Pythonの年収はエンジニア業界でも高い?年収1,000万以上を目指す方法を調査!

Pythonの年収はエンジニア業界でも高い?年収1,000万以上を目指す方法を調査!
freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

それではここからはプロの目線としてフリーランスに役立つ情報をお伝えしていきます。

Pythonはプログラミング言語の中でも年収の高い言語だと聞きますが、その他の言語と比べて突出するほど高いのでしょうか。

エンジニアの収入は、特定分野のエンジニアの数が少ないことや、それに対して需要があるというバランスで決まります。

確かに、Pythonエンジニアはまだまだ少ないという実態もあり、近年ではAIやディープラーニングなどの最先端技術にPythonが使われるという傾向があります。

そこで今回は、Pythonの平均年収をその他の平均年収と比べながら、1,000万円以上を目指す方法を調査しました。

なおPython案件を含め、フリーランスプログラマーについての総合的な情報は「フリーランスプログラマーの実態とは?なり方や注意点、年収まで解説」でご紹介しているので、参考にしてみてください。

またPythonプログラマーなど、プログラマーの年収の実態については「プログラマーの年収はいくら?」の記事も併せてご覧ください。

Pythonの平均年収

年度Pythonの平均年収エンジニア業界の平均年収
最新年度651万円432万円
データは編集部独自で算出したデータです。一次情報から参照した正確な情報ではないのでご了承ください

Pythonの平均年収は、その他のエンジニアよりも高く設定してあることが分かります。理由としては、Pythonのエンジニア自体がまだまだ圧倒的に少ないことが挙げられます。

近年、Pythonが使われるシステムとして目立つのがWEBアプリです。特にYouTubeやInstagramなど、幅広い世代に利用されているサービスにPythonが使われているため、技術者自体が少ないPython技術者は重宝されているのです。

また、最新技術とされるAIやディープラーニングといった技術にPythonが採用されており、新しい技術に取り組むPythonエンジニアの年収が上がっています。

Pythonのエンジニアの需要は年々増しており、その平均年収は上がり続けているのです。

Pythonと他言語の年収比較

順位言語年収中央値(万円)最大提示年収(万円)求人数(件)
1位・Go・600万円・1,600万円・2,202
2位・Scal・600万円・1,300万円・1,489
3位・Python・575.1万円・1,499万円・9,344
4位・kotlin・575万円・1,200万円・961
5位・TypeScript・575万円・1,200万円・667
6位・R・574.8万円・1,000万円・220
7位・Ruby・550万円・1,200万円・11,676
8位・Swift・550万円・1,200万円・3,353
9位・Perl・525万円・1,200万円・4,509
10位・C・525万円・1,000万円・9,347
参照:BIZREACH + https://www.bizreach.co.jp/pressroom/pressrelease/2018/0807.html

Pythonの最高年収は、その他の言語と比べても第3位に位置するほど高いことが分かります。

これはやはり、現代のWEBアプリ開発にPythonが使われることや、これから世の中のインフラとしても活躍する先端技術に対して、Pythonが期待されているということです。

求人数を見ても、「Ruby」「C」に続いて上位です。未だに根強くプログラミングの基本ともいえるC言語と求人数は変わりませんが、最大提示年収では約500万円の開きがあります。

「C」と「Python」は、ほぼ同数の求人数がありながら、年収に500万円もの差があることこそ、Pythonエンジニアが少ない(売り手市場である)ことの象徴だといえるでしょう。

Pythonの企業年収ランキング

順位企業名想定年収仕事内容
1位・LAPRAS株式会社720万円~996万円・スクラムマスターやクローラー開発エンジニア
2位・株式会社オプト450万円~900万円・データサイエンスエンジニア
3位・株式会社JX通信社500万円~800万円・サーバサイドエンジニア
4位・株式会社ALBERT500万円~700万円・バックエンドの設計・実装
5位・株式会社パソナテック350万円~700万円・AI、データエンジニアリング

※編集部、記事執筆時の求人サイトからの情報になります。
※全ての企業を調査した正確な情報ではありませんのでご了承ください

Pythonエンジニアの求人を見ると、やはり最高想定年収は高く設定されています。また、業務内容には、AIやデータサイエンスなどの先端技術を扱う内容になっていますね。

今後のPythonエンジニアには、WEBアプリケーションの開発案件需要もありますが、AI技術開発や機械学習に関連するシステム構築も期待されています。

世界中で開発競争となっている先端技術にPythonが利用される限り、Pythonエンジニアの需要は増え続けます。

エンジニアの絶対数が現在は少ないという事情から、年収も引き上げられていますので、今Pythonエンジニアを目指し、出来るだけ早く実践に辿り着くことも重要です。

Pythonエンジニアが年収を上げる方法

Pythonエンジニアがこれから年収を上げるには、「WEBアプリケーション開発」と「AIなどの先端技術開発」「データ分析」どれかに特化したエンジニアになる方法があります。どれに特化しても問題はありませんが、具体的な内容も見ていきましょう。

  • WEBアプリケーション開発
  • 先端技術開発
  • データ分析

WEBアプリケーション開発

WEBアプリケーションの開発には、「フロントエンド」「バックエンド」「データベース」と大きく3種類の分野があります。Pythonが該当するのは「バックエンド」です。

