由となっているようです。

4.競争の激化が予想される

現時点では人材不足の状況ですが、将来も同じ状況かどうかは分かりません。近年は小学校でもプログラミングの授業が実施されており、大学で最新の技術を学ぶ人たちも増えています。今後、AIのスキルが高い学生・あるいは別分野のエンジニアが次々に参入してくる可能性を考えると、将来的に競争が激しくなるケースも否定できません。

これからAIプログラミングの技術を習得できたとしても、技術力や知識量に差が出ると考えられます。AIエンジニアとして生き残るためには、レベルの高い人材との差別化が必要です。

5.将来的に不要になるという見方がある

AIが今後さらに進化していくと、AIエンジニアの仕事が不要になるという可能性を根拠に、やめておけという意見も見られます。現状ではAI人材が不足しているため需要は高い傾向にありますが、先述の通り、将来はどうなるか分からないという見解です。

しかし、AIを本格的に導入しているのは未だIT大手やAI系スタートアップに限られている状況であり、エンジニアの仕事をAIが全て取って代わるような状況ではありません。保守・点検といった作業も求められることから、すぐにAIエンジニアが不要になることは考えにくいでしょう。

AIエンジニアのリアルな意見は?

ここまで紹介した通り、「AIエンジニアはやめとけ」という声があるのは事実ですが、AIエンジニアとして働かれている人の実際の意見も気になるところかと思います。SNSなどのリアルな声を見てみましょう。

ポジティブな口コミ

初心者が独学で技術を習得し、就職に成功した人もいます。人材不足だからこそ、初心者にもチャンスがあるのかもしれません。

こちらの書き込みでは、AIエンジニアのメリットとデメリットを挙げています。年収の高さや幅広い知識が習得できる点は強みといえそうです。

ネガティブな口コミ

以下のツイートでは、数学の知識がネックとなったようです。数学的思考が苦手な人にはAIエンジニアへのハードルは高いといえます。

こちらの方はAIエンジニアの難易度に触れたうえで、AI設計ではなくAIツールが利用できる人材を目指すことをおすすめしています。AIエンジニアの知識習得に挫折した人も、AIツールの習得なら可能かもしれません。

実際はどうなの?AIエンジニアの現状・将来性

IT人材の不足・AIの普及によりAIエンジニアの需要は高いとされていますが、実情はどうなのでしょうか。年収の目安や将来性について解説します。

年収目安は500万~600万円

AIエンジニアの年収目安は、正社員の場合で500万~600万円程度が一般的です。ただし、スキルや経験によっても異なるため、必ずしも高収入とは限りません。では、高いスキルや経験が求められるフリーランスの場合はどうでしょうか。

弊社ITプロパートナーズの募集案件を参考にすると約600万〜1,000万円が相場となっており、月収に換算すると約50万~83万円です。案件例としては「AIを活用した自社プロダクトの開発」や「需要予測を担うPM」などが挙げられます。

将来的なAI人材の不足が予想される

今後もAIエンジニアの需要が高まるとともに、それに対する人材供給も見込まれますが、一方で人材不足も予想されています。

IT人材白書2019」によると、現状のAI人材についてアンケートを行った結果「深刻な水準で不足」「大幅に不足」「やや不足」と回答し、何らかの不足を感じている企業は73.8%となりました。

IT人材需給に関する調査」を見ると、AI人材の需要と供給の差(需給ギャップ)は2030年には少なくとも1.2万人、多ければ14.5万人という試算結果が出ており、ギャップの差は拡大すると考えられます。

AIエンジニアの魅力やメリット

将来的にも高い需要が見込まれるAIエンジニアですが、知識の汎用性や高収入などがメリットとして挙げられます。AIエンジニアの魅力とメリットについて詳しく解説しましょう。

幅広い分野で活躍できる

AI技術はさまざまな分野での活用が期待されており、AIエンジニアとしての就職先も多業種にわたります。例えば、以下のような分野が挙げられるでしょう。

  • 医療・介護
  • 製造業
  • 農業・漁業
  • 物流・インフラ

DXの推進・システム開発・商品開発・データ分析・保守運用などが主な業務です。また、フリーランスとして契約できる案件の種類が多いのも特徴。

常駐型だけでなく、フルリモートOKな案件も見られるため自由度の高い働き方が実現できます。業務内容としては「画像認識」「自然言語処理」「音声認識」「異常検知」などです。

フリーランスとしても独立しやすい

前述したように、AIエンジニアはフリーランス向けの案件が多いことから独立しやすく、高収入も見込める点がメリットです。人材不足でもあるため、スキルがあれば仕事の受注に困ることはないでしょう。

また、会社員とは異なり、自分の得意分野に集中できることから早期のスキルアップが目指せます。定年を気にする必要もなく、長く働くことも可能です。

週2・3日勤務やフルリモートといった案件を選べば、働く場所や時間の融通が利きますし、仕事の掛け持ちもできます。フリーランスのAIエンジニアは、自由な働き方がしやすいといえるでしょう。

AIエンジニア(機械学習)がフリーランスになる方法と案件例・獲得方法

高収入を得やすい

すでに説明したとおり、AIエンジニアは専門性と難易度が高いことから収入の水準が高い傾向にあります。

経験やスキルによって多少の差はありますが、スキル取得のハードルが高いうえにAIのニーズ拡大に追いつけず、人材の争奪戦になっているため好待遇が望めるでしょう。

また、データサイエンティストやITコンサルタントなどの高収入な職種にキャリアアップしやすい点も魅力です。AIエンジニアの需要は今後も増えていくとされており、現在だけでなく年齢を重ねてからも活躍・高収入を得られる可能性は高いと考えられます。

AIエンジニアの平均年収は高い?機械学習エンジニアが人気の理由を解説!

