副業webライターの始め方は?初心者向けに稼ぐ手順や案件例を解説

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

代表的な副業である「Webライティング」に興味を持っている方は多いかと思います。しかし興味はあるものの、「どうやって案件を獲得すればよいのか分からない」「副業で稼ぐためにはどのようなスキルや経験が必要なのか分からず一歩を踏み出せていない」という方も多いのではないでしょうか?

本記事では、副業Webライターになりたい人が知っておきたい情報をまとめて紹介します。これからWebライターとして副業を始めたい方は必見です。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

働き方の自由度を高めませんか?
  • 複業/フリーランスで月収80万以上を稼ぐ
  • 週2日、週10時間から働ける
  • フルリモートはもちろん柔軟な稼働時間
  • PM,PdMなど上流案件も多数

自分の強み×週1日〜フルタイム×リモート・フルリモートなど、働き方をカスタマイズして案件を探したい方へ

約6割が週1-3日案件のグラフ

Webライターの副業をする際に知っておくべきポイント

まずは、Webライターが副業する時に最低限必要な知識を確認します。Webライターが具体的に何をするのか、副業が会社にばれないかなど、不安がある場合はここで解決しておきましょう。

Webライターの仕事内容とは?

Webライターの仕事は、主にWeb上に掲載するコンテンツの執筆です。一般的には、クライアントから記事のテーマやターゲットユーザー、文字数などが指定されるため、指定内容を満たす記事を作成します。場合によっては、記事構成から作成することもあります。

記事テーマは、商品やサービスのレビューから企業紹介、生活に役立つノウハウ、ビジネス、不動産、健康・美容まで世の中に関するありとあらゆるものが対象です。記事テーマに関する経験・知識の要否は、案件によって異なります。

Webライターは副業でも可能?

Webライターは、副業としても案件を受けられる仕事です。Webライティング案件は、単発・継続の2種類があり、1案件ずつ業務委託契約を結んで仕事を受注します。そのため、自分の働き方に合せてどのような案件を受注するのか選ぶことができます。

本業が別にあっても、空き時間に作業できる分だけ受注すれば、副業Webライターとして活動することが可能です。

Webライターでの副業は会社にばれない?

Webライターに限らず、隠れて副業をしても、本業の会社にばれるリスクがあることは変わりありません。そのため、副業をする時は、ばれる・ばれないではなく、勤め先の就業規則で副業の可否や副業をする時のルールを確認しましょう。副業が禁止されている会社に勤めている場合は、副業をしないほうが無難です。

ただし、国が副業・兼業を公に認めており、法律上会社側は勤務時間外の行動を原則として制限することができません。そのため、副業を禁止している企業でも相談すれば副業が認められるケースもあります。

Webライターの副業は稼げる?単価や収入事情とは

副業Webライターとして仕事をする場合、しっかりと稼ぐことはできるのでしょうか。ここからは、Webライティング案件の収入事情について解説します。

未経験者は文字単価0.1〜1円程度

Webライティング案件の種類は多種多様で、完全に未経験であっても受注できるものもあります。一般的に、未経験者や経験が浅い人が受けられる案件は、特定分野の専門知識・経験やWebマーケティングの知識を必要としないもので、1文字の単価は0.1~1円程度です。

文字単価0.5円で3,000文字の記事であれば、1記事あたり1,500円。ひと月に10記事執筆すれば15,000円が月収となります。

稼げる・稼げないは、本人の執筆効率にもよりますが、未経験者向けの案件は文字単価が低いことから、お小遣い程度の収入になると考えたほうがよいでしょう。

経験者は1〜3円程度の案件も

Webライターとして実績を積めば、特定分野の知識や経験がなくても、文字単価1~3円程度の案件を受けることができます。美容や健康、金融などの特定分野の専門知識・経験やWebマーケティングの知識を必要とする案件では、文字単価4円以上になるものもあります。

また、Webライティングに慣れてきたら、知識がない分野でも調査しながら執筆できるようになってきます。執筆スピードが上がるため、短期間で多くの記事を作成し、効率的に稼げるようになるでしょう。