Pythonが利用されているアプリケーションで私たちがよく目にするもの、利用するものとしては以下のようなものがあります。

  • YouTube
  • Instagram
  • DropBox

など。

動画視聴やSNS、クラウドファイルストレージなど普段誰もが利用するアプリケーションのバックエンド処理にPythonは使われているのです。

Pythonはコードが分かりやすく、メンテナンスも比較的容易なことから、信頼性の高いプログラミング言語なのです。WEBアプリケーションの大手も次々とPythonへの移行を始めるなど、Pythonの人気はどんどん上がっています。

しかし、Pythonエンジニアが少ないため、WEBアプリケーションを開発する企業でも、より優秀なエンジニアを集めるために高い年収を設定しています。

Pythonエンジニアとして年収を上げるならば、WEBアプリケーション開発会社でバックエンド開発を目指すこともひとつの手段です。

先端技術開発

Pythonが注目されている理由のひとつとして、先端技術開発で大きな役割を担っていることが挙げられます。Pythonが利用されている先端技術としては以下のようなものがあります。

  • AI
  • 機械学習
  • ディープラーニング

など。

今、新しい技術開発を行うにあたっては「まずPythonで実装」という流れが強くあります。Pythonのコミュニティでは機械学習を筆頭に最新技術の議論が活発化しているのです。

そのため、AIや機械学習といった分野において、Pythonに対する開発環境(ライブラリを含む)が整っています。環境が整うと、今からプログラミングを学習したいという未経験者もPythonから学ぶという人も増えていきます。

機械学習に関連する技術開発を行う企業では、さらに拡大される市場に向けても技術者を募集しています。今、このタイミングで先端技術開発を行う企業をチェックしておくことも、年収アップを目指す方法の一つです。

データ分析

ビッグデータなどが騒がれる近年、データ分析においてもPythonが利用されています。

その理由としては、Pythonにはデータ分析をするために便利で使いやすいライブラリが充実していることが挙げられます。データ分析と聞くと難しい印象もあるかも知れませんが、Pythonにはコミュニティも活発でドキュメントも充実しているのです。

Pythonエンジニアは、もちろんデータ分析の分野でも需要がありますし、今後、IoTなどが普及することで更にデータ分析という分野は大きくなり、その市場は拡大します。

データ分析に特化したPythonエンジニアになることも、大きく年収を上げる方法の一つです。

Pythonエンジニアが年収1,000以上を目指す方法

Pythonエンジニアは今、世界中で需要のあるエンジニアです。特に資金のある大手企業では、先端技術の開発も進めているため、Pythonエンジニアの需要も増しています。

Pythonエンジニアが年収1,000万円以上を目指すには、Pythonエンジニアの絶対数が少ない今と、これから市場が拡大する分野の技術開発へ貢献することです。

  • 大手企業へ転職する
  • フリーランスとして活躍する
  • マネジメントスキルをみにつける

大手企業へ転職する

Pythonエンジニアは今、売り手市場です。このタイミングでPythonの技術を大手企業で存分に発揮するチャンスなのです。

年収1,000以上を目指すには、大手企業のエンジニアとして、プロジェクトをリードする立場へと成長する必要があるでしょう。そのためには豊富な経験が必要ですが、Pythonエンジニアはそのチャンスがあるのです。

その他の言語のようにエンジニアが多い分野であれば、競争率は高くなります。しかしPythonはまだエンジニアが少ないと言われる分野です。

自身の力を十分に発揮することで、大手企業のプロジェクトでリーダーシップをとるポジションを手に入れることもできるのです。

フリーランスとして活躍する

Pythonエンジニアは、企業の従業員として活躍することもできますが、ある程度の技術やスキルを身につけたら、フリーランスのPythonエンジニアへ転向するという選択肢もあります。
フリーランスエンジニアの需要も多く、プログラミング言語の中でも比較的年収が高く設定されているPythonエンジニアならば、更に収入を上げることが可能です。

求人でフリーランス(業務委託)のPythonエンジニアを見てみると、「~80万円/月」や「~1,000万円/年」など、月に80万円、年収1,000万円といった案件が多くみられます。

フリーランスとして信用を得ることで更に高い年収も望めますので、年収1,000円以上を稼ぐための一つの方法として視野に入れましょう。

マネジメントスキルを身につける

Pythonエンジニアとして十分な技術を身につけたら、次はマネジメントスキルを身につけましょう。

比較的年収の高いPythonエンジニアでも、プログラミングだけでは年収1,000万円に到達することは至難の業です。

しかし、Pythonを使ったプロジェクトをまとめ、プロジェクト全体をマネジメントできるようになれば話は別です。

組織に所属していても、フリーランスであっても、マネジメントを任せられる人材であれば年収1,000万円以上を目指すことも可能でしょう。

まとめ:Pythonの年収はエンジニア業界でもトップクラス

Pythonエンジニアの年収は、その他の言語エンジニアに比べても高いことがわかりました。その理由としては、Pythonエンジニアが少ない上に、Pythonという言語が将来的にもまだまだ需要が伸びていくことにあります。

AIや機械学習、データ分析などの先端技術を構築する上で非常に使い勝手のよい言語であるPythonは、開発環境やライブラリも整っているため、初心者も学習を始めやすい言語です。

Pythonからプログラム言語の学習を始めることで、将来的にPythonエンジニアとして高い年収を得ることもできるでしょう。

Pythonエンジニアとしてスキルを身につけた後は、マネジメントスキルも取得することで更に高い年収を目指しましょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!