AIエンジニアが向いている人の特徴

AIエンジニアに向いている人には、次のような特徴があります。

  • 論理・数学が得意
  • 学習・調査が好き
  • 自己管理ができる

反対にこれらの点が苦手な人は、「やめとけ」という意見が当てはまる可能性があります。

論理・数学が得意な人

論理的思考や理数的スキルへの適性がある人は、AIエンジニアに向いているといえます。AIエンジニアはプログラミングスキルに加えて、論理的な思考力や数学・統計などのスキルがあると有利です。

アルゴリズムの読み解きなどには、線形代数や微分積分といった大学レベルの知識が必要ですし、データ分析や処理の際にはデータをもとに論理立てて思考できる力が不可欠になります。実際、AIエンジニアは、理数系出身者が多い傾向です。

学習・調査が好きな人

常に最新情報を取り入れるのが好きな、向上心のある人がAIエンジニアに向いています。AI技術は日々発展しており常に学び続けなければならないため、新しい技術を自発的にキャッチアップしようとする姿勢が必要です。

好奇心が強く学びに貪欲であれば、若手がどんどん参入してきても負けないスキルを維持できるでしょう。

自己管理ができる人

AIエンジニアは人手不足であるため、激務の可能性があるとお伝えしました。体調を崩さないように、そのような状況になっても体調管理やスケジュール管理ができる人は、AIエンジニアに向いているでしょう。

また、フリーランスになった場合には生活リズムの管理も重要です。働く時間や場所を自由に選択できますが、全て自分で管理する必要があるため納期や品質に影響が出ないように注意しなければなりません。

AIエンジニアになる方法

AIエンジニアになるためには、どのような点を意識するとよいのでしょうか。ここからはAIエンジニアになる方法を3つお伝えします。

まずは十分な知識を身につける

AI分野は数学などの高度なスキルが求められるため、まずは十分に学習することが重要です。大学や専門学校で学ぶほかに、学習サイトやプログラミングスクールなどを利用して知識を身につける方法もあります。

大学では最先端のAI技術を研究していますし、必要なスキルを学べます。専門学校やプログラミングスクールは、短期間で効率的にスキルを習得できる点がメリット。就職のサポートが受けられるケースもあります。

関連分野の実務経験を積む

AI分野に関連性の高い仕事に就き、稼ぎながらスキルを身につけるのも1つの方法です。例えばAI開発で使われるプログラミング言語「Python」は、Web開発やアプリ開発などに広く使われており、副業可能な案件も多く見られます。

未経験や初心者でも扱いやすい言語とされているため、習得しやすい点もポイントでしょう。まずは副業向けの案件などハードルの低い仕事から始め、実務経験を積むのがおすすめです。

Pythonの副業で未経験から稼ぐには?案件獲得までの最短ロードマップ

人材紹介エージェントを利用する

AIエンジニアなどの高度な専門職に就くには、人材紹介エージェントの利用がおすすめです。正社員向けやフリーランス向けなど、希望する雇用形態・職種ごとにさまざまなエージェントが選択できます。

例えば、ITプロパートナーズはフリーランス向け・副業に特化したIT/Web系エージェントです。担当スタッフが、登録者のスキル・経験を考慮し、希望に合った案件を紹介します。交渉なども代行するため営業活動への負担が軽減でき、仕事に専念できる点もメリットです。

AIエンジニアについてよくある疑問

「未経験では可能か」「資格は必要?」など、AIエンジニアへの疑問にお答えします。

未経験からAIエンジニアになるのは難しい?

AIエンジニアは高度な職種でもあるため、未経験でなるのは難しいでしょう。必要なプログラミングの基礎は身につけられるかもしれませんが、求められるのは実践的なレベルです。

ただし、PythonのWebアプリ開発など関連ジャンルで実績があれば、AI案件自体は未経験でも契約できる可能性はあります。関連ジャンルの仕事をこなしながら知識を身につけ、AIエンジニアに転身するのも1つの手です。

資格があると有利?

AIエンジニアになるために資格は必須ではありませんが、アピール材料にはなるでしょう。例えば、次のような資格が挙げられます。

「G検定」は日本ディープラーニング協会が運営し、ディープラーニングの基礎、最新動向、法律・倫理、人工知能などに関する知識を証明できる資格です。

「E検定」もディープラーニングエンジニア向けの資格ですが、G検定よりも高度な試験となっています。また、データ分析に特化した認定試験として「Pythonエンジニア認定データ分析試験」もおすすめです。

AIエンジニアの資格って必要?おすすめの資格試験7選!

AIエンジニアは副業も可能?

AIエンジニアは副業でも可能です。クラウドソーシングなどで検索すると、副業向けの案件が多く見られます。未経験では難しいかもしれませんが、関連ジャンルの実績があれば採用の可能性も高いでしょう。

AI・機械学習エンジニアが副業で稼ぐには?案件例と獲得方法を解説

副業案件が豊富なプラットフォームとして、ITプロパートナーズがおすすめです。週2~3日の稼働やリモート案件など、柔軟な働き方が実現できる案件を多く掲載しています。スタートアップ・ベンチャー企業の仕事を受注することで、さまざまな経験ができる点も魅力です。

まとめ

「AIエンジニアはやめとけ」とされる理由は、技術習得の難易度が高く、最新情報のキャッチアップや激務などにより継続が難しいと考えられるためでした。しかし、今後もAI人材の需要は増えることが予想されています。

幅広い分野での活躍、さらには高収入が期待できることからAIエンジニアは魅力的な職種といえるでしょう。まずは、副業でAIエンジニアに関する経験を積むところから始めてはいかがでしょうか。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。