副業でWebライティングをする6つのメリット

在宅や土日に副業できるIT系の職種は他にもたくさんあります。そのなかでも、Webライティングを副業にするメリットはあるのでしょうか。

  • 1.初心者・未経験からでも始めやすい
  • 2.自分のペースで作業しやすい
  • 3.個人情報を公にせずに済む
  • 4.案件の幅が広い
  • 5.案件数が多い
  • 6.リモート・在宅が可能

それぞれについて詳しくみていきましょう。

1.初心者・未経験からでも始めやすい

Webライティングの案件は、未経験OKの案件が多く、初心者でも副業として始めやすい特徴があります。

未経験案件の単価は低いものの、仕事をこなしていけば、Webライターとしてのスキルアップを目指せます。スキルが上がれば、高単価の案件も受注できるようになり、収入もアップさせられる可能性もあります。

2.自分のペースで作業しやすい

Webライティングの案件は、1記事単位で受注できるものも多く、自分の執筆スピードや空き時間に合う案件を選べます。

クライアントや編集者とのやり取りは、メールやチャットなどのテキスト形式が多く、自分の時間を拘束されることもほぼありません。決まった納期までに原稿を納品したり修正したりする作業がメインなので、本業がある人でも自分の都合のよいタイミングで仕事をこなすことができます。

3.個人情報を公にせずに済む

多くのWebライティング案件では、雇用契約を結ぶ時のように、詳細な個人情報を取引先に渡す必要はありません。特に、Webライティング案件を掲載・仲介しているサービスを利用すれば、報酬の振り込み先もクライアントに伏せられます。

インターネットを通して全てを完結させられるうえ、副業の事実を会社や周囲の人に知られず、気軽に仕事を受けることができるのです。

4.案件の幅が広い

Webライティングで執筆するテーマや記事の作成目的はかなり幅広く、自分の得意な分野を生かして仕事をすることができます。

Webライティングで案件がない分野のほうが少ないため、本業がどのような業界・職業であっても自分の知識や経験を生かせるでしょう。日常系・生活系のジャンルもあり、本業を持たない主婦(夫)や学生でも、家事・育児・勉学に関する知識・経験をお金に変えることができます。

5.案件数が多い

個人で受けられる案件のなかでも、Webライティングは特に案件数が豊富です。

Webサイトやアプリの運営には、文章が欠かせません。しかし、現在のところ自然でオリジナルな文章は、プログラムやAI(人工知能)で作成することが難しく、人の手が必要です。需要が高い分、それだけ案件数も多くなります。主要な案件検索サービスで実際に検索してみても、案件の絶対数が多いので、自分の希望に合う案件を継続的に得やすいといえるでしょう。

6.リモート・在宅が可能

Webライティングは、インターネット環境と作業できる端末さえあればできる仕事です。会社に出社する必要はなく、場所や時間を選ばず作業をすることができます。

案件探しから納品まで全て自宅で完結させられるため、近所にWebライティングを扱う企業がない地方や海外に住む人でも、副業として収入を得られます。通勤時間も不要なので、本業以外の時間を無駄にすることなく活用できるでしょう。

Webライターとして副業を始める具体的な方法・稼ぐ手順

ここからは、実際にWebライターとして副業を始める方法と、稼ぐための手順を紹介していきます。これからWebライターを目指す人は、ぜひ確認しておいてください。

端末・通信環境を整える

Webライティング案件では、受注から取引先とのやり取り、執筆、納品、請求まで全てオンラインで完結させるのが一般的です。そのため、作業環境の整備が必須条件といえます。

まずは、快適に作業できる端末と通信環境を整えましょう。タブレットやスマホでも受注できる案件はありますが、案件数や仕事内容が限定されてしまうので、副業として稼ぐためにはパソコンを用意しておきましょう。また、パソコンのスペックが低かったり、通信回線が遅かったりすると効率よく仕事をすることができません。例えば、パソコンのメモリなら最低限8MB、できれば16MBが、CPUなら第5世代以上のインテルCore i5、できればCore i7以上が欲しいところです。

ライティングやSEOの勉強をする

続いて、Webコンテンツの執筆に必要な基礎スキルや知識を身につけましょう。文章を書くことを生業とするのであれば、文章力や語彙力、正しい日本語表現といった知識・スキルは必要不可欠です。

また、Webライティング案件の多くは、商品・サービスの購入や利用を促すWebマーケティングを目的としています。Webマーケティングの手法の1つで、Googleなどの検索エンジンでサイトの評価を上げるSEOの知識があると、案件を受けやすくなります。

ライターを募集しているサービスに登録する

仕事ができる状況が整ったら、実際に案件を探してみましょう。Webライターの需要は多いため、ライターを募集しているサービスが数多くあります。まずは、後述するような、案件数が多いサービスや初心者向けの案件を扱うサービスに登録するのがおすすめです。

サービスによって手数料や扱う案件が異なるため、複数のサービスに登録して、幅広く自分に合う案件を探すとよいでしょう。

未経験者OKの案件で実績を積む

数ある案件のなかから、最初のうちは「未経験者OK」のものを選ぶようにしましょう。未経験者OKの案件は、マニュアルに沿って作業すれば完了できるシンプルなものが多い傾向があります。

未経験者向けの案件は、単価こそ低いものの、作業の流れを掴んだり、実績を増やしたりするには非常に効果的です。実績がないWebライターは、クライアントから信頼されにくく、高単価案件を受けにくい現状があります。副業としてしっかり稼ぐためには、最初の実績作りが重要といえます。

経験や専門性を生かせる分野で高単価を狙う

Webライターとして仕事の流れを把握し、最低限の実績を作れたら、高単価案件の獲得を目指しましょう。

高単価案件の多くは、担当できるライターが少ないジャンルや作業内容のものです。自分の経験や専門性を生かせる分野の案件を探しましょう。専門分野がない場合は、Webマーケティングの知識を深めると、高単価案件を狙いやすくなります。

Webライティングの副業案件を探すおすすめの方法

続いて、副業案件を探す際に利用したい、Webライターを募集している実際のサービスを紹介します。それぞれメリット・デメリットや案件数、相場に違いがあるため、状況に応じて上手く使い分けましょう。

総合クラウドソーシングで探す

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と、仕事を受注したい人をマッチングさせるサービスを指します。不特定多数の依頼者や受注者が集まり、やりとりを行います。なかでも、総合クラウドソーシングには、さまざまな業種・職種の仕事が集まっています。

おすすめのクラウドソーシングサイトは以下の記事で紹介していますが、ここではその中でも代表的なサービスを紹介します。

クラウドソーシングおすすめ15選!初心者が副業で稼ぐ具体的な方法を紹介

クラウドワークス

クラウドワークスは、数あるクラウドソーシングのなかでも、日本最大級のサービスです。豊富な案件数と、初心者でも見やすく使いやすいシステムが魅力。ただし、受注に際しては、報酬から5~20%の手数料が差し引かれます。

大規模案件数が多いことから、文字単価はかなり幅広く、未経験者向けのものから経験者向けのものまでさまざまです。未経験者であれば、最初に登録しておきたいクラウドソーシングサービスといえるでしょう。

クラウドワークスの評判は?利用者の口コミから見える評価やデメリット

ランサーズ

ランサーズは、日本で最初のクラウドソーシングで、クラウドワークスと並んで数多くの利用者を抱えています。大規模サービスなので、初心者から経験者向けまで、幅広い種類や文字単価の案件が揃っています。

既定の基準を満たした信頼度が高い利用者を「認定ランサー」として認可するシステムがあり、認定ランサーになれば高単価案件を受けやすくなります。ただし、クラウドワークスと同様に、受注時には報酬から5~20%の手数料が差し引かれます。

初心者向けのサポート制度が充実しているため、初心者であればクラウドワークスと併せて登録しておきたいところです。

ランサーズの評判はどう?口コミや手数料・副業体験談まで徹底調査

専門クラウドソーシングで探す

専門クラウドソーシングとは、特定の業種や職種に特化したクラウドソーシングです。総合クラウドソーシングより規模は小さくなるものの、その分自分の得意な分野のWebライティング案件を見つけやすくなります。

サグーワークス

サグーワークスは、記事作成に特化したクラウドソーシングでは日本最大級のサービスです。クラウドワークスやランサーズと違い、クライアントとの間にスタッフが入ってディレクションしてくれます。独自の記事チェックツールや、チェック者による記事の確認があるため、初心者も経験者もスキルアップを目指せる点も魅力です。また、ほかのクラウドソーシングと違い、手数料はかかりません。

一方で、サグーワークスには3つのランク分けがあり、1番下のランクであれば、0.1円~0.9円程度です。高単価案件を得るためには、一定の基準を満たしたうえで認定テストをパスし、高いランクに上がる必要があります。

サグーワークスの評判ってどうなの?実際の口コミを紹介

Shinobiライティング

Shinobiライティングも、ライティングに特化したクラウドソーシングです。登録が簡単で、案件がジャンル分けされているので、自分の得意分野の仕事を簡単に見つけることができます。また、タスク式の案件なので、自分の都合のよいタイミングで作業でき、副業向きといえます。

一方で、タスク式の案件は0.2~0.5円と低単価。高単価案件を紹介してもらうためには、一定の基準を満たした「CROCO認定ライター」に認定される必要があります。また、比較的案件数が少ないため、ほかのクラウドソーシングと並行して使うのがおすすめです。

ライターステーション

ライターステーションは、在宅で執筆するライターが登録できるクラウドソーシングです。多くの案件で文字単価が1円以上と、低単価案件が少ない点が特徴。また、1つの案件の文字数やページ数が多い点もほかのクラウドソーシングとは異なります。

ただし、ライターステーションに登録するためには、課題文を執筆・提出し、合格しなければなりません。課題では、「正しい日本語が書けるか」をチェックされます。そのため、完全未経験者が副業で仕事を受けるには、少しハードルが高くなるといえるでしょう。

かくたまライティング

かくたまライティングは、記事作成とコンテンツマーケティング支援を行っているサービスです。平均文字単価は1円以上と、比較的稼ぎやすい点が魅力。クライアントとの間にディレクターが入り、指示や校閲を行ってくれるため、スキルアップも目指せます。

ただし、登録時にはWeb上でテストを受け、合格する必要があります。また、案件件数がかなり少なく、自分の希望する仕事を選べないこともあります。単価がよい仕事は多いため、こちらもほかのサービスと並行して活用したほうがよいでしょう。

クラウドソーシングを使ってのライティングで具体的にどれくらい稼げるのか?詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

クラウドソーシングでのライティング案件は稼げるのか?実際の口コミを元に調査

スキルシェアサービスを使う

スキルシェアサービスとは、スキルや経験を出品し、必要としている人に共有(シェア)できるサービスです。ビジネス案件だけでなく、日常のお悩みを解決したいという相談事も多く集まります。スキルシェアサービスについて詳しくは以下で紹介していますが、ここでは代表的なサービスを紹介します。

スキルシェアサービスおすすめ24選比較!副業で稼ぐコツも紹介

ココナラ

ココナラは、個人のスキルや特技を販売できる、代表的なスキルシェアサービスです。誰でも気楽に出品できる点が魅力。自分で出品スキルの価格を決められるため、すでに実績があるというライターであれば高単価で仕事を受けられる可能性があります。

販売実績に応じて6段階のランクがあり、実績を積めば積むほど信頼されやすく、優良な案件を得やすくなります。ただし、売上に対して20%の手数料がかかります。また、運営のサポートをあまり期待できないため、ある程度個人で仕事を受けるのに慣れている人向きといえるでしょう。

ココナラの副業の評判は?体験談や収入事例、具体的な稼ぎ方を紹介

スキルクラウド

スキルクラウドは、個人のスキル・ノウハウ・時間を販売できるスキルシェアサービスです。ビジネス系のスキルはもちろん、ノウハウも出品できる点が特徴。一般的に、オンラインで受注から納品まで完結させる案件が多いものの、スキルクラウドではオフラインでもサービスを提供することができます。

ただし、ココナラよりも知名度が低く、案件が少ないことが難点です。また、1つの取引に対して20%の手数料がかかります。

メディアに直接応募する

案件やクライアントが集まるサービスを利用しなくても、Webライターを募集するメディアに直接応募する方法もあります。

中~大型のメディアであれば、記事作成を外注ではなく運営会社内で行っていることがあります。この場合、メディア上または運営会社のコーポレートサイト上でライターが募集されます。クライアントと直接取引ができるため、手数料はかかりません。

ライター募集の有無はメディアによって異なるため、自分の専門知識や経験を生かせそうなメディアを探して、記事を書きたい旨を問い合わせて見るとよいでしょう。

副業・フリーランス向けエージェントを使う

副業・フリーランス向けエージェントとは、仕事を依頼したい企業と仕事を受けたい人をマッチングさせる仲介サービスです。自分のスキル・経験・希望条件を登録することで、自分に合う案件をエージェントが紹介してくれます。

そのほかにも、エージェントには、下記のような特徴があります。

  • 自分で受注に向けた営業活動をする必要がない
  • クライアントとの間にスタッフが入ってくれる
  • スタッフに希望を相談したり価格交渉を任せたりできる
  • 希望の条件を登録できるため自分に合った案件をピンポイントで探せる
  • 経験や専門性を求める案件が多い
  • ほかのサービスを利用するよりも高単価案件が多い傾向がある

特に、Webライティングの実績が豊富な人におすすめの方法といえます。

副業Webライターとして収入を上げる方法

Webライターの仕事は、低価格なものも多く、なかなかまとまった収入にならないという声も聞かれます。それでは、どうすれれば副業でもWebライティングでしっかりと稼げるようになるのでしょうか。

副業Webライターとして収入を上げたい時は、下記のポイントを押さえましょう。

  • Webマーケティングの知識をつける
  • SEOの知識をつける
  • 編集・ディレクションスキルを磨く
  • 専門分野を持つ

Webライティングは誰でも始めやすいことから、案件を取り合うライバルも数多くいます。ライバルたちとの差別化を図ることで、高単価案件を獲得しやすくなるでしょう。

なお、Webライターとして一定の経験やスキルを得ることができたら、フリーランスとして独立することもオススメです。フリーランスライターについては以下の記事で解説しているので参考にしてください。

フリーランスライターになるには?具体的な手順と稼ぎ方・案件獲得法

Webライターとして副業する際の注意点

最後は、副業としてWebライターの仕事をする場合に覚えておきたいポイントを確認しておきましょう。

副業所得が20万円以上なら確定申告が必要

副業で得た所得が年間20万円を超える場合、確定申告をしなければなりません。本業の年末調整で所得を申告したという人も、別途確定申告が必要なので注意してください。

所得とは、収入から経費を差し引いた金額を指します。例えば、ライティングで得た報酬が24万円で、かかった経費が0であれば、確定申告が必要です。一方で、端末や通信費、資料の購入費が5万円かかっていれば、所得は19万円となるため確定申告は不要となります。

一方所得が20万円以下でも、医療費控除や住宅ローン控除を受けたい時、副業の収入が源泉徴収の対象となっており税の還付を受けたい時は、確定申告をしてください。

また、確定申告が不要な場合でも住民税の申告は必ず必要です。

報酬・作業内容・条件を細かくチェックする

作業内容や難易度が報酬とマッチしているか、納品・修正スケジュールに無理はないか、万が一のトラブルの際に違約金や賠償金を請求されないかなど、案件の内容はしっかり確認してください。

残念ながらWebライティング案件のなかには、ライターを低単価で搾取しようとする悪質なものも存在します。業務量に見合わない報酬の案件や、根拠がない修正を何度も強要される案件では、収入につながらないので副業をする意味がなくなってしまいます。契約は慎重に行いましょう。

体調・スケジュールを管理する

副業によって体調を崩したり、睡眠不足になったりして本業に影響が出れば、本末転倒です。副業をする時は、体調やスケジュールの管理を徹底しましょう。

一般的に、副業を認めている企業でも、「本業に支障をきたさない範囲で」という条件が付いています。副業によって遅刻したり欠勤が続いたりすれば、処分の対象となる可能性があります。

また、仕事ができない身体になったり納品日に間に合わなかったりすれば、Webライターとしての信頼も損なう可能性があります。

まとめ

Webライターは誰でも始めやすい仕事ではありますが、まとまった収入を得るためにはさまざまなスキルや知識を身につけなければなりません。初心者は、クラウドソーシングを使ってWebライティングの実績を積みましょう。

ある程度実績ができたら、エージェントを利用して高単価案件の獲得を目指すのがおすすめです。IT人材向けエージェントの「ITプロパートナーズ」を使えば、週2日から働けて、経験者には高単価案件や、Webライターよりも単価のよいWebディレクション案件も紹介してくれます。Webライターとして実績ができたらITプロパートナーズを活用して収入アップを目指しましょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。